やっと見つけた!オーガニックでエコなリップクリーム:Booda Organics

あなたにとって年齢・性別問わずに使える、身近な化粧品はなんですか?私の頭にパッと浮かぶのは、リップクリーム。乾燥が気になる冬はもちろん、年中愛用している方も多いでしょう。

私は湿気が少なく乾燥気候のアメリカに引っ越してから、リップクリームが手放せないアイテムのひとつになりました。今回のブログでは私がやっと見つけた、オーガニック・無添加でエコのリップクリームを紹介します。

「私的コスメ選び」の法則を紹介しています

人にも地球にも優しい、Booda Butterのいいところ

カナダとの国境にほど近い、ワシントン州ベリンハムを拠点に2010年にスタートしたBooda Organics(ブーダ・オーガニックス)。経営理念はとてもシンプルで「人と地球に優しいアプローチ」を第一優先に、自然由来の材料を使った商品はすべて愛情を込めて手作りされています。

  • オーガニック
  • Non GMO(認証済)
  • ヴィーガン(認証済)
  • クルエルティフリー(認証済)
  • 香料、人工化学薬品、防腐剤、添加物フリー
  • パラベン、アルコール、石油、乳化剤不使用
  • パッケージは100%紙製でプラスチックフリー

原料は全て植物由来・肌に触れて身体に吸収されても有害でない原料だけを厳選して使用しているので、子供でも安心して使えるのが◎。商品はリップクリーム・石鹸・デオドラント・ボティークリーム・洗濯洗剤の5種類だけを展開するオーガニック・ボディケアブランドです。

Booda Organics

Website: https://boodaorganics.com
Instagram: @boodaorganics
取扱検索はコチラから

材料はたった5つ!ナチュラルで保湿力も抜群なリップクリーム

食べ物もそうですが、添加物などできるだけ余計なものが入っていない=シンプルなものを選ぶように気をつけています。このリップクリームの基本的な原料は5つだけ!

  1. ココナッツオイル
  2. オリーブオイル
  3. ホホバオイル
  4. キャンデリラロウ
  5. シアバター

(ミント風味には香り付けにペパーミントオイルが配合、爽快感あり)

保湿効果の高いココナッツとホホバオイルのおかげで唇にしっかりと潤いを与えてくれます。リップクリームにはほとんど使われているミツロウ(Beeswax)の代わりに植物性のロウが使われているので、Veganの商品を探している人にもおすすめです。ちなみにBooda Butterは唇以外の全身の保湿ケアにも使えるという優れもの。

頻繁に使っても1本2ヶ月くらいは保つと思いますが、無添加なので遅くても半年を目安に使い切るのがオススメです。フレイバーはオリジナル・ミント・ココアの3種類で、ひとつ$5.95。ロサンゼルスにお住まいの方は、ErewhonやLassensなどのオーガニックスーパーで買えますよ!

よく使うアイテムだからこそ、プラスチックフリーを意識したい

普通のリップクリームと比較すると、太めで背は低めのサイズ感

私の生活の中でリップクリームは、デスクにひとつ、ベットサイドにひとつ、車にひとつといった感じで、生活の動線に沿って必ず置いてある生活必需品。1時間に1回は塗る使用頻度が高いアイテムなので、買い替えの度にプラスチックのゴミ問題が余計に気になり始めました。だからこそ以前ブログでも紹介した条件は満たした上で、できるだけお手頃でサスティナブルなものを探すことにしたのです。

ホールフーズで売られているリップクリームは、残念ながら全てプラスチック製。

日本でも購入できるEcoLipsや私が先日Instagram Storyに挙げて反応が多かったLadybug Janeなども、品質やエシカル度は高いですがパッケージがまだプラスチックなのです。この2ブランドはクオリティも高くて$3前後とお手頃なので、今までは何も考えずに買っていましたが…よく買うアイテムだからこそ見直しが必要と思ってリサーチしました。代わりに選んだBooda Organicsは、パッケージにもこだわっており$5.95。リップクリームとして決して安くはないかもしれませんが、オーガニック・ヴィーガン・クルエルティフリー・無添加を満たしているブランドの中ではお手頃だと思っています。

これから私の課題は、自家製リップのレシピを研究してリップバームを手作りすること!今まで使い切ったリップクリームのケースをリサイクルに出さずに保管して、再利用する予定です。これからいろいろなDIYプロジェクトにも挑戦する予定なので、楽しみにしていてください。


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

Whole Foodsだけじゃない!ロサンゼルスのオーガニックスーパー5選

ヘルストレンドはロサンゼルスから生まれる!と言っても過言ではないほど、健康志向でヘルシーなライフスタイルを追求している人が多い街、LA。私もNYからLAに引っ越してきた時に、1番ビックリしたのがスーパーの充実度です。今回はそんなロサンゼルスのローカル達に愛される、オーガニックスーパーをまとめてみました。ロサンゼルスに在住の方はもちろん、旅行のお土産探しにもぴったりな私のおすすめ5店舗を紹介します。 Urban Radish View this post on Instagram ...

グリーンカード条件削除申請(2020年):タイムラインと提出書類

早いもので、グリーンカードを手に入れて2020年の4月で2年を迎えます。私がブログを始めたのは、Ameba Owndでフィアンセビザについて書き始めたのがきっかけ。今でもたくさんの方々にアクセスをして頂き、国際結婚をしてアメリカで暮らす方々と繋がることができました。 ビザの申請手続きはそれぞれ申請状況やプロセスされる場所も違うので、一概にコレが正解!といった答えはないけれど… 私自身、他の申請者の方々が書かれているブログがとても参考になり何度も助けられました。私も誰かのお役に立てれば!という気持ちで、今回はグリーンカード条件削除申請についてまとめてみたいと思います。 グリーンカード 条件削除申請とは? まず初めに、こちらの記事は一般のグリーンカード更新申請手続きをまとめたものではありませんのでご注意を。私の場合、フィアンセビザで入国しアメリカ人夫と結婚してグリーンカードを申請しました。結婚によってグリーンカードを取得する場合は、偽装結婚を防ぐためにわざと有効期限が2年の条件付きグリーンカードが与えられます。 条件付きのグリーンカード保持者はConditional Permanent Residenceと呼ばれますが、有効期限が10年の代わりに2年なだけで通常の永住権と同一の権利が得られます。私たちの想像以上に、このグリーンカードを取るために偽装結婚をする人や闇サービスがあるそうですね。そういうわけで、「過去2年間に夫婦が同居し家庭を順調に築いています」といったいわゆる真実の愛を、移民局に証明して条件を取り除いてもらわなければならないのです。笑 ▼ 条件付きの削除申請に関して詳しくはこちら(英語)https://www.uscis.gov/green-card/after-green-card-granted/conditional-permanent-residence/remove-conditions-permanent-residence-based-marriage グリーンカード条件削除申請:2020年版タイムライン 2018年4月11日  条件付きグリーンカード取得2019年12月下旬  削除申請手続き準備スタート2020年1月10日  書類発送2020年1月13日  書類がUSCISへ到着2020年1月17日  テキストにて受領通知2020年1月24日  I-797(NoA)書面にて受領通知2020年9月10日 アプリにてステイタスが変わる(Case Was Updated To Show Fingerprints Were Taken)2020年9月18日 書面にて指紋採取手続きは別途行わず2年前のものを使用と通知2020年12月30日 アプリにてステイタスが変わる(Case Was Transferred And A New...

Facebookマーケットプレイスを活用してモノを減らす方法

皆さんは断捨離を定期的にされていますか?私たち一家は2019年8月末にNYからLAへ無事に引越しをしました。東海岸から西海岸への大型家具などの郵送費は本当に高いということもあって… 夫がNYで10年以上使ってきた家財道具を中心に、この度思い切って断捨離をしました。 そこで、以前から存在は知っていたものの活用できていなかったFacebookマーケットプレイスを使ってみたら、断捨離にピッタリだったのでご紹介させてください。 Facebookマーケットプレイスとは Facebookマーケットプレイスは、Facebookユーザー同士でアイテムの売買取引が直接できるデジタルマーケットです。 Facebookにアカウントのある人は自分の居住地域・または設定したエリアで、掲載リストを見たり検索をして探し物ができるというシステムです。マーケットプレイスに掲載できるものは、売りたいもの・車・賃貸情報という3つのカテゴリーに分けられています。 車も個人売買できちゃうとは…さすが合理主義のアメリカね。 私が利用していて、毎日たくさんのアイテムが登録・更新されているなぁ~と感じている商品カテゴリーは家具と電化製品です。ファッション系のアイテム売買はeBayの方が断然需要があるという印象です。 ※2019年10月現在時点では、日本でのサービスは提供されていません。 Facebookマーケットプレイスでモノを探してみる まずは基本の操作方法をご紹介。ご自身のFacebookにサインインした後、左のコラムからMarketplaceをクリック。 次に商品を探したい地域と半径を設定して① サーチエンジンにて検索をかける②、または左下のカテゴリーから商品を探すというシンプルなものです。意外にも色々なものが売っていて、面白いですよ。 実際にモノを売ってみよう それでは次は、家にあるもので断捨離をしたいと思っているアイテムを何か売ってみましょう! +Sell Somethingというボタンをクリックした後、Item for Saleに進みます。 カテゴリー売りたい商品のタイトル価格場所商品についての説明写真の掲載 以上を記入して投稿、これだけでリスティングが完了です! とっても簡単でしょ?他の人のリスティングも参考にしてみて。 私が実際に売ったものとその値段 IKEA コンピューターデスク $75IKEA ベッドフレーム $50Play Station 3 $50Apple マジックトラックパッド+キーボード $35革バッグ $20電子レンジ $15ガスコンロ $15美顔器 $15スニーカ2つセット $12炊飯器 $10卓上グリル $10レターボード $10IKEA 本棚 $10IKEA 全身鏡 $10カメラの1脚 $5プラスチック引出しセット $5ディナー皿セット Freeボードゲームセット Freeレザーチェア Freeトースター Freeソファー Free こうやってまとめて見ると、総額で$347をFacebookマーケットプレイスで売ったことになります。平均してほとんどの商品が3日以内で売れ、最長でも1週間というスピード感には驚きました。引越し期限が迫っていた私たちにとっては、これはとても有難かったです。 取引で注意したいこと Facebookマーケットプレイスで行われた取引はあくまでも自己責任となり、Facebook側に法的な責任義務はありませんのでご注意ください。幸い、私たち家族がものを売ったりお譲りした人たちと、目立ったトラブルはありませんでしたが… 以下、少しアドバイスがあります。 基本的に時間にはルーズ1日家にいる日など、商品の受け渡しは時間に余裕がある日に行いましょう。大型商品は余裕を持って掲載ソファやベッドなどの大きなものは「欲しくても取りに行けない」という声がたくさんありました。車の手配、または友人へ協力してもらうという都合があって実際に引き取りに来てもらえるまで時間がかかったので、時間が限られている人は要注意。お釣りを用意しておく基本的にマーケットプレイス内での取引は現金で行われています。$5のアイテムに対して「$20札か$3しかないのでまけてくれ」と値引き交渉してくる人もいました。笑 高額な取引の場合、VenmoやPaypalでの取引可能と明記したこともあります。Pending機能は使わない「5時間後に取りに行きます!」と言われて、その人のために保留機能をONにして商品を取っておいたのですが… そこから音信不通ということが多々ありました。保留してしまうとサーチから消えるのか?お問い合わせも減ってしまう傾向にあったので、実際に商品を取りに来るまで or 前払いで送金がある以外は信用しないように。 実際にFacebookマーケットプレイスを利用してみた感想 私たち夫婦が断捨離をする際に心がけていたこと。それは、できるだけゴミを出さないように「売る・譲る」という選択でした。そのため、このFacebookマーケットプレイスをフル活用できて大満足でした。今回の体験を通して改めて気づかされたことは「もうボロボロで使えないんじゃ?」と思っている物でも、世の中のどこかではそれを必要としている人が必ずいるということ。 例えば、窓側からの日焼けが目立って色ムラがあった私たちのソファ。夫が前の住居人からタダで譲ってもらったという、数十年の年季ものでした。笑 「これはさすがに…誰も要らないんじゃ?」というレベルだったのでタダでお譲りする事にしたのですが、引き取りに来られた方は「地元アフリカに船で輸送して家族に使ってもらう」とおしゃっていました。 1点1点アイテムの写真を撮って掲載するという手間は確かにかかりますが、ゴミとして捨ててしまう前に一度Facebookマーケットプレイスのことをふと思い出してみて欲しいです。自分が愛用していたアイテムが、誰かの元に渡ってまた使ってもらえるというWin Winな関係が、このマーケットプレイスでは築けると思っています。 今では新居にて使えそうな家具がないか、毎日Facebookマーケットプレイスをチェックするのが日課になっています。少なくともNYやLAでは多くのユーザーが利用していてかなり有効活用できると感じています。アメリカで断捨離をしたい方やこれから引越しが控えている方は、お住いの地域でも一度見てみる価値アリですよ!