ホーム LIFE UCとわたし

UCとわたし

若者に増加中の指定難病:潰瘍性大腸炎(UC)とは

発症年齢の主なピークが20代と言われている、指定難病:潰瘍性大腸炎。この世代は進学・就職・結婚といった人生の節目と発症が重なる場合もあるため、悩みやストレスを抱える患者さんも多いことでしょう。 私自身、2年前に直腸型潰瘍性大腸炎と診断されました。幸い症状は軽症ですが、現在も治療を継続しています。このブログでは食事療法を中心に「UCとわたし」というテーマで私の闘病記も綴っています。同じ病気で闘病されている方々やご家族との交流に繋がればと思い、潰瘍性大腸炎についてまとめてみることにしました。 気になる方は、ぜひ読んでみてくださいね。

ひとりで悩まないで!プロと潰瘍性大腸炎の患者さんが集うG Communityで相談してみよう

私が闘病中の潰瘍性大腸炎に限らず難病や大病を患うと、藁をもすがる想いで情報収拾をされている方が多いと思います。症状のレベルは違えど、同じ病気を患っている闘病者やそのご家族の意見・アドバイス、そして繋がりはとても貴重に感じます。 私は医療費の高いアメリカでこの病気と闘っています。不慣れな環境で、頻繁に病院も通えず不安が絶えない毎日です。そんな時、G Communityというクローン病・潰瘍性大腸炎・過敏性腸炎の患者さんが集うコミュニティーサイトと出会いました。 IBD患者コミュニティ:G Communityとは

腸のリズムをアプリで管理!ウンログで始める腸活

女性の方は特に、便秘で悩んでいる人が多いのではないでしょうか?私も便秘体質で、今では潰瘍性大腸炎を患って2年半になりました。「腸の汚れは万病の元」とも言われるほど、腸内環境を整えてあげることは健康管理の上で大切です。今回は腸の不調に悩み続ける私が、数年前から愛用している排便管理アプリ「ウンログ」の活用方法をご紹介します。 ウンログとは キャラクターも可愛く、記録する度にポジティブな励ましを送ってくれる

広島漢方で寛解をキープ!潰瘍性大腸炎でお悩みの方に受診して欲しい:スカイクリニック

私がブログを始めたきっかけのひとつが、持病:潰瘍性大腸炎について情報発信したり同じ病気で苦しむ患者さんやその家族と繋がりたいと思ったことです。以前のブログでもまとめましたが、潰瘍性大腸炎は残念ながら原因不明で治療法も確立されていません。発症当時はオンラインで情報を収集するも、患者によって症状もバラバラなため調べるほど不安が募る日々でした。 潰瘍性大腸炎について解説!
アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

Stay in Touch