ペットと泊まれるホテル:Kimpton The Goodland

前回のブログでもお伝えした通り、愛犬のビビ(@b.b.thedog)が家族として仲間入りしました。ビビを家族に迎える前から予定していた、結婚記念日旅行。たまたまペットフレンドリーなホテルだったので、家族3人で初めてLAから約1時間半ほど離れた港町:サンタバーバラへ行ってきました。実際に行ってみると犬連れの家族も多くて素敵だった、Kimpton:キンプトン(インターコンチネンタル系列)The Goodland Hotel(グッドランド・ホテル)を紹介します。

エントランス
入り口の前にはクラシックカーとレトロなエアストリームが
無料貸し出しのレトロバイクで、サイクリングもできる
カリフォルニアらしいモダン・サーフテイストのロビー
ビーチタウンだけあって、壁にはレトロなビーチの写真がズラリ

こちらのホテルはサンタバーバラ市内から少し郊外、車で約15分ほどのところにあります。元々はビーチ前のホテルでゆっくり~なんて浮かれた計画をしていました。しかしコロナ渦中ということもあり、市内のホテルは宿泊のみで付属のレストランやバーの営業は謹慎中というところがほとんどだったのです。そこで見つけたこちらのGoodlandは、私も夫もインテリアがすごくタイプ!ということで泊まってみることになりました。たまたまペットも泊まれるということを後ほど知りましたが、施設内にはワンちゃんがたくさんいてなんだかほっこりしました♡

キングサイズベッド、プールサイドのお部屋
バスルーム
お部屋から見える、パティオ付きレストラン&バー
コロナ渦中、プールは営業中でした

チェックインするとまず、Welcome beerのサービスが。コロナの影響で私たちはできませんでしたが、レコードコーナーで好きなレコードを選んで部屋のレコードプレーヤーで音楽が聴けるというおもてなしも本来はあるそうです。インテリアもサーフカジュアルがテーマな感じだし、マイアミまでgetawayした気分になりました。ちなみに、リクエストするとドッグベッドと餌やお水をあげるボウルも貸してくれます。

レストラン&バーのテラス席

チェックインをした後にビビを連れて、こちらのホテル併設レストラン:Outpostにドリンクを飲みに行ってきました。夫は久しぶりに手作りのカクテルを飲めて大喜び。私たちがドリンクを楽しんでいる間に、スタッフが犬にお水とおやつを持ってきてくれたりとホスピタリティに溢れていました。コロナの影響で営業していないエリアもありましたが、また戻ってきたいホテルになりました。

Kimpton The Goodland Hotel

Address: 5650 Calle Real, Goleta, CA 93117
Website: https://www.thegoodland.com
Instagram: @thegoodlandsb

愛犬を連れて、旅に出よう!

アメリカは本当にペットフレンドリーな国。ペットに優しいレストランや施設、そしてホテルなどもたくさんあります。ビビを家族に迎えるまではあまり考えたことがなかったのですが、ペットをひとりぼっちで家を留守にしたり旅行をするのってすごく罪悪感。私たちはこれから旅行の計画をする時は、できるだけ愛犬を一緒に連れて行けるように予定を組むつもりでいます。これからペットフレンドリーなホテルはもちろん、お出かけスポットやレストランなども紹介予定です。そんなペットに優しい暮らしの発信も楽しみにしていてください!


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

アボットキニーでギフト探し!ぶらり散歩で欲しいが見つかる、お洒落なセレクトショップ5選

お洒落なレストランやブティックが立ち並ぶ、ビーチタウンVenice(ベニス)にあるAbbott Kinney(アボット・キニー)。観光で訪れた人は必ず立ち寄る、大人気スポットなので聞いたことのある人も多いのでは。ヒップで話題のレストランも多いので、LA在住の人はビーチに行った後にお茶をしたりとGirls hangoutにぴったりの場所です。 今回はそんなロサンゼルスのローカル達にも愛されるアボットキニーで、私もよく立ち寄る雑貨系セレクトショップをまとめてみました。ブランチなどの帰りにフラッと立ち寄ると、必ずカワイイ!が見つかるオススメのお店を5つ紹介します。 The Piece Collective リネンやナチュラル素材などのお洋服や小物で溢れ、The California!な雰囲気が素敵なThe Piece Collective(ザ・ピース・コレクティブ)。お洋服がメインのハイエンドなセレクトショップですが、小物や雑貨などギフトにもお手頃なアイテムも置いてあります。ビーチタウンらしいセレクトが詰まっていて、自分へのご褒美探しにもぴったり。 The Piece CollectiveAddress: 1629 Abbot Kinney Blvd, Venice, CA 90291Website: https://thepiececollective.comInstagram: @thepiececollective Tumbleweed & Dandelion こちらもCaliforniaらしい、ビーチ・ハウス系のインテリア雑貨が勢揃いのTumbleweed & Dandelion(タンブルウィード&ダンデライオン)。いつか自分の家を購入したら必ずこのお店に戻ってこよう!と、私的には立ち寄る度にドリームホームの妄想を掻き立ててくれるお店です。キャンドルや写真立てなどはお手頃なものもあるので、チェックしてみては。 Tumbleweed &...

ひとりで悩まないで!プロと潰瘍性大腸炎の患者さんが集うG Communityで相談してみよう

私が闘病中の潰瘍性大腸炎に限らず難病や大病を患うと、藁をもすがる想いで情報収拾をされている方が多いと思います。症状のレベルは違えど、同じ病気を患っている闘病者やそのご家族の意見・アドバイス、そして繋がりはとても貴重に感じます。 私は医療費の高いアメリカでこの病気と闘っています。不慣れな環境で、頻繁に病院も通えず不安が絶えない毎日です。そんな時、G Communityというクローン病・潰瘍性大腸炎・過敏性腸炎の患者さんが集うコミュニティーサイトと出会いました。 IBD患者コミュニティ:G Communityとは GコミュニティはIBD(炎症性腸疾患)患者を対象とした、医療の専門家(医療従事者・研究者)と患者が一緒に作るIBD患者クローズドオンラインコミュニティです。参照:G Care Gcareという会社が、クローン病・潰瘍性大腸炎・過敏性腸症候群など炎症性の腸疾患(以下:IBD)でお悩みの患者さん達のために、匿名で質問をしたり他の患者さんと交流できるような場をオンラインで提供して下さっています。 G Communityの特徴 IBDに関する基本情報収集や最新情報の閲覧 患者さん・専門家に質問ができる掲示板おしゃべり広場(患者・家族が集う交流チャット機能)患者体験談(私も寄稿させていただきました!)アンケート機能 医師・米国管理栄養士・薬剤師・臨床心理士・研究者といった医療のプロが、掲示板で患者さんが抱く質問や相談に答えてくれる無料のサイトは珍しいのではないでしょうか。サイトがオープンしてから、どんどん新機能が増えてサイトのコンテンツも充実しています。 私が気に入っているG Communityの良いところ 無料会員制(要ログイン) 匿名で質問ができる 不安や悩みを同じ病気で苦しむ人と共有できる 患者以外のご家族も登録できる 会員登録に本名など個人情報を入れる必要がなく手続きが簡単 プロからのレスポンスが迅速・丁寧・的確 便のことだったりデリケートな話題も多いので、オープンな掲示板などでは気を遣って質問しにくいですよね。しかし、このコミュニティは会員制なのでログインをしないとコミュニティの内容は見れないようになっているので安心です。 潰瘍性大腸炎患者の私が実際に投稿してみた感想 私はTwitterを通してこのG Communityと出会いました。今まで2件質問をしてみましたが、1日もかからない内に医師や栄養士の方々から迅速な回答がありました。とても信頼の置ける内容で、ひとりでモヤモヤせずに聞いてみて良かったと思います。 また、同じ悩みを抱えている患者さんが「私も同じ悩みを抱えているので、このトピックに興味あります」と同調してくれたり「こんな食事法を私は試しています!」とアドバイスしてくれたりと、精神的にも前向きになれると感じました。 IBD患者はひとりで悩まずに、相談してみよう 私はこのコミュニティを通じて、アメリカでIBDを闘病されている2人の患者さんと出会うことができました。潰瘍性大腸炎に限らず、アメリカで闘病されている人たちは治療法の方針・医療費・保険制度が日本とは全く違うので、きめ細やかな治療ができなかったり情報不足によって苦しんでいる人がたくさんいると思います。 個人的には精神的な部分でもアメリカで実際にUCを闘病されている方と繋がれた、というのはすごく心強いし励みになると感じています。また将来的に留学や駐在などで渡米を検討しているUC闘病者の方々に、私も微力ながら何か有益な情報をお伝えすることができれば良いなと思い、潰瘍性大腸炎のことをブログで綴っています。 G Communityは2019年の7月にオープンしたばかりで、まだまだ新しいコミュニティです。「医療の専門家と患者が作るコミュニティ」という名の通り、たくさんの患者さんが参加して一緒にコミュティを成長させていくことに価値があると思います。まだサイトを利用したことのない方は、是非ひとりで悩まずに相談してみてください。絶対に気持ちが楽になるはずです。 もし同じ病気で闘病されている方がいたら、お気軽に連絡くださいね! IBDに限らず、医療従事者と患者さんが繋がれるこういったオンラインサイトがどんどん盛り上がっていくと良いですね!またこういった情報・コミュニティがあれば、積極的にシェアしますね。

お洒落をしながらサスティナブルでいられる、LA発ブランド:Reformationが世界中で愛される秘密

私も若い頃にお世話になった、Forever 21が破産適用法を申請したのが世界中で話題になりましたね。UKのTOPSHOPに続き、ファストファッションの時代が終わりを迎えようとしている傾向は、個人的にはとても嬉しく思っています。 私はアメリカに引っ越してきてからというもの買い物自体をそこまでしなくなりましたが…必要な時はサスティナブルでエシカルなブランドからまずは購入を検討するようにしています。中でも私がお気に入りのブランド、Reformation(リフォーメーション)をその理由と共にこちらの記事で紹介していきます。 サスティナブルなファッションにこれからシフトしたい! 環境に与える影響を最小限に抑えたいけど、お洒落も諦めたくない! といった方々に是非読んでいただき、サスティナブルでエシカルなファッションについて考えるキッカケにしてもらえたら嬉しいです! Reformationってどんなブランド? “Being naked is the #1 most sustainable option. We’re #2.”裸でいることが1番サスティナブルな選択。 私たちの洋服が2番手ね。 こんなキャッチフレーズを掲げ、ロサンゼルスに拠点を置くサスティナブルファッションブランド:Reformation(リフォーメーション)。「改革」というそのブランド名に相応しく、2009年からサスティナブルファッション界を牽引しています。 ブランドが始まった当時、他のエコフレンドリーなブランドはヘンプやオーガニックコットンといった天然素材をメインに使った、いわゆるナチュラルでヒッピーなテイストがメインでした。そこでReformationはエッジのあるテイスト×女性らしさを最大限に活かせるラインに特化した洋服を、環境や労働環境などに配慮して創り出しました。ファッション界における従来の“サスティナブル”なブランドイメージを覆した、まさに「改革児」なのです。 【合わせて読みたい】 エシカルでサスティナブルなファッションを楽しむための5つのアイデア Reformationが人気の秘密 エシカルやサスティナブルといった言葉をマーケティングで使用しているブランドでも、生産工程や素材に関する詳しい情報が欠けていたり、どんな風に環境にとってプラスの影響を与えているかが曖昧だったりすることがあります。  それに対してReformationは、事業の透明性を高めて情報開示を積極的に行っているのです。ホームページにはアメリカで売られている一般的な商品と比較して、Reformationの商品ではCO2・水・廃棄物がどのくらいセーブできるかという説明書きが各アイテムページに記載されています。 例えばこちらのアイテムの場合、ブラウス1枚で二酸化炭素が8パウンド(3.6kg)水が6ガロン(22.7ℓ)廃棄物が1.1パウンド(0.5kg)の排出が抑えられると書かれています。この数字には繊維原料の栽培、布地の製造、染色といった製造工程だけでなく、輸送・梱包などの流通面、そしてお客さんが行う洗濯・クリーニングやリサイクルに至るまでの影響が計算されているというから驚きです。こういった細やかな企業努力を数値化して情報開示をしている会社は少ないですよね。そのような点からも、Reformationは消費者の信頼を獲得していると言えます。 Tシャツをたった1枚を作るのに2700ℓもの水が必要という事実(※1)を知ってからは、出来るだけ環境に負担の少ない生産プロセスや原材料にこだわっているブランドを選びたいと思うようになりました。きっと私のように感じている人々の共感を世界中で呼び、「お洒落をしながらサスティナブル」でいられるReformationが人気になったのではないでしょうか。 ※1 参照 https://curiosity.com/topics/it-takes-2700-liters-of-water-to-make-one-t-shirt-curiosity/ その他に行われているエシカルな取り組み サスティナビリティリポート(四半期ごと)CO2・水・廃棄物の排出セーブ量をスケール化オフセットプログラムの提供エネルギー効率化ゼロウェイスト推進、製造工程や会社運営で出たゴミは75%リサイクルグリーンオフィス・エコシステムへの投資65%がブランドが拠点を置くロサンゼルスで製造(Made in LA)75%がサスティナブルと公式認定済の生地パッケージはプラスチックフリー工場労働者の人権・安全・賃金を保障 ここには書ききれないほど、素晴らしい取り組みを革新的に続けているReformation。英語にはなりますが、ブランドのサスティナビリティが詳しく気になる方はコチラをご覧ください。 ニューヨークでオススメの店舗はBond St店 私が住んでいたニューヨークには3店舗あって、中でもBond St.にあるお店はハイテクかつ雰囲気が洗練されていて1番気に入っていたので写真と共にご紹介。 ディスプレイされているお洋服は全てサンプルサイズ。店内にモニターが数カ所に設置されていて、自分自身でサイズとアイテムを選んでカートに入れると試着室に洋服が用意されるシステムになっています。個人的には、店員さんとあれこれ世間話をしなくて済むので効率もよく好きです。笑 Reformation Bond St. Address: 39 Bond St, New York,...