捨てる前に試す価値あり!ニューヨークで洋服を断捨離するなら、買取か寄付をしてみよう

私たち夫婦は2019年8月末に、NYからLAへ引越しました。東海岸の端から西海岸の端への引っ越すとなると引越し業者代も高く、私たちはできるだけモノを減らすことに決めました。元々私も夫もそんなに荷物が多い方ではありませんが、寒いNYから暖かいLAへ引っ越すということもあり思い切って冬服を中心に断捨離をすることに。

これからNYへ留学や駐在で来ていて日本へ本帰国する方、または他州へ引っ越しが控えていて荷物を減らしたい方に向けて、私が見つけた効率の良い洋服の断捨離方法と寄付の体験談をまとめてみました。

マンハッタンで効率よく洋服を売るなら

NYには沢山の古着屋さんや委託販売店があります。中でも徒歩5分圏内に3つのお店が集まっていて便利な、Chelseaエリアのおすすめショップをご紹介。

Buffalo Exchange

Buffalo Exchange Chelsea(バッファローエクスチェンジ・チェルシー)店の店内の様子
Buffalo Exchange Chelsea店の店内の様子
Buffalo Exchange(バッファローエクスチェンジ)のステッカー

アメリカ全土で20州49店舗を展開している創業45年の老舗古着店、バッファロー・エクスチェンジ。私はまずコチラのお店を1番最初に訪ねるようにしていました。洋服や靴・小物などを持参すると、店員さんがその場で査定をして店頭販売価格をつけてくれます。お店で将来的に買い物を希望する場合は、ストアクレジットの方が還元率が高いのでキャッシュよりもお得な仕組みになっています。

  • 現金:販売価格の30%
  • ストアクレジット:販売価格の50%
  • 経験上他の店舗よりも買取価格が良かった
  • 総額で約$400の売り上げ(現金)

例)買取価格が$60の場合、キャッシュだと$18、ストアクレジットだと$30もらえる

ちなみに私の経験上、11時の開店後すぐにお店に行かない限りは平日でさえ長蛇の列。長い時で1時間半も待ったこともありました。洋服を売る時は、時間に余裕のある時に行くように気をつけて下さいね。

Buffalo Exchange Chelsea
Address:114 W 26th St, New York, NY 10001
Tel:(212) 675-3535
Website:https://www.buffaloexchange.com

NYにはChelseaの他にもNoHo, East Village, Williamsburg, Astoriaなどにも店舗があります。NoHoのお店は中でも2019年の春にOpenしたばかりで、在庫が品薄ということから買取率が高いと店員さんが教えてくれましたよ。チェックしてみる価値があるかもしれません!

Crossroads

Crossroadsの店舗
Crossroadsの店舗

アメリカ全土で37店舗、創業27年のコチラも老舗の古着・販売委託店クロスローズ。Buffalo Exchangeで売れ残った商品はいつもここで買い取ってもらっていました。買取の仕組みは下記の通りで、Buffalo Exchangeと還元率は同じです。

  • 現金:販売価格の30%
  • ストアクレジット:販売価格の50%
  • お店が小さいので在庫が多い商品は買い取ってもらえないことが多々

Buffalo Exchangeと違うところは、Crossroadsにはドロップオフサービスがあるところ。店舗に売りたいアイテムを持っていってフォームを記入すると、メールで査定額が24時間以内に送られてくるという仕組み。私は利用したことがありませんが、時間に融通のない方にオススメです。とは言え、いつも待ち時間は長くて15分程度と短めでした。そして自分の番になると携帯のテキストでお知らせしてくれるので、店舗から待ち時間の間に離れてもOKなのが便利でした。また、ブランド品などの高額商品は委託販売もできるのが魅力的です。

Crossroads Chelsea
Address:24 W 26th St, New York, NY 10001
Tel:(646) 398-7917
Website:https://crossroadstrading.com

Goodwill

最後にBuffalo ExchangeでもCrossroadsでも売れなかったアイテムは、コチラのGoodwillに寄付をしていました。さすがFashionの都、ニューヨーク。買取ではなく寄付されたとは思えないほど、ユニークで素敵なアイテムが店舗にはたくさん並んでいます。

Goodwill Store & Donation Center
Address:103 W 25th St, New York, NY 10001
Tel:(646) 638-1725
Website:https://www.goodwillnynj.org

ブルックリンで効率よく洋服を売るなら

ブルックリンに在住の方は、Williamsburgで同じような経路で4店舗がが集まっているのでコチラも同様に活用してみて下さい。ユニオンスクエア周辺にもあるBeacon’s Closetからスタートして、後は上記でご紹介した店舗の別支店となります。

洋服を買い取ってもらうために、気をつけたいポイント

どうせ長時間待つのであれば、できるだけ多くのアイテムを買い取ってもらいたいところ。私が何度も足繁く通った経験上、気をつけたいポイントやアドバイスをご紹介します。

洋服に汚れはないか確認する

特に襟元、袖、裾、脇といった部分は必ず査定の際にチェックされます。シミが付いていたスカートを「洗ってきてくれたらこの程度で買い取るわよ」と言われ、リベンジをしたことがありますが… 皆さんはこういった初歩的なミスがないように気をつけて下さいね。

季節感を意識する

例えば四季があるNYの場合、真冬にノースリーブトップスを持って行っても売れる確率は低いでしょう。8月や3月といった季節の変わり目に着古したものを断捨離したくなるかもしれませんが… 夏物なら本格的にシーズンが始まる5月、冬物なら10月くらいを目安にしてそのシーズンごとに需要がありそうなアイテムを選んで持っていきましょう。

柄物・カラーもの・ユニークなアイテムほど売れやすい

特にBuffalo Exchangeではあまりにベーシックすぎるアイテムは、ブランド品でない限り買い取ってもらえませんでした。逆に柄色形がユニークで個性的なものは、いいお値段で買い取ってもらえます。

ファストファッションブランドも買い取ってくれる

カラーテーマのパーティーや行事ごとに着ていくためにForever21やZaraから買った、安い服がタンスの肥やしになっていました。

原価が$20以下の商品だし絶対売れないでしょ?

そんな風に思っている服でも、アイテムによっては原価と同じくらいの店頭販売価格が付くことがあります。中でもJ .Crewの買取率は良かったです。捨てたり寄付する前に、諦めずに持っていく価値はありますよ!

定番アイテムならTシャツとジーンズ

ベーシックなスタイルは売れにくいと言いましたが、Tシャツとジーンズは例外です。ただし人気のアイテムだからこそ、その時々の在庫が多い場合は買取をしてくれないので注意が必要です。ヴィンテージスタイルTや人気ブランドのジーンズは比較的オールシーズンで需要があるようです。

オンラインサービスを利用する

最終的に買い取ってもらえなかったもの中で、ブランド品だったり結構なお金をはたいて購入した思い入れのあるアイテムがありました。そのような服や小物は寄付をする前に持ち帰り、さらにオンラインで販売しました。自分では価値の分かっているアイテムに値段がつかなかった時… 地味に悔しいんですよね!笑 時間のある方は面倒な作業もあるかもしれませんが、下記のサービスの利用を検討してみては。

  • ローカルに売るなら、Facebook Marketplace (活用法のブログはコチラ)
  • 有名大衆ブランドやレア商品なら、eBay
  • 高級ブランド品なら、The Real Real
  • トレンド感あるファッションアイテムなら、Poshmark

他にもある、洋服の寄付ができる団体

私の場合、住んでいた場所の近くにもあって便利だったのでGoodwillにほとんど寄付をしていました。お住まいの地域によっては、他にもこんなサービスがあるのでチェックしてみて下さい。

例えばSalvation Armyでは家庭内暴力・人身売買・自然災害の被害者に、Bowery Missionではホームレスの人たちを支援する活動の一環で、このような寄付を受け付けています。それぞれの団体で支援していることや慈善活動が異なるので、そういったことも踏まえるとより一層意味のある寄付になるかもしれませんね。

定期的に断捨離されている方やこれから本帰国の予定がある方は、売る・譲る・寄付するの中からご自身に合いそうな方法が見つかったでしょうか?私が引っ越しをした時は、もっと前から計画的にできれば良かったなぁ〜と少し後悔している部分もあります。例えば、Salvation Armyのピックアップサービスは1ヶ月前に予約が必要であることを知らずに利用できませんでした。

また、断捨離の目当てだった冬服は真夏だったためシーズン的に売れず…半分以上は寄付に、残りは友人に譲りました。西海岸への引っ越しは以前から検討していたので、冬が終わる少し前から計画を立てて少しずつ手放しておけば良かったなぁ〜と今になって思います。

断捨離=捨てるではありません。手放す方法としてできるだけゴミが出ないように、そしてそのアイテムが誰かの手に渡ってより意味のあるものになるように、今回ご紹介した方法をぜひ活用してみて下さい!


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

Instagram

Tag List

Most Popular

健康志向なニューヨーカーに大人気!医食同源がコンセプトのオーガニックレストラン:Le Botaniste

サラダバーやグリーンジュース専門店など、手軽にヘルシーな食生活をサポートしてくれるお店がニューヨークにはたくさんあります。私が外食やランチをする時は、健康のためにできるだけヴィーガンでグルテンフリーのお店を探すようにしていました。男女問わず美意識が高く、健康志向なニューヨーカーもお墨付き!そんな私のお気に入りのオーガニック・レストランをご紹介したいと思います。

Whole Foodsだけじゃない!ロサンゼルスのオーガニックスーパー5選

ヘルストレンドはロサンゼルスから生まれる!と言っても過言ではないほど、健康志向でヘルシーなライフスタイルを追求している人が多い街、LA。私もNYからLAに引っ越してきた時に、1番ビックリしたのがスーパーの充実度です。今回はそんなロサンゼルスのローカル達に愛される、オーガニックスーパーをまとめてみました。ロサンゼルスに在住の方はもちろん、旅行のお土産探しにもぴったりな私のおすすめ5店舗を紹介します。 Urban...

エシカルに美を追求する!コスメ選びで気をつけたい6つのルール

エシカル+サスティナブルを意識した、私的ロハスな生活を始めてから早2年が経ちました。自分と家族の暮らしを見直していく中でいろいろな改善点が見つかりましたが、中でも私は基礎化粧品やパーソナルケアプロダクトは特に時間をかけて方向転換をしています。 最近では、動物や地球環境に配慮したエシカルなブランドが増えてきていますね。しかしその言葉に惑わされて、実はお肌にはもちろん環境や動物にも優しくない成分が配合されていたりすることもあったりするので気をつけなければと感じています。