7月はプラスチック・フリー月間!エコチャレンジ参加でプラスチック削減に貢献しよう

Logo: from Plastic Free July Resources

日本でも7月1日からレジ袋の有料化が始まり、使い捨てのプラスチック削減への政策が行政レベルで広まってきましたね。毎年7月はペットボトルやレジ袋といった使い捨てのプラスチックによる環境問題を喚起する、Plastic Free July(プラスチック・フリー・ジュライ)という取り組みが世界中で行われているのをご存知ですか?

普段の生活の中から減らせる、使い捨てのプラスチックはないかな?

そんな風に一度立ち止まり自分の生活習慣と向き合うと、現代社会に溢れているプラスチックの量にきっと驚くことでしょう。この記事では、Plastic Free Julyへの参加方法や具体的な使い捨てプラスチックの削減方法などをまとめています。

Plastic Free Julyとは

2011年にオーストラリアでスタートしたPlastic Free July(プラスチック・フリー・ジュライ)。今年で10周年を迎える参加型エコチャレンジで、2019年には177カ国から2億5千万人もの人々が参加した世界的な環境保護活動イベントです。

参加方法は至ってシンプル。まずは下記のウェブサイトから、登録という形で参加表明をします。そして1日・1週間・1ヶ月と自分で決めた期間中に、使い捨てのプラスチックを「断る・減らす・家に持ち込まない」で生活をします。

◀︎Plastic Free Julyへ参加はこちら(英語)

氏名・在住国・取り組みなどを記入して、最後にSign Upのボタンを押すだけで登録完了!

▶︎プラスチック・フリー生活が大切なワケは別途ブログにてまとめています

Plastic Free Julyを始める前に、プラスチックが与える環境への影響について学んでみよう。

海に捨てられたプラスチックボトル

プラスチック・フリー月間で実行したいアイデア集

Image: from Plastic Free July

生活習慣を見直してみると、社会がいかにプラスチックに依存しているかに気づくのではないでしょうか。そして何から始めればいい?と戸惑う人も多いでしょう。そんな方はPlastic Free協会の公式ウェブサイトに、たくさんのアイデアが紹介されていますので是非参考にしてみてください。英語で分かりづらい!という方のためにも下記日本語のアクションリストを一部ですが載せておきますね。

  • カフェにマイカップやタンブラーを持参する
  • 生理用品は布製や月経カップに
  • デンタルケアアイテムの見直し
  • 液体ソープから固形石鹸に
  • 量り売りを利用する
  • フルーツや野菜は包装されていないものを選ぶ
  • エコバッグを利用してレジ袋を断る
  • ストローを断り、マイストローを利用
  • リサイクルがきちんと仕分けられているか見直し

アクションリスト一覧はこちらから(英語)

▼合わせて読みたい、プラスチック・フリーのヒント

取り組みチェックリスト(英語)

Plastic Free July公式ホームページより

プラスチック・フリー生活を続けるコツ

どんな風にプラスチック・フリーな生活を始めようかと、上記のアイデアを見て計画が具体的になった人もいるでしょうか?ズラズラとリストが続くと、どうしても全部やらなきゃいけないの!?と圧倒される人もいると思います。また、1日・1週間・1ヶ月と急にプラスチックがない生活を完全に実現しようとするのは至難の技です。それほど私たちの生活や社会はプラスチックに依存してしまっているのです。

(1日目)生活の中でどんな場面で使い捨てプラスチックが多いか意識してみる 
→ 自分の消費パターン・習慣に気付く
(2日目)まずこれ一つは、プラスチックを辞めよう!と誓う
→ 例:ペットボトル飲料は買わない代わりに、マイボトル・マイカップを持参!

こんな風に一つの習慣をまずは見直してみて、それを1週間~1ヶ月と続けてみましょう。その変化があなたの新しいライフスタイルへと定着した時に「じゃあ今度はこれに挑戦してみよう!」と段階的に少しずつ使い捨てのプラスチックを減らしていけば良いのです。もちろん一気に取り組めればそれに越したことはなく、素晴らしいのですが… 周りと比べることなくご自身のペースで、ストレスを感じることなく進めていくのが継続の秘訣だと思います。

7月はプラスチック・フリー月間!以前からプラなし生活に取り組んでいる方も、これから始めようとしている方もこのPlastic Free Julyというエコチャレンジを通して、いま一度ご自身の生活習慣を見直す機会になると良いですね!また「使い捨てのプラスチックを減らす・辞める・断る」といったアクションは期間限定のものではなく、この活動に参加した7月をキッカケにこれからも様々な取り組みを続けることが地球環境保全のために大切ではないでしょうか。私たちの美しい地球を守るために、さぁあなたはどんなアクションを起こしますか?


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

身近なことから始めてみよう、サスティナブルな暮らし実践記:お出かけ編

日本でも雑誌やメディアでたくさん耳にするようになった、サスティナビリティという言葉。サスティナビリティとは、私たちの社会と自然環境を良い状態に保ち続けることに対する取り組みのことを指します。 未来の子供たちが生きていく地球を、これ以上環境汚染や地球温暖化によって苦しめたくない! そんなシンプルな想いから、私たち夫婦はエシカルでサスティナブルな暮らしをできることから始めています。地球に配慮したライフスタイルを始めて、早2年が経過。エコライフに興味のある方に少しでもインスピレーションを感じていただけるように... 私たち家族が実践していることを、これからシリーズで紹介していこうと思っています! さて記念すべき第1回は、私たち夫婦がお出かけする時に持参しているアイテムの紹介をしていきます。 マイボトルの持参+リフィルの利用 昔から水筒文化のある日本。そのため毎日の生活習慣の中で簡単に実践しやすいのが、このマイボトルだと思います。私たち夫婦もお出かけの時には、必ずマイボトルに水を入れて持参するようにしていて、S’wellのボトルを愛用中です。コンビニやスーパーなどで飲み物が手軽に買えてしまう現代社会。だからこそマイボトルの持参を習慣化するだけで、プラスチックの消費を減らす一歩に繋がると信じています。 またマイボトルを飲み干してしまった!という時には、Tapというリフィルサービスを活用するようにしています。アメリカ・日本でも使えるサービスについては別途こちらの記事をご覧くださいね。 マイ箸・マイカトラリー・マイストローの持参 お出かけしていると小腹が空いたり休憩がてらに、何かとカフェやレストランに立ち寄ることが多くありませんか?そしてその度に気付かされるのが、使い捨てのカトラリー(フォーク・ナイフ・スプーン)やストローが提供され、数分でゴミ箱へ捨てられてしまっていること。 この悲しい現実を変えるべく、私たちはお箸・カトラリー・ストローの入ったセットを持って出かける習慣を続けています。LAに引っ越してからは車生活になったので、持ち歩くのを忘れないように車にいつも入れています。自宅に既にあるお箸などを持ち歩くだけなので、今すぐに始められるサスティナブルな暮らし! ちなみに、私が住むカリフォルニア州では2019年からプラスチック・ストローが禁止されたため、どこへ行っても紙ストロー等の代替え品またはストロー自体が提供されなくなりました。紙ストローといったプラスチックに代わる素材は地球環境へ与える影響は断然低いですが、それでも使い捨てには変わりありません。 私たちはステンレスのストローを愛用していて、何度も使えるところと冷たいドリンクがさらに美味しく感じるところが気に入っています。タピオカドリンクやスムージーなどいろいろな飲み物が飲めるように、太めのストローがオススメです。 マイカップ・マイタンブラーの活用 カトラリーと同様に大量消費されているのが、コーヒーなどの使い捨てカップ。初めは真ん中のマイタンブラーを使っていたのですが… マイボトルに加えてタンブラーを持ち歩くのは、どうにもかさばる+重たいということで、1番実践するのに苦戦していました。 そこで出会ったのが、シリコン製でコンパクトに折り畳めるStojoのカップ。タンブラーに比べて場所も取らないし軽いので、バッグにいつも忍ばせています。Stojoにはスリーブがついているので暖かい飲み物も持ちやすく、ストロー付きなのでアイスドリンクも飲めちゃいます。 マイボトル・タンブラーに比べると、スターバックスなどでマイカップを利用している人はまだまだ少ない印象。Stojoのように画期的な商品が増えて、これからマイカップを持ち歩く人がどんどん増えると良いなと願っています。 自分にできることは何?と向き合うことがサスティナビリティへの第一歩 今回は誰でも簡単に取り組みやすい、3つのサスティナビリティな暮らし実践法を紹介しました。生活環境などによっても実践しやすいものとそうでないものがありますが、「何ができるかな?」とまずはライフスタイルを見つめ直してみましょう。 自分でもこれだったら始められそう!とヒントを感じてくれたら嬉しいな。 BYOS = Bring Your Own Stuff!既に家で使用しているものの中から持っていけるものは持っていき、再利用しようという我が家のモットー 私たち夫婦もまだまだ完璧ではありませんが、できることから少しずつ続けています。ちなみにサスティナビリティとは直訳すると、持続可能という意味。その言葉通り、あなたが無理なく続けられることがとても大切です。まずはできること・興味のあることから始めてみて、その素敵なアクションを習慣にしていきましょう! mimiの楽天ROOM 私が実際に使用しているアイテムや気になるお出かけグッズは楽天ROOMでも購入できます! amzn_assoc_placement = "adunit0"; amzn_assoc_tracking_id = "lohasmiles0f-20"; amzn_assoc_ad_mode = "manual"; amzn_assoc_ad_type = "smart"; amzn_assoc_marketplace = "amazon"; amzn_assoc_region = "US"; amzn_assoc_title = "mimi's Recommendation on...

ゼロ・ウェイストな暮らしをサポートする、ブルックリン発:Package Free

ゴミ出しをしたりリサイクル資材をまとめる度に、普通に生活しているだけでたくさんのゴミが日々出ていることに気付かされます。 どうやったら1度きりの使い捨てやゴミが減っていくだろう?不必要・過剰なパッケージは避けれないかなぁ? そんな事を考えていた時に、Package Freeというその名の通りゼロ・ウェイストな暮らしをサポートするお店にBrooklynで出会いました。 お店で売られているものはオーガニックや添加物フリーなど人にも地球にも優しいアイテムばかり。さらに無駄な包装がされていなかったり、パッケージも土に還る・リサイクル・再利用ができる素材にこだわったエシカルなブランドが並びます。 Package FreeAddress:137 Grand St, Brooklyn, NY 11249Website:http://www.packagefreeshop.comInstagram:@packagefreeshop 私の購入アイテム (左上から時計回り) ・Raw Elements - サンゴにも優しい日焼け止め ・Georganics - 錠剤のマウスウォッシュタブレット ・ストローブラシ ・ステンレスストロー ・Davids - リサイクルできるメタルチューブの歯磨き粉  US Amazonでも購入可能 Raw Elements SHOP サンゴに優しい日焼け止め Davids SHOP メタルチューブ歯磨き粉 Georganics SHOP 錠剤マウスウォッシュ Package Freeはオンラインストアもあって、その商品説明が細かくされていてとても分かりやすいんです。商品詳細・使い方・原材料・原産国に加えて、パッケージ・代替案・商品を使い終わったら(リサイクル方法)まで商品ごとに詳しく説明してくれています。こういった配慮があれば、ユーザーが正しい方法でリサイクルできるのでいいですよね。NY以外の在米の皆さんは是非オンラインストアも活用してみてください。 ブルックリンなので、なかなか足を運べないのが残念だけど…これから世界中でこういったお店が地域に1店舗、当たり前にある環境が整っていけばいいなぁと願います。皆さんも何か買う時にはパッケージのことも考えたり、地球にも私たちにも優しい配慮がされているローカルストアをサポートしてみてはいかがですか?

身近なことから始めてみよう、サスティナブルな暮らし実践記:キッチン編

エシカルでサスティナブルな暮らしって何から始めれば良いんだろう? 私も数年前にそんな風に感じたうちの1人です。地球に配慮したサスティナブルな暮らしを始めて、早2年半。このブログでは、私たち家族が実践していること・これから改善したいことを具体的にシリーズで紹介しています。 第3回は家族みんなが健康に生きていくためにも生活の要となる、キッチンについてです。新型コロナの影響で自宅待機が続き、自宅のキッチンで過ごす時間が増えた!という方も多いのではないでしょうか。今回は我が家で実践している台所のサスティナブル&エシカルな取り組みについて紹介します。 サランラップやジップロックは家に置かない 「塵も積もれば山となる」という言葉がありますが… 毎日サランラップやジップロックを使い捨てしていると、知らず知らずのうちに大量のプラゴミを出していることになります。キッチンでまず何か変えたい!という方はまず、今すぐサランラップとジップロックなどの使い捨てプラスチック製品から卒業しましょう。慣れればサランラップやジップロックがなくても食べ物の保存・下準備などは簡単にできます。 蓋付きガラス容器の活用 ジップロックの代わりに:Stasher(スタッシャー) サランラップの代わりに:シリコン製ラップ 我が家ではこの3アイテムをメインにして、ミールプレップや作り置き・冷凍保存などをしています。サランラップとジップロックをこのようなアイテムに変えるだけで、使い捨てのプラスチック量が驚くほど減らすことができます。ちなみに何度も使える蜜蝋ラップも選択肢として検討しましたが、身の回り品はできるだけVeganのものを使いたいので我が家では使わないことにしています。 スポンジやブラシもプラスチックフリーに オレンジの皮・ヘチマなどを乾燥させた自家製スポンジびわこふきんなど綿100%のタオル・スポンジ・タワシ生分解性する素材で作られたスポンジアガベやヤシの木の繊維を使ったブラシ お皿洗いの時に使っているスポンジやタワシの多くが化学繊維でできています。こういったプラ繊維でできたスポンジやブラシを使ってお皿洗いをしていると、下水と共にマイクロプラスチックも一緒に流していることになっているのをご存知ですか?衛生上月に数回交換することを考えると、やはりスポンジやブラシの素材に気をつけて選ぶことは大切です。 食器洗剤は環境に優しいものを 毎日の食器洗いに欠かせない洗剤。100%植物由来成分のものや無香料・無着色・化学成分や石油由来成分フリーなど、排水として流れた後も地球に優しい洗剤選びをしてみませんか?私もまだ試したことはありませんが、パッケージフリーで1番環境に優しい選択は植物由来の固形洗剤でしょう。最近では様々なブランドから環境に配慮した洗剤が発売されているので、きっとお気に入りのブランドが見つかるはずです。我が家では、以前に紹介したリフィルショップで洗剤を量り売りで購入しています。もしご近所に日用品のリフィルショップがあれば、無駄なパッケージ消費が減らせるので是非そのようなお店も利用してみてくださいね。 【合わせて読みたい】 ロサンゼルスのリフィル・ステーションに学ぶ、量り売りでゼロ・ウェイスト 使用頻度の高いものこそ使い捨てをやめる ゴミ袋はコンポスト化できる素材に切り替えるティーバッグ → 急須やティーポットで茶葉から沸かすコーヒーフィルター → ステンレス製・布製フィルターに変える出汁パック → 鰹節・昆布・いりこなど素材そのものから出汁をとる 前述のサランラップ・ジップロックもそうですが、日常的に出るゴミを見て生活習慣を見直してみませんか?特にフィルターやティーバッグなどからはお湯からマイクロプラスチックが溶け出している可能性もあり、健康や環境にもよくありません。 【合わせて読みたい】 ティーバッグのマイクロプラスチック問題とサスティナビリティを考えたお茶選び キッチンペーパーを極力使わない 我が家でもまだ完全に排除し切れていないのが、このキッチンペーパー。布巾やさらし木綿などの活用でかなり使用量は抑えれていますが、油物の処理の時にはまだ使ってしまっています。使わないのがもちろん1番!ですが、使う頻度や量を減らす努力を日頃から心がけることがまずは大切だと思います。そして紙製品を購入する時には、環境負荷が少なくなるように紙質に注意しましょう。最近ではリサイクル紙や竹繊維から出来たキッチンペーパーがたくさん販売されているので、使うならそのようなものを選びたいですね。 割れたり壊れにくい素材のアイテムに切り替える 生活の中で必要以上に壊れたり買い替えてるアイテムはありませんか?ひょっとするとそのアイテムの素材を見直すだけで、無駄が減りモノのライフサイクルを長くすることができるかもしれません。我が家の場合は、毎日お水を飲むガラス製のコップをやめてステンレス製のコップに変更しました。コップって洗い物をしている時についつい手が滑って割れてしまった!ということが多くないですか?(私がおっちょこちょいなだけかも?)また、おやつ・おつまみをいれる小皿なども全て木製で統一。持ち運んでも壊れる心配がないので、アウトドアやピクニックでも使えておすすめです。 ハーブや野菜を自宅で育てみる 自給自足とまではいかなくても、キッチンなどの室内やベランダで簡単に育てることができるハーブや野菜はたくさんあります。愛情を注いで自分で育てた野菜はより一層美味しく感じるでしょう。それだけではなく農家から出荷され流通までにかかるCo2排出などの環境負荷、そしてパッケージ個別包装といった資源削減に貢献していることに繋がります。 コンポストに挑戦してみる これは私がまだ挑戦できていないのですが、生ゴミの堆肥化=コンポストも家で出来ます!毎日の生活から出る生ゴミが微生物などの力で分解され、栄養豊富な有機肥料へと生まれ変わります。前述の家庭菜園をされている方はもちろん、エコな暮らしにはぴったりのアイデアですよね。毎日料理をしていると必然的に溜まってしまう生ゴミですが、ゴミに出す=費用·エネルギー消費·環境負荷が必ずかかっているということを覚えておきましょう。私も年内にはしっかり勉強をして、コンポストに挑戦する予定です!現在は生ゴミをコンポスト化してくれるサービスを利用して、集荷場所にゴミを出しに行っています。 キッチン&ホームケアブランド:If You Care 今回はキッチン編ということで、環境への影響を最小限に抑え二酸化炭素排出量を可能な限り軽くしながら商品開発・生産を行っているIf You Care(イフ・ユー・ケア)というキッチン&ホームケアブランドをご紹介。我が家では100%リサイクルされたアルミホイル、無漂白・コンポスト可能なベイキングシートやマフィンカップ、フェアトレードの天然ゴム手袋などを使っています。その名の通り、「もしあなたが環境や健康を気にかけるなら…」自然と手に取りたくなるアイテムが目白押しです。Wholefoodsでも取り扱いがあるのでぜひチェックしてみてくださいね。 買い物は投票!環境に配慮したブランドや会社を選ぼう サスティナブルな暮らし実践記:キッチン編、いかがだったでしょうか?エシカルでサスティナブルな暮らしをしていると、できるだけ無駄な消費を減らそうと努力するでしょう。それでもやはり毎日の暮らしの中で、キッチン用品は使い捨てのアイテムを購入しなければいけないこともあると思います。そんな時にはなんとなく店頭に並んでいるモノを価格だけで購入するのではなく、今まで買っていたアイテムの環境負荷を考えてみたり、販売元の会社についてもっと詳しく調べてみてはいかがでしょうか? できることからひとつずつ、その習慣の変化が明るい未来に繋がる! 私たちも今回紹介した方法以外にも、まだまだ生活の中で改善したい所があります。何かより良いアイデア・商品が見つかれば積極的に試してみようと思っているので、今後も我が家のサスティナブルな暮らし実践記を楽しみにしていてください。 mimiの楽天ROOM 私が実際に使用しているアイテムや気になるキッチングッズは楽天ROOMでも購入できます! amzn_assoc_placement = "adunit0"; amzn_assoc_tracking_id = "lohasmiles0f-20"; amzn_assoc_ad_mode = "manual"; amzn_assoc_ad_type = "smart"; amzn_assoc_marketplace = "amazon"; amzn_assoc_region = "US"; amzn_assoc_linkid = "c8d2243fb0040b8865e1e4e130b75686"; amzn_assoc_search_bar = "false"; amzn_assoc_title = "mimi's...