わたしと地球にやさしい、ロハスな暮らしとは

パームツリーが見える窓辺に座るロハスな女の子

皆さんはロハスと聞いて、何をイメージしますか?健康志向、ナチュラル、エコといった言葉を思い浮かべる人も多いでしょう。この記事では、「ロハスって何?」「ロハスな暮らしは何から始めればいい?」といった方に向けて、身近に実践できることやロハスな暮らしの魅力についてお伝えします。

わたしがロハスな暮らしを始めたワケ

数年前にアメリカへ移住してから環境保全に対する意識が高まり、エコな暮らしを少しずつ始めました。特に私が拠点を置いていたニューヨークでは、健康志向で環境にも配慮したお店やサービスがたくさんあるため、その影響も大きかったと思います。

さらに結婚と闘病をきっかけに、自分のためにも家族のためにも「健康で笑顔あふれる暮らしが送りたい!」と今まで以上に感じるようになりました。そこで出会ったのがロハスというライフスタイルだったのです。

結婚・移住・闘病という人生の転機を迎えて生活スタイルを見直したの

ロハスとは?

A.ロハスとは経済的・精神的にも無理なく続けられる、ココロとカラダの健康と地球環境保全を意識した価値観やライフスタイルのこと。地球にも自分にもやさしい穏やかな暮らしを実践して続けていくうちに、結果として生活が豊かになっていきます。

そもそもロハス(LOHAS)は、Lifestyles of Health and Sustainabilityの頭文字をとった略語で、直訳すると「健康で持続可能なライフスタイル」という意味です。実はこのロハスのS=サステナビリティこそが、ロハスな暮らしに大切なポイントなんです。

最近、サスティナビリティってよく耳にするようになった言葉だよね

サステナビリティとは、私たちの社会と自然環境を保ち続けることに対する取り組みのことです。日頃からリサイクルをしたりマイボトルを持参したりして、環境にやさしい生活を心がけている人も多いでしょう。このように健康と環境にやさしい選択を一つひとつしていくことが、ロハスな暮らしに繋がっていきます。

ロハスな暮らしってどんなもの?

それでは実際に、ロハスな暮らしにはどんなものがあるかみていきましょう。きっと皆さんにも馴染みがあったり、関心のあるトピックも多いのではないでしょうか。

健康的な生活

オーガニック・フェアトレード・自然食品、サプリメントなど

代替医療

自然治療、ハーブ・漢方、アーユルヴェーダ、ホメオパシー、ホリスティック、はり治療など

自己開発

ヨガ、ピラティス、フィットネス、瞑想、座禅、自己啓発、自己実現など

環境に配慮した暮らし

リサイクル、エコ照明・LED電球、環境配慮住宅、リメイク・リフォーム、オーガニックや再生繊維など環境にやさしい商品の選択、エコツーリズム、室内温度調整、地産地消など

持続可能な経済

省エネ商品、再生可能エネルギー、グリーン都市計画など

こうやって見ると、意外にロハスなライフスタイルを送れてるかも?

ロハスについて考える人

ロハスな暮らしの魅力

でもこれって、全部実践しないといけないのかな?!

と、上のカテゴリーを見て構えてしまった方はご安心ください。なぜならロハスは無理をせずに、自分が心地の良いペースで実践することを基本としているからです。健康と環境のためとはいえ負担を感じたり我慢をしてまでロハスな暮らしをしてしまうと、逆に心のバランスが崩れてしまいます。

例えば、「会社に出勤する時はマイボトルを毎日持参しているけど、週末のお出かけの時に忘れてしまった」といったことがあってもいいのです。大切なのは「あれもこれもしなきゃ!」とストレスに感じたりルールに縛られすぎないこと。ロハスの魅力は完璧じゃなくてもいいところなんです。自分のペースで1歩ずつ「できることから・できる時に・できる分だけ」実践していきましょう。

出来ることから、マイペースに始めてみよう

ロハスな暮らしについて、少し関心を持っていただけましたか?まずは、自分の価値観に合って心地よく続けられそうなことから始めてみましょう。続けているうちにそれが習慣となり、次第にライフスタイルが身に付き、無意識のうちに健康にも地球にも優しい暮らしができている=毎日が幸せになるというイメージです。

私もまだまだロハスな暮らし、初心者!手探りだけど楽しいよ〜

ちなみにロハス発祥の地であるアメリカでは、LOHASという言葉は一般的に浸透していません。ウェルネス (wellness)・サスティナブル (sustainable)・エシカル(ethical)といった言葉が「〜Life(〇〇な生活)」という風に似たような意味で使われています。

海外でそのような暮らしを実践している人は… (SNSなどで感じる個人的な見解ですが)かなり徹底した暮らしを実践していて完璧主義な人が多い印象です。そのため、私にはマイペースに無理なく続けられる「ロハス」の定義が1番自分らしくいられるライフスタイルだと感じています。

身近なことから始める、サスティナブルな暮らし実践記

このブログでは、私が取り組んでいるサスティナブルな暮らしをシリーズで綴っています。これからどんどんコンテンツを増やしていくつもりなので、楽しみにしていてください。また、このブログやSNSを通じてたくさんの方々と交流・意見や情報交換のしたいと思っているので、気軽にコメントや連絡をくださいね!

▼ サスティナブル暮らし実践記はコチラから


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

  1. サイトを拝読しまして、大変感銘を受けました。
    ロハスには以前から関心があったのですが、なんだか敷居が高そうで、
    結局敬遠していました。
    でも「そうじゃないんだ!」というコトが素直に分かり、
    素敵ななぁと思いました。
    僕も10年前に大病で死にかけて、ライフスタイルを換えなくちゃと思ってはいたのですが、
    結局何もしてなかったです。
    そこで、奮起して「らくちんロハス・森のバザール」というFBコミュニティを開設しました。
    フライングですが、リンクを貼らせていただきましたので、
    ご挨拶をいたします。
    *もし不適切だと判断されましたら、削除いたします。(そうならないことを願いますが…)
    ホント共感を覚えましたので、これをきっかけに、またコメントなど差し上げたりしてみます。
    ご迷惑でなければよろしくお願いいたします。

    • 素敵なコメントまたFacebookのグループでも当ブログをご紹介下さり、ありがとうございます!
      私も2017年からコツコツとロハスな暮らしを始めていますが、まだまだ初心者です。
      ロハスと出会う前は堀部さんと同じように感じて、始めるまで尻込みしていた自分を覚えています…
      でもこのブログがロハスについて知るきっかけになったようでとても嬉しいです。
      他人と比べすぎず、自分の心地よいペースでお互いに頑張りましょう
      こちらこそ、どうぞよろしくお願いします!

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

7月はプラスチック・フリー月間!エコチャレンジ参加でプラスチック削減に貢献しよう

日本でも7月1日からレジ袋の有料化が始まり、使い捨てのプラスチック削減への政策が行政レベルで広まってきましたね。毎年7月はペットボトルやレジ袋といった使い捨てのプラスチックによる環境問題を喚起する、Plastic Free July(プラスチック・フリー・ジュライ)という取り組みが世界中で行われているのをご存知ですか? 普段の生活の中から減らせる、使い捨てのプラスチックはないかな? そんな風に一度立ち止まり自分の生活習慣と向き合うと、現代社会に溢れているプラスチックの量にきっと驚くことでしょう。この記事では、Plastic Free Julyへの参加方法や具体的な使い捨てプラスチックの削減方法などをまとめています。 Plastic Free Julyとは https://youtu.be/V0PC8Mn4yNQ 2011年にオーストラリアでスタートしたPlastic Free July(プラスチック・フリー・ジュライ)。今年で10周年を迎える参加型エコチャレンジで、2019年には177カ国から2億5千万人もの人々が参加した世界的な環境保護活動イベントです。 参加方法は至ってシンプル。まずは下記のウェブサイトから、登録という形で参加表明をします。そして1日・1週間・1ヶ月と自分で決めた期間中に、使い捨てのプラスチックを「断る・減らす・家に持ち込まない」で生活をします。 ◀︎Plastic Free Julyへ参加はこちら(英語) 氏名・在住国・取り組みなどを記入して、最後にSign Upのボタンを押すだけで登録完了! ▶︎プラスチック・フリー生活が大切なワケは別途ブログにてまとめています Plastic Free Julyを始める前に、プラスチックが与える環境への影響について学んでみよう。 プラスチック・フリー月間で実行したいアイデア集 生活習慣を見直してみると、社会がいかにプラスチックに依存しているかに気づくのではないでしょうか。そして何から始めればいい?と戸惑う人も多いでしょう。そんな方はPlastic Free協会の公式ウェブサイトに、たくさんのアイデアが紹介されていますので是非参考にしてみてください。英語で分かりづらい!という方のためにも下記日本語のアクションリストを一部ですが載せておきますね。 カフェにマイカップやタンブラーを持参する生理用品は布製や月経カップにデンタルケアアイテムの見直し液体ソープから固形石鹸に量り売りを利用するフルーツや野菜は包装されていないものを選ぶエコバッグを利用してレジ袋を断るストローを断り、マイストローを利用リサイクルがきちんと仕分けられているか見直し アクションリスト一覧はこちらから(英語) ▼合わせて読みたい、プラスチック・フリーのヒント 取り組みチェックリスト(英語) プラスチック・フリー生活を続けるコツ どんな風にプラスチック・フリーな生活を始めようかと、上記のアイデアを見て計画が具体的になった人もいるでしょうか?ズラズラとリストが続くと、どうしても全部やらなきゃいけないの!?と圧倒される人もいると思います。また、1日・1週間・1ヶ月と急にプラスチックがない生活を完全に実現しようとするのは至難の技です。それほど私たちの生活や社会はプラスチックに依存してしまっているのです。 (1日目)生活の中でどんな場面で使い捨てプラスチックが多いか意識してみる  → 自分の消費パターン・習慣に気付く (2日目)まずこれ一つは、プラスチックを辞めよう!と誓う → 例:ペットボトル飲料は買わない代わりに、マイボトル・マイカップを持参! こんな風に一つの習慣をまずは見直してみて、それを1週間~1ヶ月と続けてみましょう。その変化があなたの新しいライフスタイルへと定着した時に「じゃあ今度はこれに挑戦してみよう!」と段階的に少しずつ使い捨てのプラスチックを減らしていけば良いのです。もちろん一気に取り組めればそれに越したことはなく、素晴らしいのですが… 周りと比べることなくご自身のペースで、ストレスを感じることなく進めていくのが継続の秘訣だと思います。 7月はプラスチック・フリー月間!以前からプラなし生活に取り組んでいる方も、これから始めようとしている方もこのPlastic Free Julyというエコチャレンジを通して、いま一度ご自身の生活習慣を見直す機会になると良いですね!また「使い捨てのプラスチックを減らす・辞める・断る」といったアクションは期間限定のものではなく、この活動に参加した7月をキッカケにこれからも様々な取り組みを続けることが地球環境保全のために大切ではないでしょうか。私たちの美しい地球を守るために、さぁあなたはどんなアクションを起こしますか?

Whole Foodsだけじゃない!ロサンゼルスのオーガニックスーパー5選

ヘルストレンドはロサンゼルスから生まれる!と言っても過言ではないほど、健康志向でヘルシーなライフスタイルを追求している人が多い街、LA。私もNYからLAに引っ越してきた時に、1番ビックリしたのがスーパーの充実度です。今回はそんなロサンゼルスのローカル達に愛される、オーガニックスーパーをまとめてみました。ロサンゼルスに在住の方はもちろん、旅行のお土産探しにもぴったりな私のおすすめ5店舗を紹介します。 Urban Radish View this post on Instagram ...

捨てる前に試す価値あり!ニューヨークで洋服を断捨離するなら、買取か寄付をしてみよう

私たち夫婦は2019年8月末に、NYからLAへ引越しました。東海岸の端から西海岸の端への引っ越すとなると引越し業者代も高く、私たちはできるだけモノを減らすことに決めました。元々私も夫もそんなに荷物が多い方ではありませんが、寒いNYから暖かいLAへ引っ越すということもあり思い切って冬服を中心に断捨離をすることに。 これからNYへ留学や駐在で来ていて日本へ本帰国する方、または他州へ引っ越しが控えていて荷物を減らしたい方に向けて、私が見つけた効率の良い洋服の断捨離方法と寄付の体験談をまとめてみました。 マンハッタンで効率よく洋服を売るなら NYには沢山の古着屋さんや委託販売店があります。中でも徒歩5分圏内に3つのお店が集まっていて便利な、Chelseaエリアのおすすめショップをご紹介。 Buffalo Exchange アメリカ全土で20州49店舗を展開している創業45年の老舗古着店、バッファロー・エクスチェンジ。私はまずコチラのお店を1番最初に訪ねるようにしていました。洋服や靴・小物などを持参すると、店員さんがその場で査定をして店頭販売価格をつけてくれます。お店で将来的に買い物を希望する場合は、ストアクレジットの方が還元率が高いのでキャッシュよりもお得な仕組みになっています。 現金:販売価格の30%ストアクレジット:販売価格の50%経験上他の店舗よりも買取価格が良かった総額で約$400の売り上げ(現金) 例)買取価格が$60の場合、キャッシュだと$18、ストアクレジットだと$30もらえる ちなみに私の経験上、11時の開店後すぐにお店に行かない限りは平日でさえ長蛇の列。長い時で1時間半も待ったこともありました。洋服を売る時は、時間に余裕のある時に行くように気をつけて下さいね。 Buffalo Exchange ChelseaAddress:114 W 26th St, New York, NY 10001Tel:(212) 675-3535Website:https://www.buffaloexchange.com NYにはChelseaの他にもNoHo, East Village, Williamsburg, Astoriaなどにも店舗があります。NoHoのお店は中でも2019年の春にOpenしたばかりで、在庫が品薄ということから買取率が高いと店員さんが教えてくれましたよ。チェックしてみる価値があるかもしれません! Crossroads アメリカ全土で37店舗、創業27年のコチラも老舗の古着・販売委託店クロスローズ。Buffalo Exchangeで売れ残った商品はいつもここで買い取ってもらっていました。買取の仕組みは下記の通りで、Buffalo Exchangeと還元率は同じです。 現金:販売価格の30%ストアクレジット:販売価格の50%お店が小さいので在庫が多い商品は買い取ってもらえないことが多々 Buffalo Exchangeと違うところは、Crossroadsにはドロップオフサービスがあるところ。店舗に売りたいアイテムを持っていってフォームを記入すると、メールで査定額が24時間以内に送られてくるという仕組み。私は利用したことがありませんが、時間に融通のない方にオススメです。とは言え、いつも待ち時間は長くて15分程度と短めでした。そして自分の番になると携帯のテキストでお知らせしてくれるので、店舗から待ち時間の間に離れてもOKなのが便利でした。また、ブランド品などの高額商品は委託販売もできるのが魅力的です。 Crossroads ChelseaAddress:24 W 26th St, New...