夏のアウトドアのお供に!アロマオイルを使った虫除けスプレーの作り方

この記事の一部にはアフィリエイトリンクが含まれています。

ハイキング・キャンプやBBQと、アウトドアで過ごす時間が多くなる夏。虫が多いこの季節に外でアクティビティをする時には、虫除けが欠かせませんよね。でも市販の防虫剤・虫除けスプレー・殺虫剤などは匂いも強烈で、化学成分が気になるため使いたくないという方も多いのではないでしょうか。今回は我が家でも愛用中の、誰でも簡単に作れるナチュラルなアロマ虫除けスプレーのレシピを紹介します。

アロマDIY初心者の方は、スプレー作成の前にこちらも必読!

アロマを使った虫除けの良いところ

  • 自然由来なので体と環境に優しい
  • 希釈濃度や使用アロマを調整すれば、子供も安心して使える
  • 強すぎる人工香料や刺激臭がない
  • 作り方も簡単で経済的

市販の虫除けスプレーは、虫どころか人間も咽せてしまうくらい強烈な刺激臭がしませんか?アロマを使った手作りの虫除けは虫を殺してしまうような強力なものではなく、あくまでも虫が嫌がる匂いを配合することで虫を寄せ付けないという効果を狙っています。

簡単!アロマ虫除けスプレーの作り方

用意するもの

  • 遮光ガラスのスプレーボトル(100ml または 50mlを2瓶)
  • 軽量カップ または スケール

※使用する道具や瓶は全て事前に煮沸・アルコール消毒しておくこと

虫除けスプレーのレシピ:希釈率2.5%

  • Witch Hazel Water(ウィッチヘーゼルウォーター) 50ml
  • 精製水(ミネラルウォーターの場合は硬水) 50ml
  • Citronella(シトロネラ)16滴
  • Lemon Eucalyptus(レモンユーカリ)10滴
  • Lavender(ラベンダー)8滴
  • Geranium(ゲラニウム)6滴
  • Tea Tree(ティーツリー)4滴
  • Rosemary(ローズマリー)4滴 *
  • Peppermint (ペパーミント)2滴*
  • Leucidal Liquid SF 80滴(保存料:オプション)

上記の材料を分量を測って、ボトルに入れて混ぜるだけで完成!ご存知の方も多いでしょうが、水と油は乳化剤を入れない限り完全には混ざりません。スプレーをご使用の前には、よく瓶を振ってくださいね。

ちなみにメインの原料に使っているウィッチヘーゼルは、抗菌・抗炎症・抗酸化作用があり虫刺されや傷口などの応急処置にも使われるハーブのエキスです。(詳しくは日本公式サイトでCheck!)日本にお住まいの方は私が今回使用しているTheyer’sのウィッチヘーゼルはコスメキッチンで取り扱いがあるし、Amazonでも買えますよ。

虫除けスプレー作成時に注意したいこと

  1. ウィッチヘーゼルが手に入らない!という人は代わりに無水エタノールを5mlに精製水を55ml(1:9の割合)でベースを作ってもOK。レシピのようにアルコールフリーではないので、敏感肌の人は注意しましょう。
  2. 米印がついた2つのオイルはお子さんのいるご家庭では注意を。ローズマリーは12歳以下、ペパーミントは2歳以下の子供への使用は推奨されていないので配合しないようにしましょう。
  3. 今回紹介している虫除けスプレーを保存料を入れずに作った場合は、冷暗所または冷蔵庫で保存して1週間~2週間で使い切るのをお忘れずに。
  4. 肌に使うアイテムの場合は希釈率は2%以下が推奨されていますが、効果がイマイチだったので紹介しているレシピは2.5%で配合しています。お好みでアロマのバランスを変えたり、2%以下に調整したい場合は合計アロマ量を40滴以下に減らしてください。

使用アロマの虫除け効能は?


  • シトロネラ/レモンユーカリ/ラベンダー/ゲラニウム
  • ハエ・ブヨ
    ラベンダー/ローズマリー/ペパーミント
  • ノミ
    ティーツリー/シトロネラ/レモンユーカリ/ラベンダー
  • ダニ
    ラベンダー/レモンユーカリ/ローズマリー

中でもあらゆる種類の虫に万能に効くとされているエッセンシャルオイルの代表格は、シトロネラオイル。お手元にレシピに記載されているオイルが揃っていない!けどスプレーを作ってみたいという人は、シトロネラオイルとラベンダーオイルは必ず配合してみてくださいね。ちなみにローズマリーには抗酸化作用があるので、スプレー自体の酸化を防ぐ働きも補ってくれます。

自然派保存料:Leucidal Liquid SFとは

以前の記事でも少し触れましたが、保存料・添加物が入っていないナチュラルな手作りコスメは消費期限が短いです。賛否両論ありますが、もし今後も衛生面に配慮しながら自分でDIYを続けたいという事であれば、最低限の保存料を配合することは安全な選択肢だと私は考えています。

私が色々とリサーチをして使うことにした天然由来の保存料は、Leucidal Liquid SF。(おそらくルシダルリキッドと読む)この保存料はラクトバチルスという乳酸菌を発酵させて作成された善玉菌を主成分としています。このラクトバチルスという乳酸菌は、ザワークラウトやキムチといった発酵食品を作るのに欠かせない微生物の一種として知られています。この乳酸菌がその環境を酸性化することによって他の微生物の成長を妨げると共に、抗菌作用をもたらすペプチドを生成するため細菌やカビの繁殖を防いでくれます。

EUのオーガニック認定機関であるEcoCert(エコサート)も認証済みの天然抗菌添加剤で、アメリカでは化粧品や日用品を取り扱う際に合成保存料の規定が厳しい、Whole Foodsでも認可されています。また原料はNonGMO(遺伝子組み換えでない)で添加物不使用と、化学保存料に比べて安心して使用できると言えるでしょう。

参照文献:Lotioncrafter

※こちらの保存料の効果は合成保存料に比べるとあくまでも『マイルド』です。他にもNataPresなど自然派由来の保存料があるので、興味がある人は調べてみてくださいね。そして保存料をレシピに入れたとしても、「少なく作って早く使い切る」というルールを常に心がけましょう。

ナチュラルな虫除けスプレーでもっとアクティブに

アロマを使ったナチュラルな虫除けスプレーについて効能・レシピをまとめてみましたがいかがだったでしょうか?私たち一家は引っ越しをしてベランダで過ごす時間が増えたので、今の時期この虫除けスプレーが大活躍しています。またキャンプやアウトドアで虫刺されなどを気にせずに過ごせたら、もっとアクティブに夏を楽しむ事が出来そうでよね。愛する家族のために、これからは虫除けスプレーも手作りしてみませんか?

▼ DIYに使用したアイテム一覧


Thank you for reading!

この記事の一部にはアフィリエイトリンクが含まれています。

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

Instagram

Tag List

Most Popular

腸のリズムをアプリで管理!ウンログで始める腸活

女性の方は特に、便秘で悩んでいる人が多いのではないでしょうか?私も便秘体質で、今では潰瘍性大腸炎を患って2年半になりました。「腸の汚れは万病の元」とも言われるほど、腸内環境を整えてあげることは健康管理の上で大切です。今回は腸の不調に悩み続ける私が、数年前から愛用している排便管理アプリ「ウンログ」の活用方法をご紹介します。 ウンログとは

Whole Foodsだけじゃない!ロサンゼルスのオーガニックスーパー5選

ヘルストレンドはロサンゼルスから生まれる!と言っても過言ではないほど、健康志向でヘルシーなライフスタイルを追求している人が多い街、LA。私もNYからLAに引っ越してきた時に、1番ビックリしたのがスーパーの充実度です。今回はそんなロサンゼルスのローカル達に愛される、オーガニックスーパーをまとめてみました。ロサンゼルスに在住の方はもちろん、旅行のお土産探しにもぴったりな私のおすすめ5店舗を紹介します。 Urban...

アースデイをきっかけに考える、地球を守るために私たちにできること

4月22日は地球の日:Earth Day(アースデイ)。私たちが住むこの「地球」のことを改めて考え行動する日として提唱された記念日です。現代社会の発展や便利さと引き換えに、自然環境は壊され続けています。このアースデイをきっかけに、美しい地球を守るために私たち一人ひとりができることをまとめてみました。 50周年を迎えた、Earth Dayとは