夏のアウトドアのお供に!アロマオイルを使った虫除けスプレーの作り方

この記事の一部にはアフィリエイトリンクが含まれています。

ハイキング・キャンプやBBQと、アウトドアで過ごす時間が多くなる夏。虫が多いこの季節に外でアクティビティをする時には、虫除けが欠かせませんよね。でも市販の防虫剤・虫除けスプレー・殺虫剤などは匂いも強烈で、化学成分が気になるため使いたくないという方も多いのではないでしょうか。今回は我が家でも愛用中の、誰でも簡単に作れるナチュラルなアロマ虫除けスプレーのレシピを紹介します。

アロマDIY初心者の方は、スプレー作成の前にこちらも必読!

アロマを使った虫除けの良いところ

  • 自然由来なので体と環境に優しい
  • 希釈濃度や使用アロマを調整すれば、子供も安心して使える
  • 強すぎる人工香料や刺激臭がない
  • 作り方も簡単で経済的

市販の虫除けスプレーは、虫どころか人間も咽せてしまうくらい強烈な刺激臭がしませんか?アロマを使った手作りの虫除けは虫を殺してしまうような強力なものではなく、あくまでも虫が嫌がる匂いを配合することで虫を寄せ付けないという効果を狙っています。

簡単!アロマ虫除けスプレーの作り方

用意するもの

  • 遮光ガラスのスプレーボトル(100ml または 50mlを2瓶)
  • 軽量カップ または スケール

※使用する道具や瓶は全て事前に煮沸・アルコール消毒しておくこと

虫除けスプレーのレシピ:希釈率2.5%

  • Witch Hazel Water(ウィッチヘーゼルウォーター) 50ml
  • 精製水(ミネラルウォーターの場合は硬水) 50ml
  • Citronella(シトロネラ)16滴
  • Lemon Eucalyptus(レモンユーカリ)10滴
  • Lavender(ラベンダー)8滴
  • Geranium(ゲラニウム)6滴
  • Tea Tree(ティーツリー)4滴
  • Rosemary(ローズマリー)4滴 *
  • Peppermint (ペパーミント)2滴*
  • Leucidal Liquid SF 80滴(保存料:オプション)

上記の材料を分量を測って、ボトルに入れて混ぜるだけで完成!ご存知の方も多いでしょうが、水と油は乳化剤を入れない限り完全には混ざりません。スプレーをご使用の前には、よく瓶を振ってくださいね。

ちなみにメインの原料に使っているウィッチヘーゼルは、抗菌・抗炎症・抗酸化作用があり虫刺されや傷口などの応急処置にも使われるハーブのエキスです。(詳しくは日本公式サイトでCheck!)日本にお住まいの方は私が今回使用しているTheyer’sのウィッチヘーゼルはコスメキッチンで取り扱いがあるし、Amazonでも買えますよ。

虫除けスプレー作成時に注意したいこと

  1. ウィッチヘーゼルが手に入らない!という人は代わりに無水エタノールを5mlに精製水を55ml(1:9の割合)でベースを作ってもOK。レシピのようにアルコールフリーではないので、敏感肌の人は注意しましょう。
  2. 米印がついた2つのオイルはお子さんのいるご家庭では注意を。ローズマリーは12歳以下、ペパーミントは2歳以下の子供への使用は推奨されていないので配合しないようにしましょう。
  3. 今回紹介している虫除けスプレーを保存料を入れずに作った場合は、冷暗所または冷蔵庫で保存して1週間~2週間で使い切るのをお忘れずに。
  4. 肌に使うアイテムの場合は希釈率は2%以下が推奨されていますが、効果がイマイチだったので紹介しているレシピは2.5%で配合しています。お好みでアロマのバランスを変えたり、2%以下に調整したい場合は合計アロマ量を40滴以下に減らしてください。

使用アロマの虫除け効能は?


  • シトロネラ/レモンユーカリ/ラベンダー/ゲラニウム
  • ハエ・ブヨ
    ラベンダー/ローズマリー/ペパーミント
  • ノミ
    ティーツリー/シトロネラ/レモンユーカリ/ラベンダー
  • ダニ
    ラベンダー/レモンユーカリ/ローズマリー

中でもあらゆる種類の虫に万能に効くとされているエッセンシャルオイルの代表格は、シトロネラオイル。お手元にレシピに記載されているオイルが揃っていない!けどスプレーを作ってみたいという人は、シトロネラオイルとラベンダーオイルは必ず配合してみてくださいね。ちなみにローズマリーには抗酸化作用があるので、スプレー自体の酸化を防ぐ働きも補ってくれます。

自然派保存料:Leucidal Liquid SFとは

以前の記事でも少し触れましたが、保存料・添加物が入っていないナチュラルな手作りコスメは消費期限が短いです。賛否両論ありますが、もし今後も衛生面に配慮しながら自分でDIYを続けたいという事であれば、最低限の保存料を配合することは安全な選択肢だと私は考えています。

私が色々とリサーチをして使うことにした天然由来の保存料は、Leucidal Liquid SF。(おそらくルシダルリキッドと読む)この保存料はラクトバチルスという乳酸菌を発酵させて作成された善玉菌を主成分としています。このラクトバチルスという乳酸菌は、ザワークラウトやキムチといった発酵食品を作るのに欠かせない微生物の一種として知られています。この乳酸菌がその環境を酸性化することによって他の微生物の成長を妨げると共に、抗菌作用をもたらすペプチドを生成するため細菌やカビの繁殖を防いでくれます。

EUのオーガニック認定機関であるEcoCert(エコサート)も認証済みの天然抗菌添加剤で、アメリカでは化粧品や日用品を取り扱う際に合成保存料の規定が厳しい、Whole Foodsでも認可されています。また原料はNonGMO(遺伝子組み換えでない)で添加物不使用と、化学保存料に比べて安心して使用できると言えるでしょう。

参照文献:Lotioncrafter

※こちらの保存料の効果は合成保存料に比べるとあくまでも『マイルド』です。他にもNataPresなど自然派由来の保存料があるので、興味がある人は調べてみてくださいね。そして保存料をレシピに入れたとしても、「少なく作って早く使い切る」というルールを常に心がけましょう。

ナチュラルな虫除けスプレーでもっとアクティブに

アロマを使ったナチュラルな虫除けスプレーについて効能・レシピをまとめてみましたがいかがだったでしょうか?私たち一家は引っ越しをしてベランダで過ごす時間が増えたので、今の時期この虫除けスプレーが大活躍しています。またキャンプやアウトドアで虫刺されなどを気にせずに過ごせたら、もっとアクティブに夏を楽しむ事が出来そうでよね。愛する家族のために、これからは虫除けスプレーも手作りしてみませんか?

▼ DIYに使用したアイテム一覧


Thank you for reading!

この記事の一部にはアフィリエイトリンクが含まれています。

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

身近なことから始めてみよう、サスティナブルな暮らし実践記:お出かけ編

日本でも雑誌やメディアでたくさん耳にするようになった、サスティナビリティという言葉。サスティナビリティとは、私たちの社会と自然環境を良い状態に保ち続けることに対する取り組みのことを指します。 未来の子供たちが生きていく地球を、これ以上環境汚染や地球温暖化によって苦しめたくない! そんなシンプルな想いから、私たち夫婦はエシカルでサスティナブルな暮らしをできることから始めています。地球に配慮したライフスタイルを始めて、早2年が経過。エコライフに興味のある方に少しでもインスピレーションを感じていただけるように... 私たち家族が実践していることを、これからシリーズで紹介していこうと思っています! さて記念すべき第1回は、私たち夫婦がお出かけする時に持参しているアイテムの紹介をしていきます。 マイボトルの持参+リフィルの利用 昔から水筒文化のある日本。そのため毎日の生活習慣の中で簡単に実践しやすいのが、このマイボトルだと思います。私たち夫婦もお出かけの時には、必ずマイボトルに水を入れて持参するようにしていて、S’wellのボトルを愛用中です。コンビニやスーパーなどで飲み物が手軽に買えてしまう現代社会。だからこそマイボトルの持参を習慣化するだけで、プラスチックの消費を減らす一歩に繋がると信じています。 またマイボトルを飲み干してしまった!という時には、Tapというリフィルサービスを活用するようにしています。アメリカ・日本でも使えるサービスについては別途こちらの記事をご覧くださいね。 マイ箸・マイカトラリー・マイストローの持参 お出かけしていると小腹が空いたり休憩がてらに、何かとカフェやレストランに立ち寄ることが多くありませんか?そしてその度に気付かされるのが、使い捨てのカトラリー(フォーク・ナイフ・スプーン)やストローが提供され、数分でゴミ箱へ捨てられてしまっていること。 この悲しい現実を変えるべく、私たちはお箸・カトラリー・ストローの入ったセットを持って出かける習慣を続けています。LAに引っ越してからは車生活になったので、持ち歩くのを忘れないように車にいつも入れています。自宅に既にあるお箸などを持ち歩くだけなので、今すぐに始められるサスティナブルな暮らし! ちなみに、私が住むカリフォルニア州では2019年からプラスチック・ストローが禁止されたため、どこへ行っても紙ストロー等の代替え品またはストロー自体が提供されなくなりました。紙ストローといったプラスチックに代わる素材は地球環境へ与える影響は断然低いですが、それでも使い捨てには変わりありません。 私たちはステンレスのストローを愛用していて、何度も使えるところと冷たいドリンクがさらに美味しく感じるところが気に入っています。タピオカドリンクやスムージーなどいろいろな飲み物が飲めるように、太めのストローがオススメです。 マイカップ・マイタンブラーの活用 カトラリーと同様に大量消費されているのが、コーヒーなどの使い捨てカップ。初めは真ん中のマイタンブラーを使っていたのですが… マイボトルに加えてタンブラーを持ち歩くのは、どうにもかさばる+重たいということで、1番実践するのに苦戦していました。 そこで出会ったのが、シリコン製でコンパクトに折り畳めるStojoのカップ。タンブラーに比べて場所も取らないし軽いので、バッグにいつも忍ばせています。Stojoにはスリーブがついているので暖かい飲み物も持ちやすく、ストロー付きなのでアイスドリンクも飲めちゃいます。 マイボトル・タンブラーに比べると、スターバックスなどでマイカップを利用している人はまだまだ少ない印象。Stojoのように画期的な商品が増えて、これからマイカップを持ち歩く人がどんどん増えると良いなと願っています。 自分にできることは何?と向き合うことがサスティナビリティへの第一歩 今回は誰でも簡単に取り組みやすい、3つのサスティナビリティな暮らし実践法を紹介しました。生活環境などによっても実践しやすいものとそうでないものがありますが、「何ができるかな?」とまずはライフスタイルを見つめ直してみましょう。 自分でもこれだったら始められそう!とヒントを感じてくれたら嬉しいな。 BYOS = Bring Your Own Stuff!既に家で使用しているものの中から持っていけるものは持っていき、再利用しようという我が家のモットー 私たち夫婦もまだまだ完璧ではありませんが、できることから少しずつ続けています。ちなみにサスティナビリティとは直訳すると、持続可能という意味。その言葉通り、あなたが無理なく続けられることがとても大切です。まずはできること・興味のあることから始めてみて、その素敵なアクションを習慣にしていきましょう! mimiの楽天ROOM 私が実際に使用しているアイテムや気になるお出かけグッズは楽天ROOMでも購入できます! amzn_assoc_placement = "adunit0"; amzn_assoc_tracking_id = "lohasmiles0f-20"; amzn_assoc_ad_mode = "manual"; amzn_assoc_ad_type = "smart"; amzn_assoc_marketplace = "amazon"; amzn_assoc_region = "US"; amzn_assoc_title = "mimi's Recommendation on...

ペットボトルの水はもう買わない!給水スポットを探せるアプリ:TAPを活用してみよう

皆さんは外出する時、マイボトルを持って出かけていますか?以前のブログでプラスチック・フリーの重要性についても触れましたが、私たちが身近にできるプラスチックを減らす方法として挑戦しやすいのがマイボトル。 私もNYに移住してから、仕事や長時間のお出かけにはマイボトルを持参する習慣がつきました。しかし、特に夏場などは750mlの大き目のボトルでもすぐに飲み干してしまい…喉が乾いて熱中症などで倒れても困るので、やむを得ずペットボトルのお水を買ってしまうことがとても多くありました。 せっかくプラスチックを減らしたいのに、結局パッケージ飲料水を買っていたら元も子もない!どうにかならないかな? そう思って調べてみた時に出会ったのがTap(タップ)という給水スポットが調べられるアプリでした。同じような経験をしてモヤモヤしたことのある方は、この記事を参考にしてみてくださいね。 近くの給水場所が探せる、Tapとは 毎分100万本以上のペットボトル飲料水が購入され、その80%近くが埋め立て地と海に捨てられています。 この調子で私たちが何も対策しなければ、2050年までに海に浮遊する使い捨てプラスチックの量は魚の数よりも上回ります。TAPホームページより ペットボトル飲料の購入削減推進という想いを元に、ロサンゼルスを拠点に2018年に始まったこのTapというアプリ。創始者のロゼン氏は空港で$5のお水を買った時に、このアプリのコンセプトを思いついたそうです。Google Mapsで最寄りのガソリン屋さんやコーヒーショップが探せるのと一緒の感覚で、このTapアプリでは近くにある給水スポットを検索できます。 Shake Shack、Umami Burger、Sweetgreenを始めとする3万4千軒もの人気レストラン・カフェなどがTapの給水所協賛店として登録されているアメリカ、アムステルダム、インドから日本まで全世界30か国、7112都市で使える ※データ(参照元)は2018年10月のアプリが発表された時点のものなので、現在はこれよりも規模が拡大していると考えられます。 ▼Tap無料ダウンロードはコチラから(iOS版) Tap – Find Water Anywhere 実際にTapをニューヨークで使ってみた https://www.instagram.com/p/BprrazjgTcn/ ニューヨークはNoritaにある、アボカドの壁紙が可愛いくて人気のオーストラリアカフェ:Charley St。コチラもTapの協賛店で、レジで定員さんに「お水をリフィルさせて下さい」と一言声をかけるだけで冷たいお水が頂けます。私はNYのいろんなお店でリフィルをさせてもらいましたが、店員さんの中にはお店がTapに協賛していることを知らない人もたくさんいます。笑 その場合はTapの説明をしたり、アプリを見せてあげましょう。 お店で何も買わずにお水だけ頂いて…申し訳ないなぁ〜 なーんて最初は思いましたが、お店の店員さんは「どうぞどうぞ」と爽やかに対応してくれる人が大半なので気にならなくなりました。こうやって最初はお水だけもらう為に訪れたレストランやカフェが後々お気に入りのお店になったり、自分の住んでいる街で嬉しい発見があるのもTapを利用する魅力だと感じています。 Tapの使い方 Tapの機能は以下の通りで、使い方はとてもシンプルで簡単です。 お水の種類などこだわり条件で絞り込める各リフィル協賛店ページでは店舗情報や営業時間が記載されている協賛店までの行き方リンク(Apple MapsかGoogle Mapsに連携) それでは実際に、サンタモニカを例に給水ができるスポットを探してみましょう。 Step1:現在地または目的地にピンをドロップする 何も設定しないままアプリを開くと、こんな風にたくさんの給水場所が表示されます。サンタモニカの周りには100カ所も協賛店があると表示されています。 Step2:検索条件を設定する 画面右上のアイコンを押すと、条件指定検索の設定ができる画面が表示されます。私は上から2項目の「冷水」と「ろ過水」にチェックを入れていつも検索をかけています。その他の条件指定は以下の通りなので、参考にしてみて下さい。 水の種類 冷水ろ過水(水道水をフィルターにかけたもの)炭酸水フレーバー付き(レモンやライム等) 給水所のタイプ 水の販売機噴水式水飲み場カウンターサービス大きめの水タンク対応ウォーターサーバーマイボトル給水天然湧き水 Step3:検索結果からお店を選ぶ 私はいつもBottle Refillと書かれている場所に出向いて、無料でお水を入れさせてもらっています。スパークリングウォーターなど、お店によっては有料の場合もあるのでご注意くださいね。 日本でも無料給水アプリ「MyMizu」がリリース Tapは給水アプリの先駆者で、アメリカでは協賛店も多くとても使いやすいと思います。しかし日本では、都内のShake Shackを中心とした10店舗しか登録がありませんでした…そこで日本でも使える、MyMizu(マイ・ミズ)という無料給水アプリを見つけました! MyMizuはペットボトルの利用を削減し、日本中に持続可能な環境を目指すムーブメントを巻き起こすことをミッションとしているスマートフォン用アプリです。MyMizu公式ホームページより 2019年の9月にリリースされたばかりでまだ知名度は低いかもしれませんが、全国で8000箇所以上の給水スポットが既に登録されているというから驚きです。これから2020年のオリンピック開催に向けても、どんどん登録スポットが増えていきそうですね! ▼MyMizu無料ダウンロードはコチラから(iOS版) MyMizu 日本では昔から水筒の文化がありますよね。それに加えてマイボトルを持参したらリフィルもするという習慣が広がっていくためにも、こういった便利なエコアプリをたくさんの人に知ってもらって活用してもらえると嬉しいです。アメリカ在住の方や海外へ旅行する時にはこのTapアプリを、日本にいる方はMyMizuアプリを是非ダウンロードしてみて下さいね。美味しいお水がタダで頂けてプラスチックの削減にも貢献できる!良いことしかありません♡

洋服もレンタルする時代へ!買わずに借りて、思いっきりオシャレを楽しもう

エシカルでサスティナブルな暮らしをするために、私にできることはなんだろう? 日々の生活の所々でそんな風に感じ、調べて、知れば知るほど「モノを持たない・買わない暮らし」にドンドン惹かれていっているmimiです。 私は昔からオシャレをするのが大好きで、このブログでもファッションをテーマに取り上げています。最近では流行にとらわれることなくビンテージや古着を取り入れたり、同じお洋服をいかに自分らしく着回わしたりコーディネートできるか?といった挑戦をしながらオシャレを楽しんでいます。 それでもたまには、気分を変えて思いっきりオシャレをして出掛けたいなぁ~ こんな風に思ったことはないでしょうか?でも、わざわざドレスアップするためだけにお洋服を買うのも…と思ったのがきっかけで、私は2年前からレンタルサービスを利用するようになりました。 個人的に感じている、レンタルのメリット 衝動的な買い物を減らせる 持ちものを増やさずにオシャレができる 手が届かないような高級ブランドの着心地や使用感がレンタルで試せる ドレスコードといった特定の機会だけのために買い物をせずに済む 思い切ったデザイン・カラー・スタイルに挑戦できる 昔の私は、とにかく色柄物やトレンドが大好きでした。でも残念ながらそういったアイテムは、数回着ただけで飽きてしまいクローゼットにお蔵入りしがちであることに気付いたのです。すると着回しが効くベーシックカラーや定番アイテムを、年を重ねるにつれて自然と選ぶようになっていきました。 それでもたまにはエッジの効いたアイテムが着たくなったり、お洒落も冒険したくなりませんか?そんな時にぴったりなのが今回紹介する、ファッション・レンタルサービスだと感じています。 新しく洋服を買わずにレンタルする=エコな消費 地球にとって優しい暮らしの基本は、「買わない・既にあるモノの再利用」。以前、ブログの中でも触れましたが 既に持っている服をダメになるまで大切に着回す・リメイクする何か買い足す時は古着やヴィンテージから探してみる新しい服を買いたい時は、エシカルでサスティナブルなブランドをまず検討する それに加えて+結婚式やパーティーなど特別なイベントにはレンタルを利用してみる 一口に洋服のレンタルサービスと言っても、毎月定額制で代わる代わる洋服が借りられるものから単発のものまで様々です。逆に過剰にレンタルを利用し過ぎてしまうと、それはそれで運送による排気ガス問題やクリーニングによる水質汚染といった別の要因で地球に負担をかけてしまいます。 でも個人的に衝動買い・浪費・廃棄をしてしまうよりは、買い物の消費を減らしてレンタルを特別な機会に上手に利用する方がエコだと思っています。 例えば、営業など人と関わる仕事をしていて「身なりをきちんと整えたいし、同じ服ばかり着られない」とお洋服をたくさん揃えなければならない人も職業やライフスタイルによっているでしょう。そんな方々にとっては、ファストファッションなどで安く新しい服を買い続けるよりもレンタルを賢く使い分けることは地球に優しい選択ではないでしょうか。 私のお気に入りレンタルサービスはRent the runway 私は現在、アメリカに住んでいます。アメリカのみならず海外では、結婚式やパーティーとなれば自由で大胆に、そして全力でオシャレを楽しむのが文化の一部。そんな華やかな姿を、映画やドラマで見かけたことがある人もきっと多いのではないでしょうか。 私は夫と出会ってから、デートや結婚式・記念日といった特別な機会にはRent the runwayでレンタルをしています。そして結婚式のブライズメイドドレスと自分のアフターパーティー用のドレスも、こちらのお店でお借りしているほど大ファンです。 ちなみに結婚式やパーティーでよくあるカラーテーマ。自分の好きでもないカラーのドレス、そして絶対に1回しか着ないフォーマルなドレスを買うのはもったいないけど渋々購入したという経験はありませんか?そんな時は是非、Rent the Runwayでのレンタルを検討してみてください。 Rent the runwayのメンバーシップは3種類 RTR Reserve RTR Update RTR...