これ1本で家中ナチュラルクリーニング!簡単で香り豊かなマルチクリーナーの作り方

この記事の一部にはアフィリエイトリンクが含まれています。

オーガニックやナチュラルケアなど以前から興味のあったトピックですが、結婚を機に家族の健康や地球環境のためにもナチュラルクリーニングを始めました。自然由来で子供やペットにも安心安全なお掃除を取り入れて、住まいの環境を整えたいと思ったのがきっかけです。私たち夫婦にはまだ子供やペットはいませんが… 化学薬品を暮らしからできるだけ排除することは、自分たちの健康だけでなく環境にも優しいのでおすすめです。

LAに引っ越してからは、家にある洗剤やクリーナーは全てリフィルショップで詰め替え生活をしてプラ・ゴミを減らす努力を続けていました。そんな中で、次第に「これ自分でも作れるかも?作ってみよう!」と一つひとつのアイテムをDIYで手作りしていくようになっています。今回はこれさえあれば家中がお掃除できちゃう、簡単マルチクリーナーの作り方を紹介します。

ナチュラルクリーニングとは

ナチュラルクリーニングとはその名の通り、化学薬品を含んだ洗剤やクリーナーを使わずに自然由来の素材を使ってお掃除をすることです。英語ではGreen cleaningやNon toxic cleaningとも呼ばれています。

  • 重曹 / Baking soda
  • クエン酸またはレモン / Citric acid
  • お酢 / Vinegar
  • 過酸化水素 / Hydrogen peroxide
  • 過炭酸ナトリウム / Sodium carbonate(Washing soda)

上記のようなご家庭にある身近なアイテムを使って、家のあらゆる汚れが落とせます。

ナチュラルクリーニングの良いところ

  1. 子供やペットにも安心・安全
  2. 皮膚やけどといった化学薬品による事故リスクが低い
  3. 強い人工的な香りを避けることで、室内の空気が汚れない
  4. 自然由来なので下水に流れても環境負荷が低い
  5. 身近にあるアイテムで掃除できるので経済的

混ぜるな危険、取扱注意といった表記がよくある市販のお掃除用品。小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では誤飲などの危険性もありますが、そもそもそんな危険で強力なクリーナーを使うと身体にも環境にも優しくないのは簡単に見当がつきますよね。

手作りのマルチクリーナーで掃除をしてみよう

後ほど作り方を紹介するマルチクリーナーはお酢の力を使った天然由来の住居用洗剤です。お酢に含まれる自然の酢酸はバクテリアやウイルスを防ぐ効果があり、カビを防いでくれます。さらに酢酸は水に溶けやすいように汚れ成分をミネラル分解してくれるので、シンクやバスタブの水アカや石鹸カスといったアルカリ性の汚れが落ちるのです。

用途は木材、布、タイルや床など基本的に家中のお掃除にどこでも使えます。ただし注意が必要なのは、キッチンカウンターなどに使われている大理石などの石材。石材は酸に弱く、クリーナーを吸収(侵食)してシミになってしまうこともあるので気をつけてください。また、ラベンダーやレモンの色素があるため布製品には不向きかもしれません。

ちなみにお酢は独特のツーンとした匂いがあるので、お酢ベースの手作り洗剤は少し敬遠していました。でもアロマオイルに加えてハーブや柑橘系の果物の皮を2週間つけて染み込ませることで、とても香り豊かに仕上がることを発見。一手間加えるだけで良い香りになるので、ぜひ皆さんもお試しくださいね。

簡単マルチクリーナーの作り方

  1. お酢と水を1:4の希釈率で混ぜてガラス瓶へ
  2. ハーブ・スパイス・果物の皮・ドライフラワーなど好みの材料を入れる
  3. エッセンシャルオイルを垂らし、密閉して瓶をよく振って混ぜる
  4. 1~2週間ほど直射日光の当たらない明るい場所で保存
  5. 浸していた材料を濾し、スプレー容器に詰め替えて完成

ちなみに掃除用として使えるお酢は穀物酢と、醸造用アルコールを発酵して作られたホワイトビネガーの2種類。果実酢や黒酢といったお酢は糖分を含み、お掃除には使えませんのでご注意を。私はハインツのホワイトビネガーを使っています。

香りは気分によって使い分けていますが、我が家が愛用しているキッチン用にレモン&タイム、バスルーム用にラベンダー&セージの2種類を紹介します。

マルチクリーナーのレシピ(レモン&タイム)

用意するもの

  • 密封できるガラス瓶
  • 漏斗(あれば)
  • スプレー容器

《材料》

  • ホワイトビネガー 180㎖
  • 水 720㎖
  • レモンの皮 3個分
  • タイム 適量
  • レモンのエッセンシャルオイル 10滴
  • オレンジのエッセンシャルオイル 10滴

こちらの紹介レシピは、32 oz.(946㎖) のMason Jarを元に計算しています。お酢の希釈率は酢:水=1:4になるようにご自身がお持ちの容器に合わせ、オイルの量もそれによって調整してみてください。レモンとオレンジの皮を半分ずつ入れてもOK!

我が家では毎朝飲む、お白湯に入れるレモンの皮を利用。捨ててしまうのはもったいない!

マルチクリーナーのレシピ(ラベンダー&セージ)

用意するもの

  • 密封できるガラス瓶
  • 漏斗(あれば)
  • スプレー容器

《材料》

  • ホワイトビネガー 180㎖
  • 水 720㎖
  • ドライラベンダー(食用) 10g
  • セージ 適量
  • ラベンダーのエッセンシャルオイル 20滴

こちらの紹介レシピは、32 oz.(946㎖) のMason Jarを元に計算しています。お酢の希釈率は酢:水=1:4になるようにご自身がお持ちの容器に合わせ、オイルの量もそれによって調整してみてください。より安全なクリーナーになるよう、焼き菓子にも使えるオーガニック・ラベンダーを使用しています。

身近なキッチンハーブやスパイスの力

  • タイム 殺菌・消毒・防腐作用
  • セージ 抗菌・抗ウイルス作用
  • ラベンダー 抗菌作用
  • オレガノ 抗菌・殺菌・抗酸化作用
  • ローズマリー 殺菌作用
  • パセリ 抗菌・殺菌作用
  • バジル 殺菌作用
  • ミント 抗菌作用
  • シナモン 抗菌・殺菌作用
  • クローブ 殺菌・消毒作用

今回はハーブの中でも特に殺菌効果の強いタイム・抗菌作用の高いセージとラベンダーの組み合わせを、抗ウイルス・抗菌作用のある精油と合わせてマルチクリーナーを作ってみました。これらのハーブやスパイスはスーパーで簡単に手に入り、お料理にも使えるので我が家では必需品です。新しいお家に引っ越したら、ハーブの自家栽培にも挑戦したいと思っています。

左:Day1、右:Day14。 2週間でこんなにも色鮮やかなクリーナーに仕上がる。
アロマ入りなので、遮光ガラスのスプレー瓶に入れて使っています。

香りも豊かで見た目も色鮮やかなナチュラルマルチクリーナーのレシピ、いかがだったでしょうか?クリーナーの効果が弱いかも?と思った方は、お酢の希釈率を1:3、1:2、1:1とご自身の好みによって変えてみても◎。用途や好みによってレシピを調整できるのも、手作りならではの魅力ですよね。どのご家庭にもあるような身近なアイテムでとても簡単に作れるので、DIYが好きな方はもちろん、家族の健康・環境のためにもナチュラルクリーニングを始めてみませんか?

▼ DIYに使用したアイテム一覧

HEINZ

$2.23

ホワイトビネガー

Mason Jar

$16.07

32 oz.(946㎖)

Amber Glass

$26.99

遮光ガラス容器セット

Plant Therapy

$9.95

レモン

Plant Therapy

$9.95

オレンジ

Plant Therapy

$10.95

ラベンダー


Thank you for reading!

この記事の一部にはアフィリエイトリンクが含まれています。

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

忙しいママの味方、おうちパンとは?お米を炊くように自宅で気軽にパンを焼いてみよう

SNSでよく見かけるようになったおうちパン。皆さんも聞いたことがあるでしょうか?私はお料理上手な友人のインスタグラムで、おうちパンのことを知りました。第2子を出産したばかりの彼女の食卓にはいつも 忙しくても焼けるし、簡単で美味しいという、おうちパンが登場していたのです。そこで、以前からずっと気になっていたおうちパンに私も挑戦してみることにしました! 家でパンなんて焼いたことない! パン作りはどうせ面倒なんでしょ? 初心者にでもできるかな? そんな風に思っている方へ、私の体験談も踏まえたおうちパンの魅力を伝えたいと思います。 おうちパンとは? パン作りの当たり前の工程を、極限まで削ぎ落としてシンプルにし、それでいて美味しいパン作りのこと。忙しいママでも、初心者さんでも、ずぼらさんでも毎日飽きずにパン作りを楽しむことができるのです。参照:cotta 生地をこねるのに時間が掛からず、作業台が汚れない 発酵する時間を気にせずに、好きな時にパンが焼ける 冷蔵庫でゆっくり時間をかけて発酵させる できたパン生地を数日保存できる 難しい成形がない オーブンがなくても、焼ける といった点がおうちパンの特徴で、吉永麻衣子さんが考案されたそうです。さらに、おうちパンにはオーブンがなくても魚焼きグリルやオーブントースター、フライパンで焼けるレシピもたくさんあります。 夜のうちにこねて冷蔵庫で放っておくだけなら、私にもできそう! パン作りの基本工程 準備→捏ね→1次発酵→ベンチタイム→成形→2次発酵→焼成→焼き上がり参照:Yoshitei 基本的なパン作りは8工程。パンが焼けるまでに、早くても3時間半~半日はかかります。それに比べておうちパンは、準備→捏ね→1次発酵→成形→焼成→焼き上がりと作業工程が少なく、冷蔵庫でじっくりと発酵させておくだけでOKなんです。 例えば、朝の出勤前に仕込んでおけば夜ごはんに、夜寝る前に準備をすれば朝ごはんにパンが焼けるようになります。ガス抜きをしてまとめ直すと最大で5日間も日持ちするので、日曜の夜に準備をしちゃえば平日分のパンができるので忙しいママにもオススメです。 私がおうちパンを習おうと思ったキッカケ 私の夫は乳製品アレルギーを持っています。市販のパンには大体、牛乳やバターが入っているためパン探しもひと苦労なんです。アメリカのパンは添加物も多く、残念ながら乳製品が入っていないタイプはハード系やボソボソしたものばかり。さらにアメリカのスーパーで手に入るパンは、日本でもお馴染みのコストコの様な大容量パックなのです。夫婦2人ではいつも食べきれないので、パンはほとんど買っていませんでした。 家族の健康のためにも。必要な時に食べる分だけ、手軽に家でパンを焼けるなら挑戦したい…よし、おうちパンを始めてみよう! ニューヨークでも習える、おうちパン 最初は日本に一時帰国した時に、地元で開催されているおうちパン講座へ通おうと思っていました。それとも、おうちパンの考案者である吉永麻衣子さんの本を購入して独学でやってみるか悩みました。 日本で手に入る食材や水質もアメリカと違うし…できればアメリカで習いたいなぁ… そこで出会ったのが、アッパーイーストサイドでCozy Kitchenというおうちパン教室を開いている、おうちパンマスターで栄養士の資格も持つ武藤由佳さんでした。パンはおろか料理自体がそこまで得意ではない私は、直接先生のデモンストレーションをみてたくさん質問ができたのでレッスンに参加して本当に良かったです。 レッスンでは、サツマイモのどでかパンとカボチャのうずまきパンの2種類を習いました。夫の乳製品アレルギーを考慮して、牛乳はアーモンドミルクに置き換えたレシピで対応してくださいましたよ。発酵には時間がかかるので、レッスンで捏ねた生地は自宅へ持って帰りました。最後に先生が事前に準備して下さっていた焼きたてパンを試食したんですが… 材料もシンプル、作るのも簡単、なのにこんなに美味しいなんて! 特に先生が作ってくださった食パン、感動しました。バターも牛乳も使ってないのにフワフワでもちもち。これから我が家の食卓でも、美味しい焼きたてパンが食べられるように頑張ろうと思いました。 Cozy Kitchen:レッスン等の質問は、メール(yuka.muto0213@gmail.com)で直接お問い合わせください。 家族も喜ぶ、焼きたてのおうちパンは絶品! 私のようにアレルギーの家族がいる家庭や海外で生活している方は、なかなか理想のパンに出会えないことも多いですよね。パン作りと聞くと初心者にはなかなか手を出しにくいと構えてしまうかもしれませんが、おうちパンならやってみたい!とこの記事を通じて興味を持っていただけた方がいれば嬉しいです。 まだまだおうちパンをきちんとマスターするには練習が必要そうですが… これから夫がアレルギーの乳製品はもちろん、私の持病のためにもグルテンフリーでのパン作りも試行錯誤してみたいと思っています。うまく焼けるようになったらレシピを紹介したいと思っているので、楽しみにしていてくださいね!

エシカルでサスティナブルなファッションを楽しむための5つのアイデア

世界中でスタンダードになりつつある、エシカルでサスティナブルなファッション。私もロハスな暮らしを始めてからは、できるだけ環境や社会にとって良い取り組みをしているブランドからお洋服を買うようになりました。 ファッションにもサスティナブルってあるの? エシカルファッションって耳にするけど、どういうこと? 今回はそんな疑問にお答えしながら、サスティナブルでエシカルなファッションをおしゃれに取り入れるためのヒントをお伝えしたいと思います。 サスティナブル・ファッションとは このブログのテーマにもなっている「ロハスな暮らし」と深い関係があるサスティナブルという言葉。サステナビリティ(持続可能な)とは、私たちの社会と自然環境を保ち続けることに対する取り組みのことです。ファッションにおいてサスティナブルであるということは、服のデザイン・製造工程・消費過程のすべてにおいて環境にやさしいアプローチをすることです。 「古くなった・飽きた」からと捨ててしまうのではなく、洋服のお直しやリメイクをしながら大切に着たりリサイクルをすることも、サスティナブル・ファッションにおいて大切な考え方です。 製造においてはファストファッションのような大量・海外生産を控え、できる限り地域産業の活性化にも繋がる国産・ローカルメイドを心がけている企業がたくさんあります。リサイクル素材や天然由来素材を使用したり、環境に負担のかからない製造方法を実施しているのも特徴的です。 エシカルファッションとは エシカルとは日本語で「道徳的に正しい」という意味。 エシカルファッションは環境保護に加えて、ファッション業界全体が与えうる社会的な影響にもっと焦点を当てているという意味でサスティナブル・ファッションと少し差別化されます。 2013年にバングラデシュでラナ・プラザ崩壊という衝撃的な事件が起きました。その後、加速するファストファッション低価格競争の代償として、発展途上国で行われていた過酷な労働環境や労働条件が問題視されるようになりました。そこから、エシカルファッションへの認知が少しずつ広がっていきます。 エシカルファッションでは、洋服や小物を生産に携わる製造者の生活賃金、労働条件、健康と安全、強制労働、児童労働といった環境問題以外にも幅広い問題に取り組んでいます。 また、エシカルファッションでは「ファッションの為に動物が犠牲になるのはおかしい」という動物愛護の点からも毛皮、皮、 ダウンの使用はされません。 エシカルでサスティナブルなおしゃれを楽しむには ではエシカルでサスティナブルなおしゃれをに挑戦してみたい!という方へ、私も実践しているアプローチを5つに分けて紹介したいと思います。 素材をチェックする オーガニック 天然素材 エコな化学繊維 リサイクル繊維 染料フリー ヴィーガン素材 この中でも特にコットンを使った布製品は、洋服に限らずできればオーガニック素材のものを買うように心がけています。なぜなら、コットンの栽培には大量の農薬や殺虫剤が使われているからです。栽培農家の人やその地域の人たちの健康被害、土壌や水質汚染の影響は深刻です。 ローカルメイドにこだわる 地産地消の果物や野菜が売られているスーパーやファーマーズマーケットに行くと、生産者の顔が見られるので商品に対しての安心感がありますよね。それと一緒で、ファッションアイテム「誰が?」「どこで?」「どんなふうに作られている?」といったことを考えてみると、もっと愛着が湧いたり特別なアイテムと出会えるかもしれません。 また、多くのエシカル&サスティナブルなブランドがTransparency(透明性)といって、洋服の製造過程や工場の情報開示をするように努力しています。そういったブランドは安心感があり、品質にも信頼がおけるでしょう。 ヴィンテージや古着を取り入れてみる ヴィンテージや古着は、大量生産された新しいお洋服とは違ってユニークで個性的なデザインも多くですよね。ヴィンテージショップや古着屋さんでお買い物をすると、いつも宝探しのような気分になって心が躍ります。 また断捨離する時には、ゴミに出したりリサイクルするよりも古着屋さんや寄付団体へ必ず持っていくようにしています。というのもリサイクルとして出された洋服の多くは、結局ゴミ処理場や埋め立て地へ送られてしまうからです。消費者によってリサイクルされている服は、全体のわずか15%なんだとか。(*1) 洋服だけに限らず、リサイクルをするにもお金がかかる+環境負担に繋がることを覚えておきたいですね。 *1 参照 https://www.thebalancesmb.com/textile-recycling-facts-and-figures-2878122 本当に必要か、改めて考えてみる 1回着ただけで袖を通さなくなった服、皆さんはありますか?私も昔は、そういったムダ遣いをよくしたものです。おしゃれだけに限らず、歳を重ねていくうちに「良質なものを必要なだけ、長く愛用したい」という考えに変わりました。だからこそ、買い物をするときは衝動的にならずにじっくり時間をかけて買うようにしています。 似たようなアイテムは持っていない? お手入れは簡単? 何十回も着られるほど気に入った? 定番で長く切られる? このような質問を、お買い物の前には自分に問いかけてみるようにしています。 レンタルサービスを利用してみる 私は現在、自分のクローゼットをできるだけミニマルにするためにCapsule Wardrobeという着回しのきくアイテムを厳選して組み立てています。そのため、自分が持っているアイテムは基本的にシンプル&ベーシック。コーディネートなどを深く考えずに、その日の気分に合わせてパパッと何を組み合わせてもサマになる。そんなクローゼットを目指しているところです。(またブログに書きますね!) それでも、パーティーやお出かけなど非日常的な機会は年に数回やってきます。そんな時に私が利用しているのがレンタルサービスです。何度着るか分からないようなフォーマルなドレスの衝動・無駄買いが避けられるので助かっています。その魅力について別記事にまとめているので、気になる方はそちらも読んでみて下さいね! 【合わせて読みたい】 洋服もレンタルする時代へ!買わずに借りて、思いっきりオシャレを楽しもう 立ち止まって考えたい、ファッションの真価 サスティナブルとエシカルファッションの違いを分かっていただけたでしょうか?またエシカルにおしゃれを楽しむヒントの中に、自分でも実践できそうなものが見つかったでしょうか? 好みや予算・環境も人それぞれなので、サスティナブル+エシカルなブランドからだけお洋服を買うというのは無理があると思います。まずはお洋服を大切に長く使えるように工夫してみたり自分のお買い物の癖を見直してみるなど、自分にできそうなことから始めてみると良いかもしれません。例えば、既に持っているファストファッションブランドのお洋服もこれから10年大切に着れば、エシカルな消費につながると思います。 これからは作っている人も、着ている人も、地球もハッピーになれるという循環型のファッションがもっと増えていくと良いな。 まだまだサスティナブルとエシカルにフォーカスしたブランドは少ないですが、将来的に全ての洋服が地球環境にやさしい仕組みで作られていけば良いですね。そんなサスティナブルでエシカルなファッションをうまく取り入れながら、私もこれから自分なりにおしゃれを楽しみたいと思います。

エシカルに美を追求する!コスメ選びで気をつけたい6つのルール

エシカル+サスティナブルを意識した、私的ロハスな生活を始めてから早2年が経ちました。自分と家族の暮らしを見直していく中でいろいろな改善点が見つかりましたが、中でも私は基礎化粧品やパーソナルケアプロダクトは特に時間をかけて方向転換をしています。 最近では、動物や地球環境に配慮したエシカルなブランドが増えてきていますね。しかしその言葉に惑わされて、実はお肌にはもちろん環境や動物にも優しくない成分が配合されていたりすることもあったりするので気をつけなければと感じています。 エシカルビューティーやオーガニックはヨーロッパやアメリカが先進国なので、海外の商品を使われている方もいらっしゃると思います。私はアメリカ在住ですが、いまだに英語での成分表示表を見るのはとても億劫になってしまう時があります。だからこそ、普段から下調べをして予備知識をつけておくのは大切だと感じています。今回はエシカルに美しくなりたいすべての女性とシェアしたい「私的コスメ選び」で気をつけている6つのルールをご紹介します。 オーガニック認証がされているか?(Certified Organic) オーガニックの定義は国によって違います。今回はアメリカに限定してまとめていきますね。 ① USDA(アメリカ) USDAでは下記3種類の表記法があり、認証マークは95%以上の商品にだけラベルがつけられる。 100%Organic:100%オーガニック原料の製品(水と塩を除く)Organic:95%以上オーガニック原料の製品(水と塩を除く)Made with Organic ingredients:70%以上オーガニック原料の製品 ② NSF/ANSI 305(アメリカ) NSFの認証では、70%以上がオーガニック原料の製品であればこのラベルがつけられる。 このように、USDAのマークがつけられている商品は95%以上がオーガニック由来なので安心と言えるでしょう。後ほどお伝えするポイントを元に、残りの5%の成分にどんなものが配合されているのかも気にかけてみましょう。 EUで有名なEcocertマークをはじめ、他国のオーガニック認証はコチラを参考にhttps://www.ecocert.com/en/certifications-list 植物性由来成分でできているか?(Vegan) コスメには動物性由来の成分が配合されていることが多いです。見落としがちなハチミツをはじめコラーゲン、シルク、乳製品、卵白、ゼラチン、プラセンタ、カーマイン(虫由来の染料)、コレステロールといった動物性由来の原料は多くの化粧品やパーソナルケア商品で使われています。 動物性由来成分が入っていない 動物実験・殺傷がされていない 遺伝子組み換えがされていない アメリカではコスメに限らず、上記条件をクリアして認証された商品にVeganのマークがつけられているので参考にしてみてください。 以前ヴィーガンについての記事もまとめましたが、食事から動物性の食品を取り除くのはハードルが高いといった人も、毎日使う日用品からなら挑戦しやすいかもしれません。私は動物愛護・環境保護といった点からもヴィーガン・コスメを選ぶようにしています。 アメリカのヴィーガン認証について詳しくはコチラ  https://vegan.org/certification/ 他国のヴィーガン認証についてはコチラ http://vegan-labels.info 動物を傷つけたり動物実験がされていないか?(Cruelty free) 日本語でもクルエルティ・フリーという言葉が浸透し始めていますね。その言葉の通り(Cruelty=虐待)、原料生産や商品開発の過程で動物実験・動物の殺傷を行わないポリシーのことを指します。 人体への安全性確認のために、医薬品や化粧品の開発過程にはウサギやネズミを使った動物実験が残念ながら日常的に行われています。私は動物たちが犠牲になったプロダクトを使って自分の美容のケアをすることに矛盾を感じてしまうので、必ずヴィーガンでクルエルティ・フリーの商品やブランドを選ぶようにしています。 ① Leaping Bunny by CCIC(国際的)② Beauty without Bunnies by...