ホーム Style エシカルにオシャレを楽しむ

エシカルにオシャレを楽しむ

お洒落をしながらサスティナブルでいられる、LA発ブランド:Reformationが世界中で愛される秘密

私も若い頃にお世話になった、Forever 21が破産適用法を申請したのが世界中で話題になりましたね。UKのTOPSHOPに続き、ファストファッションの時代が終わりを迎えようとしている傾向は、個人的にはとても嬉しく思っています。 私はアメリカに引っ越してきてからというもの買い物自体をそこまでしなくなりましたが…必要な時はサスティナブルでエシカルなブランドからまずは購入を検討するようにしています。中でも私がお気に入りのブランド、Reformation(リフォーメーション)をその理由と共にこちらの記事で紹介していきます。 サスティナブルなファッションにこれからシフトしたい! 環境に与える影響を最小限に抑えたいけど、お洒落も諦めたくない! といった方々に是非読んでいただき、サスティナブルでエシカルなファッションについて考えるキッカケにしてもらえたら嬉しいです! Reformationってどんなブランド? “Being naked is the #1 most sustainable option. We’re #2.”裸でいることが1番サスティナブルな選択。 私たちの洋服が2番手ね。 こんなキャッチフレーズを掲げ、ロサンゼルスに拠点を置くサスティナブルファッションブランド:Reformation(リフォーメーション)。「改革」というそのブランド名に相応しく、2009年からサスティナブルファッション界を牽引しています。 ブランドが始まった当時、他のエコフレンドリーなブランドはヘンプやオーガニックコットンといった天然素材をメインに使った、いわゆるナチュラルでヒッピーなテイストがメインでした。そこでReformationはエッジのあるテイスト×女性らしさを最大限に活かせるラインに特化した洋服を、環境や労働環境などに配慮して創り出しました。ファッション界における従来の“サスティナブル”なブランドイメージを覆した、まさに「改革児」なのです。 【合わせて読みたい】 エシカルでサスティナブルなファッションを楽しむための5つのアイデア Reformationが人気の秘密 エシカルやサスティナブルといった言葉をマーケティングで使用しているブランドでも、生産工程や素材に関する詳しい情報が欠けていたり、どんな風に環境にとってプラスの影響を与えているかが曖昧だったりすることがあります。  それに対してReformationは、事業の透明性を高めて情報開示を積極的に行っているのです。ホームページにはアメリカで売られている一般的な商品と比較して、Reformationの商品ではCO2・水・廃棄物がどのくらいセーブできるかという説明書きが各アイテムページに記載されています。 例えばこちらのアイテムの場合、ブラウス1枚で二酸化炭素が8パウンド(3.6kg)水が6ガロン(22.7ℓ)廃棄物が1.1パウンド(0.5kg)の排出が抑えられると書かれています。この数字には繊維原料の栽培、布地の製造、染色といった製造工程だけでなく、輸送・梱包などの流通面、そしてお客さんが行う洗濯・クリーニングやリサイクルに至るまでの影響が計算されているというから驚きです。こういった細やかな企業努力を数値化して情報開示をしている会社は少ないですよね。そのような点からも、Reformationは消費者の信頼を獲得していると言えます。 Tシャツをたった1枚を作るのに2700ℓもの水が必要という事実(※1)を知ってからは、出来るだけ環境に負担の少ない生産プロセスや原材料にこだわっているブランドを選びたいと思うようになりました。きっと私のように感じている人々の共感を世界中で呼び、「お洒落をしながらサスティナブル」でいられるReformationが人気になったのではないでしょうか。 ※1 参照 https://curiosity.com/topics/it-takes-2700-liters-of-water-to-make-one-t-shirt-curiosity/ その他に行われているエシカルな取り組み サスティナビリティリポート(四半期ごと)CO2・水・廃棄物の排出セーブ量をスケール化オフセットプログラムの提供エネルギー効率化ゼロウェイスト推進、製造工程や会社運営で出たゴミは75%リサイクルグリーンオフィス・エコシステムへの投資65%がブランドが拠点を置くロサンゼルスで製造(Made in LA)75%がサスティナブルと公式認定済の生地パッケージはプラスチックフリー工場労働者の人権・安全・賃金を保障 ここには書ききれないほど、素晴らしい取り組みを革新的に続けているReformation。英語にはなりますが、ブランドのサスティナビリティが詳しく気になる方はコチラをご覧ください。 ニューヨークでオススメの店舗はBond St店 私が住んでいたニューヨークには3店舗あって、中でもBond St.にあるお店はハイテクかつ雰囲気が洗練されていて1番気に入っていたので写真と共にご紹介。 ディスプレイされているお洋服は全てサンプルサイズ。店内にモニターが数カ所に設置されていて、自分自身でサイズとアイテムを選んでカートに入れると試着室に洋服が用意されるシステムになっています。個人的には、店員さんとあれこれ世間話をしなくて済むので効率もよく好きです。笑 Reformation Bond St. Address: 39 Bond St, New York,...

エシカルでサスティナブルなファッションを楽しむための5つのアイデア

世界中でスタンダードになりつつある、エシカルでサスティナブルなファッション。私もロハスな暮らしを始めてからは、できるだけ環境や社会にとって良い取り組みをしているブランドからお洋服を買うようになりました。 ファッションにもサスティナブルってあるの? エシカルファッションって耳にするけど、どういうこと? 今回はそんな疑問にお答えしながら、サスティナブルでエシカルなファッションをおしゃれに取り入れるためのヒントをお伝えしたいと思います。 サスティナブル・ファッションとは このブログのテーマにもなっている「ロハスな暮らし」と深い関係があるサスティナブルという言葉。サステナビリティ(持続可能な)とは、私たちの社会と自然環境を保ち続けることに対する取り組みのことです。ファッションにおいてサスティナブルであるということは、服のデザイン・製造工程・消費過程のすべてにおいて環境にやさしいアプローチをすることです。 「古くなった・飽きた」からと捨ててしまうのではなく、洋服のお直しやリメイクをしながら大切に着たりリサイクルをすることも、サスティナブル・ファッションにおいて大切な考え方です。 製造においてはファストファッションのような大量・海外生産を控え、できる限り地域産業の活性化にも繋がる国産・ローカルメイドを心がけている企業がたくさんあります。リサイクル素材や天然由来素材を使用したり、環境に負担のかからない製造方法を実施しているのも特徴的です。 エシカルファッションとは エシカルとは日本語で「道徳的に正しい」という意味。 エシカルファッションは環境保護に加えて、ファッション業界全体が与えうる社会的な影響にもっと焦点を当てているという意味でサスティナブル・ファッションと少し差別化されます。 2013年にバングラデシュでラナ・プラザ崩壊という衝撃的な事件が起きました。その後、加速するファストファッション低価格競争の代償として、発展途上国で行われていた過酷な労働環境や労働条件が問題視されるようになりました。そこから、エシカルファッションへの認知が少しずつ広がっていきます。 エシカルファッションでは、洋服や小物を生産に携わる製造者の生活賃金、労働条件、健康と安全、強制労働、児童労働といった環境問題以外にも幅広い問題に取り組んでいます。 また、エシカルファッションでは「ファッションの為に動物が犠牲になるのはおかしい」という動物愛護の点からも毛皮、皮、 ダウンの使用はされません。 エシカルでサスティナブルなおしゃれを楽しむには ではエシカルでサスティナブルなおしゃれをに挑戦してみたい!という方へ、私も実践しているアプローチを5つに分けて紹介したいと思います。 素材をチェックする オーガニック 天然素材 エコな化学繊維 リサイクル繊維 染料フリー ヴィーガン素材 この中でも特にコットンを使った布製品は、洋服に限らずできればオーガニック素材のものを買うように心がけています。なぜなら、コットンの栽培には大量の農薬や殺虫剤が使われているからです。栽培農家の人やその地域の人たちの健康被害、土壌や水質汚染の影響は深刻です。 ローカルメイドにこだわる 地産地消の果物や野菜が売られているスーパーやファーマーズマーケットに行くと、生産者の顔が見られるので商品に対しての安心感がありますよね。それと一緒で、ファッションアイテム「誰が?」「どこで?」「どんなふうに作られている?」といったことを考えてみると、もっと愛着が湧いたり特別なアイテムと出会えるかもしれません。 また、多くのエシカル&サスティナブルなブランドがTransparency(透明性)といって、洋服の製造過程や工場の情報開示をするように努力しています。そういったブランドは安心感があり、品質にも信頼がおけるでしょう。 ヴィンテージや古着を取り入れてみる ヴィンテージや古着は、大量生産された新しいお洋服とは違ってユニークで個性的なデザインも多くですよね。ヴィンテージショップや古着屋さんでお買い物をすると、いつも宝探しのような気分になって心が躍ります。 また断捨離する時には、ゴミに出したりリサイクルするよりも古着屋さんや寄付団体へ必ず持っていくようにしています。というのもリサイクルとして出された洋服の多くは、結局ゴミ処理場や埋め立て地へ送られてしまうからです。消費者によってリサイクルされている服は、全体のわずか15%なんだとか。(*1) 洋服だけに限らず、リサイクルをするにもお金がかかる+環境負担に繋がることを覚えておきたいですね。 *1 参照 https://www.thebalancesmb.com/textile-recycling-facts-and-figures-2878122 本当に必要か、改めて考えてみる 1回着ただけで袖を通さなくなった服、皆さんはありますか?私も昔は、そういったムダ遣いをよくしたものです。おしゃれだけに限らず、歳を重ねていくうちに「良質なものを必要なだけ、長く愛用したい」という考えに変わりました。だからこそ、買い物をするときは衝動的にならずにじっくり時間をかけて買うようにしています。 似たようなアイテムは持っていない? お手入れは簡単? 何十回も着られるほど気に入った? 定番で長く切られる? このような質問を、お買い物の前には自分に問いかけてみるようにしています。 レンタルサービスを利用してみる 私は現在、自分のクローゼットをできるだけミニマルにするためにCapsule Wardrobeという着回しのきくアイテムを厳選して組み立てています。そのため、自分が持っているアイテムは基本的にシンプル&ベーシック。コーディネートなどを深く考えずに、その日の気分に合わせてパパッと何を組み合わせてもサマになる。そんなクローゼットを目指しているところです。(またブログに書きますね!) それでも、パーティーやお出かけなど非日常的な機会は年に数回やってきます。そんな時に私が利用しているのがレンタルサービスです。何度着るか分からないようなフォーマルなドレスの衝動・無駄買いが避けられるので助かっています。その魅力について別記事にまとめているので、気になる方はそちらも読んでみて下さいね! 【合わせて読みたい】 洋服もレンタルする時代へ!買わずに借りて、思いっきりオシャレを楽しもう 立ち止まって考えたい、ファッションの真価 サスティナブルとエシカルファッションの違いを分かっていただけたでしょうか?またエシカルにおしゃれを楽しむヒントの中に、自分でも実践できそうなものが見つかったでしょうか? 好みや予算・環境も人それぞれなので、サスティナブル+エシカルなブランドからだけお洋服を買うというのは無理があると思います。まずはお洋服を大切に長く使えるように工夫してみたり自分のお買い物の癖を見直してみるなど、自分にできそうなことから始めてみると良いかもしれません。例えば、既に持っているファストファッションブランドのお洋服もこれから10年大切に着れば、エシカルな消費につながると思います。 これからは作っている人も、着ている人も、地球もハッピーになれるという循環型のファッションがもっと増えていくと良いな。 まだまだサスティナブルとエシカルにフォーカスしたブランドは少ないですが、将来的に全ての洋服が地球環境にやさしい仕組みで作られていけば良いですね。そんなサスティナブルでエシカルなファッションをうまく取り入れながら、私もこれから自分なりにおしゃれを楽しみたいと思います。

捨てる前に試す価値あり!ニューヨークで洋服を断捨離するなら、買取か寄付をしてみよう

私たち夫婦は2019年8月末に、NYからLAへ引越しました。東海岸の端から西海岸の端への引っ越すとなると引越し業者代も高く、私たちはできるだけモノを減らすことに決めました。元々私も夫もそんなに荷物が多い方ではありませんが、寒いNYから暖かいLAへ引っ越すということもあり思い切って冬服を中心に断捨離をすることに。 これからNYへ留学や駐在で来ていて日本へ本帰国する方、または他州へ引っ越しが控えていて荷物を減らしたい方に向けて、私が見つけた効率の良い洋服の断捨離方法と寄付の体験談をまとめてみました。 マンハッタンで効率よく洋服を売るなら NYには沢山の古着屋さんや委託販売店があります。中でも徒歩5分圏内に3つのお店が集まっていて便利な、Chelseaエリアのおすすめショップをご紹介。 Buffalo Exchange アメリカ全土で20州49店舗を展開している創業45年の老舗古着店、バッファロー・エクスチェンジ。私はまずコチラのお店を1番最初に訪ねるようにしていました。洋服や靴・小物などを持参すると、店員さんがその場で査定をして店頭販売価格をつけてくれます。お店で将来的に買い物を希望する場合は、ストアクレジットの方が還元率が高いのでキャッシュよりもお得な仕組みになっています。 現金:販売価格の30%ストアクレジット:販売価格の50%経験上他の店舗よりも買取価格が良かった総額で約$400の売り上げ(現金) 例)買取価格が$60の場合、キャッシュだと$18、ストアクレジットだと$30もらえる ちなみに私の経験上、11時の開店後すぐにお店に行かない限りは平日でさえ長蛇の列。長い時で1時間半も待ったこともありました。洋服を売る時は、時間に余裕のある時に行くように気をつけて下さいね。 Buffalo Exchange ChelseaAddress:114 W 26th St, New York, NY 10001Tel:(212) 675-3535Website:https://www.buffaloexchange.com NYにはChelseaの他にもNoHo, East Village, Williamsburg, Astoriaなどにも店舗があります。NoHoのお店は中でも2019年の春にOpenしたばかりで、在庫が品薄ということから買取率が高いと店員さんが教えてくれましたよ。チェックしてみる価値があるかもしれません! Crossroads アメリカ全土で37店舗、創業27年のコチラも老舗の古着・販売委託店クロスローズ。Buffalo Exchangeで売れ残った商品はいつもここで買い取ってもらっていました。買取の仕組みは下記の通りで、Buffalo Exchangeと還元率は同じです。 現金:販売価格の30%ストアクレジット:販売価格の50%お店が小さいので在庫が多い商品は買い取ってもらえないことが多々 Buffalo Exchangeと違うところは、Crossroadsにはドロップオフサービスがあるところ。店舗に売りたいアイテムを持っていってフォームを記入すると、メールで査定額が24時間以内に送られてくるという仕組み。私は利用したことがありませんが、時間に融通のない方にオススメです。とは言え、いつも待ち時間は長くて15分程度と短めでした。そして自分の番になると携帯のテキストでお知らせしてくれるので、店舗から待ち時間の間に離れてもOKなのが便利でした。また、ブランド品などの高額商品は委託販売もできるのが魅力的です。 Crossroads ChelseaAddress:24 W 26th St, New...

洋服もレンタルする時代へ!買わずに借りて、思いっきりオシャレを楽しもう

エシカルでサスティナブルな暮らしをするために、私にできることはなんだろう? 日々の生活の所々でそんな風に感じ、調べて、知れば知るほど「モノを持たない・買わない暮らし」にドンドン惹かれていっているmimiです。 私は昔からオシャレをするのが大好きで、このブログでもファッションをテーマに取り上げています。最近では流行にとらわれることなくビンテージや古着を取り入れたり、同じお洋服をいかに自分らしく着回わしたりコーディネートできるか?といった挑戦をしながらオシャレを楽しんでいます。 それでもたまには、気分を変えて思いっきりオシャレをして出掛けたいなぁ~ こんな風に思ったことはないでしょうか?でも、わざわざドレスアップするためだけにお洋服を買うのも…と思ったのがきっかけで、私は2年前からレンタルサービスを利用するようになりました。 個人的に感じている、レンタルのメリット 衝動的な買い物を減らせる 持ちものを増やさずにオシャレができる 手が届かないような高級ブランドの着心地や使用感がレンタルで試せる ドレスコードといった特定の機会だけのために買い物をせずに済む 思い切ったデザイン・カラー・スタイルに挑戦できる 昔の私は、とにかく色柄物やトレンドが大好きでした。でも残念ながらそういったアイテムは、数回着ただけで飽きてしまいクローゼットにお蔵入りしがちであることに気付いたのです。すると着回しが効くベーシックカラーや定番アイテムを、年を重ねるにつれて自然と選ぶようになっていきました。 それでもたまにはエッジの効いたアイテムが着たくなったり、お洒落も冒険したくなりませんか?そんな時にぴったりなのが今回紹介する、ファッション・レンタルサービスだと感じています。 新しく洋服を買わずにレンタルする=エコな消費 地球にとって優しい暮らしの基本は、「買わない・既にあるモノの再利用」。以前、ブログの中でも触れましたが 既に持っている服をダメになるまで大切に着回す・リメイクする何か買い足す時は古着やヴィンテージから探してみる新しい服を買いたい時は、エシカルでサスティナブルなブランドをまず検討する それに加えて+結婚式やパーティーなど特別なイベントにはレンタルを利用してみる 一口に洋服のレンタルサービスと言っても、毎月定額制で代わる代わる洋服が借りられるものから単発のものまで様々です。逆に過剰にレンタルを利用し過ぎてしまうと、それはそれで運送による排気ガス問題やクリーニングによる水質汚染といった別の要因で地球に負担をかけてしまいます。 でも個人的に衝動買い・浪費・廃棄をしてしまうよりは、買い物の消費を減らしてレンタルを特別な機会に上手に利用する方がエコだと思っています。 例えば、営業など人と関わる仕事をしていて「身なりをきちんと整えたいし、同じ服ばかり着られない」とお洋服をたくさん揃えなければならない人も職業やライフスタイルによっているでしょう。そんな方々にとっては、ファストファッションなどで安く新しい服を買い続けるよりもレンタルを賢く使い分けることは地球に優しい選択ではないでしょうか。 私のお気に入りレンタルサービスはRent the runway 私は現在、アメリカに住んでいます。アメリカのみならず海外では、結婚式やパーティーとなれば自由で大胆に、そして全力でオシャレを楽しむのが文化の一部。そんな華やかな姿を、映画やドラマで見かけたことがある人もきっと多いのではないでしょうか。 私は夫と出会ってから、デートや結婚式・記念日といった特別な機会にはRent the runwayでレンタルをしています。そして結婚式のブライズメイドドレスと自分のアフターパーティー用のドレスも、こちらのお店でお借りしているほど大ファンです。 ちなみに結婚式やパーティーでよくあるカラーテーマ。自分の好きでもないカラーのドレス、そして絶対に1回しか着ないフォーマルなドレスを買うのはもったいないけど渋々購入したという経験はありませんか?そんな時は是非、Rent the Runwayでのレンタルを検討してみてください。 Rent the runwayのメンバーシップは3種類 RTR Reserve RTR Update RTR...
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Stay in Touch