忙しいママの味方、おうちパンとは?お米を炊くように自宅で気軽にパンを焼いてみよう

この記事の一部にはアフィリエイトリンクが含まれています。

おうちパン

SNSでよく見かけるようになったおうちパン。皆さんも聞いたことがあるでしょうか?私はお料理上手な友人のインスタグラムで、おうちパンのことを知りました。第2子を出産したばかりの彼女の食卓にはいつも 忙しくても焼けるし、簡単で美味しいという、おうちパンが登場していたのです。そこで、以前からずっと気になっていたおうちパンに私も挑戦してみることにしました!

家でパンなんて焼いたことない!

パン作りはどうせ面倒なんでしょ?

初心者にでもできるかな?

そんな風に思っている方へ、私の体験談も踏まえたおうちパンの魅力を伝えたいと思います。

おうちパンとは?

パン作りの当たり前の工程を、極限まで削ぎ落としてシンプルにし、それでいて美味しいパン作りのこと。忙しいママでも、初心者さんでも、ずぼらさんでも毎日飽きずにパン作りを楽しむことができるのです。

参照:cotta
  • 生地をこねるのに時間が掛からず、作業台が汚れない
  • 発酵する時間を気にせずに、好きな時にパンが焼ける
  • 冷蔵庫でゆっくり時間をかけて発酵させる
  • できたパン生地を数日保存できる
  • 難しい成形がない
  • オーブンがなくても、焼ける

といった点がおうちパンの特徴で、吉永麻衣子さんが考案されたそうです。さらに、おうちパンにはオーブンがなくても魚焼きグリルやオーブントースター、フライパンで焼けるレシピもたくさんあります。

夜のうちにこねて冷蔵庫で放っておくだけなら、私にもできそう!

パン作りの基本工程

準備→捏ね→1次発酵→ベンチタイム→成形→2次発酵→焼成→焼き上がり

参照:Yoshitei

基本的なパン作りは8工程。パンが焼けるまでに、早くても3時間半~半日はかかります。それに比べておうちパンは、準備→捏ね→1次発酵→成形→焼成→焼き上がりと作業工程が少なく、冷蔵庫でじっくりと発酵させておくだけでOKなんです。

例えば、朝の出勤前に仕込んでおけば夜ごはんに、夜寝る前に準備をすれば朝ごはんにパンが焼けるようになります。ガス抜きをしてまとめ直すと最大で5日間も日持ちするので、日曜の夜に準備をしちゃえば平日分のパンができるので忙しいママにもオススメです。

私がおうちパンを習おうと思ったキッカケ

私の夫は乳製品アレルギーを持っています。市販のパンには大体、牛乳やバターが入っているためパン探しもひと苦労なんです。アメリカのパンは添加物も多く、残念ながら乳製品が入っていないタイプはハード系やボソボソしたものばかり。さらにアメリカのスーパーで手に入るパンは、日本でもお馴染みのコストコの様な大容量パックなのです。夫婦2人ではいつも食べきれないので、パンはほとんど買っていませんでした。

家族の健康のためにも。必要な時に食べる分だけ、手軽に家でパンを焼けるなら挑戦したい…よし、おうちパンを始めてみよう!

ニューヨークでも習える、おうちパン

左:かぼちゃのうずまきパン 右:サツマイモのどでかパン

最初は日本に一時帰国した時に、地元で開催されているおうちパン講座へ通おうと思っていました。それとも、おうちパンの考案者である吉永麻衣子さんの本を購入して独学でやってみるか悩みました。

日本で手に入る食材や水質もアメリカと違うし…できればアメリカで習いたいなぁ…

そこで出会ったのが、アッパーイーストサイドでCozy Kitchenというおうちパン教室を開いている、おうちパンマスターで栄養士の資格も持つ武藤由佳さんでした。パンはおろか料理自体がそこまで得意ではない私は、直接先生のデモンストレーションをみてたくさん質問ができたのでレッスンに参加して本当に良かったです。

レッスンでは、サツマイモのどでかパンとカボチャのうずまきパンの2種類を習いました。夫の乳製品アレルギーを考慮して、牛乳はアーモンドミルクに置き換えたレシピで対応してくださいましたよ。発酵には時間がかかるので、レッスンで捏ねた生地は自宅へ持って帰りました。最後に先生が事前に準備して下さっていた焼きたてパンを試食したんですが…

材料もシンプル、作るのも簡単、なのにこんなに美味しいなんて!

特に先生が作ってくださった食パン、感動しました。バターも牛乳も使ってないのにフワフワでもちもち。これから我が家の食卓でも、美味しい焼きたてパンが食べられるように頑張ろうと思いました。

Cozy Kitchen:レッスン等の質問は、メール(yuka.muto0213@gmail.com)で直接お問い合わせください。

家族も喜ぶ、焼きたてのおうちパンは絶品!

私のようにアレルギーの家族がいる家庭や海外で生活している方は、なかなか理想のパンに出会えないことも多いですよね。パン作りと聞くと初心者にはなかなか手を出しにくいと構えてしまうかもしれませんが、おうちパンならやってみたい!とこの記事を通じて興味を持っていただけた方がいれば嬉しいです。

まだまだおうちパンをきちんとマスターするには練習が必要そうですが… これから夫がアレルギーの乳製品はもちろん、私の持病のためにもグルテンフリーでのパン作りも試行錯誤してみたいと思っています。うまく焼けるようになったらレシピを紹介したいと思っているので、楽しみにしていてくださいね!


Thank you for reading!

この記事の一部にはアフィリエイトリンクが含まれています。

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

Comments

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

Instagram

Tag List

Most Popular

エシカルでサスティナブルなファッションを楽しむための5つのアイデア

世界中でスタンダードになりつつある、エシカルでサスティナブルなファッション。私もロハスな暮らしを始めてからは、できるだけ環境や社会にとって良い取り組みをしているブランドからお洋服を買うようになりました。 ファッションにもサスティナブルってあるの? エシカルファッションって耳にするけど、どういうこと?

健康志向なニューヨーカーに大人気!医食同源がコンセプトのオーガニックレストラン:Le Botaniste

サラダバーやグリーンジュース専門店など、手軽にヘルシーな食生活をサポートしてくれるお店がニューヨークにはたくさんあります。私が外食やランチをする時は、健康のためにできるだけヴィーガンでグルテンフリーのお店を探すようにしていました。男女問わず美意識が高く、健康志向なニューヨーカーもお墨付き!そんな私のお気に入りのオーガニック・レストランをご紹介したいと思います。

ロサンゼルスで他州からの免許をなるべく待たずに切り替える裏技(Real ID編)

アメリカのDMV(Department of Motor Vehicles:自動車局)はとにかく待つ、そして働いている人の対応がとても悪い…そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?私もDMVに行きたくなくて、2019年8月末にロサンゼルスへ引っ越してきたにも関わらず、10月初旬になるまで免許の切替をしていませんでした。笑 引越しに伴う住所変更の申し出は10日以内という州の規定があるので、切替はお早めに!