環境にも配慮した、こだわりの自然素材から生まれたマリブ発スキンケア:OSEA

ロハスな生活を始めてから早3年が経とうとしていますが、中でも基礎化粧品やパーソナルケアプロダクトでお気に入りのものを見つけるのに苦労してきました。世界中の気候変動を受けて様々な分野でサスティナブルな商品開発への転換の動きが進む中で、美容業界はまだまだプラスチックフリーを実現するには程遠いと言われています。私自身もいろいろリサーチを進める中で、やっと自信を持ってオススメしたい!と思えるGreen Beauty・スキンケアラインを見つけたので紹介します。

海藻などこだわりの自然素材から生まれたOSEA

全て再生紙などでできた、環境に優しい配送パッケージ

ロサンゼルスのビーチタウン、マリブ発のナチュラルスキンケアブランドOSEA(オーシア)。名前はウェルネスの要となる、海(Ocean)太陽(Sun)地球(Earth)そして 空気(Atmosphere)の頭文字をとって付けられたそう。1996年の創業以来、環境に配慮したクリーンな商品開発や社会支援を続けています。

  • 植物性由来成分でできている(Vegan)
  • 動物を傷つけたり動物実験がされていない(Cruelty free)
  • 有害な化学成分・添加物不使用
  • 可能な限りオーガニック認証の材料を使用
  • グルテンフリー

OSEAは2002年に癌や突然変異または先天性欠損症を引き起こす可能性のある化学物質を含まないという協定にサインしており、お肌にはもちろん環境や動物にも優しいスキンケア開発をしています。

OSEA Malibu Undaria Algae - Organic Skin Superfood

私がOSEAを選んだ理由

以前のブログ「エシカルに美を追求する!コスメ選びで気をつけたい6つのルール」で紹介しましたが、私がスキンケアやビューティーグッズを選ぶときに気をつけている項目に沿ってOSEAを使ってみようと決めた理由を説明します。

1. オーガニック素材(Certified Organic)

OSEAでは商品としてUSDAなどのオーガニック認証を受けていません。オーガニック認証は商品を買う上で私も大切にしている基準ですが、それがないからといって必ずしも安心基準に達していないという訳でもありません。中小企業によくあることですが、オーガニック認証を受けるためには莫大なコストがかかってしまうためなかなか認証申請できない、または敢えて認証を受けていないこともあります。

OSEAの場合は商品をリーズナブルに提供するためにも認証を受けておらず、可能な限りUSDA認証のオーガニック素材を使いそれを材料部分に明記してあります。ほとんどのアイテムが基本的にオーガニック素材で、クリーンなプロダクトだと感じました。 

2. 植物性由来成分でできている(Vegan)

OSEA100%プラントベースの材料を使用していると公言しています。ラノリン(動物性の蝋・ワックス)、蜜蝋、コチニール色素(昆虫からとれる染料)などコスメ界でよく使われている動物由来の成分は一切使われていません。(PETAでVeganの認証済み)私は環境や動物保護の観点からもコスメや生活用品はVeganを選ぶようにしています。

3. 動物を傷つけたり動物実験がされていない(Cruelty free) 

OSEAの商品は植物由来なので動物の搾取はなく、もちろん商品開発で動物実験も行われていません。いち早く国際的な信頼のマークLeaping Bunny(リーピング・バニー)を取得した企業のひとつです。私はペットを家族に迎えてからより一層、クルエルティー・フリーかどうかはコスメ選びの大切な基準になりました。

OSEA Malibu - Solutions for Every Skin Type

4. 添加物ができるだけ入っていない(additive free)

前述で少し触れましたが、OSEAの商品にはパラベンといった癌や突然変異または先天性欠損症を引き起こす可能性のある化学物質を含んでいません。水が入っている以上自然由来の保存料が最低限入っていますが、香料・石油由来成分・硫酸系化合物などの化学成分は入っていません。私は妊活中なので、妊娠してからも引き続き使えるというのが決め手にもなりました。

5. 原料が遺伝子組み換えではない(Non GMO)

OSEAの材料は遺伝子組み換えでないものが使われています。ただしこれもオーガニック認証と同様、全ての材料を取り扱っている取引先が認証を受けている訳ではないようです。中小企業同士ができるだけローコストで良質な材料を提供するためにも、場合によっては高額な認証マークはマストではないと感じています。

6. 企業のエシカル度(Ethical Practice)

OSEAではボディースクラブ以外の商品が全て、ガラス容器に入れられています。さらに使用後の容器を店舗に持って行くと、付属のエステで使えるポイントが還元されるというリサイクルプログラムもあります。私のようにLAに住むローカルの人達にとってリサイクルしやすい環境を企業が率先して整えてくれているのは、消費者にとっても嬉しいポイント。2017年に美容業界が作り出したプラスチックパッケージの数は年間で768億個という統計もあり(※1)、ビューティープロダクトのプラスチック問題は深刻なので容器にまで配慮しているOSEAは素晴らしいと感じます。その他には海洋生態系の保護団体(Surfrider Foundation)や生態系再生・再生農業を支援するNPO(Kiss the Ground)の支援なども行っています。

※1 参照:The Beauty Industry Has a Plastics Problem

わたし的、コスメ選びの基準を紹介しています

私の愛用アイテム

左から、ミスト・クリーム・セラム・オイル

OSEA
https://oseamalibu.com

わたしが現在使っているのはこの4アイテム。人それぞれ肌質が違うため肌に合う合わないは個人差があり、一概におすすめ!と言えないのが難しいところですが… 個人的にはどのアイテムも海藻が主成分に使われていてナチュラルな香り×さっぱりした使用感で満足しています。中でもクリームのような重さはなくライトなテクスチャーの乳液が、私の1番のお気に入り。日本のブランドで言うと、昆布を使ったshiroに似ているなぁという印象。カリフォルニアは乾燥がすごく激しいので、次回はオイルケアをさらに検討して追加する予定です。

今回私がスキンケアを変えたのは、妊娠してもずっと使えるアイテムにシフトしたいなぁと思ったのがきっかけ。ビューティープロダクトの中にはPregnancy Safe(妊娠中でも使える)と公言しているブランドもありますが、ほとんどの会社が「医師に相談の上」と注意書きしています。OSEAもそう付け加えた上で、安全性が研究されたナチュラル由来で無害の原料を使っていると公言しています。色々とリサーチをした中でもOSEAの原料は妊娠中でも安心して使えると感じたこと、さらにエシカルでサスティナブルな企業の取り組みに惹かれて購入に至りました。

OSEA Logo

エステも併設、OSEAアボットキニー店

ロサンゼルスに在住の方や旅行でLAを訪れた方は、ベニスのアボットキニーにある実店舗にも立ち寄ってみてください。とてもこじんまりした店内で、併設してあるエステにてフェイシャルのサービスも行っているので是非チェックしてみてくださいね。

OSEA Skincare Studio | Facial Spa
Address: 1732 Abbot Kinney Blvd, Venice, CA 90291
Website: www.oseamalibu.com
Instagram: @oseamalibu

地球・動物・わたしにも優しいスキンケア

セルフケアでもあるスキンケア。最近は「綺麗になれば何でもあり!」や「話題だから」と衝動的で自己中心的になるのではなく、その生産背景や使用過程で地球に与えるインパクトなどについてもしっかり考えた上で商品を選ぶようになりました。OSEAはそんな今の私の価値観にぴったり寄りそうブランドです。日頃から地産地消をできるだけ心がけていますが、OSEAは私が住んでいるLAのローカルブランドということもありさらに応援したいと思っています。

次回ご自身のスキンケアを見直すきっかけが訪れたら、植物由来成分(Vegan)やクルエルティー・フリーといった要素を中心にリサーチをしてみてはいかがでしょうか?地球・動物・そして使っている自分にも優しいプロダクトを使っていると、ポジティブなことに貢献している感じがして心も豊かになる気がします。これからグリーン・ビューティーを追求して行く中で、おすすめ商品を引き続き紹介していく予定なのでお楽しみに♡


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

ロサンゼルスにてアメリカ人夫と保護犬の3人暮らし。婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを日々できることから実践中!2018年からロハスな暮らしへの軌跡(miles)を綴っています。

Instagram

Tag List

Most Popular

ペットボトルの水はもう買わない!給水スポットを探せるアプリ:TAPを活用してみよう

皆さんは外出する時、マイボトルを持って出かけていますか?以前のブログでプラスチック・フリーの重要性についても触れましたが、私たちが身近にできるプラスチックを減らす方法として挑戦しやすいのがマイボトル。 私もNYに移住してから、仕事や長時間のお出かけにはマイボトルを持参する習慣がつきました。しかし、特に夏場などは750mlの大き目のボトルでもすぐに飲み干してしまい…喉が乾いて熱中症などで倒れても困るので、やむを得ずペットボトルのお水を買ってしまうことがとても多くありました。 せっかくプラスチックを減らしたいのに、結局パッケージ飲料水を買っていたら元も子もない!どうにかならないかな? そう思って調べてみた時に出会ったのがTap(タップ)という給水スポットが調べられるアプリでした。同じような経験をしてモヤモヤしたことのある方は、この記事を参考にしてみてくださいね。 近くの給水場所が探せる、Tapとは 毎分100万本以上のペットボトル飲料水が購入され、その80%近くが埋め立て地と海に捨てられています。 この調子で私たちが何も対策しなければ、2050年までに海に浮遊する使い捨てプラスチックの量は魚の数よりも上回ります。TAPホームページより ペットボトル飲料の購入削減推進という想いを元に、ロサンゼルスを拠点に2018年に始まったこのTapというアプリ。創始者のロゼン氏は空港で$5のお水を買った時に、このアプリのコンセプトを思いついたそうです。Google Mapsで最寄りのガソリン屋さんやコーヒーショップが探せるのと一緒の感覚で、このTapアプリでは近くにある給水スポットを検索できます。 Shake Shack、Umami Burger、Sweetgreenを始めとする3万4千軒もの人気レストラン・カフェなどがTapの給水所協賛店として登録されているアメリカ、アムステルダム、インドから日本まで全世界30か国、7112都市で使える ※データ(参照元)は2018年10月のアプリが発表された時点のものなので、現在はこれよりも規模が拡大していると考えられます。 ▼Tap無料ダウンロードはコチラから(iOS版) Tap – Find Water Anywhere 実際にTapをニューヨークで使ってみた https://www.instagram.com/p/BprrazjgTcn/ ニューヨークはNoritaにある、アボカドの壁紙が可愛いくて人気のオーストラリアカフェ:Charley St。コチラもTapの協賛店で、レジで定員さんに「お水をリフィルさせて下さい」と一言声をかけるだけで冷たいお水が頂けます。私はNYのいろんなお店でリフィルをさせてもらいましたが、店員さんの中にはお店がTapに協賛していることを知らない人もたくさんいます。笑 その場合はTapの説明をしたり、アプリを見せてあげましょう。 お店で何も買わずにお水だけ頂いて…申し訳ないなぁ〜 なーんて最初は思いましたが、お店の店員さんは「どうぞどうぞ」と爽やかに対応してくれる人が大半なので気にならなくなりました。こうやって最初はお水だけもらう為に訪れたレストランやカフェが後々お気に入りのお店になったり、自分の住んでいる街で嬉しい発見があるのもTapを利用する魅力だと感じています。 Tapの使い方 Tapの機能は以下の通りで、使い方はとてもシンプルで簡単です。 お水の種類などこだわり条件で絞り込める各リフィル協賛店ページでは店舗情報や営業時間が記載されている協賛店までの行き方リンク(Apple MapsかGoogle Mapsに連携) それでは実際に、サンタモニカを例に給水ができるスポットを探してみましょう。 Step1:現在地または目的地にピンをドロップする 何も設定しないままアプリを開くと、こんな風にたくさんの給水場所が表示されます。サンタモニカの周りには100カ所も協賛店があると表示されています。 Step2:検索条件を設定する 画面右上のアイコンを押すと、条件指定検索の設定ができる画面が表示されます。私は上から2項目の「冷水」と「ろ過水」にチェックを入れていつも検索をかけています。その他の条件指定は以下の通りなので、参考にしてみて下さい。 水の種類 冷水ろ過水(水道水をフィルターにかけたもの)炭酸水フレーバー付き(レモンやライム等) 給水所のタイプ 水の販売機噴水式水飲み場カウンターサービス大きめの水タンク対応ウォーターサーバーマイボトル給水天然湧き水 Step3:検索結果からお店を選ぶ 私はいつもBottle Refillと書かれている場所に出向いて、無料でお水を入れさせてもらっています。スパークリングウォーターなど、お店によっては有料の場合もあるのでご注意くださいね。 日本でも無料給水アプリ「MyMizu」がリリース Tapは給水アプリの先駆者で、アメリカでは協賛店も多くとても使いやすいと思います。しかし日本では、都内のShake Shackを中心とした10店舗しか登録がありませんでした…そこで日本でも使える、MyMizu(マイ・ミズ)という無料給水アプリを見つけました! MyMizuはペットボトルの利用を削減し、日本中に持続可能な環境を目指すムーブメントを巻き起こすことをミッションとしているスマートフォン用アプリです。MyMizu公式ホームページより 2019年の9月にリリースされたばかりでまだ知名度は低いかもしれませんが、全国で8000箇所以上の給水スポットが既に登録されているというから驚きです。これから2020年のオリンピック開催に向けても、どんどん登録スポットが増えていきそうですね! ▼MyMizu無料ダウンロードはコチラから(iOS版) MyMizu 日本では昔から水筒の文化がありますよね。それに加えてマイボトルを持参したらリフィルもするという習慣が広がっていくためにも、こういった便利なエコアプリをたくさんの人に知ってもらって活用してもらえると嬉しいです。アメリカ在住の方や海外へ旅行する時にはこのTapアプリを、日本にいる方はMyMizuアプリを是非ダウンロードしてみて下さいね。美味しいお水がタダで頂けてプラスチックの削減にも貢献できる!良いことしかありません♡

ロサンゼルスのリフィル・ステーションに学ぶ、量り売りでゼロ・ウェイスト

ゴミの日やリサイクルの分別をする時に、普通に生活をしているだけで溜まってしまうゴミの量に驚かされたことはありませんか?私は数年前からロハスな暮らしを始めて、できるだけ無駄なゴミが出ないように生活の改善をしています。こちらの記事では我が家がロサンゼルスに引っ越してきてから始めた、ゼロ・ウェイストへの取り組みのひとつである「リフィル・ステーション」について、実際に私が利用している店舗やその魅力を紹介したいと思います。 リフィル・ステーションとは エコ先進地ではリフィル・ステーションが普及し始めていますが、日本ではまだまだ馴染みのない言葉かもしれません。リフィル・ステーションとは、Refill(=詰め替え)Station(=場所)いわゆる店頭で量り売り販売を行っているお店のことです。 個別パッケージ無し、容器を持参するのでゴミが出ない単価が割安でお得なことが多い必要な量だけを買うことができる環境にも人にも優しいプロダクト展開 とゼロ・ウェイストな生活を目指している人にはもちろん、地球にも人にも良いところづくし!もし近くにリフィル・ステーションがある人は、ぜひ利用して欲しいお店です。 私は昔使っていた洗剤の容器や空き瓶などを取っておいて、その容器を持参してまとめ買いをしています。それでは、ロサンゼルスにある5つのリフィル・ステーションを紹介していきます! Sustain LA Sustain LA Address: 5214 Monte Vista St, Los Angeles, CA 90042Website: https://www.sustainla.comInstagram: @sustain_la 私がLAに引っ越してきて1番初めに利用したリフィル・ステーションは、Highland ParkにあるSustain LA。広々としたおしゃれな店内で、自家製の洗剤・ボディケアグッズや雑貨まで色々なアイテムが購入できます。個人的には家から遠いのでなかなか行く機会が少ないのですが、パウダー類などの補充にはSustain LAを利用しています。 Sustain LAは地域によってはデリバリーもしてくれるので、LA市内の方はお住まいが配達可能地域かどうかチェックするとリピート利用しやすいかもしれません。また少し遠くて行きずらいなぁという人は、Farmer's Marketにも月に数回出店しているのでInstagramでスケジュールを確認してみては。 No Tox Life No Tox Life Address:  3351 Fletcher...

TerraCycle:化粧品パッケージのリサイクルで循環型社会へ

使い終わったシャンプーボトルや化粧品のパッケージ。皆さんはどのようにして処理していますか?以前からブログでも紹介している通り、私はゼロ・ウェイストの観点からもできるものは量り売りで購入し、プラスチック・フリーや紙製などリサイクルしやすいパッケージを必ず選ぶように心がけています。とは言え、生活の中から完全にプラスチックを排除するのは難しいし、ハードルが高いと感じる方も多いのでは。 また個人レベルでは気をつけていても、試供品や友人・家族からギフトでもらうコスメや化粧品はプラスチック製のパッケージが多いですよね。私もギフトで頂いたチューブ入り洗顔を最近使い終え、どうやってリサイクルしようかな?と色々とリサーチをしました。今回はそんな私が見つけた、いま注目を集めるリサイクルプログラムについて紹介したいと思います。 世界のリサイクルの現実 私たちが一生懸命分別して、毎週ゴミの集荷に出しているリサイクル資源。そのほとんどが実際にはリサイクルされずに埋立地へ捨てられているという現状をご存知ですか?アメリカの2018年のリサイクル率は32.1%(※1)日本は20%(※2)と、これは他の先進諸国と比べてもかなり遅れをとっています。とは言え、世界のリサイクルを率先している国々を見てもドイツ(56.1%)、オーストラリア(53.8%)、韓国(53.7%)、ウェールズ(52.2%)、スイス(49.7%)と、半分以上のゴミは焼却または埋立地行きとなっていることが分かります。(※3) 中でも美容業界では、世界中で毎年1,200億ユニット以上のパッケージが生産されており、その代償として年間1,800万エーカーの森林が失われているそう。(※4) このようなリサイクルの現状を知れば知るほど、限られた資源からモノを作る→捨てるという一方通行ではなく、いかにリサイクルを初めとする今ある資源を別の形で再利用・アップサイクルするといった循環型の考え方が大切だと考えさせられます。 参照※1 EPA - National Overview: Facts and Figures on Materials, Wastes and Recycling※2 statistic - Recycling rate of the total waste generated in...