ロサンゼルスで保護犬を家族に迎えるまでの体験談

ついに!我が家に家族が増えました。以前から「いつか犬を飼いたいね~」と夫と話していたのですが… ご縁があって、生後半年の仔犬をシェルターから引き取ることになりました。今回の記事ではアメリカのシェルター事情から保護犬を実際に引き取るまでの体験談をまとめたいと思います。

アメリカの犬猫シェルターの実態

  • 米全土で約3500の動物保護施設、1万4千の動物保護団体がある
  • 年間で約73万3千頭の犬や猫が安楽死(2019)
  • 犬よりも猫の方が引き取り先が見つかりにくい
  • 野良犬や野良猫保護の他に、3割は飼い主が飼育放棄
  • 原則では引き取られて72時間で殺処分されてしまう

参照:https://petpedia.co/animal-shelter-statistics/

アメリカではブリーダー(ペットの交配)反対や犬猫を販売するペットショップ撲滅の動きが盛んです。アメリカにもこのようなお店はまだ存在すると思いますが、個人的には日本のような血統書付きの犬や猫を販売しているペットショップを見かけたことはありません。

統計を見るとすごい数の命が年間で奪われている…と感じますが、これでも35年ほど前に比べると20分の1に減って殺処分の数は年々減少傾向にあるそうです。ペットを飼っている知り合いや友人もほぼ100%くらいの確率で、保護犬を家族に迎えるという選択をしています。それほどアメリカではまずはシェルターを訪ねて、ペットの命を守ろうという意識が高いと感じます。

またアメリカにはNo-Kill Shelterという、文字通りに殺処分をせずに家族が見つかるまで保護し続ける施設もあります。とはいえ、10匹に1匹は施設の定員オーバーで一定期間を過ぎると止むを得ず殺処分されてしまうそう。中には事故や病気で身寄りに頼れる人がおらず、止むを得ない理由でシェルターにペットを放棄しなければならない人もいます。もし自分の身の回りにペットのもらい手が見つからずに困っている人がいれば、最終的にNo-Kill Shelterのような団体を検討するように話してみるのもいいかもしれません。

※カリフォルニア州のNo-Kill Shelterの検索はコチラ

保護犬の探し方

petfinder.com

それでは我が家ではどのようにして今の愛犬と巡り合ったかを、簡単に紹介したいと思います。

コロナ渦中での保護犬サーチということもあり、ほとんどの施設が完全予約制での対応でした。気軽に近所のシェルターに立ち寄れない上に、施設の人手が足りていないのか電話はほぼ繋がらないため予約にすらありつけず… 必然的にウェブサイトやアプリで探すことになりました。

個人的にはPetfinderが1番使いやすくて愛用していましたが、こまめに保護団体のインスタグラムなどもチェックしていました。Petdarのアプリは写真が一覧表示になるので、いちいちスクロールするといった手間が省けて良かったです。結果的には、Petfinderがきっかけで我が家の愛犬とご縁がつながりました。

私たちが保護犬を迎えるまでのタイムライン

  • 8月上旬:サーチ開始
  • 8/24:午前6時頃、Petfinderにてビビを発見 → 問合せ
  • 8/24:午前9時頃、担当者から連絡が来るものの先約が既にあると言われる
  • 8/24:午後6時頃、里親にFaceTimeを通してビビの様子を見せてもらう 
  • 8/25:避妊手術
  • 8/26:実際にビビと初対面→ そのまま引き取り

我が家は今の愛犬ビビ(@b.b.thedog)に出会うまでは、7件くらいアプリケーションを申請しました。アプリメインでサーチした感想は、人気のペットはすぐ引き取り先が見つかって競争率がかなり激しいということ。我が家の場合は住まいがアパートということで体重制限や犬種制限もあり、最初の内はアプリケーションを申請する前にまず質問を送っていました。ちなみに10通送って返事が返ってくる確率は1件くらいです。笑 なので、気になる子がいたらとりあえずアプリケーションを出して先手を打ちましょう。それでも連絡が来る確率は低かったです。

ちなみに私たちがビビの投稿を見つけたのは早朝の6時。投稿されてたったの2時間という新着情報だったにも関わらず、担当者から3時間後に連絡が来た時にはもう先約でMeet&Greetが決まって、投稿はその日中に削除されたというスピード感です。1件目の家族は既に愛犬を1匹飼っているということもあり、その子とビビの相性があまり良くなかったという訳で… 私達のところにチャンスが巡ってきました。

保護犬のアプリケーションについて

  1. 家かアパートか
  2. 賃貸か持ち家か
  3. 勤務先と職種
  4. 庭はあるか
  5. 1日のうちにどのくらいペットが独りで留守番するか
  6. これまでのペットの所有経験
  7. もしペットが病気や事故で処置が必要になった場合、いくらまで払えるか
  8. 自分が面倒を見きれなくなった時、どのように対応するか

シェルターや保護団体によってそれぞれ質問内容は異なると思いますが、大体のアプリケーションで上記のような内容を聞かれました。シェルターで保護されている犬や猫は、ホームレスになった経験などからトラウマを抱えているケースもたくさんあります。保護団体は動物にそのような経験を2度とさせないようにするためにも、厳正な審査項目を設けて大切に育ててくれる家庭を見つけているようです。

私たちが最終的にお世話になったシェルターは担当者がSMSテキストでやりとりしてくれたということもあり、話がとんとん拍子に進みました。アプリケーションも、まさかの最終的にアナハイムの里親に会いに行く直前にもらいました。シェルターによっては電話カウンセリングさえも予約必須のところがあったりと、やり取りのスタイルは様々です。

保護犬を引き取るまで知らなかったこと

ちなみにロサンゼルスで犬猫をペットで飼う場合には、避妊/去勢手術・マイクロチップ装着・狂犬病などのワクチン接種が義務化がされています。保護犬を家族として引き取る時に、大体$350~$700の費用が発生します。この料金にはこれらの処置費が全て含まれています。また1歳以下の仔犬や仔猫は世話に手がかかるという事もあり、費用がやや高めに設定されているようです。

ビビが保護されていた施設はロサンゼルス市内から1時間弱の郊外にあります。引き取った前日に避妊手術を受けていたため、抜糸やワクチンのための通院などもわざわざ施設が提携する郊外の病院まで行かなければなりませんでした。また数週間後にもワクチンの再接種でこのシェルターを訪ねる予定です。

もしこういった都合を事前に知っていれば、車で30分以内のシェルターに絞ってサーチをしていたかもしれません。最初はお気に入りの子が見つかったら、サンディエゴまで会いに行こう!なんて意気込んでいたので…笑 もしこれからアダプションを検討する方がいれば、最初の内は何度か施設を往復しなければならない可能性もあることも頭に置いておいてもいいかもしれません。特に生後1年以下の犬猫やメキシコなどから来た野良はこのような処置を受けていないことが多いです。

保護犬を家族に迎えるという選択

ビビが我が家にやってきてくれてから、本当に家族に笑顔が増えて幸せでいっぱいです。私たちは里親の家で初対面をしましたが、その後マイクロチップの装着のために初めてシェルターを訪れました。炎天下の野外に設置された檻の中で泣いている犬達を見て、今でもその時に感じた胸の痛みが忘れられません。いろいろな事情があって施設に来た犬猫ですが、1匹でも多くの犬猫が穏やかに暮らせる家庭を見つけられるように…これから私たちにできるボランティアや支援は積極的に行いたいと思っています。

アメリカで犬を飼って暮らすのは初めてなので、分からないことがたくさん!これから少しずつ仔犬を育てていくに連れて得た知識やペットのいる暮らしについても発信していくつもりなので、楽しみにしていてください。また既に親バカですが…犬専用のインスタグラム(@b.b.thedog)もやっているので、愛犬家の方とも繋がって情報交換できたら嬉しいです♡


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

10の有害成分に気をつけよう!爪に優しくて安全なネイルポリッシュの選び方

爪を綺麗にお手入れすると、気分が上がって前向きになれませんか?ネイルは女性にとってオシャレや身だしなみのひとつですよね。毎週・毎月と頻繁にカラーやデザインを変えて楽しんでいる方も多いかもしれません。 あなたが自宅やネイルサロンで使用しているネイルに、もしかしたら有害成分が入っているかも?頻繁にネイルする人は特に気をつけたい! この記事では爪に優しくて安全なネイルポリッシュの選び方について、私が実際に使っているアイテムや注目のブランドと合わせて紹介しています。 爪に優しくて安全、10-Freeのネイルポリッシュとは? 数年前、100均のネイルから発がん性物質が検出されたニュースが話題になりました。商品棚に並ぶマニキュアはポップでカラフルなため、体に危険で刺激の強い化学物質が使われていることをついつい見過ごしてしまいます。 しかし最近では、有害成分ができるだけ入っていないネイルポリッシュがたくさん販売されています。3,5,7,10-Freeという形で、従来のマニキュアに含まれている有害な成分が少なければ少ないほど爪に優しいと考えられます。分かりやすく下の図にまとめてみました。 フタル酸ジブチル (DBP:Dibutyl phthalate)胎児・子供の成長や生殖に影響を及ぼす可能性ありトルエン (Toluene)シンナーと同様に中毒性があり、目・鼻・喉などに刺激を与えるホルムアルデヒド (Formaldehyde)防腐剤の一種。発癌性があり、呼吸器系・目・喉などの炎症を引き起こすホルムアルデヒド樹脂 (Formaldehyde resin)ホルムアルデヒドを放出する可能性ありカンファー(Camphor)爪を慢性的に乾燥・変色させる恐れや発癌性があり、妊娠・授乳中の女性は避けるべきとされるキシレン (Xylene)頭痛・めまい・吐き気を引き起こす有毒成分パラベン (Parabens)防腐剤の一種。内分泌かく乱物質(環境ホルモン)とされ、体内のエストロゲンホルモンなどを乱したり皮膚炎を引き起こす疑いがあるフタル酸エステル (Phthalates)肝臓、腎臓、肺、生殖器系に損傷を与える可能性あり香料 (Fragrance)動物性由来原料 (Animal by-products) ※参照文献:100%Pure ネイルポリッシュを選ぶときには、これらの成分が入っていないかをチェックしてみましょう。このように代表的な10項目全ての有害成分が入っていないものが総じて10-Free(テン・フリー)と呼ばれ、従来のネイルポリッシュと比較して安心かどうかの基準となっています。 13-Freeのネイルポリッシュ:NY発、Sundays View this post...

安心安全にアロマクラフト・手作りコスメを始める6つのルール

地球や自分・家族のために優しい暮らしを模索していると、自然と手作りの洗剤やコスメに興味を持つようになる人が多いのではないでしょうか。私も2020年に入ってからアロマの勉強を本格的に始め、アロマクラフトに挑戦するようになりました。 この記事ではこれからエッセンシャルオイルを使って化粧品や洗剤などを作ってみたい!という方に向けて、安全にアロマクラフトDIYができる6つの注意点を紹介します。 使用する容器・器具を消毒をする 容器や器具は使用前に熱湯で煮沸する保存容器や作業台はアルコール消毒をして完全に乾燥させる素手でクラフト中の材料を直接触れない 市販の化粧品は防腐剤・保存料など様々な添加物が入っていて、品質管理も徹底されています。手作りでコスメを作るときには特に、雑菌の混入に注意しましょう。使用する容器や器具をきちんと除菌することで、アロマクラフトの劣化や肌トラブルを防げます。作業前には手を丁寧に洗うことも、お忘れずに! 新鮮な原料や高品質な精油を使う フレグランスオイルは純度100%ではないので注意精油は開封から1年以内のものを使用キャリアオイルは酸化が早いため、種類によって使用期限に気をつける水を使う場合は、精製水か硬度の低いミネラルウォーターを 食事と一緒で、せっかくコスメを手作りするのであれば原料にも気をつけたいですよね。肌から成分を直接吸収するアイテムは、オーガニックなど安心できる原料や精油を選ぶのが大切です。また精油やキャリアオイルの使用期限には特に気をつけましょう。開封からうっかりと時間が経ってしまっていた!ということがないように、ボトルには開封日または使用期限をメモしておくように工夫しましょう。 精油の希釈率を守る フェイシャル用 < 1%以下マッサージオイル・クリームなど身体用 < 2%以下シャンプー・コンディショナーなど洗い流すもの < 3%以下 エッセンシャルオイルを使った手作りコスメの場合、水やキャリアオイルなどの全量に対して1%を目安にして精油を配合するのが基本的なルールです。また敏感肌の方や子供・高齢者など年齢によっては希釈率を0.2%位の低濃度から始め、肌の様子をみて調整していきましょう。 ※妊娠中は避けたほうが良い精油があるため、自己判断で精油を選んだり希釈しないこと 光毒性のあるオイルに注意 ベルガモットレモンオレンジ・マンダリングレープフルーツライムユズアンジェリカルートクミン シトラス・柑橘系のオイルに多いですが、紫外線に当たると皮膚に炎症やシミを引き起こす=光毒性のある精油を覚えておきましょう。光毒性のあるエッセンシャルオイルが混ざった手作りコスメを使用した後は、日光にあたるのを避けなければならないので注意が必要です。私はフェイシャル系のアイテムには上記の精油は混ぜないようにしています。 使用前にパッチテストをする 精油の場合はキャリアオイルで1%に希釈二の腕内側など皮膚の柔らかい場所に塗布1時間~24時間放置して、様子を見る 敏感肌、アレルギー持ち、初めての材料を使う場合は特に、パッチテストを行いましょう。まずはキャリアオイルのパッチテストを行い、異常がなければそのキャリアオイルを使って翌日に精油のパッチテストを行ってみましょう。 保存に注意し、早めに使い切る 手料理は冷凍しない限り、大体2・3日で賞味期限がきてしまいますよね。それと一緒で保存料・添加物が入っていないナチュラルな手作りコスメにも消費期限があります。なるべく1度に使い切れる少量をDIYして、早めに使い切るのがルールです。特に材料の中に水が含まれているアイテムは微生物・雑菌が発生しやすいので、冷暗所または冷蔵庫で保存して1週間~2週間で使い切ってしまいましょう。クリームなどはポンプ式にする等、指が直接触れないようにすると菌の繁殖が防げますよ。 また、抗菌・抗ウイルス作用のある精油さえ配合されていれば大丈夫!と過信してしまうのは危険です。精油が必ずしも保存料や酸化防止剤として十分に働くとは限らないので注意しましょう。私は天然由来の保存料を入れて、より安全に手作りコスメを楽しむように工夫をしています。 ※手作りコスメの菌繁殖に関して興味深い家庭実験記事があったので、興味がある方はコチラ(英語) 始める前に正しい知識を身につけよう 地球環境にも配慮ができて、自分にも、自分の大切な家族や友人にも優しいエッセンシャルオイルを使ったDIYコスメ。ただ、きちんと知識をつけてルールを守らなければ返って衛生的に問題が起きる場合もあると覚えておきましょう。また、手作りコスメやアロマクラフトを楽しむことは、自己責任のもとで行うのが原則です。これからDIYコスメ作りを始めよう!という方は、安心安全なDIYライフを送れるようにまずはしっかりと基礎知識をつけましょう。

エシカルに美を追求する!コスメ選びで気をつけたい6つのルール

エシカル+サスティナブルを意識した、私的ロハスな生活を始めてから早2年が経ちました。自分と家族の暮らしを見直していく中でいろいろな改善点が見つかりましたが、中でも私は基礎化粧品やパーソナルケアプロダクトは特に時間をかけて方向転換をしています。 最近では、動物や地球環境に配慮したエシカルなブランドが増えてきていますね。しかしその言葉に惑わされて、実はお肌にはもちろん環境や動物にも優しくない成分が配合されていたりすることもあったりするので気をつけなければと感じています。 エシカルビューティーやオーガニックはヨーロッパやアメリカが先進国なので、海外の商品を使われている方もいらっしゃると思います。私はアメリカ在住ですが、いまだに英語での成分表示表を見るのはとても億劫になってしまう時があります。だからこそ、普段から下調べをして予備知識をつけておくのは大切だと感じています。今回はエシカルに美しくなりたいすべての女性とシェアしたい「私的コスメ選び」で気をつけている6つのルールをご紹介します。 オーガニック認証がされているか?(Certified Organic) オーガニックの定義は国によって違います。今回はアメリカに限定してまとめていきますね。 ① USDA(アメリカ) USDAでは下記3種類の表記法があり、認証マークは95%以上の商品にだけラベルがつけられる。 100%Organic:100%オーガニック原料の製品(水と塩を除く)Organic:95%以上オーガニック原料の製品(水と塩を除く)Made with Organic ingredients:70%以上オーガニック原料の製品 ② NSF/ANSI 305(アメリカ) NSFの認証では、70%以上がオーガニック原料の製品であればこのラベルがつけられる。 このように、USDAのマークがつけられている商品は95%以上がオーガニック由来なので安心と言えるでしょう。後ほどお伝えするポイントを元に、残りの5%の成分にどんなものが配合されているのかも気にかけてみましょう。 EUで有名なEcocertマークをはじめ、他国のオーガニック認証はコチラを参考にhttps://www.ecocert.com/en/certifications-list 植物性由来成分でできているか?(Vegan) コスメには動物性由来の成分が配合されていることが多いです。見落としがちなハチミツをはじめコラーゲン、シルク、乳製品、卵白、ゼラチン、プラセンタ、カーマイン(虫由来の染料)、コレステロールといった動物性由来の原料は多くの化粧品やパーソナルケア商品で使われています。 動物性由来成分が入っていない 動物実験・殺傷がされていない 遺伝子組み換えがされていない アメリカではコスメに限らず、上記条件をクリアして認証された商品にVeganのマークがつけられているので参考にしてみてください。 以前ヴィーガンについての記事もまとめましたが、食事から動物性の食品を取り除くのはハードルが高いといった人も、毎日使う日用品からなら挑戦しやすいかもしれません。私は動物愛護・環境保護といった点からもヴィーガン・コスメを選ぶようにしています。 アメリカのヴィーガン認証について詳しくはコチラ  https://vegan.org/certification/ 他国のヴィーガン認証についてはコチラ http://vegan-labels.info 動物を傷つけたり動物実験がされていないか?(Cruelty free) 日本語でもクルエルティ・フリーという言葉が浸透し始めていますね。その言葉の通り(Cruelty=虐待)、原料生産や商品開発の過程で動物実験・動物の殺傷を行わないポリシーのことを指します。 人体への安全性確認のために、医薬品や化粧品の開発過程にはウサギやネズミを使った動物実験が残念ながら日常的に行われています。私は動物たちが犠牲になったプロダクトを使って自分の美容のケアをすることに矛盾を感じてしまうので、必ずヴィーガンでクルエルティ・フリーの商品やブランドを選ぶようにしています。 ① Leaping Bunny by CCIC(国際的)② Beauty without Bunnies by...