TerraCycle:化粧品パッケージのリサイクルで循環型社会へ

使い終わったシャンプーボトルや化粧品のパッケージ。皆さんはどのようにして処理していますか?以前からブログでも紹介している通り、私はゼロ・ウェイストの観点からもできるものは量り売りで購入し、プラスチック・フリーや紙製などリサイクルしやすいパッケージを必ず選ぶように心がけています。とは言え、生活の中から完全にプラスチックを排除するのは難しいし、ハードルが高いと感じる方も多いのでは。 また個人レベルでは気をつけていても、試供品や友人・家族からギフトでもらうコスメや化粧品はプラスチック製のパッケージが多いですよね。私もギフトで頂いたチューブ入り洗顔を最近使い終え、どうやってリサイクルしようかな?と色々とリサーチをしました。今回はそんな私が見つけた、いま注目を集めるリサイクルプログラムについて紹介したいと思います。 世界のリサイクルの現実 私たちが一生懸命分別して、毎週ゴミの集荷に出しているリサイクル資源。そのほとんどが実際にはリサイクルされずに埋立地へ捨てられているという現状をご存知ですか?アメリカの2018年のリサイクル率は32.1%(※1)日本は20%(※2)と、これは他の先進諸国と比べてもかなり遅れをとっています。とは言え、世界のリサイクルを率先している国々を見てもドイツ(56.1%)、オーストラリア(53.8%)、韓国(53.7%)、ウェールズ(52.2%)、スイス(49.7%)と、半分以上のゴミは焼却または埋立地行きとなっていることが分かります。(※3) 中でも美容業界では、世界中で毎年1,200億ユニット以上のパッケージが生産されており、その代償として年間1,800万エーカーの森林が失われているそう。(※4) このようなリサイクルの現状を知れば知るほど、限られた資源からモノを作る→捨てるという一方通行ではなく、いかにリサイクルを初めとする今ある資源を別の形で再利用・アップサイクルするといった循環型の考え方が大切だと考えさせられます。 参照※1 EPA - National Overview: Facts and Figures on Materials, Wastes and Recycling※2 statistic - Recycling rate of the total waste generated in...

アボットキニーでギフト探し!ぶらり散歩で欲しいが見つかる、お洒落なセレクトショップ5選

お洒落なレストランやブティックが立ち並ぶ、ビーチタウンVenice(ベニス)にあるAbbott Kinney(アボット・キニー)。観光で訪れた人は必ず立ち寄る、大人気スポットなので聞いたことのある人も多いのでは。ヒップで話題のレストランも多いので、LA在住の人はビーチに行った後にお茶をしたりとGirls hangoutにぴったりの場所です。 今回はそんなロサンゼルスのローカル達にも愛されるアボットキニーで、私もよく立ち寄る雑貨系セレクトショップをまとめてみました。ブランチなどの帰りにフラッと立ち寄ると、必ずカワイイ!が見つかるオススメのお店を5つ紹介します。 The Piece Collective リネンやナチュラル素材などのお洋服や小物で溢れ、The California!な雰囲気が素敵なThe Piece Collective(ザ・ピース・コレクティブ)。お洋服がメインのハイエンドなセレクトショップですが、小物や雑貨などギフトにもお手頃なアイテムも置いてあります。ビーチタウンらしいセレクトが詰まっていて、自分へのご褒美探しにもぴったり。 The Piece CollectiveAddress: 1629 Abbot Kinney Blvd, Venice, CA 90291Website: https://thepiececollective.comInstagram: @thepiececollective Tumbleweed & Dandelion こちらもCaliforniaらしい、ビーチ・ハウス系のインテリア雑貨が勢揃いのTumbleweed & Dandelion(タンブルウィード&ダンデライオン)。いつか自分の家を購入したら必ずこのお店に戻ってこよう!と、私的には立ち寄る度にドリームホームの妄想を掻き立ててくれるお店です。キャンドルや写真立てなどはお手頃なものもあるので、チェックしてみては。 Tumbleweed &...

環境にも配慮した、こだわりの自然素材から生まれたマリブ発スキンケア:OSEA

ロハスな生活を始めてから早3年が経とうとしていますが、中でも基礎化粧品やパーソナルケアプロダクトでお気に入りのものを見つけるのに苦労してきました。世界中の気候変動を受けて様々な分野でサスティナブルな商品開発への転換の動きが進む中で、美容業界はまだまだプラスチックフリーを実現するには程遠いと言われています。私自身もいろいろリサーチを進める中で、やっと自信を持ってオススメしたい!と思えるGreen Beauty・スキンケアラインを見つけたので紹介します。 海藻などこだわりの自然素材から生まれたOSEA ロサンゼルスのビーチタウン、マリブ発のナチュラルスキンケアブランドOSEA(オーシア)。名前はウェルネスの要となる、海(Ocean)太陽(Sun)地球(Earth)そして 空気(Atmosphere)の頭文字をとって付けられたそう。1996年の創業以来、環境に配慮したクリーンな商品開発や社会支援を続けています。 植物性由来成分でできている(Vegan)動物を傷つけたり動物実験がされていない(Cruelty free)有害な化学成分・添加物不使用可能な限りオーガニック認証の材料を使用グルテンフリー OSEAは2002年に癌や突然変異または先天性欠損症を引き起こす可能性のある化学物質を含まないという協定にサインしており、お肌にはもちろん環境や動物にも優しいスキンケア開発をしています。 私がOSEAを選んだ理由 以前のブログ「エシカルに美を追求する!コスメ選びで気をつけたい6つのルール」で紹介しましたが、私がスキンケアやビューティーグッズを選ぶときに気をつけている項目に沿ってOSEAを使ってみようと決めた理由を説明します。 1. オーガニック素材(Certified Organic) OSEAでは商品としてUSDAなどのオーガニック認証を受けていません。オーガニック認証は商品を買う上で私も大切にしている基準ですが、それがないからといって必ずしも安心基準に達していないという訳でもありません。中小企業によくあることですが、オーガニック認証を受けるためには莫大なコストがかかってしまうためなかなか認証申請できない、または敢えて認証を受けていないこともあります。OSEAの場合は商品をリーズナブルに提供するためにも認証を受けておらず、可能な限りUSDA認証のオーガニック素材を使いそれを材料部分に明記してあります。ほとんどのアイテムが基本的にオーガニック素材で、クリーンなプロダクトだと感じました。  2. 植物性由来成分でできている(Vegan) OSEAは100%プラントベースの材料を使用していると公言しています。ラノリン(動物性の蝋・ワックス)、蜜蝋、コチニール色素(昆虫からとれる染料)などコスメ界でよく使われている動物由来の成分は一切使われていません。(PETAでVeganの認証済み)私は環境や動物保護の観点からもコスメや生活用品はVeganを選ぶようにしています。 3. 動物を傷つけたり動物実験がされていない(Cruelty free)  OSEAの商品は植物由来なので動物の搾取はなく、もちろん商品開発で動物実験も行われていません。いち早く国際的な信頼のマークLeaping Bunny(リーピング・バニー)を取得した企業のひとつです。私はペットを家族に迎えてからより一層、クルエルティー・フリーかどうかはコスメ選びの大切な基準になりました。 4. 添加物ができるだけ入っていない(additive free) 前述で少し触れましたが、OSEAの商品にはパラベンといった癌や突然変異または先天性欠損症を引き起こす可能性のある化学物質を含んでいません。水が入っている以上自然由来の保存料が最低限入っていますが、香料・石油由来成分・硫酸系化合物などの化学成分は入っていません。私は妊活中なので、妊娠してからも引き続き使えるというのが決め手にもなりました。 5. 原料が遺伝子組み換えではない(Non GMO) OSEAの材料は遺伝子組み換えでないものが使われています。ただしこれもオーガニック認証と同様、全ての材料を取り扱っている取引先が認証を受けている訳ではないようです。中小企業同士ができるだけローコストで良質な材料を提供するためにも、場合によっては高額な認証マークはマストではないと感じています。 6. 企業のエシカル度(Ethical Practice) OSEAではボディースクラブ以外の商品が全て、ガラス容器に入れられています。さらに使用後の容器を店舗に持って行くと、付属のエステで使えるポイントが還元されるというリサイクルプログラムもあります。私のようにLAに住むローカルの人達にとってリサイクルしやすい環境を企業が率先して整えてくれているのは、消費者にとっても嬉しいポイント。2017年に美容業界が作り出したプラスチックパッケージの数は年間で768億個という統計もあり(※1)、ビューティープロダクトのプラスチック問題は深刻なので容器にまで配慮しているOSEAは素晴らしいと感じます。その他には海洋生態系の保護団体(Surfrider Foundation)や生態系再生・再生農業を支援するNPO(Kiss the Ground)の支援なども行っています。 ※1 参照:The Beauty Industry Has a Plastics...

ペットと泊まれるホテル:Kimpton The Goodland

前回のブログでもお伝えした通り、愛犬のビビ(@b.b.thedog)が家族として仲間入りしました。ビビを家族に迎える前から予定していた、結婚記念日旅行。たまたまペットフレンドリーなホテルだったので、家族3人で初めてLAから約1時間半ほど離れた港町:サンタバーバラへ行ってきました。実際に行ってみると犬連れの家族も多くて素敵だった、Kimpton:キンプトン(インターコンチネンタル系列)The Goodland Hotel(グッドランド・ホテル)を紹介します。 こちらのホテルはサンタバーバラ市内から少し郊外、車で約15分ほどのところにあります。元々はビーチ前のホテルでゆっくり~なんて浮かれた計画をしていました。しかしコロナ渦中ということもあり、市内のホテルは宿泊のみで付属のレストランやバーの営業は謹慎中というところがほとんどだったのです。そこで見つけたこちらのGoodlandは、私も夫もインテリアがすごくタイプ!ということで泊まってみることになりました。たまたまペットも泊まれるということを後ほど知りましたが、施設内にはワンちゃんがたくさんいてなんだかほっこりしました♡ チェックインするとまず、Welcome beerのサービスが。コロナの影響で私たちはできませんでしたが、レコードコーナーで好きなレコードを選んで部屋のレコードプレーヤーで音楽が聴けるというおもてなしも本来はあるそうです。インテリアもサーフカジュアルがテーマな感じだし、マイアミまでgetawayした気分になりました。ちなみに、リクエストするとドッグベッドと餌やお水をあげるボウルも貸してくれます。 チェックインをした後にビビを連れて、こちらのホテル併設レストラン:Outpostにドリンクを飲みに行ってきました。夫は久しぶりに手作りのカクテルを飲めて大喜び。私たちがドリンクを楽しんでいる間に、スタッフが犬にお水とおやつを持ってきてくれたりとホスピタリティに溢れていました。コロナの影響で営業していないエリアもありましたが、また戻ってきたいホテルになりました。 Kimpton The Goodland Hotel Address: 5650 Calle Real, Goleta, CA 93117Website: https://www.thegoodland.comInstagram: @thegoodlandsb 愛犬を連れて、旅に出よう! View this post on...

ロサンゼルスで保護犬を家族に迎えるまでの体験談

ついに!我が家に家族が増えました。以前から「いつか犬を飼いたいね~」と夫と話していたのですが… ご縁があって、生後半年の仔犬をシェルターから引き取ることになりました。今回の記事ではアメリカのシェルター事情から保護犬を実際に引き取るまでの体験談をまとめたいと思います。 アメリカの犬猫シェルターの実態 米全土で約3500の動物保護施設、1万4千の動物保護団体がある年間で約73万3千頭の犬や猫が安楽死(2019)犬よりも猫の方が引き取り先が見つかりにくい野良犬や野良猫保護の他に、3割は飼い主が飼育放棄原則では引き取られて72時間で殺処分されてしまう 参照:https://petpedia.co/animal-shelter-statistics/ アメリカではブリーダー(ペットの交配)反対や犬猫を販売するペットショップ撲滅の動きが盛んです。アメリカにもこのようなお店はまだ存在すると思いますが、個人的には日本のような血統書付きの犬や猫を販売しているペットショップを見かけたことはありません。 統計を見るとすごい数の命が年間で奪われている…と感じますが、これでも35年ほど前に比べると20分の1に減って殺処分の数は年々減少傾向にあるそうです。ペットを飼っている知り合いや友人もほぼ100%くらいの確率で、保護犬を家族に迎えるという選択をしています。それほどアメリカではまずはシェルターを訪ねて、ペットの命を守ろうという意識が高いと感じます。 またアメリカにはNo-Kill Shelterという、文字通りに殺処分をせずに家族が見つかるまで保護し続ける施設もあります。とはいえ、10匹に1匹は施設の定員オーバーで一定期間を過ぎると止むを得ず殺処分されてしまうそう。中には事故や病気で身寄りに頼れる人がおらず、止むを得ない理由でシェルターにペットを放棄しなければならない人もいます。もし自分の身の回りにペットのもらい手が見つからずに困っている人がいれば、最終的にNo-Kill Shelterのような団体を検討するように話してみるのもいいかもしれません。 ※カリフォルニア州のNo-Kill Shelterの検索はコチラ 保護犬の探し方 それでは我が家ではどのようにして今の愛犬と巡り合ったかを、簡単に紹介したいと思います。 近所のシェルターや保護団体のホームページ&インスタグラムPetfinder - https://www.petfinder.comAdopt a Pet - https://www.adoptapet.comPetdar - iOSアプリ コロナ渦中での保護犬サーチということもあり、ほとんどの施設が完全予約制での対応でした。気軽に近所のシェルターに立ち寄れない上に、施設の人手が足りていないのか電話はほぼ繋がらないため予約にすらありつけず… 必然的にウェブサイトやアプリで探すことになりました。 個人的にはPetfinderが1番使いやすくて愛用していましたが、こまめに保護団体のインスタグラムなどもチェックしていました。Petdarのアプリは写真が一覧表示になるので、いちいちスクロールするといった手間が省けて良かったです。結果的には、Petfinderがきっかけで我が家の愛犬とご縁がつながりました。 私たちが保護犬を迎えるまでのタイムライン View this...

ヴィーガン・ベジタリアン向けのレストラン検索サイト3選

アメリカに引っ越してから、ヴィーガンやベジタリアンという食生活がとても身近になりました。また乳製品のアレルギー持ちの夫と出会ってからはヴィーガンの料理や商品が生活の一部となりました。今回は私がよく利用している、3つのベジタリアンやヴィーガン向けの情報ウェブサイトを紹介します。 Happy Cow ヴィーガン&ベジタリアン版グルメ情報サイトと言えば:ロサンゼルス発のHappy Cow(ハッピー・カウ)。アメリカではYelp!、日本では食べログと同じ感覚で簡単にレストランが探せます。ユーザーの口コミや写真も掲載されていて、私もレビューを投稿中です。約180カ国以上のレストラン情報が網羅されている、ヴィーガン&ベジタリアンの情報サイトの中ではNo.1と言えるでしょう。私は海外に旅行する時に、事前にHappy Cowで気になるレストランやカフェをチェックするようにしています。 レストラン情報の検索機能旅行予定の国別に気になるお店リスト作成可能ヴィーガン&ベジタリアンフレンドリーのお宿情報レシピやコラムの掲載 Website: https://www.happycow.netInstagram: @happycowmimiのアカウント: Follow me!  HappyCow Find Vegan Food abillionveg ヴィーガンのレストランに加え、商品も検索できるのが:シンガポール発のabillionveg(アビリオンヴェジ)。プラットフォームはソーシャルメディアに近く、気になるレストランや商品のレビューが簡単に見つかります。avillionvegの良いところは、レビュー10回で$10を無料で動物保護団体に募金ができるところ。また、ヴィーガンで動物の犠牲がないクルエルティーフリーの気になるアイテムがあれば、このアプリで口コミがないか事前にチェックするようにしています。 レストラン情報とヴィーガン商品の検索機能SNS形式でフォロワーのおすすめレストランや商品が見れる10レビューで$10の募金を代わりにしてくれるレシピやコラムの掲載 Website: https://www.abillionveg.comInstagram: @abillionvegmimiのアカウント: Follow me!*Signupの際にはLOHASMILESのコードを使ってね! abillionveg - Find Vegan Stuff Vegewel ヴィーガンやベジタリアン人口は増えてきていると言われている日本でも、プラントベースの情報検索サイトが増えてきましたね。私が利用しているのは、ヴィーガン・ベジタリアンのレストラン検索に加え、プラントベースのオンラインショップも併設してある:Vegewel(ベジウェル)。プラントベースはもちろん、グルテンフリー・オーガニック・マクロビ・低糖質といった項目を絞って検索できるのが特徴です。私は一時帰国をする時に、事前にVegewelとHappyCowを併用しながら外食の計画を立てています。 レストラン情報の検索機能プラントベース商品のオンラインショップレシピやコラムの掲載 Website: https://vegewel.com/Instagram: @vegewel 一緒に育てよう、ヴィーガン情報コミュニティ 1番最初に紹介したHappy Cowは10年以上続くヴィーガン情報サイトですが、abillionvegもVegewelもまだまだ情報サイトとしては新しいものです。こういったコミュニティーが盛り上がっていくためにも、ユーザーである私たちがリアルな口コミや写真をどんどん載せていくことで有益な情報が増えていきます。私たち夫婦のように完全にヴィーガンでなくても、ヴィーガン&ベジタリアンのレストランや商品を愛する気持ちはみんな一緒!私もこれからどんどん積極的に利用したレストランや商品のレビューを書いていくつもりなので、是非チェックしてくださいね!そして皆さんとも、この3つのサイトで情報交換や交流ができるのを楽しみにしています。
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

must read

Category

most popular

category

PLANET

地球にやさしい暮らし・DIY

FASHION

エシカルファッション

LIFESTYLE

美容・アメリカ生活・フィットネス

FOOD

ココロとカラダが喜ぶ食べもの

Sustainable Life

Instagram

Ethical Fashion

pinterest

TAG

About

who we are

当サイトが発信していること

profile

当サイトの管理人mimiについて

what is LOHAS?

身近に実践できるロハスな暮らしの魅力

Stay connected