エシカルでサスティナブルなファッションを楽しむための5つのアイデア

エシカルでサスティナブルなファッションを楽しむ女性

世界中でスタンダードになりつつある、エシカルでサスティナブルなファッション。私もロハスな暮らしを始めてからは、できるだけ環境や社会にとって良い取り組みをしているブランドからお洋服を買うようになりました。

ファッションにもサスティナブルってあるの?

エシカルファッションって耳にするけど、どういうこと?

今回はそんな疑問にお答えしながら、サスティナブルでエシカルなファッションをおしゃれに取り入れるためのヒントをお伝えしたいと思います。

サスティナブル・ファッションとは

このブログのテーマにもなっている「ロハスな暮らし」と深い関係があるサスティナブルという言葉。サステナビリティ(持続可能な)とは、私たちの社会と自然環境を保ち続けることに対する取り組みのことです。ファッションにおいてサスティナブルであるということは、服のデザイン・製造工程・消費過程のすべてにおいて環境にやさしいアプローチをすることです。

「古くなった・飽きた」からと捨ててしまうのではなく、洋服のお直しやリメイクをしながら大切に着たりリサイクルをすることも、サスティナブル・ファッションにおいて大切な考え方です。

製造においてはファストファッションのような大量・海外生産を控え、できる限り地域産業の活性化にも繋がる国産・ローカルメイドを心がけている企業がたくさんあります。リサイクル素材や天然由来素材を使用したり、環境に負担のかからない製造方法を実施しているのも特徴的です。

エシカルファッションとは

エシカルとは日本語で「道徳的に正しい」という意味。 エシカルファッションは環境保護に加えてファッション業界全体が与えうる社会的な影響にもっと焦点を当てているという意味でサスティナブル・ファッションと少し差別化されます。

2013年にバングラデシュでラナ・プラザ崩壊という衝撃的な事件が起きました。その後、加速するファストファッション低価格競争の代償として、発展途上国で行われていた過酷な労働環境や労働条件が問題視されるようになりました。そこから、エシカルファッションへの認知が少しずつ広がっていきます。

エシカルファッションでは、洋服や小物を生産に携わる製造者の生活賃金、労働条件、健康と安全、強制労働、児童労働といった環境問題以外にも幅広い問題に取り組んでいます。 また、エシカルファッションでは「ファッションの為に動物が犠牲になるのはおかしい」という動物愛護の点からも毛皮、皮、 ダウンの使用はされません。

エシカルでサスティナブルなおしゃれを楽しむには

ではエシカルでサスティナブルなおしゃれをに挑戦してみたい!という方へ、私も実践しているアプローチを5つに分けて紹介したいと思います。

素材をチェックする

エシカルな洋服作りに欠かせないオーガニックコットン
  • オーガニック
  • 天然素材
  • エコな化学繊維
  • リサイクル繊維
  • 染料フリー
  • ヴィーガン素材

この中でも特にコットンを使った布製品は、洋服に限らずできればオーガニック素材のものを買うように心がけています。なぜなら、コットンの栽培には大量の農薬や殺虫剤が使われているからです。栽培農家の人やその地域の人たちの健康被害、土壌や水質汚染の影響は深刻です。

ローカルメイドにこだわる

地産地消の果物や野菜が売られているスーパーやファーマーズマーケットに行くと、生産者の顔が見られるので商品に対しての安心感がありますよね。それと一緒で、ファッションアイテム「誰が?」「どこで?」「どんなふうに作られている?」といったことを考えてみると、もっと愛着が湧いたり特別なアイテムと出会えるかもしれません。

また、多くのエシカル&サスティナブルなブランドがTransparency(透明性)といって、洋服の製造過程や工場の情報開示をするように努力しています。そういったブランドは安心感があり、品質にも信頼がおけるでしょう。

ヴィンテージや古着を取り入れてみる

ヴィンテージや古着は、大量生産された新しいお洋服とは違ってユニークで個性的なデザインも多くですよね。ヴィンテージショップや古着屋さんでお買い物をすると、いつも宝探しのような気分になって心が躍ります。

また断捨離する時には、ゴミに出したりリサイクルするよりも古着屋さんや寄付団体へ必ず持っていくようにしています。というのもリサイクルとして出された洋服の多くは、結局ゴミ処理場や埋め立て地へ送られてしまうからです。消費者によってリサイクルされている服は、全体のわずか15%なんだとか。(*1) 洋服だけに限らず、リサイクルをするにもお金がかかる+環境負担に繋がることを覚えておきたいですね。

*1 参照 https://www.thebalancesmb.com/textile-recycling-facts-and-figures-2878122

本当に必要か、改めて考えてみる

エシカルな消費について考える女性

1回着ただけで袖を通さなくなった服、皆さんはありますか?私も昔は、そういったムダ遣いをよくしたものです。おしゃれだけに限らず、歳を重ねていくうちに「良質なものを必要なだけ、長く愛用したい」という考えに変わりました。だからこそ、買い物をするときは衝動的にならずにじっくり時間をかけて買うようにしています。

  • 似たようなアイテムは持っていない?
  • お手入れは簡単?
  • 何十回も着られるほど気に入った?
  • 定番で長く切られる?

このような質問を、お買い物の前には自分に問いかけてみるようにしています。

レンタルサービスを利用してみる

私は現在、自分のクローゼットをできるだけミニマルにするためにCapsule Wardrobeという着回しのきくアイテムを厳選して組み立てています。そのため、自分が持っているアイテムは基本的にシンプル&ベーシック。コーディネートなどを深く考えずに、その日の気分に合わせてパパッと何を組み合わせてもサマになる。そんなクローゼットを目指しているところです。(またブログに書きますね!)

それでも、パーティーやお出かけなど非日常的な機会は年に数回やってきます。そんな時に私が利用しているのがレンタルサービスです。何度着るか分からないようなフォーマルなドレスの衝動・無駄買いが避けられるので助かっています。その魅力について別記事にまとめているので、気になる方はそちらも読んでみて下さいね!

日米のファッションレンタルサービスを紹介

立ち止まって考えたい、ファッションの真価

サスティナブルとエシカルファッションの違いを分かっていただけたでしょうか?またエシカルにおしゃれを楽しむヒントの中に、自分でも実践できそうなものが見つかったでしょうか?

好みや予算・環境も人それぞれなので、サスティナブル+エシカルなブランドからだけお洋服を買うというのは無理があると思います。まずはお洋服を大切に長く使えるように工夫してみたり自分のお買い物の癖を見直してみるなど、自分にできそうなことから始めてみると良いかもしれません。例えば、既に持っているファストファッションブランドのお洋服もこれから10年大切に着れば、エシカルな消費につながると思います。

これからは作っている人も、着ている人も、地球もハッピーになれるという循環型のファッションがもっと増えていくと良いな。

まだまだサスティナブルとエシカルにフォーカスしたブランドは少ないですが、将来的に全ての洋服が地球環境にやさしい仕組みで作られていけば良いですね。そんなサスティナブルでエシカルなファッションをうまく取り入れながら、私もこれから自分なりにおしゃれを楽しみたいと思います。


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

Whole Foodsだけじゃない!ロサンゼルスのオーガニックスーパー5選

ヘルストレンドはロサンゼルスから生まれる!と言っても過言ではないほど、健康志向でヘルシーなライフスタイルを追求している人が多い街、LA。私もNYからLAに引っ越してきた時に、1番ビックリしたのがスーパーの充実度です。今回はそんなロサンゼルスのローカル達に愛される、オーガニックスーパーをまとめてみました。ロサンゼルスに在住の方はもちろん、旅行のお土産探しにもぴったりな私のおすすめ5店舗を紹介します。 Urban Radish View this post on Instagram ...

ロサンゼルスで保護犬を家族に迎えるまでの体験談

ついに!我が家に家族が増えました。以前から「いつか犬を飼いたいね~」と夫と話していたのですが… ご縁があって、生後半年の仔犬をシェルターから引き取ることになりました。今回の記事ではアメリカのシェルター事情から保護犬を実際に引き取るまでの体験談をまとめたいと思います。 アメリカの犬猫シェルターの実態 米全土で約3500の動物保護施設、1万4千の動物保護団体がある年間で約73万3千頭の犬や猫が安楽死(2019)犬よりも猫の方が引き取り先が見つかりにくい野良犬や野良猫保護の他に、3割は飼い主が飼育放棄原則では引き取られて72時間で殺処分されてしまう 参照:https://petpedia.co/animal-shelter-statistics/ アメリカではブリーダー(ペットの交配)反対や犬猫を販売するペットショップ撲滅の動きが盛んです。アメリカにもこのようなお店はまだ存在すると思いますが、個人的には日本のような血統書付きの犬や猫を販売しているペットショップを見かけたことはありません。 統計を見るとすごい数の命が年間で奪われている…と感じますが、これでも35年ほど前に比べると20分の1に減って殺処分の数は年々減少傾向にあるそうです。ペットを飼っている知り合いや友人もほぼ100%くらいの確率で、保護犬を家族に迎えるという選択をしています。それほどアメリカではまずはシェルターを訪ねて、ペットの命を守ろうという意識が高いと感じます。 またアメリカにはNo-Kill Shelterという、文字通りに殺処分をせずに家族が見つかるまで保護し続ける施設もあります。とはいえ、10匹に1匹は施設の定員オーバーで一定期間を過ぎると止むを得ず殺処分されてしまうそう。中には事故や病気で身寄りに頼れる人がおらず、止むを得ない理由でシェルターにペットを放棄しなければならない人もいます。もし自分の身の回りにペットのもらい手が見つからずに困っている人がいれば、最終的にNo-Kill Shelterのような団体を検討するように話してみるのもいいかもしれません。 ※カリフォルニア州のNo-Kill Shelterの検索はコチラ 保護犬の探し方 それでは我が家ではどのようにして今の愛犬と巡り合ったかを、簡単に紹介したいと思います。 近所のシェルターや保護団体のホームページ&インスタグラムPetfinder - https://www.petfinder.comAdopt a Pet - https://www.adoptapet.comPetdar - iOSアプリ コロナ渦中での保護犬サーチということもあり、ほとんどの施設が完全予約制での対応でした。気軽に近所のシェルターに立ち寄れない上に、施設の人手が足りていないのか電話はほぼ繋がらないため予約にすらありつけず… 必然的にウェブサイトやアプリで探すことになりました。 個人的にはPetfinderが1番使いやすくて愛用していましたが、こまめに保護団体のインスタグラムなどもチェックしていました。Petdarのアプリは写真が一覧表示になるので、いちいちスクロールするといった手間が省けて良かったです。結果的には、Petfinderがきっかけで我が家の愛犬とご縁がつながりました。 私たちが保護犬を迎えるまでのタイムライン View this...

わたしと地球にやさしい、ロハスな暮らしとは

Read in English 皆さんはロハスと聞いて、何をイメージしますか?健康志向、ナチュラル、エコといった言葉を思い浮かべる人も多いでしょう。この記事では、「ロハスって何?」「ロハスな暮らしは何から始めればいい?」といった方に向けて、身近に実践できることやロハスな暮らしの魅力についてお伝えします。 わたしがロハスな暮らしを始めたワケ 数年前にアメリカへ移住してから環境保全に対する意識が高まり、エコな暮らしを少しずつ始めました。特に私が拠点を置いていたニューヨークでは、健康志向で環境にも配慮したお店やサービスがたくさんあるため、その影響も大きかったと思います。 さらに結婚と闘病をきっかけに、自分のためにも家族のためにも「健康で笑顔あふれる暮らしが送りたい!」と今まで以上に感じるようになりました。そこで出会ったのがロハスというライフスタイルだったのです。 結婚・移住・闘病という人生の転機を迎えて生活スタイルを見直したの ロハスとは? A.ロハスとは経済的・精神的にも無理なく続けられる、ココロとカラダの健康と地球環境保全を意識した価値観やライフスタイルのこと。地球にも自分にもやさしい穏やかな暮らしを実践して続けていくうちに、結果として生活が豊かになっていきます。 そもそもロハス(LOHAS)は、Lifestyles of Health and Sustainabilityの頭文字をとった略語で、直訳すると「健康で持続可能なライフスタイル」という意味です。実はこのロハスのS=サステナビリティこそが、ロハスな暮らしに大切なポイントなんです。 最近、サスティナビリティってよく耳にするようになった言葉だよね サステナビリティとは、私たちの社会と自然環境を保ち続けることに対する取り組みのことです。日頃からリサイクルをしたりマイボトルを持参したりして、環境にやさしい生活を心がけている人も多いでしょう。このように健康と環境にやさしい選択を一つひとつしていくことが、ロハスな暮らしに繋がっていきます。 ロハスな暮らしってどんなもの? それでは実際に、ロハスな暮らしにはどんなものがあるかみていきましょう。きっと皆さんにも馴染みがあったり、関心のあるトピックも多いのではないでしょうか。 健康的な生活 オーガニック・フェアトレード・自然食品、サプリメントなど 代替医療 自然治療、ハーブ・漢方、アーユルヴェーダ、ホメオパシー、ホリスティック、はり治療など 自己開発 ヨガ、ピラティス、フィットネス、瞑想、座禅、自己啓発、自己実現など 環境に配慮した暮らし リサイクル、エコ照明・LED電球、環境配慮住宅、リメイク・リフォーム、オーガニックや再生繊維など環境にやさしい商品の選択、エコツーリズム、室内温度調整、地産地消など 持続可能な経済 省エネ商品、再生可能エネルギー、グリーン都市計画など こうやって見ると、意外にロハスなライフスタイルを送れてるかも? ロハスな暮らしの魅力 でもこれって、全部実践しないといけないのかな?! と、上のカテゴリーを見て構えてしまった方はご安心ください。なぜならロハスは無理をせずに、自分が心地の良いペースで実践することを基本としているからです。健康と環境のためとはいえ負担を感じたり我慢をしてまでロハスな暮らしをしてしまうと、逆に心のバランスが崩れてしまいます。 例えば、「会社に出勤する時はマイボトルを毎日持参しているけど、週末のお出かけの時に忘れてしまった」といったことがあってもいいのです。大切なのは「あれもこれもしなきゃ!」とストレスに感じたりルールに縛られすぎないこと。ロハスの魅力は完璧じゃなくてもいいところなんです。自分のペースで1歩ずつ「できることから・できる時に・できる分だけ」実践していきましょう。 出来ることから、マイペースに始めてみよう ロハスな暮らしについて、少し関心を持っていただけましたか?まずは、自分の価値観に合って心地よく続けられそうなことから始めてみましょう。続けているうちにそれが習慣となり、次第にライフスタイルが身に付き、無意識のうちに健康にも地球にも優しい暮らしができている=毎日が幸せになるというイメージです。 私もまだまだロハスな暮らし、初心者!手探りだけど楽しいよ〜 ちなみにロハス発祥の地であるアメリカでは、LOHASという言葉は一般的に浸透していません。ウェルネス (wellness)・サスティナブル (sustainable)・エシカル(ethical)といった言葉が「〜Life(〇〇な生活)」という風に似たような意味で使われています。 海外でそのような暮らしを実践している人は… (SNSなどで感じる個人的な見解ですが)かなり徹底した暮らしを実践していて完璧主義な人が多い印象です。そのため、私にはマイペースに無理なく続けられる「ロハス」の定義が1番自分らしくいられるライフスタイルだと感じています。 身近なことから始める、サスティナブルな暮らし実践記 このブログでは、私が取り組んでいるサスティナブルな暮らしをシリーズで綴っています。これからどんどんコンテンツを増やしていくつもりなので、楽しみにしていてください。また、このブログやSNSを通じてたくさんの方々と交流・意見や情報交換のしたいと思っているので、気軽にコメントや連絡をくださいね! ▼ サスティナブル暮らし実践記はコチラから