TerraCycle:化粧品パッケージのリサイクルで循環型社会へ

使い終わったシャンプーボトルや化粧品のパッケージ。皆さんはどのようにして処理していますか?以前からブログでも紹介している通り、私はゼロ・ウェイストの観点からもできるものは量り売りで購入し、プラスチック・フリーや紙製などリサイクルしやすいパッケージを必ず選ぶように心がけています。とは言え、生活の中から完全にプラスチックを排除するのは難しいし、ハードルが高いと感じる方も多いのでは。

また個人レベルでは気をつけていても、試供品や友人・家族からギフトでもらうコスメや化粧品はプラスチック製のパッケージが多いですよね。私もギフトで頂いたチューブ入り洗顔を最近使い終え、どうやってリサイクルしようかな?と色々とリサーチをしました。今回はそんな私が見つけた、いま注目を集めるリサイクルプログラムについて紹介したいと思います。

世界のリサイクルの現実

私たちが一生懸命分別して、毎週ゴミの集荷に出しているリサイクル資源。そのほとんどが実際にはリサイクルされずに埋立地へ捨てられているという現状をご存知ですか?アメリカの2018年のリサイクル率は32.1%(※1)日本は20%(※2)と、これは他の先進諸国と比べてもかなり遅れをとっています。とは言え、世界のリサイクルを率先している国々を見てもドイツ(56.1%)、オーストラリア(53.8%)、韓国(53.7%)、ウェールズ(52.2%)、スイス(49.7%)と、半分以上のゴミは焼却または埋立地行きとなっていることが分かります。(※3)

中でも美容業界では、世界中で毎年1,200億ユニット以上のパッケージが生産されており、その代償として年間1,800万エーカーの森林が失われているそう。(※4) このようなリサイクルの現状を知れば知るほど、限られた資源からモノを作る→捨てるという一方通行ではなく、いかにリサイクルを初めとする今ある資源を別の形で再利用・アップサイクルするといった循環型の考え方が大切だと考えさせられます。

参照
※1 EPA – National Overview: Facts and Figures on Materials, Wastes and Recycling
※2 statistic – Recycling rate of the total waste generated in Japan
※3 NS Packaging – The five best recycling countries in the world
※4 Zero Waste Week – Graham Fish’s mission to address the cosmetic industry’s plastic problem

S'wellボトルをニューヨークのカフェでリフィルした
プラスチックをリサイクルすることで問題は解決しない

リサイクル界のイニシアチブ:TerraCycleとは

画像:ホームページより

「捨てるという概念を捨てよう」というモットーを掲げ、20年前にニュージャージー州を拠点に始まったTerraCycle(テラサイクル)。最近では大手企業と提携し、洗剤から食料品といった日用品を再利用可能の詰替えパッケージで提供するLoopの仕掛け人としても知られています。

テラサイクルでは企業とタイアップをして、市や自治体の規定ではリサイクル資源として回収されていないものを中心に集めて、ゴミを原材料や新たな資源へと好転換する仕組みを提供しています。日米共にプログラムに参加している企業リストを見ると、「この会社もそんな取り組みやっていたんだ!」と気付きがあると思うので、ぜひチェックしてみてください。

注目のリサイクルプロジェクト:BEAUTYCYCLE

そんなTerraCycleは2020年10月から、アメリカ大手百貨店:Nordstrom(ノードストローム)と提携してBEAUTYCYCLE(ビューティー・サイクル)という化粧品に特化したリサイクルプロジェクトを始めました。私自身TerraCycleの別プログラムは何度か利用したことがありましたが、基本的にブランド別での取り組みなので少し疎遠になっていました。

しかし今回Nordstormとの取り組みで始まったBEAUTYCYCLEは、ブランド銘柄に関わらずポンプ、口紅、アイライナーペンシル、マスカラといった普段ならゴミとして仕方なく捨ててしまいそうなパッケージの回収もしてくれるのです。

回収できるもの

  • ヘアケア:空ボトル・チューブ・キャップ
  • スキンケア:空ボトル・チューブ・ポンプ式容器
  • 化粧品:空ボトル・回して開けるタイプの容器・パレット

回収できないもの

  • 香水・ネイルまたは除光液のボトル
  • 電化製品(ドライヤーや美顔器など)
  • 中身がまだ残っている商品
  • 医療用品・感染性廃棄物(注射器や針など)

詳しくは:BEAUTYCYCLE特設ページにて

私が住むLA市内だけでも、8ヶ所の回収ポイントがある

アメリカ全土に100店舗を構える、Nordstrom。これだったら今までリサイクルできないか?と捨ててしまっていたような容器も、ゴミ箱ではなく回収ポイントに持っていってみよう!と化粧品パッケージのリサイクルがもっと身近に感じられるのではないかと思っています。

特に上記のプログラムのページやNordstormに設置されていたBoxに、上記以外の注意事項は記載されていませんでしたが…リサイクルの基本として、使い終わったパッケージは中身を残さずできるだけ空にしてきちんと洗ったものを持参するようにしましょう。

日本ではまだ、ブランドに関係なく回収を行うといった包括的なプログラムは見受けられませんが、資生堂Cosme KitchenNature’s WayといったブランドがTerraCycleに参加しているので、このようなブランドを愛用している方はぜひチェックしてみてください!

限られた資源の循環利用を意識しよう

私が今回、このプログラムについてシェアしたいと思ったきっかけは知人との会話。美容のことになると、やっぱり効果やコスパ重視でブランドを選ぶからパッケージのことは二の次と言っていて…確かに気持ちは分かるし、こんな風に感じる人がほとんどだろうと思います。私も美容にはあまり妥協できないタイプですが、最近ではビューティー・ブランドを選ぶ時のプライオリティは「ヴィーガン・クルエルティフリー・環境配慮」へと変わりました。

先日ブログでも紹介したOSEAのようにプラスチック・フリーでリサイクルプログラムを実施しているようなブランドがまだまだ少ない中、その上でさらに効果や自分の肌に合うと感じるブランドに出会うのはとても難しいなぁと私自身も感じています。でもBEAUTYCYCLEのようなコスメに特化したリサイクル・プログラムを利用すれば、より多くの人が自分の価値観にあった商品を使いながらゴミを減らす取り組みを始めるきっかけになるのではと感じています。

ゼロ・ウェイストを意識した購買とまではいかなくても、自分の興味があるアイテムがどんな風にゴミになるの?リサイクルできるかな?土に還るパッケージもあるんだ!といった色々な観点から、ブランド・企業選びをする人が増えるといいなと思います。また、使ったら終わり!ではなくて私たちの限られた資源をできるだけ有効活用できるように、TerraCycleのような取り組みを一人でも多くの方が積極的に利用するようになれば良いなと願っています。


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

洋服もレンタルする時代へ!買わずに借りて、思いっきりオシャレを楽しもう

エシカルでサスティナブルな暮らしをするために、私にできることはなんだろう? 日々の生活の所々でそんな風に感じ、調べて、知れば知るほど「モノを持たない・買わない暮らし」にドンドン惹かれていっているmimiです。 私は昔からオシャレをするのが大好きで、このブログでもファッションをテーマに取り上げています。最近では流行にとらわれることなくビンテージや古着を取り入れたり、同じお洋服をいかに自分らしく着回わしたりコーディネートできるか?といった挑戦をしながらオシャレを楽しんでいます。 それでもたまには、気分を変えて思いっきりオシャレをして出掛けたいなぁ~ こんな風に思ったことはないでしょうか?でも、わざわざドレスアップするためだけにお洋服を買うのも…と思ったのがきっかけで、私は2年前からレンタルサービスを利用するようになりました。 個人的に感じている、レンタルのメリット 衝動的な買い物を減らせる 持ちものを増やさずにオシャレができる 手が届かないような高級ブランドの着心地や使用感がレンタルで試せる ドレスコードといった特定の機会だけのために買い物をせずに済む 思い切ったデザイン・カラー・スタイルに挑戦できる 昔の私は、とにかく色柄物やトレンドが大好きでした。でも残念ながらそういったアイテムは、数回着ただけで飽きてしまいクローゼットにお蔵入りしがちであることに気付いたのです。すると着回しが効くベーシックカラーや定番アイテムを、年を重ねるにつれて自然と選ぶようになっていきました。 それでもたまにはエッジの効いたアイテムが着たくなったり、お洒落も冒険したくなりませんか?そんな時にぴったりなのが今回紹介する、ファッション・レンタルサービスだと感じています。 新しく洋服を買わずにレンタルする=エコな消費 地球にとって優しい暮らしの基本は、「買わない・既にあるモノの再利用」。以前、ブログの中でも触れましたが 既に持っている服をダメになるまで大切に着回す・リメイクする何か買い足す時は古着やヴィンテージから探してみる新しい服を買いたい時は、エシカルでサスティナブルなブランドをまず検討する それに加えて+結婚式やパーティーなど特別なイベントにはレンタルを利用してみる 一口に洋服のレンタルサービスと言っても、毎月定額制で代わる代わる洋服が借りられるものから単発のものまで様々です。逆に過剰にレンタルを利用し過ぎてしまうと、それはそれで運送による排気ガス問題やクリーニングによる水質汚染といった別の要因で地球に負担をかけてしまいます。 でも個人的に衝動買い・浪費・廃棄をしてしまうよりは、買い物の消費を減らしてレンタルを特別な機会に上手に利用する方がエコだと思っています。 例えば、営業など人と関わる仕事をしていて「身なりをきちんと整えたいし、同じ服ばかり着られない」とお洋服をたくさん揃えなければならない人も職業やライフスタイルによっているでしょう。そんな方々にとっては、ファストファッションなどで安く新しい服を買い続けるよりもレンタルを賢く使い分けることは地球に優しい選択ではないでしょうか。 私のお気に入りレンタルサービスはRent the runway 私は現在、アメリカに住んでいます。アメリカのみならず海外では、結婚式やパーティーとなれば自由で大胆に、そして全力でオシャレを楽しむのが文化の一部。そんな華やかな姿を、映画やドラマで見かけたことがある人もきっと多いのではないでしょうか。 私は夫と出会ってから、デートや結婚式・記念日といった特別な機会にはRent the runwayでレンタルをしています。そして結婚式のブライズメイドドレスと自分のアフターパーティー用のドレスも、こちらのお店でお借りしているほど大ファンです。 ちなみに結婚式やパーティーでよくあるカラーテーマ。自分の好きでもないカラーのドレス、そして絶対に1回しか着ないフォーマルなドレスを買うのはもったいないけど渋々購入したという経験はありませんか?そんな時は是非、Rent the Runwayでのレンタルを検討してみてください。 Rent the runwayのメンバーシップは3種類 RTR Reserve RTR Update RTR...

エシカルに美を追求する!コスメ選びで気をつけたい6つのルール

エシカル+サスティナブルを意識した、私的ロハスな生活を始めてから早2年が経ちました。自分と家族の暮らしを見直していく中でいろいろな改善点が見つかりましたが、中でも私は基礎化粧品やパーソナルケアプロダクトは特に時間をかけて方向転換をしています。 最近では、動物や地球環境に配慮したエシカルなブランドが増えてきていますね。しかしその言葉に惑わされて、実はお肌にはもちろん環境や動物にも優しくない成分が配合されていたりすることもあったりするので気をつけなければと感じています。 エシカルビューティーやオーガニックはヨーロッパやアメリカが先進国なので、海外の商品を使われている方もいらっしゃると思います。私はアメリカ在住ですが、いまだに英語での成分表示表を見るのはとても億劫になってしまう時があります。だからこそ、普段から下調べをして予備知識をつけておくのは大切だと感じています。今回はエシカルに美しくなりたいすべての女性とシェアしたい「私的コスメ選び」で気をつけている6つのルールをご紹介します。 オーガニック認証がされているか?(Certified Organic) オーガニックの定義は国によって違います。今回はアメリカに限定してまとめていきますね。 ① USDA(アメリカ) USDAでは下記3種類の表記法があり、認証マークは95%以上の商品にだけラベルがつけられる。 100%Organic:100%オーガニック原料の製品(水と塩を除く)Organic:95%以上オーガニック原料の製品(水と塩を除く)Made with Organic ingredients:70%以上オーガニック原料の製品 ② NSF/ANSI 305(アメリカ) NSFの認証では、70%以上がオーガニック原料の製品であればこのラベルがつけられる。 このように、USDAのマークがつけられている商品は95%以上がオーガニック由来なので安心と言えるでしょう。後ほどお伝えするポイントを元に、残りの5%の成分にどんなものが配合されているのかも気にかけてみましょう。 EUで有名なEcocertマークをはじめ、他国のオーガニック認証はコチラを参考にhttps://www.ecocert.com/en/certifications-list 植物性由来成分でできているか?(Vegan) コスメには動物性由来の成分が配合されていることが多いです。見落としがちなハチミツをはじめコラーゲン、シルク、乳製品、卵白、ゼラチン、プラセンタ、カーマイン(虫由来の染料)、コレステロールといった動物性由来の原料は多くの化粧品やパーソナルケア商品で使われています。 動物性由来成分が入っていない 動物実験・殺傷がされていない 遺伝子組み換えがされていない アメリカではコスメに限らず、上記条件をクリアして認証された商品にVeganのマークがつけられているので参考にしてみてください。 以前ヴィーガンについての記事もまとめましたが、食事から動物性の食品を取り除くのはハードルが高いといった人も、毎日使う日用品からなら挑戦しやすいかもしれません。私は動物愛護・環境保護といった点からもヴィーガン・コスメを選ぶようにしています。 アメリカのヴィーガン認証について詳しくはコチラ  https://vegan.org/certification/ 他国のヴィーガン認証についてはコチラ http://vegan-labels.info 動物を傷つけたり動物実験がされていないか?(Cruelty free) 日本語でもクルエルティ・フリーという言葉が浸透し始めていますね。その言葉の通り(Cruelty=虐待)、原料生産や商品開発の過程で動物実験・動物の殺傷を行わないポリシーのことを指します。 人体への安全性確認のために、医薬品や化粧品の開発過程にはウサギやネズミを使った動物実験が残念ながら日常的に行われています。私は動物たちが犠牲になったプロダクトを使って自分の美容のケアをすることに矛盾を感じてしまうので、必ずヴィーガンでクルエルティ・フリーの商品やブランドを選ぶようにしています。 ① Leaping Bunny by CCIC(国際的)② Beauty without Bunnies by...

わたしと地球にやさしい、ロハスな暮らしとは

Read in English 皆さんはロハスと聞いて、何をイメージしますか?健康志向、ナチュラル、エコといった言葉を思い浮かべる人も多いでしょう。この記事では、「ロハスって何?」「ロハスな暮らしは何から始めればいい?」といった方に向けて、身近に実践できることやロハスな暮らしの魅力についてお伝えします。 わたしがロハスな暮らしを始めたワケ 数年前にアメリカへ移住してから環境保全に対する意識が高まり、エコな暮らしを少しずつ始めました。特に私が拠点を置いていたニューヨークでは、健康志向で環境にも配慮したお店やサービスがたくさんあるため、その影響も大きかったと思います。 さらに結婚と闘病をきっかけに、自分のためにも家族のためにも「健康で笑顔あふれる暮らしが送りたい!」と今まで以上に感じるようになりました。そこで出会ったのがロハスというライフスタイルだったのです。 結婚・移住・闘病という人生の転機を迎えて生活スタイルを見直したの ロハスとは? A.ロハスとは経済的・精神的にも無理なく続けられる、ココロとカラダの健康と地球環境保全を意識した価値観やライフスタイルのこと。地球にも自分にもやさしい穏やかな暮らしを実践して続けていくうちに、結果として生活が豊かになっていきます。 そもそもロハス(LOHAS)は、Lifestyles of Health and Sustainabilityの頭文字をとった略語で、直訳すると「健康で持続可能なライフスタイル」という意味です。実はこのロハスのS=サステナビリティこそが、ロハスな暮らしに大切なポイントなんです。 最近、サスティナビリティってよく耳にするようになった言葉だよね サステナビリティとは、私たちの社会と自然環境を保ち続けることに対する取り組みのことです。日頃からリサイクルをしたりマイボトルを持参したりして、環境にやさしい生活を心がけている人も多いでしょう。このように健康と環境にやさしい選択を一つひとつしていくことが、ロハスな暮らしに繋がっていきます。 ロハスな暮らしってどんなもの? それでは実際に、ロハスな暮らしにはどんなものがあるかみていきましょう。きっと皆さんにも馴染みがあったり、関心のあるトピックも多いのではないでしょうか。 健康的な生活 オーガニック・フェアトレード・自然食品、サプリメントなど 代替医療 自然治療、ハーブ・漢方、アーユルヴェーダ、ホメオパシー、ホリスティック、はり治療など 自己開発 ヨガ、ピラティス、フィットネス、瞑想、座禅、自己啓発、自己実現など 環境に配慮した暮らし リサイクル、エコ照明・LED電球、環境配慮住宅、リメイク・リフォーム、オーガニックや再生繊維など環境にやさしい商品の選択、エコツーリズム、室内温度調整、地産地消など 持続可能な経済 省エネ商品、再生可能エネルギー、グリーン都市計画など こうやって見ると、意外にロハスなライフスタイルを送れてるかも? ロハスな暮らしの魅力 でもこれって、全部実践しないといけないのかな?! と、上のカテゴリーを見て構えてしまった方はご安心ください。なぜならロハスは無理をせずに、自分が心地の良いペースで実践することを基本としているからです。健康と環境のためとはいえ負担を感じたり我慢をしてまでロハスな暮らしをしてしまうと、逆に心のバランスが崩れてしまいます。 例えば、「会社に出勤する時はマイボトルを毎日持参しているけど、週末のお出かけの時に忘れてしまった」といったことがあってもいいのです。大切なのは「あれもこれもしなきゃ!」とストレスに感じたりルールに縛られすぎないこと。ロハスの魅力は完璧じゃなくてもいいところなんです。自分のペースで1歩ずつ「できることから・できる時に・できる分だけ」実践していきましょう。 出来ることから、マイペースに始めてみよう ロハスな暮らしについて、少し関心を持っていただけましたか?まずは、自分の価値観に合って心地よく続けられそうなことから始めてみましょう。続けているうちにそれが習慣となり、次第にライフスタイルが身に付き、無意識のうちに健康にも地球にも優しい暮らしができている=毎日が幸せになるというイメージです。 私もまだまだロハスな暮らし、初心者!手探りだけど楽しいよ〜 ちなみにロハス発祥の地であるアメリカでは、LOHASという言葉は一般的に浸透していません。ウェルネス (wellness)・サスティナブル (sustainable)・エシカル(ethical)といった言葉が「〜Life(〇〇な生活)」という風に似たような意味で使われています。 海外でそのような暮らしを実践している人は… (SNSなどで感じる個人的な見解ですが)かなり徹底した暮らしを実践していて完璧主義な人が多い印象です。そのため、私にはマイペースに無理なく続けられる「ロハス」の定義が1番自分らしくいられるライフスタイルだと感じています。 身近なことから始める、サスティナブルな暮らし実践記 このブログでは、私が取り組んでいるサスティナブルな暮らしをシリーズで綴っています。これからどんどんコンテンツを増やしていくつもりなので、楽しみにしていてください。また、このブログやSNSを通じてたくさんの方々と交流・意見や情報交換のしたいと思っているので、気軽にコメントや連絡をくださいね! ▼ サスティナブル暮らし実践記はコチラから