ロサンゼルスのリフィル・ステーションに学ぶ、量り売りでゼロ・ウェイスト

Sustain LAのリフィルストア

ゴミの日やリサイクルの分別をする時に、普通に生活をしているだけで溜まってしまうゴミの量に驚かされたことはありませんか?私は数年前からロハスな暮らしを始めて、できるだけ無駄なゴミが出ないように生活の改善をしています。こちらの記事では我が家がロサンゼルスに引っ越してきてから始めた、ゼロ・ウェイストへの取り組みのひとつである「リフィル・ステーション」について、実際に私が利用している店舗やその魅力を紹介したいと思います。

リフィル・ステーションとは

エコ先進地ではリフィル・ステーションが普及し始めていますが、日本ではまだまだ馴染みのない言葉かもしれません。リフィル・ステーションとは、Refill(=詰め替え)Station(=場所)いわゆる店頭で量り売り販売を行っているお店のことです。

  • 個別パッケージ無し、容器を持参するのでゴミが出ない
  • 単価が割安でお得なことが多い
  • 必要な量だけを買うことができる
  • 環境にも人にも優しいプロダクト展開

とゼロ・ウェイストな生活を目指している人にはもちろん、地球にも人にも良いところづくし!もし近くにリフィル・ステーションがある人は、ぜひ利用して欲しいお店です。

プラスチックの容器はリサイクルされずに埋め立てされることも多い。リサイクルする前に、別の用途がないか考えてみよう。

私は昔使っていた洗剤の容器や空き瓶などを取っておいて、その容器を持参してまとめ買いをしています。それでは、ロサンゼルスにある5つのリフィル・ステーションを紹介していきます!

Sustain LA

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ボディークリーム、洗濯洗剤、マルチクリーニングなどがズラリ。
容器を持参するのを忘れたり、追加で何か欲しくなっても大丈夫!店頭で空き瓶も販売中。
塩、重曹、粉洗剤、ワックス、ホウ砂などDIYにも使えるパウダー類も量り売りで購入可能。
その他、エコな暮らしをサポートする雑貨もたくさん取り扱っている。

Sustain LA

Address: 5214 Monte Vista St, Los Angeles, CA 90042
Website: https://www.sustainla.com
Instagram: @sustain_la

私がLAに引っ越してきて1番初めに利用したリフィル・ステーションは、Highland ParkにあるSustain LA。広々としたおしゃれな店内で、自家製の洗剤・ボディケアグッズや雑貨まで色々なアイテムが購入できます。個人的には家から遠いのでなかなか行く機会が少ないのですが、パウダー類などの補充にはSustain LAを利用しています。

Sustain LAは地域によってはデリバリーもしてくれるので、LA市内の方はお住まいが配達可能地域かどうかチェックするとリピート利用しやすいかもしれません。また少し遠くて行きずらいなぁという人は、Farmer’s Marketにも月に数回出店しているのでInstagramでスケジュールを確認してみては。

No Tox Life

シャンプー、コンディショナー、マルチクリーナ、お酢、洗濯洗剤、フェイスウォッシュ、オイルなど
エコな暮らしに欠かせない、サスティナブルなグッズが勢揃い。
我が家でも愛用中のシャンプーとコンディショナー。香りはラベンダーがお気に入り。
鮮やかなジェードグリーンの外装が目印。お店裏に駐車場あり。

No Tox Life

Address:  3351 Fletcher Dr, Los Angeles, CA 90065
Website: https://notoxlife.com
Instagram: @notoxlife

お店の名前通り、有害なものを一切使わずにハンドメイド販売しているNo Tox Life。ここで取り扱いのある商品はヴィーガンでゼロ・ウェイストなものばかりです。前述のSustain LAよりもお店はかなり狭いですが、少しだけ価格は安いかな?シャンプーとコンディショナーの使い心地はNo Tox Lifeの方が好きで、今のところ我が家がLAで1番気に入っているリフィル・ステーションです。

まだNYに住んでいた頃に固形シャンプーバーを使ってみたのですが、使用感や洗い上がりがあまり良くなくてやめてしまいました。No Tox Lifeのシャンプーバーは1度使うと辞められないという噂をよく耳にするので、いつか使ってみたいと思っています。

BYO Long Beach

BYO Long Beach

Address:  431 E 1st St, Long Beach, CA 90802
Website: https://www.byolongbeach.com
Instagram: @byolongbeach @bringyourownlongbeach

The Refillery L.A

The Refillery LA

Address:  West L.A
Website: https://www.refilleryla.com
Instagram: @refilleryla

私自身まだ利用したことはありませんが、South LAにお住まいの方はロングビーチに2店舗あるBYO Long Beachを、そしてWest LAにお住まいの方は移動式バンのThe Refillery LAもあるので是非利用してみてください。私もいつかこの2つのお店を訪れた時には、この記事をアップデートしますね!

番外編:The Refill Shoppe

The Refill Shoppe

Address:  363 E Main St, Ventura, CA 93001065
Website: https://therefillshoppe.com
Instagram: @therefillshoppe

ロサンゼルスから1時間ほど離れたVentura(ベンチュラ:パタゴニアの発祥地としても有名!)という街にあるリフィル・ステーション、The Refill Shoppe。私がNYに住んでいた時にオンラインで利用していました。こちらのお店の良いところは、香りなどのカスタマイズ度が高いことと詰め替え容器をお店負担で返送できるのでゼロ・ウェイストなところ。アメリカに在住で近くにリフィル・ステーションがない!という方にオススメです。

私はこれまでシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ボディークリームを買ったことがありますが、Sustain LAやNo Tox Lifeに比べて洗い上がりも香りも良かったなぁと振り返って思います。私はローカルビジネスのサポートという点からも今はできるだけ地元にあるお店を利用するようにしていますが、今後Venturaに行くことがあれば絶対に立ち寄りたいお店です。

日本にもある!リフィル・ステーション

日本でも食品のバルクストアはたくさんあるようですが、洗剤などの日用品のリフィル・ステーションは私の知る限りではこの3店。インスタグラムでPopupショップのリフィル・ステーションを見かけたこともあるので、これからどんどんこのような形態のお店が日本にも増えていくかもしれませんね。他にもこんなリフィル・ステーションがあるよ!といった情報があれば、コメントなどで教えてください。

量り売りを利用し始めると最初は面倒に感じるかもしれませんが、使用頻度の高いアイテムを詰め替えるようになってからはグッとプラスチックゴミの量が減り自然と続けたいと感じるようになりました。LA近郊に在住の方は、この記事をきっかけに是非リフィル・ステーションを利用してみてください!


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

Instagram

Tag List

Most Popular

洋服もレンタルする時代へ!買わずに借りて、思いっきりオシャレを楽しもう

エシカルでサスティナブルな暮らしをするために、私にできることはなんだろう? 日々の生活の所々でそんな風に感じ、調べて、知れば知るほど「モノを持たない・買わない暮らし」にドンドン惹かれていっているmimiです。 私は昔からオシャレをするのが大好きで、このブログでもファッションをテーマに取り上げています。最近では流行にとらわれることなくビンテージや古着を取り入れたり、同じお洋服をいかに自分らしく着回わしたりコーディネートできるか?といった挑戦をしながらオシャレを楽しんでいます。

ロサンゼルスで他州からの免許をなるべく待たずに切り替える裏技(Real ID編)

アメリカのDMV(Department of Motor Vehicles:自動車局)はとにかく待つ、そして働いている人の対応がとても悪い…そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?私もDMVに行きたくなくて、2019年8月末にロサンゼルスへ引っ越してきたにも関わらず、10月初旬になるまで免許の切替をしていませんでした。笑 引越しに伴う住所変更の申し出は10日以内という州の規定があるので、切替はお早めに!

ペットボトルの水はもう買わない!給水スポットを探せるアプリ:TAPを活用してみよう

皆さんは外出する時、マイボトルを持って出かけていますか?以前のブログでプラスチック・フリーの重要性についても触れましたが、私たちが身近にできるプラスチックを減らす方法として挑戦しやすいのがマイボトル。 私もNYに移住してから、仕事や長時間のお出かけにはマイボトルを持参する習慣がつきました。しかし、特に夏場などは750mlの大き目のボトルでもすぐに飲み干してしまい…喉が乾いて熱中症などで倒れても困るので、やむを得ずペットボトルのお水を買ってしまうことがとても多くありました。