ホーム 暮らしのヒント
life hacks

暮らしのヒント

身近なことから始めてみよう、サスティナブルな暮らし実践記:お出かけ編

日本でも雑誌やメディアでたくさん耳にするようになった、サスティナビリティという言葉。サスティナビリティとは、私たちの社会と自然環境を良い状態に保ち続けることに対する取り組みのことを指します。

ペットボトルの水はもう買わない!給水スポットを探せるアプリ:TAPを活用してみよう

皆さんは外出する時、マイボトルを持って出かけていますか?以前のブログでプラスチック・フリーの重要性についても触れましたが、私たちが身近にできるプラスチックを減らす方法として挑戦しやすいのがマイボトル。

ロサンゼルスで他州からの免許をなるべく待たずに切り替える裏技(Real ID編)

アメリカのDMV(Department of Motor Vehicles:自動車局)はとにかく待つ、そして働いている人の対応がとても悪い…そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?私もDMVに行きたくなくて、2019年8月末にロサンゼルスへ引っ越してきたにも関わらず、10月初旬になるまで免許の切替をしていませんでした。笑

Facebookマーケットプレイスを活用してモノを減らす方法

皆さんは断捨離を定期的にされていますか?私たち一家はこの度、8月の末にNYからLAへ無事に引越しをしました。東海岸から西海岸への大型家具などの郵送費は本当に高いということもあって… 夫がNYで10年以上使ってきた家財道具を中心に、この度思い切って断捨離をしました。

ゼロ・ウェイストな暮らしをサポートする、ブルックリン発:Package Free

以前、プラスチック・フリーな暮らしについて紹介しましたが、お家で使っている日用品の補充のためにブルックリンにあるPackage Free(パッケージ・フリー)というお店にお邪魔してきました。
アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

カテゴリー

人気のタグ

話題の記事

お洒落をしながらサスティナブルでいられる、LA発ブランド:Reformationが世界中で愛される秘密

画像:Reformationより 私も若い頃にお世話になった、Forever 21が破産適用法を申請したのが世界中で話題になりましたね。UKのTOPSHOPに続き、ファストファッションの時代が終わりを迎えようとしている傾向は、個人的にはとても嬉しく思っています。 私はアメリカに引っ越してきてからというもの買い物自体をそこまでしなくなりましたが…必要な時はサスティナブルでエシカルなブランドからまずは購入を検討するようにしています。中でも私がお気に入りのブランド、Reformation(リフォーメーション)をその理由と共にこちらの記事で紹介していきます。

ゼロ・ウェイストな暮らしをサポートする、ブルックリン発:Package Free

以前、プラスチック・フリーな暮らしについて紹介しましたが、お家で使っている日用品の補充のためにブルックリンにあるPackage Free(パッケージ・フリー)というお店にお邪魔してきました。 店内にはズラリとゼロ・ウェイストをサポートする日用品が並ぶ

健康志向なニューヨーカーに大人気!医食同源がコンセプトのオーガニックレストラン:Le Botaniste

サラダバーやグリーンジュース専門店など、手軽にヘルシーな食生活をサポートしてくれるお店がニューヨークにはたくさんあります。私が1人で外食やランチをする時は、健康のためにできるだけヴィーガンでグルテンフリーのお店を探すようにしていました。男女問わず美意識が高く、健康志向なニューヨーカーもお墨付き!そんな私のお気に入りのオーガニック・レストランをご紹介したいと思います。