ゼロ・ウェイストな暮らしをサポートする、ブルックリン発:Package Free

この記事の一部にはアフィリエイトリンクが含まれています。

パッケージフリー店内

ゴミ出しをしたりリサイクル資材をまとめる度に、普通に生活しているだけでたくさんのゴミが日々出ていることに気付かされます。

どうやったら1度きりの使い捨てやゴミが減っていくだろう?不必要・過剰なパッケージは避けれないかなぁ?

そんな事を考えていた時に、Package Freeというその名の通りゼロ・ウェイストな暮らしをサポートするお店にBrooklynで出会いました。

日用品から化粧品やパーソナルケア・グッズまで幅広い商品が揃う
食料品の買い出しに欠かせない、オーガニック・コットンのプロデュースバッグは野菜・果物はもちろん穀物なども入れられる
経血カップ、布ナプキン、ラブグッズまで揃う
お店のロゴ入りタンブラーやボトル、ミニマルなデザインに黒というカラーがユニセックスで◎
石鹸や洗剤などリフィルコーナーもあり

お店で売られているものはオーガニックや添加物フリーなど人にも地球にも優しいアイテムばかり。さらに無駄な包装がされていなかったり、パッケージも土に還る・リサイクル・再利用ができる素材にこだわったエシカルなブランドが並びます。

ウッド調の素敵な看板が目印

Package Free
Address:137 Grand St, Brooklyn, NY 11249
Website:http://www.packagefreeshop.com
Instagram:@packagefreeshop

私の購入アイテム

(左上から時計回り)
Raw Elements – サンゴにも優しい日焼け止め
Georganics – 錠剤のマウスウォッシュタブレット
ストローブラシ
ステンレスストロー
Davids – リサイクルできるメタルチューブの歯磨き粉 

US Amazonでも購入可能

Raw Elements

サンゴに優しい日焼け止め

Davids

メタルチューブ歯磨き粉

Georganics

錠剤マウスウォッシュ

オンラインストアでは、商品説明が7項目に分けて丁寧にされている

Package Freeはオンラインストアもあって、その商品説明が細かくされていてとても分かりやすいんです。商品詳細・使い方・原材料・原産国に加えて、パッケージ・代替案・商品を使い終わったら(リサイクル方法)まで商品ごとに詳しく説明してくれています。こういった配慮があれば、ユーザーが正しい方法でリサイクルできるのでいいですよね。NY以外の在米の皆さんは是非オンラインストアも活用してみてください。

ブルックリンなので、なかなか足を運べないのが残念だけど…これから世界中でこういったお店が地域に1店舗、当たり前にある環境が整っていけばいいなぁと願います。皆さんも何か買う時にはパッケージのことも考えたり、地球にも私たちにも優しい配慮がされているローカルストアをサポートしてみてはいかがですか?


Thank you for reading!

この記事の一部にはアフィリエイトリンクが含まれています。

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

捨てる前に試す価値あり!ニューヨークで洋服を断捨離するなら、買取か寄付をしてみよう

私たち夫婦は2019年8月末に、NYからLAへ引越しました。東海岸の端から西海岸の端への引っ越すとなると引越し業者代も高く、私たちはできるだけモノを減らすことに決めました。元々私も夫もそんなに荷物が多い方ではありませんが、寒いNYから暖かいLAへ引っ越すということもあり思い切って冬服を中心に断捨離をすることに。 これからNYへ留学や駐在で来ていて日本へ本帰国する方、または他州へ引っ越しが控えていて荷物を減らしたい方に向けて、私が見つけた効率の良い洋服の断捨離方法と寄付の体験談をまとめてみました。 マンハッタンで効率よく洋服を売るなら NYには沢山の古着屋さんや委託販売店があります。中でも徒歩5分圏内に3つのお店が集まっていて便利な、Chelseaエリアのおすすめショップをご紹介。 Buffalo Exchange アメリカ全土で20州49店舗を展開している創業45年の老舗古着店、バッファロー・エクスチェンジ。私はまずコチラのお店を1番最初に訪ねるようにしていました。洋服や靴・小物などを持参すると、店員さんがその場で査定をして店頭販売価格をつけてくれます。お店で将来的に買い物を希望する場合は、ストアクレジットの方が還元率が高いのでキャッシュよりもお得な仕組みになっています。 現金:販売価格の30%ストアクレジット:販売価格の50%経験上他の店舗よりも買取価格が良かった総額で約$400の売り上げ(現金) 例)買取価格が$60の場合、キャッシュだと$18、ストアクレジットだと$30もらえる ちなみに私の経験上、11時の開店後すぐにお店に行かない限りは平日でさえ長蛇の列。長い時で1時間半も待ったこともありました。洋服を売る時は、時間に余裕のある時に行くように気をつけて下さいね。 Buffalo Exchange ChelseaAddress:114 W 26th St, New York, NY 10001Tel:(212) 675-3535Website:https://www.buffaloexchange.com NYにはChelseaの他にもNoHo, East Village, Williamsburg, Astoriaなどにも店舗があります。NoHoのお店は中でも2019年の春にOpenしたばかりで、在庫が品薄ということから買取率が高いと店員さんが教えてくれましたよ。チェックしてみる価値があるかもしれません! Crossroads アメリカ全土で37店舗、創業27年のコチラも老舗の古着・販売委託店クロスローズ。Buffalo Exchangeで売れ残った商品はいつもここで買い取ってもらっていました。買取の仕組みは下記の通りで、Buffalo Exchangeと還元率は同じです。 現金:販売価格の30%ストアクレジット:販売価格の50%お店が小さいので在庫が多い商品は買い取ってもらえないことが多々 Buffalo Exchangeと違うところは、Crossroadsにはドロップオフサービスがあるところ。店舗に売りたいアイテムを持っていってフォームを記入すると、メールで査定額が24時間以内に送られてくるという仕組み。私は利用したことがありませんが、時間に融通のない方にオススメです。とは言え、いつも待ち時間は長くて15分程度と短めでした。そして自分の番になると携帯のテキストでお知らせしてくれるので、店舗から待ち時間の間に離れてもOKなのが便利でした。また、ブランド品などの高額商品は委託販売もできるのが魅力的です。 Crossroads ChelseaAddress:24 W 26th St, New...

ロサンゼルスで保護犬を家族に迎えるまでの体験談

ついに!我が家に家族が増えました。以前から「いつか犬を飼いたいね~」と夫と話していたのですが… ご縁があって、生後半年の仔犬をシェルターから引き取ることになりました。今回の記事ではアメリカのシェルター事情から保護犬を実際に引き取るまでの体験談をまとめたいと思います。 アメリカの犬猫シェルターの実態 米全土で約3500の動物保護施設、1万4千の動物保護団体がある年間で約73万3千頭の犬や猫が安楽死(2019)犬よりも猫の方が引き取り先が見つかりにくい野良犬や野良猫保護の他に、3割は飼い主が飼育放棄原則では引き取られて72時間で殺処分されてしまう 参照:https://petpedia.co/animal-shelter-statistics/ アメリカではブリーダー(ペットの交配)反対や犬猫を販売するペットショップ撲滅の動きが盛んです。アメリカにもこのようなお店はまだ存在すると思いますが、個人的には日本のような血統書付きの犬や猫を販売しているペットショップを見かけたことはありません。 統計を見るとすごい数の命が年間で奪われている…と感じますが、これでも35年ほど前に比べると20分の1に減って殺処分の数は年々減少傾向にあるそうです。ペットを飼っている知り合いや友人もほぼ100%くらいの確率で、保護犬を家族に迎えるという選択をしています。それほどアメリカではまずはシェルターを訪ねて、ペットの命を守ろうという意識が高いと感じます。 またアメリカにはNo-Kill Shelterという、文字通りに殺処分をせずに家族が見つかるまで保護し続ける施設もあります。とはいえ、10匹に1匹は施設の定員オーバーで一定期間を過ぎると止むを得ず殺処分されてしまうそう。中には事故や病気で身寄りに頼れる人がおらず、止むを得ない理由でシェルターにペットを放棄しなければならない人もいます。もし自分の身の回りにペットのもらい手が見つからずに困っている人がいれば、最終的にNo-Kill Shelterのような団体を検討するように話してみるのもいいかもしれません。 ※カリフォルニア州のNo-Kill Shelterの検索はコチラ 保護犬の探し方 それでは我が家ではどのようにして今の愛犬と巡り合ったかを、簡単に紹介したいと思います。 近所のシェルターや保護団体のホームページ&インスタグラムPetfinder - https://www.petfinder.comAdopt a Pet - https://www.adoptapet.comPetdar - iOSアプリ コロナ渦中での保護犬サーチということもあり、ほとんどの施設が完全予約制での対応でした。気軽に近所のシェルターに立ち寄れない上に、施設の人手が足りていないのか電話はほぼ繋がらないため予約にすらありつけず… 必然的にウェブサイトやアプリで探すことになりました。 個人的にはPetfinderが1番使いやすくて愛用していましたが、こまめに保護団体のインスタグラムなどもチェックしていました。Petdarのアプリは写真が一覧表示になるので、いちいちスクロールするといった手間が省けて良かったです。結果的には、Petfinderがきっかけで我が家の愛犬とご縁がつながりました。 私たちが保護犬を迎えるまでのタイムライン View this...

ヴィーガン・ベジタリアン向けのレストラン検索サイト3選

アメリカに引っ越してから、ヴィーガンやベジタリアンという食生活がとても身近になりました。また乳製品のアレルギー持ちの夫と出会ってからはヴィーガンの料理や商品が生活の一部となりました。今回は私がよく利用している、3つのベジタリアンやヴィーガン向けの情報ウェブサイトを紹介します。 Happy Cow ヴィーガン&ベジタリアン版グルメ情報サイトと言えば:ロサンゼルス発のHappy Cow(ハッピー・カウ)。アメリカではYelp!、日本では食べログと同じ感覚で簡単にレストランが探せます。ユーザーの口コミや写真も掲載されていて、私もレビューを投稿中です。約180カ国以上のレストラン情報が網羅されている、ヴィーガン&ベジタリアンの情報サイトの中ではNo.1と言えるでしょう。私は海外に旅行する時に、事前にHappy Cowで気になるレストランやカフェをチェックするようにしています。 レストラン情報の検索機能旅行予定の国別に気になるお店リスト作成可能ヴィーガン&ベジタリアンフレンドリーのお宿情報レシピやコラムの掲載 Website: https://www.happycow.netInstagram: @happycowmimiのアカウント: Follow me!  HappyCow Find Vegan Food abillionveg ヴィーガンのレストランに加え、商品も検索できるのが:シンガポール発のabillionveg(アビリオンヴェジ)。プラットフォームはソーシャルメディアに近く、気になるレストランや商品のレビューが簡単に見つかります。avillionvegの良いところは、レビュー10回で$10を無料で動物保護団体に募金ができるところ。また、ヴィーガンで動物の犠牲がないクルエルティーフリーの気になるアイテムがあれば、このアプリで口コミがないか事前にチェックするようにしています。 レストラン情報とヴィーガン商品の検索機能SNS形式でフォロワーのおすすめレストランや商品が見れる10レビューで$10の募金を代わりにしてくれるレシピやコラムの掲載 Website: https://www.abillionveg.comInstagram: @abillionvegmimiのアカウント: Follow me!*Signupの際にはLOHASMILESのコードを使ってね! abillionveg - Find Vegan Stuff Vegewel ヴィーガンやベジタリアン人口は増えてきていると言われている日本でも、プラントベースの情報検索サイトが増えてきましたね。私が利用しているのは、ヴィーガン・ベジタリアンのレストラン検索に加え、プラントベースのオンラインショップも併設してある:Vegewel(ベジウェル)。プラントベースはもちろん、グルテンフリー・オーガニック・マクロビ・低糖質といった項目を絞って検索できるのが特徴です。私は一時帰国をする時に、事前にVegewelとHappyCowを併用しながら外食の計画を立てています。 レストラン情報の検索機能プラントベース商品のオンラインショップレシピやコラムの掲載 Website: https://vegewel.com/Instagram: @vegewel 一緒に育てよう、ヴィーガン情報コミュニティ 1番最初に紹介したHappy Cowは10年以上続くヴィーガン情報サイトですが、abillionvegもVegewelもまだまだ情報サイトとしては新しいものです。こういったコミュニティーが盛り上がっていくためにも、ユーザーである私たちがリアルな口コミや写真をどんどん載せていくことで有益な情報が増えていきます。私たち夫婦のように完全にヴィーガンでなくても、ヴィーガン&ベジタリアンのレストランや商品を愛する気持ちはみんな一緒!私もこれからどんどん積極的に利用したレストランや商品のレビューを書いていくつもりなので、是非チェックしてくださいね!そして皆さんとも、この3つのサイトで情報交換や交流ができるのを楽しみにしています。