ロサンゼルスのリフィル・ステーションに学ぶ、量り売りでゼロ・ウェイスト

Sustain LAのリフィルストア

ゴミの日やリサイクルの分別をする時に、普通に生活をしているだけで溜まってしまうゴミの量に驚かされたことはありませんか?私は数年前からロハスな暮らしを始めて、できるだけ無駄なゴミが出ないように生活の改善をしています。こちらの記事では我が家がロサンゼルスに引っ越してきてから始めた、ゼロ・ウェイストへの取り組みのひとつである「リフィル・ステーション」について、実際に私が利用している店舗やその魅力を紹介したいと思います。

リフィル・ステーションとは

エコ先進地ではリフィル・ステーションが普及し始めていますが、日本ではまだまだ馴染みのない言葉かもしれません。リフィル・ステーションとは、Refill(=詰め替え)Station(=場所)いわゆる店頭で量り売り販売を行っているお店のことです。

  • 個別パッケージ無し、容器を持参するのでゴミが出ない
  • 単価が割安でお得なことが多い
  • 必要な量だけを買うことができる
  • 環境にも人にも優しいプロダクト展開

とゼロ・ウェイストな生活を目指している人にはもちろん、地球にも人にも良いところづくし!もし近くにリフィル・ステーションがある人は、ぜひ利用して欲しいお店です。

プラスチックの容器はリサイクルされずに埋め立てされることも多い。リサイクルする前に、別の用途がないか考えてみよう。

私は昔使っていた洗剤の容器や空き瓶などを取っておいて、その容器を持参してまとめ買いをしています。それでは、ロサンゼルスにある5つのリフィル・ステーションを紹介していきます!

Sustain LA

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ボディークリーム、洗濯洗剤、マルチクリーニングなどがズラリ。
容器を持参するのを忘れたり、追加で何か欲しくなっても大丈夫!店頭で空き瓶も販売中。
塩、重曹、粉洗剤、ワックス、ホウ砂などDIYにも使えるパウダー類も量り売りで購入可能。
その他、エコな暮らしをサポートする雑貨もたくさん取り扱っている。

Sustain LA

Address: 5214 Monte Vista St, Los Angeles, CA 90042
Website: https://www.sustainla.com
Instagram: @sustain_la

私がLAに引っ越してきて1番初めに利用したリフィル・ステーションは、Highland ParkにあるSustain LA。広々としたおしゃれな店内で、自家製の洗剤・ボディケアグッズや雑貨まで色々なアイテムが購入できます。個人的には家から遠いのでなかなか行く機会が少ないのですが、パウダー類などの補充にはSustain LAを利用しています。

Sustain LAは地域によってはデリバリーもしてくれるので、LA市内の方はお住まいが配達可能地域かどうかチェックするとリピート利用しやすいかもしれません。また少し遠くて行きずらいなぁという人は、Farmer’s Marketにも月に数回出店しているのでInstagramでスケジュールを確認してみては。

No Tox Life

シャンプー、コンディショナー、マルチクリーナ、お酢、洗濯洗剤、フェイスウォッシュ、オイルなど
エコな暮らしに欠かせない、サスティナブルなグッズが勢揃い。
我が家でも愛用中のシャンプーとコンディショナー。香りはラベンダーがお気に入り。
鮮やかなジェードグリーンの外装が目印。お店裏に駐車場あり。

No Tox Life

Address:  3351 Fletcher Dr, Los Angeles, CA 90065
Website: https://notoxlife.com
Instagram: @notoxlife

お店の名前通り、有害なものを一切使わずにハンドメイド販売しているNo Tox Life。ここで取り扱いのある商品はヴィーガンでゼロ・ウェイストなものばかりです。前述のSustain LAよりもお店はかなり狭いですが、少しだけ価格は安いかな?シャンプーとコンディショナーの使い心地はNo Tox Lifeの方が好きで、今のところ我が家がLAで1番気に入っているリフィル・ステーションです。

まだNYに住んでいた頃に固形シャンプーバーを使ってみたのですが、使用感や洗い上がりがあまり良くなくてやめてしまいました。No Tox Lifeのシャンプーバーは1度使うと辞められないという噂をよく耳にするので、いつか使ってみたいと思っています。

R[eco]ntained

R[eco]ntained

Address: 1629 Abbot Kinney Blvd, Venice, CA 90291
Website: https://recontained.com
Instagram: @recontained_la

ストリートにずらりと素敵なお店が並ぶ、ベニス・アボットキニーにもR[eco]ntained(リコンテインド)というリフィルストアがあります。路地裏に入ったところにあって少し分かりにくい場所ですが… 上記で紹介したリフィルストアは少し郊外にあるので、West LAにお住まいの方は是非こちらを利用してみては。洗剤・シャンプーなどに加え、クリームなどの手作りボディケアプロダクトが充実していました。

BYO Long Beach

BYO Long Beach

Address:  431 E 1st St, Long Beach, CA 90802
Website: https://www.byolongbeach.com
Instagram: @byolongbeach @bringyourownlongbeach

The Refillery L.A

The Refillery LA

Address:  West L.A
Website: https://www.refilleryla.com
Instagram: @refilleryla

私自身まだ利用したことはありませんが、South LAにお住まいの方はロングビーチに2店舗あるBYO Long Beachを、そしてWest LAにお住まいの方は移動式バンのThe Refillery LAもあるので是非利用してみてください。私もいつかこの2つのお店を訪れた時には、この記事をアップデートしますね!

番外編:The Refill Shoppe

The Refill Shoppe

Address:  363 E Main St, Ventura, CA 93001065
Website: https://therefillshoppe.com
Instagram: @therefillshoppe

ロサンゼルスから1時間ほど離れたVentura(ベンチュラ:パタゴニアの発祥地としても有名!)という街にあるリフィル・ステーション、The Refill Shoppe。私がNYに住んでいた時にオンラインで利用していました。こちらのお店の良いところは、香りなどのカスタマイズ度が高いことと詰め替え容器をお店負担で返送できるのでゼロ・ウェイストなところ。アメリカに在住で近くにリフィル・ステーションがない!という方にオススメです。

私はこれまでシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ボディークリームを買ったことがありますが、Sustain LAやNo Tox Lifeに比べて洗い上がりも香りも良かったなぁと振り返って思います。私はローカルビジネスのサポートという点からも今はできるだけ地元にあるお店を利用するようにしていますが、今後Venturaに行くことがあれば絶対に立ち寄りたいお店です。

食品編:tare

2020年4月にオープンしたばかりの最先端バルクストア、tare(テア)。こちらは食品がメインですが、洗剤やボディケア用品・DIY洗剤などに使える材料も置いてあります。詳しくは別途ブログにまとめてあるので、そちらをご覧ください!

日本にもある!リフィル・ステーション

日本でも食品のバルクストアはたくさんあるようですが、洗剤などの日用品のリフィル・ステーションは私の知る限りではこの3店。インスタグラムでPopupショップのリフィル・ステーションを見かけたこともあるので、これからどんどんこのような形態のお店が日本にも増えていくかもしれませんね。他にもこんなリフィル・ステーションがあるよ!といった情報があれば、コメントなどで教えてください。

量り売りを利用し始めると最初は面倒に感じるかもしれませんが、使用頻度の高いアイテムを詰め替えるようになってからはグッとプラスチックゴミの量が減り自然と続けたいと感じるようになりました。LA近郊に在住の方は、この記事をきっかけに是非リフィル・ステーションを利用してみてください!


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

ロサンゼルスで保護犬を家族に迎えるまでの体験談

ついに!我が家に家族が増えました。以前から「いつか犬を飼いたいね~」と夫と話していたのですが… ご縁があって、生後半年の仔犬をシェルターから引き取ることになりました。今回の記事ではアメリカのシェルター事情から保護犬を実際に引き取るまでの体験談をまとめたいと思います。 アメリカの犬猫シェルターの実態 米全土で約3500の動物保護施設、1万4千の動物保護団体がある年間で約73万3千頭の犬や猫が安楽死(2019)犬よりも猫の方が引き取り先が見つかりにくい野良犬や野良猫保護の他に、3割は飼い主が飼育放棄原則では引き取られて72時間で殺処分されてしまう 参照:https://petpedia.co/animal-shelter-statistics/ アメリカではブリーダー(ペットの交配)反対や犬猫を販売するペットショップ撲滅の動きが盛んです。アメリカにもこのようなお店はまだ存在すると思いますが、個人的には日本のような血統書付きの犬や猫を販売しているペットショップを見かけたことはありません。 統計を見るとすごい数の命が年間で奪われている…と感じますが、これでも35年ほど前に比べると20分の1に減って殺処分の数は年々減少傾向にあるそうです。ペットを飼っている知り合いや友人もほぼ100%くらいの確率で、保護犬を家族に迎えるという選択をしています。それほどアメリカではまずはシェルターを訪ねて、ペットの命を守ろうという意識が高いと感じます。 またアメリカにはNo-Kill Shelterという、文字通りに殺処分をせずに家族が見つかるまで保護し続ける施設もあります。とはいえ、10匹に1匹は施設の定員オーバーで一定期間を過ぎると止むを得ず殺処分されてしまうそう。中には事故や病気で身寄りに頼れる人がおらず、止むを得ない理由でシェルターにペットを放棄しなければならない人もいます。もし自分の身の回りにペットのもらい手が見つからずに困っている人がいれば、最終的にNo-Kill Shelterのような団体を検討するように話してみるのもいいかもしれません。 ※カリフォルニア州のNo-Kill Shelterの検索はコチラ 保護犬の探し方 それでは我が家ではどのようにして今の愛犬と巡り合ったかを、簡単に紹介したいと思います。 近所のシェルターや保護団体のホームページ&インスタグラムPetfinder - https://www.petfinder.comAdopt a Pet - https://www.adoptapet.comPetdar - iOSアプリ コロナ渦中での保護犬サーチということもあり、ほとんどの施設が完全予約制での対応でした。気軽に近所のシェルターに立ち寄れない上に、施設の人手が足りていないのか電話はほぼ繋がらないため予約にすらありつけず… 必然的にウェブサイトやアプリで探すことになりました。 個人的にはPetfinderが1番使いやすくて愛用していましたが、こまめに保護団体のインスタグラムなどもチェックしていました。Petdarのアプリは写真が一覧表示になるので、いちいちスクロールするといった手間が省けて良かったです。結果的には、Petfinderがきっかけで我が家の愛犬とご縁がつながりました。 私たちが保護犬を迎えるまでのタイムライン View this...

洋服もレンタルする時代へ!買わずに借りて、思いっきりオシャレを楽しもう

エシカルでサスティナブルな暮らしをするために、私にできることはなんだろう? 日々の生活の所々でそんな風に感じ、調べて、知れば知るほど「モノを持たない・買わない暮らし」にドンドン惹かれていっているmimiです。 私は昔からオシャレをするのが大好きで、このブログでもファッションをテーマに取り上げています。最近では流行にとらわれることなくビンテージや古着を取り入れたり、同じお洋服をいかに自分らしく着回わしたりコーディネートできるか?といった挑戦をしながらオシャレを楽しんでいます。 それでもたまには、気分を変えて思いっきりオシャレをして出掛けたいなぁ~ こんな風に思ったことはないでしょうか?でも、わざわざドレスアップするためだけにお洋服を買うのも…と思ったのがきっかけで、私は2年前からレンタルサービスを利用するようになりました。 個人的に感じている、レンタルのメリット 衝動的な買い物を減らせる 持ちものを増やさずにオシャレができる 手が届かないような高級ブランドの着心地や使用感がレンタルで試せる ドレスコードといった特定の機会だけのために買い物をせずに済む 思い切ったデザイン・カラー・スタイルに挑戦できる 昔の私は、とにかく色柄物やトレンドが大好きでした。でも残念ながらそういったアイテムは、数回着ただけで飽きてしまいクローゼットにお蔵入りしがちであることに気付いたのです。すると着回しが効くベーシックカラーや定番アイテムを、年を重ねるにつれて自然と選ぶようになっていきました。 それでもたまにはエッジの効いたアイテムが着たくなったり、お洒落も冒険したくなりませんか?そんな時にぴったりなのが今回紹介する、ファッション・レンタルサービスだと感じています。 新しく洋服を買わずにレンタルする=エコな消費 地球にとって優しい暮らしの基本は、「買わない・既にあるモノの再利用」。以前、ブログの中でも触れましたが 既に持っている服をダメになるまで大切に着回す・リメイクする何か買い足す時は古着やヴィンテージから探してみる新しい服を買いたい時は、エシカルでサスティナブルなブランドをまず検討する それに加えて+結婚式やパーティーなど特別なイベントにはレンタルを利用してみる 一口に洋服のレンタルサービスと言っても、毎月定額制で代わる代わる洋服が借りられるものから単発のものまで様々です。逆に過剰にレンタルを利用し過ぎてしまうと、それはそれで運送による排気ガス問題やクリーニングによる水質汚染といった別の要因で地球に負担をかけてしまいます。 でも個人的に衝動買い・浪費・廃棄をしてしまうよりは、買い物の消費を減らしてレンタルを特別な機会に上手に利用する方がエコだと思っています。 例えば、営業など人と関わる仕事をしていて「身なりをきちんと整えたいし、同じ服ばかり着られない」とお洋服をたくさん揃えなければならない人も職業やライフスタイルによっているでしょう。そんな方々にとっては、ファストファッションなどで安く新しい服を買い続けるよりもレンタルを賢く使い分けることは地球に優しい選択ではないでしょうか。 私のお気に入りレンタルサービスはRent the runway 私は現在、アメリカに住んでいます。アメリカのみならず海外では、結婚式やパーティーとなれば自由で大胆に、そして全力でオシャレを楽しむのが文化の一部。そんな華やかな姿を、映画やドラマで見かけたことがある人もきっと多いのではないでしょうか。 私は夫と出会ってから、デートや結婚式・記念日といった特別な機会にはRent the runwayでレンタルをしています。そして結婚式のブライズメイドドレスと自分のアフターパーティー用のドレスも、こちらのお店でお借りしているほど大ファンです。 ちなみに結婚式やパーティーでよくあるカラーテーマ。自分の好きでもないカラーのドレス、そして絶対に1回しか着ないフォーマルなドレスを買うのはもったいないけど渋々購入したという経験はありませんか?そんな時は是非、Rent the Runwayでのレンタルを検討してみてください。 Rent the runwayのメンバーシップは3種類 RTR Reserve RTR Update RTR...

エシカルに美を追求する!コスメ選びで気をつけたい6つのルール

エシカル+サスティナブルを意識した、私的ロハスな生活を始めてから早2年が経ちました。自分と家族の暮らしを見直していく中でいろいろな改善点が見つかりましたが、中でも私は基礎化粧品やパーソナルケアプロダクトは特に時間をかけて方向転換をしています。 最近では、動物や地球環境に配慮したエシカルなブランドが増えてきていますね。しかしその言葉に惑わされて、実はお肌にはもちろん環境や動物にも優しくない成分が配合されていたりすることもあったりするので気をつけなければと感じています。 エシカルビューティーやオーガニックはヨーロッパやアメリカが先進国なので、海外の商品を使われている方もいらっしゃると思います。私はアメリカ在住ですが、いまだに英語での成分表示表を見るのはとても億劫になってしまう時があります。だからこそ、普段から下調べをして予備知識をつけておくのは大切だと感じています。今回はエシカルに美しくなりたいすべての女性とシェアしたい「私的コスメ選び」で気をつけている6つのルールをご紹介します。 オーガニック認証がされているか?(Certified Organic) オーガニックの定義は国によって違います。今回はアメリカに限定してまとめていきますね。 ① USDA(アメリカ) USDAでは下記3種類の表記法があり、認証マークは95%以上の商品にだけラベルがつけられる。 100%Organic:100%オーガニック原料の製品(水と塩を除く)Organic:95%以上オーガニック原料の製品(水と塩を除く)Made with Organic ingredients:70%以上オーガニック原料の製品 ② NSF/ANSI 305(アメリカ) NSFの認証では、70%以上がオーガニック原料の製品であればこのラベルがつけられる。 このように、USDAのマークがつけられている商品は95%以上がオーガニック由来なので安心と言えるでしょう。後ほどお伝えするポイントを元に、残りの5%の成分にどんなものが配合されているのかも気にかけてみましょう。 EUで有名なEcocertマークをはじめ、他国のオーガニック認証はコチラを参考にhttps://www.ecocert.com/en/certifications-list 植物性由来成分でできているか?(Vegan) コスメには動物性由来の成分が配合されていることが多いです。見落としがちなハチミツをはじめコラーゲン、シルク、乳製品、卵白、ゼラチン、プラセンタ、カーマイン(虫由来の染料)、コレステロールといった動物性由来の原料は多くの化粧品やパーソナルケア商品で使われています。 動物性由来成分が入っていない 動物実験・殺傷がされていない 遺伝子組み換えがされていない アメリカではコスメに限らず、上記条件をクリアして認証された商品にVeganのマークがつけられているので参考にしてみてください。 以前ヴィーガンについての記事もまとめましたが、食事から動物性の食品を取り除くのはハードルが高いといった人も、毎日使う日用品からなら挑戦しやすいかもしれません。私は動物愛護・環境保護といった点からもヴィーガン・コスメを選ぶようにしています。 アメリカのヴィーガン認証について詳しくはコチラ  https://vegan.org/certification/ 他国のヴィーガン認証についてはコチラ http://vegan-labels.info 動物を傷つけたり動物実験がされていないか?(Cruelty free) 日本語でもクルエルティ・フリーという言葉が浸透し始めていますね。その言葉の通り(Cruelty=虐待)、原料生産や商品開発の過程で動物実験・動物の殺傷を行わないポリシーのことを指します。 人体への安全性確認のために、医薬品や化粧品の開発過程にはウサギやネズミを使った動物実験が残念ながら日常的に行われています。私は動物たちが犠牲になったプロダクトを使って自分の美容のケアをすることに矛盾を感じてしまうので、必ずヴィーガンでクルエルティ・フリーの商品やブランドを選ぶようにしています。 ① Leaping Bunny by CCIC(国際的)② Beauty without Bunnies by...