わたしと地球にやさしい、ロハスな暮らしとは

パームツリーが見える窓辺に座るロハスな女の子

皆さんはロハスと聞いて、何をイメージしますか?健康志向、ナチュラル、エコといった言葉を思い浮かべる人も多いでしょう。この記事では、「ロハスって何?」「ロハスな暮らしは何から始めればいい?」といった方に向けて、身近に実践できることやロハスな暮らしの魅力についてお伝えします。

わたしがロハスな暮らしを始めたワケ

数年前にアメリカへ移住してから環境保全に対する意識が高まり、エコな暮らしを少しずつ始めました。特に私が拠点を置いていたニューヨークでは、健康志向で環境にも配慮したお店やサービスがたくさんあるため、その影響も大きかったと思います。

さらに結婚と闘病をきっかけに、自分のためにも家族のためにも「健康で笑顔あふれる暮らしが送りたい!」と今まで以上に感じるようになりました。そこで出会ったのがロハスというライフスタイルだったのです。

結婚・移住・闘病という人生の転機を迎えて生活スタイルを見直したの

ロハスとは?

A.ロハスとは経済的・精神的にも無理なく続けられる、ココロとカラダの健康と地球環境保全を意識した価値観やライフスタイルのこと。地球にも自分にもやさしい穏やかな暮らしを実践して続けていくうちに、結果として生活が豊かになっていきます。

そもそもロハス(LOHAS)は、Lifestyles of Health and Sustainabilityの頭文字をとった略語で、直訳すると「健康で持続可能なライフスタイル」という意味です。実はこのロハスのS=サステナビリティこそが、ロハスな暮らしに大切なポイントなんです。

最近、サスティナビリティってよく耳にするようになった言葉だよね

サステナビリティとは、私たちの社会と自然環境を保ち続けることに対する取り組みのことです。日頃からリサイクルをしたりマイボトルを持参したりして、環境にやさしい生活を心がけている人も多いでしょう。このように健康と環境にやさしい選択を一つひとつしていくことが、ロハスな暮らしに繋がっていきます。

ロハスな暮らしってどんなもの?

それでは実際に、ロハスな暮らしにはどんなものがあるかみていきましょう。きっと皆さんにも馴染みがあったり、関心のあるトピックも多いのではないでしょうか。

健康的な生活

オーガニック・フェアトレード・自然食品、サプリメントなど

代替医療

自然治療、ハーブ・漢方、アーユルヴェーダ、ホメオパシー、ホリスティック、はり治療など

自己開発

ヨガ、ピラティス、フィットネス、瞑想、座禅、自己啓発、自己実現など

環境に配慮した暮らし

リサイクル、エコ照明・LED電球、環境配慮住宅、リメイク・リフォーム、オーガニックや再生繊維など環境にやさしい商品の選択、エコツーリズム、室内温度調整、地産地消など

持続可能な経済

省エネ商品、再生可能エネルギー、グリーン都市計画など

こうやって見ると、意外にロハスなライフスタイルを送れてるかも?

ロハスについて考える人

ロハスな暮らしの魅力

でもこれって、全部実践しないといけないのかな?!

と、上のカテゴリーを見て構えてしまった方はご安心ください。なぜならロハスは無理をせずに、自分が心地の良いペースで実践することを基本としているからです。健康と環境のためとはいえ負担を感じたり我慢をしてまでロハスな暮らしをしてしまうと、逆に心のバランスが崩れてしまいます。

例えば、「会社に出勤する時はマイボトルを毎日持参しているけど、週末のお出かけの時に忘れてしまった」といったことがあってもいいのです。大切なのは「あれもこれもしなきゃ!」とストレスに感じたりルールに縛られすぎないこと。ロハスの魅力は完璧じゃなくてもいいところなんです。自分のペースで1歩ずつ「できることから・できる時に・できる分だけ」実践していきましょう。

出来ることから、マイペースに始めてみよう

ロハスな暮らしについて、少し関心を持っていただけましたか?まずは、自分の価値観に合って心地よく続けられそうなことから始めてみましょう。続けているうちにそれが習慣となり、次第にライフスタイルが身に付き、無意識のうちに健康にも地球にも優しい暮らしができている=毎日が幸せになるというイメージです。

私もまだまだロハスな暮らし、初心者!手探りだけど楽しいよ〜

ちなみにロハス発祥の地であるアメリカでは、LOHASという言葉は一般的に浸透していません。ウェルネス (wellness)・サスティナブル (sustainable)・エシカル(ethical)といった言葉が「〜Life(〇〇な生活)」という風に似たような意味で使われています。

海外でそのような暮らしを実践している人は… (SNSなどで感じる個人的な見解ですが)かなり徹底した暮らしを実践していて完璧主義な人が多い印象です。そのため、私にはマイペースに無理なく続けられる「ロハス」の定義が1番自分らしくいられるライフスタイルだと感じています。

身近なことから始める、サスティナブルな暮らし実践記

このブログでは、私が取り組んでいるサスティナブルな暮らしをシリーズで綴っています。これからどんどんコンテンツを増やしていくつもりなので、楽しみにしていてください。また、このブログやSNSを通じてたくさんの方々と交流・意見や情報交換のしたいと思っているので、気軽にコメントや連絡をくださいね!

① お出かけ編
② デンタルケア編


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

Instagram

Tag List

Most Popular

健康志向なニューヨーカーに大人気!医食同源がコンセプトのオーガニックレストラン:Le Botaniste

サラダバーやグリーンジュース専門店など、手軽にヘルシーな食生活をサポートしてくれるお店がニューヨークにはたくさんあります。私が外食やランチをする時は、健康のためにできるだけヴィーガンでグルテンフリーのお店を探すようにしていました。男女問わず美意識が高く、健康志向なニューヨーカーもお墨付き!そんな私のお気に入りのオーガニック・レストランをご紹介したいと思います。

時代は宅トレ!無料の本格派フィットネスアプリ:FitOn

世界中で猛威を振るう、コロナウイルス。今や各国で自宅待機命令が出され、外出が自由にできない状況が続いていますね。私の住んでいるロサンゼルスでも、自宅待機命令が出て1週間が経ちました。食料品や薬の買い物、散歩やランニング・ハイキングといった軽い運動のための外出はOKとされているものの… 外出自体が億劫になっている人も多いのではないでしょうか。そんな自宅軟禁の運動不足を解消するのにピッタリのフィットネスアプリ、FitOn(フィットオン)を今回は紹介したいと思います。

経血カップで人生が変わる?地球とお財布とあなたにも優しいその魅力とは

女性にとって毎月必ずやってくる生理。とてもデリケートな1週間を、できるだけ快適に過ごしたいものですよね。今回は私の人生を変えたと言っても過言ではない、月経カップについてまとめてみました。 ナプキンの使用による肌トラブルがある 海外在住で、日本製以外のナプキンは使用感が不快