アースデイをきっかけに考える、地球を守るために私たちにできること

Image Credit : NASA

4月22日は地球の日:Earth Day(アースデイ)。私たちが住むこの「地球」のことを改めて考え行動する日として提唱された記念日です。現代社会の発展や便利さと引き換えに、自然環境は壊され続けています。このアースデイをきっかけに、美しい地球を守るために私たち一人ひとりができることをまとめてみました。

50周年を迎えた、Earth Dayとは

Image Credit: earthday.org

アースデイの起源はアメリカ。1970年4月22日、アメリカのゲイロード・ネルソン上院議員が環境問題についての討論集会を開催したことがきっかけです。それ以来、環境保護をテーマにした集会やイベントが、毎年4月22日に世界各地で開かれるようになりました。

4月22日が地球の日:アースデイということで、4月は地球月間:Earth Month、4月22日の前後の1週間は地球週間:Earth Day Week といった形で様々な取り組みが行われています。日本でも1990年に第1回目のアースデイが行われ、今年で30周年を迎えます。

Earth Dayイベントに参加してみよう

記念すべき50回目のアースデイのテーマは「気候変動」。節目を迎えた今年は、残念ながら新型コロナウイルスの影響で各地のイベントは中止になってしまいました。それでも各団体がオンラインで、Live配信や講演ビデオ公開など様々な取り組みを行っています。

全て英語でのイベントなので少しハードルは高いかもしれませんが、上記は私が今週参加しているイベントです。アメリカ環境保護庁・長官を務め現在はAppleの環境担当VPのリサ・ジャクソンやその後任のジーナ・マッカーシーをはじめ、環境保護に関する様々な分野の専門家がこのアースデイのイベントに参加しています。

まずは今どんなことが世界中で話題になっているか、それに対する国・企業・社会の取り組みはどんな風に行われているかといった動向を知ってみましょう。

いま自分にできることはなにか考え、行動に移してみよう

  • 節電を心がけ、キャンドルナイトをする
  • 週に1度は動物性食品を排除した菜食を取り入れる
  • 生ゴミを自宅でコンポストする
  • 生活からゴミを減らす努力をする
  • 自分の消費行動を見つめ直す
  • 自宅のキッチンやベランダで野菜を育てる
  • エコフットプリントを意識する
  • SNSで自分の取り組みをシェアする

こんな感じに、いま自分でできそうなことを書き出してみましょう。全部完璧にそして一気にしようとしなくて良いのです。まずはストレスなく始められそうなことから優先的にやってみて、できたら次に挑戦しよう!といった感じ。

環境のために何かしたい…そう思って行動している自分に拍手を送ろう!

このようなアクションを続けていくうちに、地球に優しい習慣が自然と身についていくと良いですね。私もできることから少しずつ、努力しています。

Netflixで見られる、環境問題をテーマにしたドキュメンタリー5選

  1. A Plastic Ocean <予告動画→
  2. Chasing Coral <予告動画→
  3. Cowspiracy <予告動画→
  4. How To Change The World <予告動画→
  5. Our Planet <予告動画→

環境保護のために何かしたいけど、何から始めたら良いのか分からない!

そんな人はまず、映画やドキュメンタリーを見てみてはいかがでしょうか?環境問題と一言にいっても、大気汚染・ゴミ問題・地球温暖化・気候変動・農業産業汚染・森林伐採・エネルギー問題など分野は多岐にわたります。自分にとって身近な問題や真剣に取り組みたいと思うトピックを扱ったドキュメンタリーを映像で見ることで、何をすれば良いかがより具体化されると思っています。

Disney+を購読されている方はBefore the flood(地球が壊れる前に)という、レオナルド・ディカプリオが制作に携わっているドキュメンタリー、Amazon Primeを購読されている方はChasing Ice、Waste Land、Merchants of Doubtといったドキュメンタリーもオススメです。

毎日がアースデイ!自然環境に配慮した行動を続けよう

Image Credit : NASA

新型コロナウイルスによって、全世界で感染防止のための外出制限や生産活動の停止が行われています。私の住むロサンゼルスは車社会ですが、交通量が圧倒的に減ったことで大気質が改善されたことが話題になりました。自宅待機令が出されてたった1ヶ月でこの変化…もし社会全体が真剣に環境問題に取り組めば結果は出る!と希望が持てるニュースでした。

だからこそ、アースデイだからこれをやってみた!といった一過性のもので終わって欲しくないと感じています。このアースデイをきっかけに私たちにできることを考えてみることは素晴らしいけれど、大切なのは毎日がアースデイと気付くこと。日々の生活の中で、自分ができることをコツコツと行動に移して続けてみましょう。環境問題と向き合い、私たちの地球を未来の子供たちの世代に引き継いでいくために… 皆さんは今日から新しく何をスタートしますか?


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

ペットと泊まれるホテル:Kimpton The Goodland

前回のブログでもお伝えした通り、愛犬のビビ(@b.b.thedog)が家族として仲間入りしました。ビビを家族に迎える前から予定していた、結婚記念日旅行。たまたまペットフレンドリーなホテルだったので、家族3人で初めてLAから約1時間半ほど離れた港町:サンタバーバラへ行ってきました。実際に行ってみると犬連れの家族も多くて素敵だった、Kimpton:キンプトン(インターコンチネンタル系列)The Goodland Hotel(グッドランド・ホテル)を紹介します。 こちらのホテルはサンタバーバラ市内から少し郊外、車で約15分ほどのところにあります。元々はビーチ前のホテルでゆっくり~なんて浮かれた計画をしていました。しかしコロナ渦中ということもあり、市内のホテルは宿泊のみで付属のレストランやバーの営業は謹慎中というところがほとんどだったのです。そこで見つけたこちらのGoodlandは、私も夫もインテリアがすごくタイプ!ということで泊まってみることになりました。たまたまペットも泊まれるということを後ほど知りましたが、施設内にはワンちゃんがたくさんいてなんだかほっこりしました♡ チェックインするとまず、Welcome beerのサービスが。コロナの影響で私たちはできませんでしたが、レコードコーナーで好きなレコードを選んで部屋のレコードプレーヤーで音楽が聴けるというおもてなしも本来はあるそうです。インテリアもサーフカジュアルがテーマな感じだし、マイアミまでgetawayした気分になりました。ちなみに、リクエストするとドッグベッドと餌やお水をあげるボウルも貸してくれます。 チェックインをした後にビビを連れて、こちらのホテル併設レストラン:Outpostにドリンクを飲みに行ってきました。夫は久しぶりに手作りのカクテルを飲めて大喜び。私たちがドリンクを楽しんでいる間に、スタッフが犬にお水とおやつを持ってきてくれたりとホスピタリティに溢れていました。コロナの影響で営業していないエリアもありましたが、また戻ってきたいホテルになりました。 Kimpton The Goodland Hotel Address: 5650 Calle Real, Goleta, CA 93117Website: https://www.thegoodland.comInstagram: @thegoodlandsb 愛犬を連れて、旅に出よう! View this post on...

ロサンゼルスのリフィル・ステーションに学ぶ、量り売りでゼロ・ウェイスト

ゴミの日やリサイクルの分別をする時に、普通に生活をしているだけで溜まってしまうゴミの量に驚かされたことはありませんか?私は数年前からロハスな暮らしを始めて、できるだけ無駄なゴミが出ないように生活の改善をしています。こちらの記事では我が家がロサンゼルスに引っ越してきてから始めた、ゼロ・ウェイストへの取り組みのひとつである「リフィル・ステーション」について、実際に私が利用している店舗やその魅力を紹介したいと思います。 リフィル・ステーションとは エコ先進地ではリフィル・ステーションが普及し始めていますが、日本ではまだまだ馴染みのない言葉かもしれません。リフィル・ステーションとは、Refill(=詰め替え)Station(=場所)いわゆる店頭で量り売り販売を行っているお店のことです。 個別パッケージ無し、容器を持参するのでゴミが出ない単価が割安でお得なことが多い必要な量だけを買うことができる環境にも人にも優しいプロダクト展開 とゼロ・ウェイストな生活を目指している人にはもちろん、地球にも人にも良いところづくし!もし近くにリフィル・ステーションがある人は、ぜひ利用して欲しいお店です。 私は昔使っていた洗剤の容器や空き瓶などを取っておいて、その容器を持参してまとめ買いをしています。それでは、ロサンゼルスにある5つのリフィル・ステーションを紹介していきます! Sustain LA Sustain LA Address: 5214 Monte Vista St, Los Angeles, CA 90042Website: https://www.sustainla.comInstagram: @sustain_la 私がLAに引っ越してきて1番初めに利用したリフィル・ステーションは、Highland ParkにあるSustain LA。広々としたおしゃれな店内で、自家製の洗剤・ボディケアグッズや雑貨まで色々なアイテムが購入できます。個人的には家から遠いのでなかなか行く機会が少ないのですが、パウダー類などの補充にはSustain LAを利用しています。 Sustain LAは地域によってはデリバリーもしてくれるので、LA市内の方はお住まいが配達可能地域かどうかチェックするとリピート利用しやすいかもしれません。また少し遠くて行きずらいなぁという人は、Farmer's Marketにも月に数回出店しているのでInstagramでスケジュールを確認してみては。 No Tox Life No Tox Life Address:  3351 Fletcher...

忙しいママの味方、おうちパンとは?お米を炊くように自宅で気軽にパンを焼いてみよう

SNSでよく見かけるようになったおうちパン。皆さんも聞いたことがあるでしょうか?私はお料理上手な友人のインスタグラムで、おうちパンのことを知りました。第2子を出産したばかりの彼女の食卓にはいつも 忙しくても焼けるし、簡単で美味しいという、おうちパンが登場していたのです。そこで、以前からずっと気になっていたおうちパンに私も挑戦してみることにしました! 家でパンなんて焼いたことない! パン作りはどうせ面倒なんでしょ? 初心者にでもできるかな? そんな風に思っている方へ、私の体験談も踏まえたおうちパンの魅力を伝えたいと思います。 おうちパンとは? パン作りの当たり前の工程を、極限まで削ぎ落としてシンプルにし、それでいて美味しいパン作りのこと。忙しいママでも、初心者さんでも、ずぼらさんでも毎日飽きずにパン作りを楽しむことができるのです。参照:cotta 生地をこねるのに時間が掛からず、作業台が汚れない 発酵する時間を気にせずに、好きな時にパンが焼ける 冷蔵庫でゆっくり時間をかけて発酵させる できたパン生地を数日保存できる 難しい成形がない オーブンがなくても、焼ける といった点がおうちパンの特徴で、吉永麻衣子さんが考案されたそうです。さらに、おうちパンにはオーブンがなくても魚焼きグリルやオーブントースター、フライパンで焼けるレシピもたくさんあります。 夜のうちにこねて冷蔵庫で放っておくだけなら、私にもできそう! パン作りの基本工程 準備→捏ね→1次発酵→ベンチタイム→成形→2次発酵→焼成→焼き上がり参照:Yoshitei 基本的なパン作りは8工程。パンが焼けるまでに、早くても3時間半~半日はかかります。それに比べておうちパンは、準備→捏ね→1次発酵→成形→焼成→焼き上がりと作業工程が少なく、冷蔵庫でじっくりと発酵させておくだけでOKなんです。 例えば、朝の出勤前に仕込んでおけば夜ごはんに、夜寝る前に準備をすれば朝ごはんにパンが焼けるようになります。ガス抜きをしてまとめ直すと最大で5日間も日持ちするので、日曜の夜に準備をしちゃえば平日分のパンができるので忙しいママにもオススメです。 私がおうちパンを習おうと思ったキッカケ 私の夫は乳製品アレルギーを持っています。市販のパンには大体、牛乳やバターが入っているためパン探しもひと苦労なんです。アメリカのパンは添加物も多く、残念ながら乳製品が入っていないタイプはハード系やボソボソしたものばかり。さらにアメリカのスーパーで手に入るパンは、日本でもお馴染みのコストコの様な大容量パックなのです。夫婦2人ではいつも食べきれないので、パンはほとんど買っていませんでした。 家族の健康のためにも。必要な時に食べる分だけ、手軽に家でパンを焼けるなら挑戦したい…よし、おうちパンを始めてみよう! ニューヨークでも習える、おうちパン 最初は日本に一時帰国した時に、地元で開催されているおうちパン講座へ通おうと思っていました。それとも、おうちパンの考案者である吉永麻衣子さんの本を購入して独学でやってみるか悩みました。 日本で手に入る食材や水質もアメリカと違うし…できればアメリカで習いたいなぁ… そこで出会ったのが、アッパーイーストサイドでCozy Kitchenというおうちパン教室を開いている、おうちパンマスターで栄養士の資格も持つ武藤由佳さんでした。パンはおろか料理自体がそこまで得意ではない私は、直接先生のデモンストレーションをみてたくさん質問ができたのでレッスンに参加して本当に良かったです。 レッスンでは、サツマイモのどでかパンとカボチャのうずまきパンの2種類を習いました。夫の乳製品アレルギーを考慮して、牛乳はアーモンドミルクに置き換えたレシピで対応してくださいましたよ。発酵には時間がかかるので、レッスンで捏ねた生地は自宅へ持って帰りました。最後に先生が事前に準備して下さっていた焼きたてパンを試食したんですが… 材料もシンプル、作るのも簡単、なのにこんなに美味しいなんて! 特に先生が作ってくださった食パン、感動しました。バターも牛乳も使ってないのにフワフワでもちもち。これから我が家の食卓でも、美味しい焼きたてパンが食べられるように頑張ろうと思いました。 Cozy Kitchen:レッスン等の質問は、メール(yuka.muto0213@gmail.com)で直接お問い合わせください。 家族も喜ぶ、焼きたてのおうちパンは絶品! 私のようにアレルギーの家族がいる家庭や海外で生活している方は、なかなか理想のパンに出会えないことも多いですよね。パン作りと聞くと初心者にはなかなか手を出しにくいと構えてしまうかもしれませんが、おうちパンならやってみたい!とこの記事を通じて興味を持っていただけた方がいれば嬉しいです。 まだまだおうちパンをきちんとマスターするには練習が必要そうですが… これから夫がアレルギーの乳製品はもちろん、私の持病のためにもグルテンフリーでのパン作りも試行錯誤してみたいと思っています。うまく焼けるようになったらレシピを紹介したいと思っているので、楽しみにしていてくださいね!