身近なことから始めてみよう、サスティナブルな暮らし実践記:オーラル・ケア編

この記事の一部にはアフィリエイトリンクが含まれています。

エシカルでサスティナブルな暮らしって何から始めれば良いんだろう?

私も数年前にそんな風に感じたうちの1人です。地球に配慮したサスティナブルな暮らしを始めて、早2年。このブログでは、私たち家族が実践していること・これから改善したいことを具体的にシリーズで紹介しています。

第2回は、私たち夫婦のオーラル・ケアについてです。デンタルグッズをサスティナブルなものにシフトするのは、簡単そうで難しいしモノもあったりと…今でも試行錯誤を繰り返しています。エコライフに興味のある方やデンタルケアの見直しを考えている方にインスピレーションを感じていただけるように、夫婦間の意見の違いなども交えてまとめていきますね!

歯ブラシは竹製のものを選ぼう

夫がブラック、私がホワイトと分かりやすいようにブランドを変えてみました

皆さんもご存知の通り、市場に出回っている歯ブラシはほとんどがプラスチック製です。衛生上、3ヶ月に1度は交換が必要な歯ブラシ。平均寿命が80年として年に4回交換すれば、生涯で一人当たり約320本の歯ブラシを消費していることになります。プラスチックは自然分解まで最長で1000年もかかると言われているので… こういった日常で繰り返し消費するものは特に、プラスチック・フリーなものを選びたいと思っています。

というわけでオーラルケアグッズをサスティナブルなものへシフトしようと決めて、初めに購入したのが写真の竹製の歯ブラシ。私たち夫婦はゴミが最悪の場合に埋立地へ処分されても、生分解性(自然界で水とCo2に分解)によって自然に還るように竹素材のものを選びました。

一口で竹の歯ブラシ、と言ってもブラシ部分の素材が色々とあります。2020年2月現在のところ、Amazonなどで100%Biogradable(生分解性可)とマーケティングされている竹ブラシのほとんどでナイロンが使用されています。ナイロンも石油を原料としておりプラスチックの一種になるため、完全にプラスチック・フリーの歯ブラシを見つけるのは現状では難しいなぁと感じています。歯ブラシを処分・リサイクルまたは土に還す時には、ブラシ部分の素材を確認してナイロンの場合は竹のハンドルから取ることをお忘れずに。

中には豚毛を使ったブランドもあり、こちらはコンポスト(堆肥化)できるようですが… 我が家では生活用品もできるだけVeganを目指しているので、ブラシ部分がナイロン不使用でリサイクル可能といった改良を気長に待ちたいと思っています。

▼ 我が家のお気に入りアイテム一覧

The Humble Co.

$3.99

mimiの愛用品

Himalayan Blue

$6.99

夫の愛用品

GoWoo

$11.89

最近の買替品

歯磨き粉はできるだけ環境に配慮したものを

  • Davids ★★★☆☆(パッケージは◎だけど、味と使用感が嫌いだった)
  • Thu Humble Co. ★★★☆☆(パッケージは△で、使用感も△)
  • Tom’s ★★★★☆(パッケージ○、Wholefoodsなどでも手に入りやすい、フッ素有無選べる)
  • Hello Oral Care ★★★★☆(パッケージ○、使用感も○、フッ素有無選べる)
  • Ben & Anna ★★★★★(パッケージ◎、使用感も○、フッ素なし)

これまで有害物質が入っていないかなどの品質はもちろん、環境に配慮したパッケージなども考慮しながら上記ブランドの歯磨き粉を使ってきました。やっぱり歯磨き粉は人それぞれ味や使用感の好みもあるため、レビューなどを読んでも自分で試さない限りは良し悪しが分からないのが本音。5つ星の評価はあくまでも私が個人的に感じた感想を元にしています。

5度目の正直?で落ち着いたのは、ドイツ発のナチュラルパーソナルケアブランドBen & Anna(ベン・アンド・アナ)。このブランドの商品はVegan/クルエルティーフリー/着色料・保存料不使用、マイクロプラスチックフリーに加えて、環境に優しいパッケージを採用しています。グラスの容器に入っている歯磨き粉で今市場に出回っているものは粉タイプのものが主流な中で、この歯磨き粉はペースト状。泡立ちもしっかりするし歯磨きをした後の爽快感も抜群です。

夫は虫歯予防のためにも有効成分のフッ素が入ったものを使用したいということで、我が家には歯磨き粉を2つ置くことになりました。ちなみに、アメリカの6割くらいの水道水には予防歯科的観点からフッ素が添加されているそうです。私の住むカリフォルニア州もフッ素がお水に添加されています。初めは「フッ素が入っていないナチュラルな歯磨き粉じゃないと!」と頭でっかちになっていましたが… 水に入っているのであれば、避けられないしあまり神経質になりすぎなくても良いのかな?と今は考えが柔軟になりました。フッ素に関してはいろんな意見がある中で、夫のためにはできるだけナチュラルで環境にも優しいHelloのものを使ってもらっています。

▼ 我が家のお気に入りアイテム一覧

Ben & Anna

Ben & Anna
$9.99

私の愛用品

Hello Oral Care

$3.97

夫の愛用品

Tom’s

$4.99

以前の愛用品

Veganで地球に優しいデンタルフロス

デンタルフロスは、ロールタイプとウォーターフロスの両方を我が家では使っています。一般のフロスはだいたい蜜蝋のワックスコーティングがされていたり、中にはシルクの糸を使っているものもあります。ハチミツやシルクは副産物だからOK?といった賛否両論はあると思いますが、我が家では生活用品・セルフケアグッズといった消費頻度の高いものは特にVeganのものを積極的に選ぶようにしています。

ロールタイプのものは活性炭入りの竹繊維でできているので、歯ブラシの持ち手と同様に数ヶ月で生分解性によって土に還るので環境にも優しいフロスです。オーガニックのティートゥリーとペパーミントオイルが配合されていて、歯周病を引き起こす細菌の抗菌作用があります。ガラスの瓶に入っていて、中身の糸フロスを買い足すだけでOKなのでゼロ・ウェイストでお気に入り。

1番エコなのはこのロールタイプのものだけを使うというのは分かっているのですが…我が家ではまだホルダータイプも使用中です。 ← 実は2020年夏からはこのホルダータイプの使用を卒業しました!そして新たに、ウォーターフロスという水洗浄で歯茎や歯間のお掃除ができる機械を夫の勧めで買いました。このウォーターフロスがものすごく良い!初めのうちは糸フロスとこの機械を併用していましたが、ウォーターフロスだけでしっかり歯の間に挟まったものが取れるんです。ゴミも出ないし、すごくオススメです。

▼ 我が家のお気に入りアイテム一覧

Lucky Teeth

$9.99

ロールタイプ

H2O Floss

$34.89

ウォーターフロス

Humble Co.

$3.98

以前の愛用品

錠剤のマウスウォッシュは持ち運びにも◎

こちらも以前のブログで紹介した、Georganicsの錠剤マウスウォッシュを使っています。Vegan/クルエルティーフリー/オーガニック/添加物・フッ素・硫酸系化合物不使用で、パッケージもリフィル可能な瓶・アルミニウムの蓋・コンポスト可能な紙製ボックスとサスティナビリティまでこだわったUK発オーラルケアブランドです。

6種類のフレイバーが出ていますが、私はスペアミントを愛用中。アルコールの入った一般的なマウスウォッシュに慣れていたので、初めて錠剤タイプを使った時は爽快感が少なく物足りない感じがしました。でも今ではアルコールの燃えるような刺激が逆にキツすぎると思うようになりました。さらに外出先や旅行中でも場所をとらず、ポーチに何錠か入れておくだけでお口のケアができるところも気に入っています。

こちらも賛否両論ありますが、私の夫はマウスウォッシュ=アルコール入りじゃないと菌が死滅しないと思っているタイプ。一方で私は、アルコール入りで化学成分のマウスウォッシュの使いすぎは体に良くないのでオーガニック・ナチュラルケア推奨派。夫婦で意見が分かれているため、プラスチックボトルに入ったリステリンが我が家から消える日はまだ先になりそうですが… 夫には少しずつ使用回数を減らしてもらい、ナチュラルケアにゆっくりシフトするように努力してもらっています。

▼ 我が家のお気に入りアイテム一覧

Georganics

$14.99

スペアミント

Georganics

$14.50

オレンジ

Georganics

$14.50

チャコール

マイペースに少しずつ、サスティナブルに

サスティナブルな暮らし実践記:オーラル・ケア編、いかがだったでしょうか?私の夫は地球に優しくサスティナブルな暮らしへのシフトにとても協力的ですが、それでも衛生面に関わるグッズなどは意見が一致しない所もたくさんあります。

そんな私たち夫婦が気をつけているのは、急激な変化を一気に取り入れすぎないこと。少しずつできそうなことから始めてみて、その変化に無理なく順応できそうかをじっくり家族で検討してみましょう。環境や健康のためにポジティブな変化を求めて試してみたことが、実は自分たちには合わなかった・効果がなかった・中途半端に感じる・逆にストレスになった… なんてこともきっとあると思います。そんな風に試行錯誤しながら、より良い変化を求めて行動し続けるのが大切なのかもしれませんね。

完璧にできる人なんていないから、他の人と比べすぎるのは禁物。自分の心地よいペースで、納得のいくアイテムを模索しながらストレスフリーに取り組もう!

次は舌ブラシを金属製に変えようと検討中です。こんな風に少しずつ、私たちも今回紹介したオーラル・ケアグッズもそうですがまだまだ生活の中で改善点がたくさんあります。何かもっと良いアイデア・商品が見つかれば試してみようと思っているので、今後も楽しみにしていてください。

日本からも買える、サスティナブルなアイテムはこちらから

mimiの楽天ROOM

私が実際に使用しているアイテムや気になるオーラルケアグッズは楽天ROOMでも購入できます!

▼ 合わせて読みたい記事

サスティナブルな暮らし実践記①お出かけ編
サスティナブルな暮らし実践記③キッチン編
パッケージフリー店内
ブルックリン発、ゼロ・ウェイストな暮らしをサポート

Thank you for reading!

この記事の一部にはアフィリエイトリンクが含まれています。

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

Instagram

Tag List

Most Popular

買い物の新定番は必要な分だけ量り売り!ロサンゼルスのバルクショップ:tare

数回使っただけでパントリーの奥に余っている、脇役のスパイスや調味料ありませんか? 必要な量を必要な時に自由に買えればいいのに… そんな悩みを解決してくれるのが、ずばり量り売り。ヨーロッパ・オーストラリア・アメリカなどエコ先進国のスーパーマーケットでは、多くのお店で乾物を中心にバルクコーナーが併設してあります。 以前も紹介したリフィルショップに続いて、私が住むLAにも待望の量り売り専門店が1ヶ月前にオープンしました!健康志向でエココンシャスな人が多い街ロサンゼルスから、最新バルクショップの魅力を紹介します。

わたしと地球にやさしい、ロハスな暮らしとは

皆さんはロハスと聞いて、何をイメージしますか?健康志向、ナチュラル、エコといった言葉を思い浮かべる人も多いでしょう。この記事では、「ロハスって何?」「ロハスな暮らしは何から始めればいい?」といった方に向けて、身近に実践できることやロハスな暮らしの魅力についてお伝えします。

アボットキニーでギフト探し!ぶらり散歩で欲しいが見つかる、お洒落なセレクトショップ5選

お洒落なレストランやブティックが立ち並ぶ、ビーチタウンVenice(ベニス)にあるAbbott Kinney(アボット・キニー)。観光で訪れた人は必ず立ち寄る、大人気スポットなので聞いたことのある人も多いのでは。ヒップで話題のレストランも多いので、LA在住の人はビーチに行った後にお茶をしたりとGirls hangoutにぴったりの場所です。 今回はそんなロサンゼルスのローカル達にも愛されるアボットキニーで、私もよく立ち寄る雑貨系セレクトショップをまとめてみました。ブランチなどの帰りにフラッと立ち寄ると、必ずカワイイ!が見つかるオススメのお店を5つ紹介します。 The Piece Collective