Facebookマーケットプレイスを活用してモノを減らす方法

皆さんは断捨離を定期的にされていますか?私たち一家は2019年8月末にNYからLAへ無事に引越しをしました。東海岸から西海岸への大型家具などの郵送費は本当に高いということもあって… 夫がNYで10年以上使ってきた家財道具を中心に、この度思い切って断捨離をしました。

そこで、以前から存在は知っていたものの活用できていなかったFacebookマーケットプレイスを使ってみたら、断捨離にピッタリだったのでご紹介させてください。

Facebookマーケットプレイスとは

Facebookマーケットプレイスは、Facebookユーザー同士でアイテムの売買取引が直接できるデジタルマーケットです。 Facebookにアカウントのある人は自分の居住地域・または設定したエリアで、掲載リストを見たり検索をして探し物ができるというシステムです。マーケットプレイスに掲載できるものは、売りたいもの・車・賃貸情報という3つのカテゴリーに分けられています。

車も個人売買できちゃうとは…さすが合理主義のアメリカね。

私が利用していて、毎日たくさんのアイテムが登録・更新されているなぁ~と感じている商品カテゴリーは家具電化製品です。ファッション系のアイテム売買はeBayの方が断然需要があるという印象です。

※2019年10月現在時点では、日本でのサービスは提供されていません。

Facebookマーケットプレイスでモノを探してみる

Facebook Feed画面のスクリーンショット

まずは基本の操作方法をご紹介。ご自身のFacebookにサインインした後、左のコラムからMarketplaceをクリック。

Marketplaceのスクリーンショット

次に商品を探したい地域と半径を設定して① サーチエンジンにて検索をかける②、または左下のカテゴリーから商品を探すというシンプルなものです。意外にも色々なものが売っていて、面白いですよ。

実際にモノを売ってみよう

それでは次は、家にあるもので断捨離をしたいと思っているアイテムを何か売ってみましょう!

リスティングページのスクリーンショット

+Sell Somethingというボタンをクリックした後、Item for Saleに進みます。

  • カテゴリー
  • 売りたい商品のタイトル
  • 価格
  • 場所
  • 商品についての説明
  • 写真の掲載

以上を記入して投稿、これだけでリスティングが完了です!

とっても簡単でしょ?他の人のリスティングも参考にしてみて。

私が実際に売ったものとその値段

  • IKEA コンピューターデスク $75
  • IKEA ベッドフレーム $50
  • Play Station 3 $50
  • Apple マジックトラックパッド+キーボード $35
  • 革バッグ $20
  • 電子レンジ $15
  • ガスコンロ $15
  • 美顔器 $15
  • スニーカ2つセット $12
  • 炊飯器 $10
  • 卓上グリル $10
  • レターボード $10
  • IKEA 本棚 $10
  • IKEA 全身鏡 $10
  • カメラの1脚 $5
  • プラスチック引出しセット $5
  • ディナー皿セット Free
  • ボードゲームセット Free
  • レザーチェア Free
  • トースター Free
  • ソファー Free

こうやってまとめて見ると、総額で$347をFacebookマーケットプレイスで売ったことになります。平均してほとんどの商品が3日以内で売れ、最長でも1週間というスピード感には驚きました。引越し期限が迫っていた私たちにとっては、これはとても有難かったです。

取引で注意したいこと

Facebookマーケットプレイスで行われた取引はあくまでも自己責任となり、Facebook側に法的な責任義務はありませんのでご注意ください。幸い、私たち家族がものを売ったりお譲りした人たちと、目立ったトラブルはありませんでしたが… 以下、少しアドバイスがあります。

  • 基本的に時間にはルーズ
    1日家にいる日など、商品の受け渡しは時間に余裕がある日に行いましょう。

  • 大型商品は余裕を持って掲載
    ソファやベッドなどの大きなものは「欲しくても取りに行けない」という声がたくさんありました。車の手配、または友人へ協力してもらうという都合があって実際に引き取りに来てもらえるまで時間がかかったので、時間が限られている人は要注意。

  • お釣りを用意しておく
    基本的にマーケットプレイス内での取引は現金で行われています。$5のアイテムに対して「$20札か$3しかないのでまけてくれ」と値引き交渉してくる人もいました。笑 高額な取引の場合、VenmoやPaypalでの取引可能と明記したこともあります。

  • Pending機能は使わない
    「5時間後に取りに行きます!」と言われて、その人のために保留機能をONにして商品を取っておいたのですが… そこから音信不通ということが多々ありました。保留してしまうとサーチから消えるのか?お問い合わせも減ってしまう傾向にあったので、実際に商品を取りに来るまで or 前払いで送金がある以外は信用しないように。

実際にFacebookマーケットプレイスを利用してみた感想

私たち夫婦が断捨離をする際に心がけていたこと。それは、できるだけゴミを出さないように「売る・譲る」という選択でした。そのため、このFacebookマーケットプレイスをフル活用できて大満足でした。今回の体験を通して改めて気づかされたことは「もうボロボロで使えないんじゃ?」と思っている物でも、世の中のどこかではそれを必要としている人が必ずいるということ。

例えば、窓側からの日焼けが目立って色ムラがあった私たちのソファ。夫が前の住居人からタダで譲ってもらったという、数十年の年季ものでした。笑 「これはさすがに…誰も要らないんじゃ?」というレベルだったのでタダでお譲りする事にしたのですが、引き取りに来られた方は「地元アフリカに船で輸送して家族に使ってもらう」とおしゃっていました。

1点1点アイテムの写真を撮って掲載するという手間は確かにかかりますが、ゴミとして捨ててしまう前に一度Facebookマーケットプレイスのことをふと思い出してみて欲しいです。自分が愛用していたアイテムが、誰かの元に渡ってまた使ってもらえるというWin Winな関係が、このマーケットプレイスでは築けると思っています。

今では新居にて使えそうな家具がないか、毎日Facebookマーケットプレイスをチェックするのが日課になっています。少なくともNYやLAでは多くのユーザーが利用していてかなり有効活用できると感じています。アメリカで断捨離をしたい方やこれから引越しが控えている方は、お住いの地域でも一度見てみる価値アリですよ!


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

7月はプラスチック・フリー月間!エコチャレンジ参加でプラスチック削減に貢献しよう

日本でも7月1日からレジ袋の有料化が始まり、使い捨てのプラスチック削減への政策が行政レベルで広まってきましたね。毎年7月はペットボトルやレジ袋といった使い捨てのプラスチックによる環境問題を喚起する、Plastic Free July(プラスチック・フリー・ジュライ)という取り組みが世界中で行われているのをご存知ですか? 普段の生活の中から減らせる、使い捨てのプラスチックはないかな? そんな風に一度立ち止まり自分の生活習慣と向き合うと、現代社会に溢れているプラスチックの量にきっと驚くことでしょう。この記事では、Plastic Free Julyへの参加方法や具体的な使い捨てプラスチックの削減方法などをまとめています。 Plastic Free Julyとは https://youtu.be/V0PC8Mn4yNQ 2011年にオーストラリアでスタートしたPlastic Free July(プラスチック・フリー・ジュライ)。今年で10周年を迎える参加型エコチャレンジで、2019年には177カ国から2億5千万人もの人々が参加した世界的な環境保護活動イベントです。 参加方法は至ってシンプル。まずは下記のウェブサイトから、登録という形で参加表明をします。そして1日・1週間・1ヶ月と自分で決めた期間中に、使い捨てのプラスチックを「断る・減らす・家に持ち込まない」で生活をします。 ◀︎Plastic Free Julyへ参加はこちら(英語) 氏名・在住国・取り組みなどを記入して、最後にSign Upのボタンを押すだけで登録完了! ▶︎プラスチック・フリー生活が大切なワケは別途ブログにてまとめています Plastic Free Julyを始める前に、プラスチックが与える環境への影響について学んでみよう。 プラスチック・フリー月間で実行したいアイデア集 生活習慣を見直してみると、社会がいかにプラスチックに依存しているかに気づくのではないでしょうか。そして何から始めればいい?と戸惑う人も多いでしょう。そんな方はPlastic Free協会の公式ウェブサイトに、たくさんのアイデアが紹介されていますので是非参考にしてみてください。英語で分かりづらい!という方のためにも下記日本語のアクションリストを一部ですが載せておきますね。 カフェにマイカップやタンブラーを持参する生理用品は布製や月経カップにデンタルケアアイテムの見直し液体ソープから固形石鹸に量り売りを利用するフルーツや野菜は包装されていないものを選ぶエコバッグを利用してレジ袋を断るストローを断り、マイストローを利用リサイクルがきちんと仕分けられているか見直し アクションリスト一覧はこちらから(英語) ▼合わせて読みたい、プラスチック・フリーのヒント 取り組みチェックリスト(英語) プラスチック・フリー生活を続けるコツ どんな風にプラスチック・フリーな生活を始めようかと、上記のアイデアを見て計画が具体的になった人もいるでしょうか?ズラズラとリストが続くと、どうしても全部やらなきゃいけないの!?と圧倒される人もいると思います。また、1日・1週間・1ヶ月と急にプラスチックがない生活を完全に実現しようとするのは至難の技です。それほど私たちの生活や社会はプラスチックに依存してしまっているのです。 (1日目)生活の中でどんな場面で使い捨てプラスチックが多いか意識してみる  → 自分の消費パターン・習慣に気付く (2日目)まずこれ一つは、プラスチックを辞めよう!と誓う → 例:ペットボトル飲料は買わない代わりに、マイボトル・マイカップを持参! こんな風に一つの習慣をまずは見直してみて、それを1週間~1ヶ月と続けてみましょう。その変化があなたの新しいライフスタイルへと定着した時に「じゃあ今度はこれに挑戦してみよう!」と段階的に少しずつ使い捨てのプラスチックを減らしていけば良いのです。もちろん一気に取り組めればそれに越したことはなく、素晴らしいのですが… 周りと比べることなくご自身のペースで、ストレスを感じることなく進めていくのが継続の秘訣だと思います。 7月はプラスチック・フリー月間!以前からプラなし生活に取り組んでいる方も、これから始めようとしている方もこのPlastic Free Julyというエコチャレンジを通して、いま一度ご自身の生活習慣を見直す機会になると良いですね!また「使い捨てのプラスチックを減らす・辞める・断る」といったアクションは期間限定のものではなく、この活動に参加した7月をキッカケにこれからも様々な取り組みを続けることが地球環境保全のために大切ではないでしょうか。私たちの美しい地球を守るために、さぁあなたはどんなアクションを起こしますか?

深刻な環境汚染を無視しない!5つのRで始めよう、プラスチック・フリー生活

ふと立ち止まって周りを見渡してみると、私たちの生活がいかにプラスチックであふれているかに気づき驚かされます。もしプラスチックがこの世から消えてしまったら、我々の生活はとても不便になってしまうでしょう。そのくらい私たちはいま、暮らしのあらゆる場面でプラスチックに頼っています。 不便のない恵まれた環境にいると、その便利さと引き換えに地球で起きている異変に気付けていなかったり他人ごととして見過ごしている人も多いでしょう。この記事では日々の暮らしの中から少しずつプラスチックを減らすヒント、そしてそれが何故いま必要なのかをお伝えします。 いま地球で何が起きているのか? https://www.youtube.com/watch?v=ju_2NuK5O-E&t=1s ビデオは日本語字幕がOnにできるので、是非見てみてね! 現在、毎年3億3千万トン以上のプラスチックが世界中で作られていて、プラスチック生産量は2050年までに3倍になると予想されています。非営利の環境保護団体:Ocean Conservancyによると、毎年約800万トンものプラスチックが海に流れているそうです。環境汚染はもちろん、海鳥やカメといった動物の生態系をも脅かしています。 海鳥の60%以上・ウミガメは100%の確率でプラスチックの誤飲が死後に確認されているそうです。 ビデオ内でも紹介されているように動物がプラスチックを摂取すると、体力低下・栄養摂食障害によって生命を脅かす危険性があります。 人間もプラスチックを食べている? 実は我々も毎週クレジットカードサイズ=約5gほどのマイクロ・プラスチックを、水や魚介類などの食べ物を通して摂取している可能性があるというのです。最近ニュースで話題になったのでご存知の方も多いかもしれませんね。(*1)知らず知らずのうちにこうやってプラスチックが体内に溜まっていけば、様々な健康被害が生じるでしょう。私たちも海鳥の二の舞になりかねません。 プラスチックをリサイクルすることで問題は解決しない 実はプラスチックの40%以上が1度きりの利用で使い捨てされていることをご存知ですか? さらに捨てられたプラスチックの91%は、リサイクルされていないというから衝撃です。内訳を見てみると、12%は焼却され79%は自然や埋め立て地に捨てられて、多くは最終的に海へ流れ出しているそう。(*2)では何故、こんなにも多くのプラスチックがリサイクルされていないのでしょうか?(*3) 新しいプラスチックを作るコストの方がリサイクルするよりも安い リサイクルしたプラスチック製品では利益が上がらない=プラスチックリサイクル市場自体が成立しない あまりにも多くの種類のプラスチックが混在していてリサイクルしにくい プラスチックは自然分解するのに、なんと400年以上かかるそうです。リサイクルの仕組みが成り立たないまま、このまま人間がプラスチックを大量に使い続けたら… プラスチックで地球があふれかえる未来も遠くないことが想像できます。 参照ソース*1 CNN.com - You could be swallowing a credit card's weight in plastic every week*2 GreenMatters...

ヴィーガン・ベジタリアン向けのレストラン検索サイト3選

アメリカに引っ越してから、ヴィーガンやベジタリアンという食生活がとても身近になりました。また乳製品のアレルギー持ちの夫と出会ってからはヴィーガンの料理や商品が生活の一部となりました。今回は私がよく利用している、3つのベジタリアンやヴィーガン向けの情報ウェブサイトを紹介します。 Happy Cow ヴィーガン&ベジタリアン版グルメ情報サイトと言えば:ロサンゼルス発のHappy Cow(ハッピー・カウ)。アメリカではYelp!、日本では食べログと同じ感覚で簡単にレストランが探せます。ユーザーの口コミや写真も掲載されていて、私もレビューを投稿中です。約180カ国以上のレストラン情報が網羅されている、ヴィーガン&ベジタリアンの情報サイトの中ではNo.1と言えるでしょう。私は海外に旅行する時に、事前にHappy Cowで気になるレストランやカフェをチェックするようにしています。 レストラン情報の検索機能旅行予定の国別に気になるお店リスト作成可能ヴィーガン&ベジタリアンフレンドリーのお宿情報レシピやコラムの掲載 Website: https://www.happycow.netInstagram: @happycowmimiのアカウント: Follow me!  HappyCow Find Vegan Food abillionveg ヴィーガンのレストランに加え、商品も検索できるのが:シンガポール発のabillionveg(アビリオンヴェジ)。プラットフォームはソーシャルメディアに近く、気になるレストランや商品のレビューが簡単に見つかります。avillionvegの良いところは、レビュー10回で$10を無料で動物保護団体に募金ができるところ。また、ヴィーガンで動物の犠牲がないクルエルティーフリーの気になるアイテムがあれば、このアプリで口コミがないか事前にチェックするようにしています。 レストラン情報とヴィーガン商品の検索機能SNS形式でフォロワーのおすすめレストランや商品が見れる10レビューで$10の募金を代わりにしてくれるレシピやコラムの掲載 Website: https://www.abillionveg.comInstagram: @abillionvegmimiのアカウント: Follow me!*Signupの際にはLOHASMILESのコードを使ってね! abillionveg - Find Vegan Stuff Vegewel ヴィーガンやベジタリアン人口は増えてきていると言われている日本でも、プラントベースの情報検索サイトが増えてきましたね。私が利用しているのは、ヴィーガン・ベジタリアンのレストラン検索に加え、プラントベースのオンラインショップも併設してある:Vegewel(ベジウェル)。プラントベースはもちろん、グルテンフリー・オーガニック・マクロビ・低糖質といった項目を絞って検索できるのが特徴です。私は一時帰国をする時に、事前にVegewelとHappyCowを併用しながら外食の計画を立てています。 レストラン情報の検索機能プラントベース商品のオンラインショップレシピやコラムの掲載 Website: https://vegewel.com/Instagram: @vegewel 一緒に育てよう、ヴィーガン情報コミュニティ 1番最初に紹介したHappy Cowは10年以上続くヴィーガン情報サイトですが、abillionvegもVegewelもまだまだ情報サイトとしては新しいものです。こういったコミュニティーが盛り上がっていくためにも、ユーザーである私たちがリアルな口コミや写真をどんどん載せていくことで有益な情報が増えていきます。私たち夫婦のように完全にヴィーガンでなくても、ヴィーガン&ベジタリアンのレストランや商品を愛する気持ちはみんな一緒!私もこれからどんどん積極的に利用したレストランや商品のレビューを書いていくつもりなので、是非チェックしてくださいね!そして皆さんとも、この3つのサイトで情報交換や交流ができるのを楽しみにしています。