夏のアウトドアのお供に!アロマオイルを使った虫除けスプレーの作り方

この記事の一部にはアフィリエイトリンクが含まれています。

ハイキング・キャンプやBBQと、アウトドアで過ごす時間が多くなる夏。虫が多いこの季節に外でアクティビティをする時には、虫除けが欠かせませんよね。でも市販の防虫剤・虫除けスプレー・殺虫剤などは匂いも強烈で、化学成分が気になるため使いたくないという方も多いのではないでしょうか。今回は我が家でも愛用中の、誰でも簡単に作れるナチュラルなアロマ虫除けスプレーのレシピを紹介します。

アロマDIY初心者の方は、スプレー作成の前にこちらも必読!

アロマを使った虫除けの良いところ

  • 自然由来なので体と環境に優しい
  • 希釈濃度や使用アロマを調整すれば、子供も安心して使える
  • 強すぎる人工香料や刺激臭がない
  • 作り方も簡単で経済的

市販の虫除けスプレーは、虫どころか人間も咽せてしまうくらい強烈な刺激臭がしませんか?アロマを使った手作りの虫除けは虫を殺してしまうような強力なものではなく、あくまでも虫が嫌がる匂いを配合することで虫を寄せ付けないという効果を狙っています。

簡単!アロマ虫除けスプレーの作り方

用意するもの

  • 遮光ガラスのスプレーボトル(100ml または 50mlを2瓶)
  • 軽量カップ または スケール

※使用する道具や瓶は全て事前に煮沸・アルコール消毒しておくこと

虫除けスプレーのレシピ:希釈率2.5%

  • Witch Hazel Water(ウィッチヘーゼルウォーター) 50ml
  • 精製水(ミネラルウォーターの場合は硬水) 50ml
  • Citronella(シトロネラ)16滴
  • Lemon Eucalyptus(レモンユーカリ)10滴
  • Lavender(ラベンダー)8滴
  • Geranium(ゲラニウム)6滴
  • Tea Tree(ティーツリー)4滴
  • Rosemary(ローズマリー)4滴 *
  • Peppermint (ペパーミント)2滴*
  • Leucidal Liquid SF 80滴(保存料:オプション)

上記の材料を分量を測って、ボトルに入れて混ぜるだけで完成!ご存知の方も多いでしょうが、水と油は乳化剤を入れない限り完全には混ざりません。スプレーをご使用の前には、よく瓶を振ってくださいね。

ちなみにメインの原料に使っているウィッチヘーゼルは、抗菌・抗炎症・抗酸化作用があり虫刺されや傷口などの応急処置にも使われるハーブのエキスです。(詳しくは日本公式サイトでCheck!)日本にお住まいの方は私が今回使用しているTheyer’sのウィッチヘーゼルはコスメキッチンで取り扱いがあるし、Amazonでも買えますよ。

虫除けスプレー作成時に注意したいこと

  1. ウィッチヘーゼルが手に入らない!という人は代わりに無水エタノールを5mlに精製水を55ml(1:9の割合)でベースを作ってもOK。レシピのようにアルコールフリーではないので、敏感肌の人は注意しましょう。
  2. 米印がついた2つのオイルはお子さんのいるご家庭では注意を。ローズマリーは12歳以下、ペパーミントは2歳以下の子供への使用は推奨されていないので配合しないようにしましょう。
  3. 今回紹介している虫除けスプレーを保存料を入れずに作った場合は、冷暗所または冷蔵庫で保存して1週間~2週間で使い切るのをお忘れずに。
  4. 肌に使うアイテムの場合は希釈率は2%以下が推奨されていますが、効果がイマイチだったので紹介しているレシピは2.5%で配合しています。お好みでアロマのバランスを変えたり、2%以下に調整したい場合は合計アロマ量を40滴以下に減らしてください。

使用アロマの虫除け効能は?


  • シトロネラ/レモンユーカリ/ラベンダー/ゲラニウム
  • ハエ・ブヨ
    ラベンダー/ローズマリー/ペパーミント
  • ノミ
    ティーツリー/シトロネラ/レモンユーカリ/ラベンダー
  • ダニ
    ラベンダー/レモンユーカリ/ローズマリー

中でもあらゆる種類の虫に万能に効くとされているエッセンシャルオイルの代表格は、シトロネラオイル。お手元にレシピに記載されているオイルが揃っていない!けどスプレーを作ってみたいという人は、シトロネラオイルとラベンダーオイルは必ず配合してみてくださいね。ちなみにローズマリーには抗酸化作用があるので、スプレー自体の酸化を防ぐ働きも補ってくれます。

自然派保存料:Leucidal Liquid SFとは

以前の記事でも少し触れましたが、保存料・添加物が入っていないナチュラルな手作りコスメは消費期限が短いです。賛否両論ありますが、もし今後も衛生面に配慮しながら自分でDIYを続けたいという事であれば、最低限の保存料を配合することは安全な選択肢だと私は考えています。

私が色々とリサーチをして使うことにした天然由来の保存料は、Leucidal Liquid SF。(おそらくルシダルリキッドと読む)この保存料はラクトバチルスという乳酸菌を発酵させて作成された善玉菌を主成分としています。このラクトバチルスという乳酸菌は、ザワークラウトやキムチといった発酵食品を作るのに欠かせない微生物の一種として知られています。この乳酸菌がその環境を酸性化することによって他の微生物の成長を妨げると共に、抗菌作用をもたらすペプチドを生成するため細菌やカビの繁殖を防いでくれます。

EUのオーガニック認定機関であるEcoCert(エコサート)も認証済みの天然抗菌添加剤で、アメリカでは化粧品や日用品を取り扱う際に合成保存料の規定が厳しい、Whole Foodsでも認可されています。また原料はNonGMO(遺伝子組み換えでない)で添加物不使用と、化学保存料に比べて安心して使用できると言えるでしょう。

参照文献:Lotioncrafter

※こちらの保存料の効果は合成保存料に比べるとあくまでも『マイルド』です。他にもNataPresなど自然派由来の保存料があるので、興味がある人は調べてみてくださいね。そして保存料をレシピに入れたとしても、「少なく作って早く使い切る」というルールを常に心がけましょう。

ナチュラルな虫除けスプレーでもっとアクティブに

アロマを使ったナチュラルな虫除けスプレーについて効能・レシピをまとめてみましたがいかがだったでしょうか?私たち一家は引っ越しをしてベランダで過ごす時間が増えたので、今の時期この虫除けスプレーが大活躍しています。またキャンプやアウトドアで虫刺されなどを気にせずに過ごせたら、もっとアクティブに夏を楽しむ事が出来そうでよね。愛する家族のために、これからは虫除けスプレーも手作りしてみませんか?

▼ DIYに使用したアイテム一覧


Thank you for reading!

この記事の一部にはアフィリエイトリンクが含まれています。

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

洋服もレンタルする時代へ!買わずに借りて、思いっきりオシャレを楽しもう

エシカルでサスティナブルな暮らしをするために、私にできることはなんだろう? 日々の生活の所々でそんな風に感じ、調べて、知れば知るほど「モノを持たない・買わない暮らし」にドンドン惹かれていっているmimiです。 私は昔からオシャレをするのが大好きで、このブログでもファッションをテーマに取り上げています。最近では流行にとらわれることなくビンテージや古着を取り入れたり、同じお洋服をいかに自分らしく着回わしたりコーディネートできるか?といった挑戦をしながらオシャレを楽しんでいます。 それでもたまには、気分を変えて思いっきりオシャレをして出掛けたいなぁ~ こんな風に思ったことはないでしょうか?でも、わざわざドレスアップするためだけにお洋服を買うのも…と思ったのがきっかけで、私は2年前からレンタルサービスを利用するようになりました。 個人的に感じている、レンタルのメリット 衝動的な買い物を減らせる 持ちものを増やさずにオシャレができる 手が届かないような高級ブランドの着心地や使用感がレンタルで試せる ドレスコードといった特定の機会だけのために買い物をせずに済む 思い切ったデザイン・カラー・スタイルに挑戦できる 昔の私は、とにかく色柄物やトレンドが大好きでした。でも残念ながらそういったアイテムは、数回着ただけで飽きてしまいクローゼットにお蔵入りしがちであることに気付いたのです。すると着回しが効くベーシックカラーや定番アイテムを、年を重ねるにつれて自然と選ぶようになっていきました。 それでもたまにはエッジの効いたアイテムが着たくなったり、お洒落も冒険したくなりませんか?そんな時にぴったりなのが今回紹介する、ファッション・レンタルサービスだと感じています。 新しく洋服を買わずにレンタルする=エコな消費 地球にとって優しい暮らしの基本は、「買わない・既にあるモノの再利用」。以前、ブログの中でも触れましたが 既に持っている服をダメになるまで大切に着回す・リメイクする何か買い足す時は古着やヴィンテージから探してみる新しい服を買いたい時は、エシカルでサスティナブルなブランドをまず検討する それに加えて+結婚式やパーティーなど特別なイベントにはレンタルを利用してみる 一口に洋服のレンタルサービスと言っても、毎月定額制で代わる代わる洋服が借りられるものから単発のものまで様々です。逆に過剰にレンタルを利用し過ぎてしまうと、それはそれで運送による排気ガス問題やクリーニングによる水質汚染といった別の要因で地球に負担をかけてしまいます。 でも個人的に衝動買い・浪費・廃棄をしてしまうよりは、買い物の消費を減らしてレンタルを特別な機会に上手に利用する方がエコだと思っています。 例えば、営業など人と関わる仕事をしていて「身なりをきちんと整えたいし、同じ服ばかり着られない」とお洋服をたくさん揃えなければならない人も職業やライフスタイルによっているでしょう。そんな方々にとっては、ファストファッションなどで安く新しい服を買い続けるよりもレンタルを賢く使い分けることは地球に優しい選択ではないでしょうか。 私のお気に入りレンタルサービスはRent the runway 私は現在、アメリカに住んでいます。アメリカのみならず海外では、結婚式やパーティーとなれば自由で大胆に、そして全力でオシャレを楽しむのが文化の一部。そんな華やかな姿を、映画やドラマで見かけたことがある人もきっと多いのではないでしょうか。 私は夫と出会ってから、デートや結婚式・記念日といった特別な機会にはRent the runwayでレンタルをしています。そして結婚式のブライズメイドドレスと自分のアフターパーティー用のドレスも、こちらのお店でお借りしているほど大ファンです。 ちなみに結婚式やパーティーでよくあるカラーテーマ。自分の好きでもないカラーのドレス、そして絶対に1回しか着ないフォーマルなドレスを買うのはもったいないけど渋々購入したという経験はありませんか?そんな時は是非、Rent the Runwayでのレンタルを検討してみてください。 Rent the runwayのメンバーシップは3種類 RTR Reserve RTR Update RTR...

多様化する食習慣:知っておきたいベジタリアンとヴィーガンの違い

宗教・思想・健康によって多様化している食習慣。人種のるつぼであるニューヨークに移住してから、いろいろな食文化にも触れることができ世界観が広がった気がします。また、持病を発症・結婚をきっかけに、食生活にもっと関心を持つようになりました。 そして私の夫は乳製品アレルギーを持っているため、必然的に外食ではヴィーガン料理を食べる機会が多いです。今回はアメリカで生活していく上で出会った、いろいろな食習慣の違いや定義ついてお伝えしたいと思います。 ベジタリアンとは ベジタリアン(菜食主義)とは、 肉や魚介類を食べない食習慣のこと。馴染みのあるベジタリアンという言葉ですが、厳密には大きく分けて4つに分類されます。 卵乳菜食:Ovo-lacto-vegetarian 乳菜食:Lacto-vegetarian 卵菜食:Ovo-vegetarian 純粋菜食:Vegan ※ ラクト(Lacto)という言葉は文字通りラクトース、つまり乳製品を意味しています。※ オヴォ(Ovo)という言葉はラテン語で卵を意味しています。 ヴィーガンとは ベジタリアンとヴィーガンの違いってなに? 前述の通り、ベジタリアンは菜食主義の総称であり、ヴィーガンはその菜食主義の中でも卵や乳製品を含めた動物性の食品を全く口にしない食習慣のことです。 私たちが口にしているものは、動物性由来の調味料や食品が意外にもたくさんあります。よく見落とされる一例として、ゼリーなどにも使われているゼラチンがあります。ゼラチンは動物の骨や皮に多く含まれるコラーゲン(たんぱく質)から作られているためヴィーガンの人は口にしません。 さらにヴィーガンの中でも、ファーやレザーを代表格とする動物由来の商品を身に付けたり購入したりしないように徹底している人もいます。このように食習慣だけでなく、動物の命を尊重するライフスタイルをエシカル・ヴィーガニズム、食事からは動物性由来のものを避けることをダイエタリー・ヴィーガニズムと呼びます。 ヴィーガンはおしゃれでヘルシーなトレンド・マーケティングのひとつとして扱われることもありますが、その背景はとても深いものです。宗教や動物愛護の点からもヴィーガンを実践している人もたくさんいるので、こういった違いを知っておくのは大切だと思います。 ヴィーガンにまつわる類似表現 Plant-based 文字通り、プラント=植物(野菜・豆・穀物など)を中心とした食生活のこと。いわゆるダイエタリー・ヴィーガンと同様に使われる言葉。 Raw 動物製品の使用を行わないライフスタイルはもちろん、調理ではほとんど火を通さずに未加工の食物のみを食べる、その名の通り「Raw=生」のままを口にする食習慣。果物、野菜、ナッツ、穀物といったものが主食で、フルーツのみを食べる人やジュースのみを飲む人もいるそうです。エシカル・ヴィーガニズムの中でも究極の食習慣と言えるかもしれません。 Herbivore ハービヴォアというのは、本来は「草食動物」という意味の言葉。前述の通り、ヴィーガンには倫理的な面から食べ物以外も動物性製品を完全に避けているエシカル・ヴィーガンの人達がいて、動物愛護活動を行なっている徹底した人もいます。その反面で世の中には、一般的に肉食の人や動物由来の製品が多いのも現状です。 ヴィーガンは人によって定義が違ったり、ヴィーガンに対してのイメージや感じ方は人それぞれです。そんなヴィーガンという言葉にまつわるイメージや思想を避けるために敢えて自身をヴィーガンと名乗らず、ハービヴォア:草食系という言葉を使う人もいるそうです。  また、ライフスタイルを少しずつヴィーガンにシフトしている人達や「食習慣はヴィーガンに変えたけれど、昔から愛用している革の靴を履いている…だからまだ完全に自分はヴィーガンではないかも?」といったダイエタリー・ヴィーガンの人もこの言葉を好んで使うことがあるようです。 Flexitarian フレキシタリアンはセミ・ベジタリアンとも呼ばれる、flexible(フレキシブル:柔軟性)+vegetarian(菜食主義)という2つの言葉からできた造語。基本的に植物性の食事を中心とした食生活を心がけ、意識的に肉や魚といった動物性食品を減らす食生活を送る人たちの事を指します。日本では「ゆるベジ」とも呼ばれているそう。 私たち夫婦もLAに引っ越してきてからできるだけお肉は家に持ち込まないように心がけ、平日の自炊はヴィーガン!という努力を始めました。健康と環境問題・動物保護といった社会問題を知れば知るほど、少しずつ意識が変わってきて行き着いたのがフレキシタリアン。動物性食品は絶対ダメ!と制限してしまうのでなく、外食時や状況によっては肉・魚も摂ってOKという柔軟性があるところが◎。 自分に合った食事法で無理なく健康に 宗教・思想・倫理・健康など、ベジタリアンやヴィーガンといった食習慣を実践している理由は人それぞれで、何が正解・不正解といったことはないのかもしれません。食生活が多様化する現代、それぞれの表現の違いや食習慣の背景を理解することも大切なのかもしれません。 私たち夫婦のように、アレルギーや持病で食べたくても食べれないものがある人もたくさんいます。また、菜食が必ずしも万人に合ったり健康ベネフィットがあるとも限りません。要は何事もバランス。皆さんがご自身のライフスタイルや健康に合った、健やかな食生活を送れますように!

エシカルに美を追求する!コスメ選びで気をつけたい6つのルール

エシカル+サスティナブルを意識した、私的ロハスな生活を始めてから早2年が経ちました。自分と家族の暮らしを見直していく中でいろいろな改善点が見つかりましたが、中でも私は基礎化粧品やパーソナルケアプロダクトは特に時間をかけて方向転換をしています。 最近では、動物や地球環境に配慮したエシカルなブランドが増えてきていますね。しかしその言葉に惑わされて、実はお肌にはもちろん環境や動物にも優しくない成分が配合されていたりすることもあったりするので気をつけなければと感じています。 エシカルビューティーやオーガニックはヨーロッパやアメリカが先進国なので、海外の商品を使われている方もいらっしゃると思います。私はアメリカ在住ですが、いまだに英語での成分表示表を見るのはとても億劫になってしまう時があります。だからこそ、普段から下調べをして予備知識をつけておくのは大切だと感じています。今回はエシカルに美しくなりたいすべての女性とシェアしたい「私的コスメ選び」で気をつけている6つのルールをご紹介します。 オーガニック認証がされているか?(Certified Organic) オーガニックの定義は国によって違います。今回はアメリカに限定してまとめていきますね。 ① USDA(アメリカ) USDAでは下記3種類の表記法があり、認証マークは95%以上の商品にだけラベルがつけられる。 100%Organic:100%オーガニック原料の製品(水と塩を除く)Organic:95%以上オーガニック原料の製品(水と塩を除く)Made with Organic ingredients:70%以上オーガニック原料の製品 ② NSF/ANSI 305(アメリカ) NSFの認証では、70%以上がオーガニック原料の製品であればこのラベルがつけられる。 このように、USDAのマークがつけられている商品は95%以上がオーガニック由来なので安心と言えるでしょう。後ほどお伝えするポイントを元に、残りの5%の成分にどんなものが配合されているのかも気にかけてみましょう。 EUで有名なEcocertマークをはじめ、他国のオーガニック認証はコチラを参考にhttps://www.ecocert.com/en/certifications-list 植物性由来成分でできているか?(Vegan) コスメには動物性由来の成分が配合されていることが多いです。見落としがちなハチミツをはじめコラーゲン、シルク、乳製品、卵白、ゼラチン、プラセンタ、カーマイン(虫由来の染料)、コレステロールといった動物性由来の原料は多くの化粧品やパーソナルケア商品で使われています。 動物性由来成分が入っていない 動物実験・殺傷がされていない 遺伝子組み換えがされていない アメリカではコスメに限らず、上記条件をクリアして認証された商品にVeganのマークがつけられているので参考にしてみてください。 以前ヴィーガンについての記事もまとめましたが、食事から動物性の食品を取り除くのはハードルが高いといった人も、毎日使う日用品からなら挑戦しやすいかもしれません。私は動物愛護・環境保護といった点からもヴィーガン・コスメを選ぶようにしています。 アメリカのヴィーガン認証について詳しくはコチラ  https://vegan.org/certification/ 他国のヴィーガン認証についてはコチラ http://vegan-labels.info 動物を傷つけたり動物実験がされていないか?(Cruelty free) 日本語でもクルエルティ・フリーという言葉が浸透し始めていますね。その言葉の通り(Cruelty=虐待)、原料生産や商品開発の過程で動物実験・動物の殺傷を行わないポリシーのことを指します。 人体への安全性確認のために、医薬品や化粧品の開発過程にはウサギやネズミを使った動物実験が残念ながら日常的に行われています。私は動物たちが犠牲になったプロダクトを使って自分の美容のケアをすることに矛盾を感じてしまうので、必ずヴィーガンでクルエルティ・フリーの商品やブランドを選ぶようにしています。 ① Leaping Bunny by CCIC(国際的)② Beauty without Bunnies by...