やっと見つけた!オーガニックでエコなリップクリーム:Booda Organics

あなたにとって年齢・性別問わずに使える、身近な化粧品はなんですか?私の頭にパッと浮かぶのは、リップクリーム。乾燥が気になる冬はもちろん、年中愛用している方も多いでしょう。

私は湿気が少なく乾燥気候のアメリカに引っ越してから、リップクリームが手放せないアイテムのひとつになりました。今回のブログでは私がやっと見つけた、オーガニック・無添加でエコのリップクリームを紹介します。

「私的コスメ選び」の法則を紹介しています

人にも地球にも優しい、Booda Butterのいいところ

カナダとの国境にほど近い、ワシントン州ベリンハムを拠点に2010年にスタートしたBooda Organics(ブーダ・オーガニックス)。経営理念はとてもシンプルで「人と地球に優しいアプローチ」を第一優先に、自然由来の材料を使った商品はすべて愛情を込めて手作りされています。

  • オーガニック
  • Non GMO(認証済)
  • ヴィーガン(認証済)
  • クルエルティフリー(認証済)
  • 香料、人工化学薬品、防腐剤、添加物フリー
  • パラベン、アルコール、石油、乳化剤不使用
  • パッケージは100%紙製でプラスチックフリー

原料は全て植物由来・肌に触れて身体に吸収されても有害でない原料だけを厳選して使用しているので、子供でも安心して使えるのが◎。商品はリップクリーム・石鹸・デオドラント・ボティークリーム・洗濯洗剤の5種類だけを展開するオーガニック・ボディケアブランドです。

Booda Organics

Website: https://boodaorganics.com
Instagram: @boodaorganics
取扱検索はコチラから

材料はたった5つ!ナチュラルで保湿力も抜群なリップクリーム

食べ物もそうですが、添加物などできるだけ余計なものが入っていない=シンプルなものを選ぶように気をつけています。このリップクリームの基本的な原料は5つだけ!

  1. ココナッツオイル
  2. オリーブオイル
  3. ホホバオイル
  4. キャンデリラロウ
  5. シアバター

(ミント風味には香り付けにペパーミントオイルが配合、爽快感あり)

保湿効果の高いココナッツとホホバオイルのおかげで唇にしっかりと潤いを与えてくれます。リップクリームにはほとんど使われているミツロウ(Beeswax)の代わりに植物性のロウが使われているので、Veganの商品を探している人にもおすすめです。ちなみにBooda Butterは唇以外の全身の保湿ケアにも使えるという優れもの。

頻繁に使っても1本2ヶ月くらいは保つと思いますが、無添加なので遅くても半年を目安に使い切るのがオススメです。フレイバーはオリジナル・ミント・ココアの3種類で、ひとつ$5.95。ロサンゼルスにお住まいの方は、ErewhonやLassensなどのオーガニックスーパーで買えますよ!

よく使うアイテムだからこそ、プラスチックフリーを意識したい

普通のリップクリームと比較すると、太めで背は低めのサイズ感

私の生活の中でリップクリームは、デスクにひとつ、ベットサイドにひとつ、車にひとつといった感じで、生活の動線に沿って必ず置いてある生活必需品。1時間に1回は塗る使用頻度が高いアイテムなので、買い替えの度にプラスチックのゴミ問題が余計に気になり始めました。だからこそ以前ブログでも紹介した条件は満たした上で、できるだけお手頃でサスティナブルなものを探すことにしたのです。

ホールフーズで売られているリップクリームは、残念ながら全てプラスチック製。

日本でも購入できるEcoLipsや私が先日Instagram Storyに挙げて反応が多かったLadybug Janeなども、品質やエシカル度は高いですがパッケージがまだプラスチックなのです。この2ブランドはクオリティも高くて$3前後とお手頃なので、今までは何も考えずに買っていましたが…よく買うアイテムだからこそ見直しが必要と思ってリサーチしました。代わりに選んだBooda Organicsは、パッケージにもこだわっており$5.95。リップクリームとして決して安くはないかもしれませんが、オーガニック・ヴィーガン・クルエルティフリー・無添加を満たしているブランドの中ではお手頃だと思っています。

これから私の課題は、自家製リップのレシピを研究してリップバームを手作りすること!今まで使い切ったリップクリームのケースをリサイクルに出さずに保管して、再利用する予定です。これからいろいろなDIYプロジェクトにも挑戦する予定なので、楽しみにしていてください。


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

TerraCycle:化粧品パッケージのリサイクルで循環型社会へ

使い終わったシャンプーボトルや化粧品のパッケージ。皆さんはどのようにして処理していますか?以前からブログでも紹介している通り、私はゼロ・ウェイストの観点からもできるものは量り売りで購入し、プラスチック・フリーや紙製などリサイクルしやすいパッケージを必ず選ぶように心がけています。とは言え、生活の中から完全にプラスチックを排除するのは難しいし、ハードルが高いと感じる方も多いのでは。 また個人レベルでは気をつけていても、試供品や友人・家族からギフトでもらうコスメや化粧品はプラスチック製のパッケージが多いですよね。私もギフトで頂いたチューブ入り洗顔を最近使い終え、どうやってリサイクルしようかな?と色々とリサーチをしました。今回はそんな私が見つけた、いま注目を集めるリサイクルプログラムについて紹介したいと思います。 世界のリサイクルの現実 私たちが一生懸命分別して、毎週ゴミの集荷に出しているリサイクル資源。そのほとんどが実際にはリサイクルされずに埋立地へ捨てられているという現状をご存知ですか?アメリカの2018年のリサイクル率は32.1%(※1)日本は20%(※2)と、これは他の先進諸国と比べてもかなり遅れをとっています。とは言え、世界のリサイクルを率先している国々を見てもドイツ(56.1%)、オーストラリア(53.8%)、韓国(53.7%)、ウェールズ(52.2%)、スイス(49.7%)と、半分以上のゴミは焼却または埋立地行きとなっていることが分かります。(※3) 中でも美容業界では、世界中で毎年1,200億ユニット以上のパッケージが生産されており、その代償として年間1,800万エーカーの森林が失われているそう。(※4) このようなリサイクルの現状を知れば知るほど、限られた資源からモノを作る→捨てるという一方通行ではなく、いかにリサイクルを初めとする今ある資源を別の形で再利用・アップサイクルするといった循環型の考え方が大切だと考えさせられます。 参照※1 EPA - National Overview: Facts and Figures on Materials, Wastes and Recycling※2 statistic - Recycling rate of the total waste generated in...

深刻な環境汚染を無視しない!5つのRで始めよう、プラスチック・フリー生活

ふと立ち止まって周りを見渡してみると、私たちの生活がいかにプラスチックであふれているかに気づき驚かされます。もしプラスチックがこの世から消えてしまったら、我々の生活はとても不便になってしまうでしょう。そのくらい私たちはいま、暮らしのあらゆる場面でプラスチックに頼っています。 不便のない恵まれた環境にいると、その便利さと引き換えに地球で起きている異変に気付けていなかったり他人ごととして見過ごしている人も多いでしょう。この記事では日々の暮らしの中から少しずつプラスチックを減らすヒント、そしてそれが何故いま必要なのかをお伝えします。 いま地球で何が起きているのか? https://www.youtube.com/watch?v=ju_2NuK5O-E&t=1s ビデオは日本語字幕がOnにできるので、是非見てみてね! 現在、毎年3億3千万トン以上のプラスチックが世界中で作られていて、プラスチック生産量は2050年までに3倍になると予想されています。非営利の環境保護団体:Ocean Conservancyによると、毎年約800万トンものプラスチックが海に流れているそうです。環境汚染はもちろん、海鳥やカメといった動物の生態系をも脅かしています。 海鳥の60%以上・ウミガメは100%の確率でプラスチックの誤飲が死後に確認されているそうです。 ビデオ内でも紹介されているように動物がプラスチックを摂取すると、体力低下・栄養摂食障害によって生命を脅かす危険性があります。 人間もプラスチックを食べている? 実は我々も毎週クレジットカードサイズ=約5gほどのマイクロ・プラスチックを、水や魚介類などの食べ物を通して摂取している可能性があるというのです。最近ニュースで話題になったのでご存知の方も多いかもしれませんね。(*1)知らず知らずのうちにこうやってプラスチックが体内に溜まっていけば、様々な健康被害が生じるでしょう。私たちも海鳥の二の舞になりかねません。 プラスチックをリサイクルすることで問題は解決しない 実はプラスチックの40%以上が1度きりの利用で使い捨てされていることをご存知ですか? さらに捨てられたプラスチックの91%は、リサイクルされていないというから衝撃です。内訳を見てみると、12%は焼却され79%は自然や埋め立て地に捨てられて、多くは最終的に海へ流れ出しているそう。(*2)では何故、こんなにも多くのプラスチックがリサイクルされていないのでしょうか?(*3) 新しいプラスチックを作るコストの方がリサイクルするよりも安い リサイクルしたプラスチック製品では利益が上がらない=プラスチックリサイクル市場自体が成立しない あまりにも多くの種類のプラスチックが混在していてリサイクルしにくい プラスチックは自然分解するのに、なんと400年以上かかるそうです。リサイクルの仕組みが成り立たないまま、このまま人間がプラスチックを大量に使い続けたら… プラスチックで地球があふれかえる未来も遠くないことが想像できます。 参照ソース*1 CNN.com - You could be swallowing a credit card's weight in plastic every week*2 GreenMatters...

ひとりで悩まないで!プロと潰瘍性大腸炎の患者さんが集うG Communityで相談してみよう

私が闘病中の潰瘍性大腸炎に限らず難病や大病を患うと、藁をもすがる想いで情報収拾をされている方が多いと思います。症状のレベルは違えど、同じ病気を患っている闘病者やそのご家族の意見・アドバイス、そして繋がりはとても貴重に感じます。 私は医療費の高いアメリカでこの病気と闘っています。不慣れな環境で、頻繁に病院も通えず不安が絶えない毎日です。そんな時、G Communityというクローン病・潰瘍性大腸炎・過敏性腸炎の患者さんが集うコミュニティーサイトと出会いました。 IBD患者コミュニティ:G Communityとは GコミュニティはIBD(炎症性腸疾患)患者を対象とした、医療の専門家(医療従事者・研究者)と患者が一緒に作るIBD患者クローズドオンラインコミュニティです。参照:G Care Gcareという会社が、クローン病・潰瘍性大腸炎・過敏性腸症候群など炎症性の腸疾患(以下:IBD)でお悩みの患者さん達のために、匿名で質問をしたり他の患者さんと交流できるような場をオンラインで提供して下さっています。 G Communityの特徴 IBDに関する基本情報収集や最新情報の閲覧 患者さん・専門家に質問ができる掲示板おしゃべり広場(患者・家族が集う交流チャット機能)患者体験談(私も寄稿させていただきました!)アンケート機能 医師・米国管理栄養士・薬剤師・臨床心理士・研究者といった医療のプロが、掲示板で患者さんが抱く質問や相談に答えてくれる無料のサイトは珍しいのではないでしょうか。サイトがオープンしてから、どんどん新機能が増えてサイトのコンテンツも充実しています。 私が気に入っているG Communityの良いところ 無料会員制(要ログイン) 匿名で質問ができる 不安や悩みを同じ病気で苦しむ人と共有できる 患者以外のご家族も登録できる 会員登録に本名など個人情報を入れる必要がなく手続きが簡単 プロからのレスポンスが迅速・丁寧・的確 便のことだったりデリケートな話題も多いので、オープンな掲示板などでは気を遣って質問しにくいですよね。しかし、このコミュニティは会員制なのでログインをしないとコミュニティの内容は見れないようになっているので安心です。 潰瘍性大腸炎患者の私が実際に投稿してみた感想 私はTwitterを通してこのG Communityと出会いました。今まで2件質問をしてみましたが、1日もかからない内に医師や栄養士の方々から迅速な回答がありました。とても信頼の置ける内容で、ひとりでモヤモヤせずに聞いてみて良かったと思います。 また、同じ悩みを抱えている患者さんが「私も同じ悩みを抱えているので、このトピックに興味あります」と同調してくれたり「こんな食事法を私は試しています!」とアドバイスしてくれたりと、精神的にも前向きになれると感じました。 IBD患者はひとりで悩まずに、相談してみよう 私はこのコミュニティを通じて、アメリカでIBDを闘病されている2人の患者さんと出会うことができました。潰瘍性大腸炎に限らず、アメリカで闘病されている人たちは治療法の方針・医療費・保険制度が日本とは全く違うので、きめ細やかな治療ができなかったり情報不足によって苦しんでいる人がたくさんいると思います。 個人的には精神的な部分でもアメリカで実際にUCを闘病されている方と繋がれた、というのはすごく心強いし励みになると感じています。また将来的に留学や駐在などで渡米を検討しているUC闘病者の方々に、私も微力ながら何か有益な情報をお伝えすることができれば良いなと思い、潰瘍性大腸炎のことをブログで綴っています。 G Communityは2019年の7月にオープンしたばかりで、まだまだ新しいコミュニティです。「医療の専門家と患者が作るコミュニティ」という名の通り、たくさんの患者さんが参加して一緒にコミュティを成長させていくことに価値があると思います。まだサイトを利用したことのない方は、是非ひとりで悩まずに相談してみてください。絶対に気持ちが楽になるはずです。 もし同じ病気で闘病されている方がいたら、お気軽に連絡くださいね! IBDに限らず、医療従事者と患者さんが繋がれるこういったオンラインサイトがどんどん盛り上がっていくと良いですね!またこういった情報・コミュニティがあれば、積極的にシェアしますね。