ホーム タグ オーガニック

オーガニック

環境にも配慮した、こだわりの自然素材から生まれたマリブ発スキンケア:OSEA

ロハスな生活を始めてから早3年が経とうとしていますが、中でも基礎化粧品やパーソナルケアプロダクトでお気に入りのものを見つけるのに苦労してきました。世界中の気候変動を受けて様々な分野でサスティナブルな商品開発への転換の動きが進む中で、美容業界はまだまだプラスチックフリーを実現するには程遠いと言われています。私自身もいろいろリサーチを進める中で、やっと自信を持ってオススメしたい!と思えるGreen Beauty・スキンケアラインを見つけたので紹介します。 海藻などこだわりの自然素材から生まれたOSEA ロサンゼルスのビーチタウン、マリブ発のナチュラルスキンケアブランドOSEA(オーシア)。名前はウェルネスの要となる、海(Ocean)太陽(Sun)地球(Earth)そして 空気(Atmosphere)の頭文字をとって付けられたそう。1996年の創業以来、環境に配慮したクリーンな商品開発や社会支援を続けています。 植物性由来成分でできている(Vegan)動物を傷つけたり動物実験がされていない(Cruelty free)有害な化学成分・添加物不使用可能な限りオーガニック認証の材料を使用グルテンフリー OSEAは2002年に癌や突然変異または先天性欠損症を引き起こす可能性のある化学物質を含まないという協定にサインしており、お肌にはもちろん環境や動物にも優しいスキンケア開発をしています。 私がOSEAを選んだ理由 以前のブログ「エシカルに美を追求する!コスメ選びで気をつけたい6つのルール」で紹介しましたが、私がスキンケアやビューティーグッズを選ぶときに気をつけている項目に沿ってOSEAを使ってみようと決めた理由を説明します。 1. オーガニック素材(Certified Organic) OSEAでは商品としてUSDAなどのオーガニック認証を受けていません。オーガニック認証は商品を買う上で私も大切にしている基準ですが、それがないからといって必ずしも安心基準に達していないという訳でもありません。中小企業によくあることですが、オーガニック認証を受けるためには莫大なコストがかかってしまうためなかなか認証申請できない、または敢えて認証を受けていないこともあります。OSEAの場合は商品をリーズナブルに提供するためにも認証を受けておらず、可能な限りUSDA認証のオーガニック素材を使いそれを材料部分に明記してあります。ほとんどのアイテムが基本的にオーガニック素材で、クリーンなプロダクトだと感じました。  2. 植物性由来成分でできている(Vegan) OSEAは100%プラントベースの材料を使用していると公言しています。ラノリン(動物性の蝋・ワックス)、蜜蝋、コチニール色素(昆虫からとれる染料)などコスメ界でよく使われている動物由来の成分は一切使われていません。(PETAでVeganの認証済み)私は環境や動物保護の観点からもコスメや生活用品はVeganを選ぶようにしています。 3. 動物を傷つけたり動物実験がされていない(Cruelty free)  OSEAの商品は植物由来なので動物の搾取はなく、もちろん商品開発で動物実験も行われていません。いち早く国際的な信頼のマークLeaping Bunny(リーピング・バニー)を取得した企業のひとつです。私はペットを家族に迎えてからより一層、クルエルティー・フリーかどうかはコスメ選びの大切な基準になりました。 4. 添加物ができるだけ入っていない(additive free) 前述で少し触れましたが、OSEAの商品にはパラベンといった癌や突然変異または先天性欠損症を引き起こす可能性のある化学物質を含んでいません。水が入っている以上自然由来の保存料が最低限入っていますが、香料・石油由来成分・硫酸系化合物などの化学成分は入っていません。私は妊活中なので、妊娠してからも引き続き使えるというのが決め手にもなりました。 5. 原料が遺伝子組み換えではない(Non GMO) OSEAの材料は遺伝子組み換えでないものが使われています。ただしこれもオーガニック認証と同様、全ての材料を取り扱っている取引先が認証を受けている訳ではないようです。中小企業同士ができるだけローコストで良質な材料を提供するためにも、場合によっては高額な認証マークはマストではないと感じています。 6. 企業のエシカル度(Ethical Practice) OSEAではボディースクラブ以外の商品が全て、ガラス容器に入れられています。さらに使用後の容器を店舗に持って行くと、付属のエステで使えるポイントが還元されるというリサイクルプログラムもあります。私のようにLAに住むローカルの人達にとってリサイクルしやすい環境を企業が率先して整えてくれているのは、消費者にとっても嬉しいポイント。2017年に美容業界が作り出したプラスチックパッケージの数は年間で768億個という統計もあり(※1)、ビューティープロダクトのプラスチック問題は深刻なので容器にまで配慮しているOSEAは素晴らしいと感じます。その他には海洋生態系の保護団体(Surfrider Foundation)や生態系再生・再生農業を支援するNPO(Kiss the Ground)の支援なども行っています。 ※1 参照:The Beauty Industry Has a Plastics...

買い物の新定番は必要な分だけ量り売り!ロサンゼルスのバルクショップ:tare

数回使っただけでパントリーの奥に余っている、脇役のスパイスや調味料ありませんか? 必要な量を必要な時に自由に買えればいいのに… そんな悩みを解決してくれるのが、ずばり量り売り。ヨーロッパ・オーストラリア・アメリカなどエコ先進国のスーパーマーケットでは、多くのお店で乾物を中心にバルクコーナーが併設してあります。 以前も紹介したリフィルショップに続いて、私が住むLAにも待望の量り売り専門店が1ヶ月前にオープンしました!健康志向でエココンシャスな人が多い街ロサンゼルスから、最新バルクショップの魅力を紹介します。 バルクショップの魅力 バルクショップはいわゆる量り売りができるお店。バルクという言葉は業界によって様々な使われ方がしますが… 英語でBulk(バルク)には「大容量・一括」という意味があり、食品の場合は「まとめ買い・大口買い」といったニュアンスで使われます。 必要な量だけ買えるので、フードロスを防げる容器を持ち込めば、ゼロ・ウェイストでゴミ削減パッケージフリー&まとめ売りなので、その分安価な場合もある新しい食材を試すきっかけに繋がるオーガニックなど良質な食材で安心安全一人暮らしなどライフスタイルに合わせた買い物が可能ローカルストアのサポートで地域活性化 こんな風にバルクショップを利用すると、たくさんのメリットがあります。乾物・調味料・スパイスなどは必ずスーパーで個別包装されて売られていますよね。例えエコな包装であったとしても、最終的にゴミが出てしまうことに変わりはありません。 全て量り売りで買おう!となると容器の持ち込みや持って帰れる量、そしてまだバルクショップが近所にないなど限度があるかもしれません。まずはあなたの消費パターンを振り返ってみて1ヶ月に何度も買い足すアイテムを、バルクショップでまとめて量り売りで買い始めてみませんか?それだけでパッケージやゴミの削減に繋がり、ずっと環境に優しいお買い物になります。 スーパーフードまで!tareで買える食材一覧 コロナで混乱が続く2020年4月下旬にオープンした、tare(テア)。場所はレトロな街並みとヒップなトレンドが混じり合う、近年どんどんオシャレに進化する注目のエリア:ハイランドパークです。 Tareで買える食材はナント約400種類!そして可能な限りオーガニック・非遺伝子組み換えの高品質な食材を取り扱っています。ロサンゼルスには乾物やスパイスが量り売りで買えるスーパーもたくさんありますが、こんなにも充実したバルクショップに行ったことがなかったのでとても興奮しました。 粉類とベイキンググッズ(48種類)ハーブとスパイス(46種類)スナック類(59種類)コーヒーと紅茶(34種類)ナッツとシード(32種類)穀類(28種類)スーパーフード(21種類)豆類(20種類)おやつとチョコレート(19種類)オイルなど液体類(17種類)ドライフルーツ(13種類)その他乾物(11種類)乾麺(9種類)シリアル(5種類) これから豆腐・テンペといったプラントベースのタンパク質や乳製品の代替品、そして平飼いの卵などの販売も導入予定だそうです。LAにお住まいの方は市内の配送サービスも提供しているので、利用を検討してみてはいかがでしょうか? tare Address: 5046 York Blvd, Los Angeles, CA 90042Website: https://taregrocery.com/Instagram: @taregroceryLA市内: $35以上の買い物でデリバリー可 【合わせて読みたい】 ロサンゼルスのリフィル・ステーションに学ぶ、量り売りでゼロ・ウェイスト 私の購入品と買い物の感想 コロナ流行中ということで、衛生管理には一段と気を遣って営業をしていました。もし自分の容器を持参する場合は、綺麗に洗い完全に乾燥したものだけを利用しましょう。容器は店員さんが、一つひとつ丁寧に除菌をし直してくれました。本来はセルフサービスのお店ですが、容器に詰める作業もしばらくは店員さんが全て代わりに行ってくれます。 大豆 0.71 lb @ $2.35/lb $1.67ごま油 1.4 lb @ $8.96/lb $12.54赤レンズ豆 0.47 lb @ $3.45/lb $1.62チリパウダー...

Whole Foodsだけじゃない!ロサンゼルスのオーガニックスーパー5選

ヘルストレンドはロサンゼルスから生まれる!と言っても過言ではないほど、健康志向でヘルシーなライフスタイルを追求している人が多い街、LA。私もNYからLAに引っ越してきた時に、1番ビックリしたのがスーパーの充実度です。今回はそんなロサンゼルスのローカル達に愛される、オーガニックスーパーをまとめてみました。ロサンゼルスに在住の方はもちろん、旅行のお土産探しにもぴったりな私のおすすめ5店舗を紹介します。 Urban Radish View this post on Instagram ...

エシカルに美を追求する!コスメ選びで気をつけたい6つのルール

エシカル+サスティナブルを意識した、私的ロハスな生活を始めてから早2年が経ちました。自分と家族の暮らしを見直していく中でいろいろな改善点が見つかりましたが、中でも私は基礎化粧品やパーソナルケアプロダクトは特に時間をかけて方向転換をしています。 最近では、動物や地球環境に配慮したエシカルなブランドが増えてきていますね。しかしその言葉に惑わされて、実はお肌にはもちろん環境や動物にも優しくない成分が配合されていたりすることもあったりするので気をつけなければと感じています。 エシカルビューティーやオーガニックはヨーロッパやアメリカが先進国なので、海外の商品を使われている方もいらっしゃると思います。私はアメリカ在住ですが、いまだに英語での成分表示表を見るのはとても億劫になってしまう時があります。だからこそ、普段から下調べをして予備知識をつけておくのは大切だと感じています。今回はエシカルに美しくなりたいすべての女性とシェアしたい「私的コスメ選び」で気をつけている6つのルールをご紹介します。 オーガニック認証がされているか?(Certified Organic) オーガニックの定義は国によって違います。今回はアメリカに限定してまとめていきますね。 ① USDA(アメリカ) USDAでは下記3種類の表記法があり、認証マークは95%以上の商品にだけラベルがつけられる。 100%Organic:100%オーガニック原料の製品(水と塩を除く)Organic:95%以上オーガニック原料の製品(水と塩を除く)Made with Organic ingredients:70%以上オーガニック原料の製品 ② NSF/ANSI 305(アメリカ) NSFの認証では、70%以上がオーガニック原料の製品であればこのラベルがつけられる。 このように、USDAのマークがつけられている商品は95%以上がオーガニック由来なので安心と言えるでしょう。後ほどお伝えするポイントを元に、残りの5%の成分にどんなものが配合されているのかも気にかけてみましょう。 EUで有名なEcocertマークをはじめ、他国のオーガニック認証はコチラを参考にhttps://www.ecocert.com/en/certifications-list 植物性由来成分でできているか?(Vegan) コスメには動物性由来の成分が配合されていることが多いです。見落としがちなハチミツをはじめコラーゲン、シルク、乳製品、卵白、ゼラチン、プラセンタ、カーマイン(虫由来の染料)、コレステロールといった動物性由来の原料は多くの化粧品やパーソナルケア商品で使われています。 動物性由来成分が入っていない 動物実験・殺傷がされていない 遺伝子組み換えがされていない アメリカではコスメに限らず、上記条件をクリアして認証された商品にVeganのマークがつけられているので参考にしてみてください。 以前ヴィーガンについての記事もまとめましたが、食事から動物性の食品を取り除くのはハードルが高いといった人も、毎日使う日用品からなら挑戦しやすいかもしれません。私は動物愛護・環境保護といった点からもヴィーガン・コスメを選ぶようにしています。 アメリカのヴィーガン認証について詳しくはコチラ  https://vegan.org/certification/ 他国のヴィーガン認証についてはコチラ http://vegan-labels.info 動物を傷つけたり動物実験がされていないか?(Cruelty free) 日本語でもクルエルティ・フリーという言葉が浸透し始めていますね。その言葉の通り(Cruelty=虐待)、原料生産や商品開発の過程で動物実験・動物の殺傷を行わないポリシーのことを指します。 人体への安全性確認のために、医薬品や化粧品の開発過程にはウサギやネズミを使った動物実験が残念ながら日常的に行われています。私は動物たちが犠牲になったプロダクトを使って自分の美容のケアをすることに矛盾を感じてしまうので、必ずヴィーガンでクルエルティ・フリーの商品やブランドを選ぶようにしています。 ① Leaping Bunny by CCIC(国際的)② Beauty without Bunnies by...

健康志向なニューヨーカーに大人気!医食同源がコンセプトのオーガニックレストラン:Le Botaniste

サラダバーやグリーンジュース専門店など、手軽にヘルシーな食生活をサポートしてくれるお店がニューヨークにはたくさんあります。私が外食やランチをする時は、健康のためにできるだけヴィーガンでグルテンフリーのお店を探すようにしていました。男女問わず美意識が高く、健康志向なニューヨーカーもお墨付き!そんな私のお気に入りのオーガニック・レストランをご紹介したいと思います。 Let food be medicine すなわち医食同源をコンセプトに、ヘルシーでおいしいプラントベースのオーガニックフードとナチュラルワインが頂けるレストラン。こちらのレストランで提供されている食材は、100%植物性・99%オーガニック(1%はお塩!)そしてグルテンフリーなので、ヴィーガンやベジタリアンのニューヨーカーで知らない人はいないほどの大人気店です。 店名のLe Botaniste(ル・ボタニスト)は、フランス語で「植物学者」という意味。白衣を身にまとった店員さんがサービスしてくれるのですから、これもまた粋です。こちらのレストランはテーブルサービスではなく、カウンターでオーダーをするセルフ形式になっているのでサクッとランチやテイクアウトにもぴったり。 この日私は、Chili(チリ、正式名:チリコンカーン)というアメリカの家庭料理をオーダー。ひき肉を使うのが一般的ですが、こちらではひよこ豆を中心にお野菜だけで作られたチリで、とても美味しかったです。写真はありませんが、他にはTibetan Mama bowlというココナッツとピーナッツバターで作られたカレーボールもオススメです。 店内のインテリアもお洒落で、ブロガーのAimee Songさんやモデルさんがご用達なのも納得です。私はランチで行くことが多いお店で、おひとり様でも気軽に入れたりテイクアウトも時間がかからないところも気に入っています。 Le Botaniste - Grand St. Address: 127 Grand St, New York, NY 10013Website: https://lebotaniste.usInstagram:@le_botaniste Sohoのこちらの店舗以外にも、Grand Central駅の近くとアッパーイーストサイドにも店舗があります。ニューヨークに旅行や出張で来られて、NYピザやパスタを食べ過ぎて…今日はヘルシーな食事をしたい!という時には是非立ち寄ってみてくださいね。

TAG List

New Post