広島漢方で寛解をキープ!潰瘍性大腸炎でお悩みの方に受診して欲しい:スカイクリニック

私がブログを始めたきっかけのひとつが、持病:潰瘍性大腸炎について情報発信したり同じ病気で苦しむ患者さんやその家族と繋がりたいと思ったことです。以前のブログでもまとめましたが、潰瘍性大腸炎は残念ながら原因不明で治療法も確立されていません。発症当時はオンラインで情報を収集するも、患者によって症状もバラバラなため調べるほど不安が募る日々でした。

潰瘍性大腸炎の女性が悩んでいる様子
潰瘍性大腸炎について解説!

そんな中、広島スカイクリニックの漢方が潰瘍性大腸炎に効く!という情報をブログやSNSで目にしました。とは言え、私は海外移住組。継続して通院・診療が難しいと最初からスカイクリニックを受診することは諦めていました。そんな私が一時帰国でクリニックを受診、そして数ヶ月で寛解をキープするに至るまでを体験談としてまとめます。

広島漢方とは

スカイクリニックホームページより

スカイクリニックの天野院長が生薬を用いて開発した漢方薬で、中でも青黛(せいたい:英名 Indigo)という成分が潰瘍性大腸炎に対する有効性があるとして期待されています。広島にあるクリニックが処方している漢方なので、広島漢方という俗称になっているようですね。現在のところ国に認可されている医療薬ではないため、保険はきかず自由診療となります。

慶應義塾大学病院で行われた臨床実験でも肝機能障害・肺高血圧症といった副作用が認められています。天野先生からもクリニックで説明がありましたが、ごく稀にその様な症状が出る方もいるそうです。どんな薬を飲んでも副作用のリスクはつきものなので、受診にあたり私は特に気にしていませんでした。ただ服用は自己責任となりますので、主治医とよく相談した上でスカイクリニックへの相談をお勧めします。私の日本の主治医は漢方治療を推奨派で、快く紹介状を書いてくださいました。

海外や遠方の人でも受診ができる

治療=継続的な通院+定期的な検査が通常であれば必要ですよね。私はアメリカに住んでいるので、一時帰国の際に初診で受診できたとしても半年ごとに帰国して先生に診てもらうのは難しいと思っていました。そんな時、インスタグラムのフォロワーさんからメッセージを頂きました。

K1ビザからアメリカ国際結婚組で、ビザ申請中にmimiさんのブログを参考に読ませて頂いてました。そして、実は私の夫も潰瘍性大腸炎でmimiさんもUCを患っていると知り思わずDMしました!

なんと彼女はNY在住、こんな偶然があるんですね。やりとりする中で旦那さまが広島漢方を飲んでいたことが分かり、海外在住者にも薬を郵送してくれるので継続した治療ができると教えて頂きました。

そして先入観でなぜか漢方=液体と想像していた薬が、実は錠剤だったことも知ります。勝手なイメージで液体のパケットを大量に郵送してもらわないといけないのか?郵送料も馬鹿にならないよなぁ…なんて無駄な心配をしていました。

在外日本人はもちろん、韓国や中国など海外からわざわざ来院される患者さんも多いようです。そのため韓国語・中国語・英語表記のフォームも完備、PayPal支払いなど海外発送への対応もとても慣れてらっしゃる印象でした。さらに帰国した時の税関対策のために、診断書のような薬の説明書を英語で下さるという素晴らしい対応には感動しました。

スカイクリニックを受診する前の病状

  • 直腸型潰瘍性大腸炎
  • 5-15cm に細顆粒状粘膜、5-0cm に小潰瘍
  • 下痢1日に7回、目視できる下血・粘血便あり
  • 固形便は出てもウサギのようなコロコロ糞状
  • 毎日ではないが激しい腹痛あり

一時帰国の間、漢方治療開始前に大腸内視鏡を受けた私の病状はこんな感じでした。漢方を服用開始から闘病日誌を毎日つけ、週に1度メールで先生に報告します。私の場合、1週間後には下痢が止まり下血も少しずつ目視では確認できなくなりました。そして、8日目には半年以上ぶりにバナナ便が出たのです。生々しい話ではありますが、下痢が続く潰瘍性大腸炎で苦しむ患者さんにとって…このバナナ便が久々に出た時の喜びはひとしお。こんなに早く効果が出ると思っておらず、本当に驚きと感動でいっぱいでした。

診療当日の流れと費用

1:15 クリニック到着(私の受付番号は5番)
    → 問診票を記入して待機
2:00 検査開始(採血・心電図レントゲン・骨密度測定)
    → 私が呼ばれたのは2:15
3:15 受診患者へ全体説明
4:45 天野先生の説明が終了
5:15 個別問診
5:30 会計

ちなみに、私は母と旅行も兼ねて広島に行き、レンタカーを借りて車で医院へ向かいました。有料駐車場がビルの目の前にありますが、専用の無料駐車場がビルの下にあるので車で行かれる方は事前に電話して確認してみると良いかもしれません。

当日は1時半までに来院するように言われますが、15分前に到着したものの既にたくさんの方が待合室にいました。待機の時間もあったりで、最終的に4時間ほどクリニックにいました。海外からは私だけでしたが、来院されるほとんどの方が他県や遠方からわざわざ訪ねてきていましたよ。漢方薬についての説明はもちろん、先生とのメールでの経過報告のやり方や薬の注文法などは全体説明にて看護師さんがしっかりして下さいました。

費用はホームページにも書かれていないので、非公開なのか?メールの中には診察、検査、漢方代すべて含め8,000~10,000円前後と書かれていました。私もはっきりとした値段は覚えていないですが、初診は1万円でお釣りが返ってきたのは確かです。ちなみに、海外に在住なのでまとめて購入はできないか?と打診してみましたが、まずは1瓶飲んで経過をみるのが当院の方針のようです。実際に前述のフォロワーの旦那さんは症状改善がみられなかったようなので、1瓶飲んで様子をみてみるのが良いかもしれません。

アメリカから漢方を取り寄せてみた

症状によって服用量は変わってくると思いますが、私の場合1日朝晩1錠ずつを服用するように言われました。クリニックでもらった1瓶は270錠入りなので、4ヶ月半もつ計算になります。私がクリニックに行ったのは2019年9月中旬。初めての取り寄せはできるだけ時間に余裕を持って、11月に入って購入希望の旨を伝えました。まさかの海外への送料はクリニックが負担して下さいました。

11/5   PayPalにて支払い完了
11/11 EMSにて発送完了通知
11/17 LAXに到着通知
12/2   宛先が書かれた紙が紛失→荷物が日本へ返送される
12/3   EMSにて再発送
12/12 LAXに到着通知
12/16 自宅へ到着

支払いから数日内に発送手配をして下さり、トラッキングナンバーも送ってくれます。私の場合は途中から更新が途絶え、運悪く配送事故に巻き込まれてしまいましたが…カリフォルニアには約2週間で荷物が到着するようです。1瓶を飲み終えたのは2月上旬だったので、余裕を持って注文ができたと思います。また国によっては検疫などで足止め・返送されてしまうこともあるそうですが、基本的に中国・韓国・アメリカはこれまで問題なく発送ができたと事務の方がおっしゃっていました。

漢方を1瓶服用後にカルプロテクチン検査

1瓶飲み終えた2020年2月中旬に、検便とカルプロテクチン検査をアメリカで受けました。検査結果は検便異常なし、カルプロテクチンは正常値以内でした!検便とカルプロテクチンは初診の時に不腸すぎて提出できていないので数値を比べることはできませんが、現在のところ目視での血便は完全になし・腹痛なしと精神的には病気から解放された気分です。これを機に薬の量が1日1.5錠に減り、1瓶ごとに検査をして経過観察することになっています。

漢方を飲み始めて半年、特に食事制限なくストレス・フリーで寛解期をキープしています。何よりびっくりしているのが、もともと便秘気味だった私が今ではほぼ毎日バナナ便が出るようになったこと。トイレの場所を事前に確認したりすることなく、発症前と変わらない生活ができるようになりました。

IBD患者は一度、スカイクリニックを受診する価値あり

住所:〒732-0821 広島県広島市南区大須賀町20-13
電話番号:082-261-1171
予約に関する情報はこちら:http://www7b.biglobe.ne.jp/~sky-clinic/price.html
予約メール:skyclinic.yoyaku@gmail.com

半年後まで予約が埋まっているという噂もある、大人気クリニック。毎週火曜日だけが潰瘍性大腸炎の特別外来のため、予約が取りにくいのも納得です。私は本当にラッキーで…日本への一時帰国が決まり1ヶ月前に予約が出来ないかとダメ元で連絡をしてみたら、キャンセルが出たということで予約が取れました。

漢方治療には賛否両論があると思います。いろいろな薬や食事法を試してきましたが、ここまで即効性があったのは広島漢方が初めてです。天野先生がおっしゃっていてとても印象的だったのが、高血圧の人は「治す」のではなく「コントロール」するというアプローチをとるという表現。潰瘍性大腸炎は現在のところ完治する治療が確立されていませんが、寛解期をキープしさえすれば普段通りの生活が送れることを身をもって体験したような気がします。

私のように海外にお住まいの方や国内でも広島は遠くて行けないなぁ…と少しでもためらっているUC・クローン闘病者・ご家族がいれば、ぜひ受診してほしいと思っています。症状も人それぞれ・個人差もあり100%万人に効くわけではありませんが、試す価値は絶対にあると信じています。この記事をきっかけに、少しでも多くの患者さんが広島漢方で救われますように…


Thank you for reading!

mimihttps://lohasmiles.com/about-mimi/
アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

Comments

  1. 突然のメール、お許しください。
    ブログを拝見し、インスタを無断でフォローさせて頂きました。京都在住、主婦、潰瘍性大腸炎で来週広島スカイクリニックを予約しています。
    後一週間とても不安(コロナウイルス蔓延の中)な状況での覚悟の予約でした。私もmimiさんと同じく直腸炎型でもう半年以上活動中です。
    診察時間はやはり長時間になるのですね。まさに今タブーとされてる3密ですね。
    でもこれを逃すと次はいつになるのかわからないので思い切って予約しました。
    mimiさんの回復を励みにトライしたいと思っています。

    • コメントありがとうございます!
      私の体験記が同じUCで闘病されている方に見ていただけてとても嬉しいです。

      今はコロナの流行もあり持病のある方々は病院への通院もすごく気を遣う時期ですよね…
      元々、潰瘍性大腸炎の診療日は患者さんの人数は少人数制で
      私が受診した時も確か7人ほどしかいなかった気がします。
      遠方から来られている方はご家族の方も一緒に来院されていたので
      もしかするとクリニックには患者さんのみ入室可能など
      今はコロナ感染防止の対応をして下さっていると願います。

      私の場合は、本当にこの漢方を服用してからすごく体調が回復して
      お節介ながら他のUC患者さんにも是非、試して欲しいと思い体験記をまとめました。
      Kirarinfさんも不安な状況ではありますが、わざわざ行って良かった!
      と思えるような効果があることをお祈りしています。

      またInstagramもフォローありがとうございます!
      気軽にメッセージくださいね!

  2. mimiさん、お返事ありがとうございます。先日クリニックに行って来ました。コロナ蔓延の中、新幹線は抵抗がありましたので、主人の運転で行って来ました。道中トイレを気にしながらでしたが道も空いていてスムーズに到着しました。
    清潔感のある病院で、今回の影響なのか患者は私を含め6人でした。
    ガイダンスが始まり、しっかり聞いておかねばと耳を澄ませてきいていたのですが、換気を施しておられて風調の音と先生のお声が少し小さくてあまり良く聞こえませんでした。
    とにかく治れば良いのだと、先生の95%と治ると言うお言葉を信じて、mimiさんの回復を信じて、薬を飲み始めました。
    今日で4日目(まだなんの変化も感じられませんが)ですが、どうかこの苦しみから抜け出せますようにと願っています。
    来院まで、バタバタしていてお返事頂いたことに気づかすごめんなさい、です。
    良いお知らせをまたさせてもらえるといいなと思っています。

    コロナ感染も不安ですが、どうかお元気でお過ごしください。

    • こちらこそ、ご丁寧にご返信ありがとうございます。
      旦那さまとクリニックへ無事に行ってこられたのことで、良かったです。
      服用から2週間ほど経ちましたが、変化はありましたでしょうか?

      私のようにすぐに症状が緩和される人もいれば
      長期戦の人もいるようなので、諦めずに服用をしてみてくださいね!
      症状が少しでも和らぎ、寛解へと向かうようにお祈りしています。

      これからもブログやインスタグラムにて気軽にご連絡ください☆

  3. お返事ありがとうございます^_^
    今日、連絡しようとブログを開いたらmimiさんから届いていました。ありがとうございます。
    まだまだ収束の見えない不安な日々ですね。

    私の身体も、う〜ぅ〜ん、なかなか改善がみられない(+_+)不安な日々です。
    期待しすぎたのでしょうか…飲み始め(1/2錠×2回)は確かに出血が止まっていく感じがわかったのですが、その時調子に乗ってたくさん食べてワインも飲んで(+_+)バカバカ

    たちまち下血、薬が2錠に増えて今日まで、以前と同じ状態に戻ってしまいました…今までの欲求不満が

    私は直腸炎型の中症です。mimiさんは軽症だったんですよね?
    でも重症度はあまり関係ないのかもしれませんね。
    今日、2度目のメールを先生に送りました。どんな返事が返ってくるのでしょう…
    なんとなく長期戦の予感がします(TT)
    なかなか手強い相手です。
    毎日、このことで頭がいっぱいで、よくないなぁと思っていますが。趣味の手芸と習いはじめのウクレレもほったらかしです>.<
    mimiさんのロハスな記事もゆっくり拝見したいのですが、すべてに集中力がありません。
    また何かアドバイスあれば教えてください。
    (ちなみに今年から薬のお値段、数量、サイズなど以前と変わっているみたいですね。初回は一瓶180錠Sをいただき、2度目から一瓶360錠S、30000円とあります。
    白い瓶にSのラベルが貼ってあります)

    • 飲み始めから半錠だったんですね!
      私は主治医には直腸型の軽〜中症で医療補助制度も受けていました。
      ちなみに私は大のお酒・コーヒー好きでしたが、難病宣告から一切辞めました。
      禁酒や特定の食べ物・飲み物を控えることがストレスになってはいけないと思いますが…
      治療の効果を最大限に得るために、そのような工夫も取り入れてみても良いかもしれませんね!

      また、最近Twitterで繋がったUC患者さんがいらっしゃいますが
      その方も広島漢方服用から時間が経ち、経過が期待以上ではなかったようです。
      もどかしい気持ちをTwitterに日誌として綴ってらっしゃいました。

      やはり焦る気持ちはあると思いますが、ストレスが一番良くないので
      TwitterやGコミュニティなどで他のUC患者さんと繋がってみるのが良いかもしれませんね!
      私もこの2つには、いつも助けられていますよ。

      Gコミュニティについてのブログも書いているので、元気のある時に読んでみてください!↓
      https://lohasmiles.com/g-community/

  4. mimiさん、早速のお返事ありがとうございます。
    今日、先生からもメールがありました。漢方はそのままで西洋のお薬をやめてくださいと言う意味のメールが。なんだかとっても不安です…が言われたとおりにします。
    私は脂っこい物は苦手ですが、お酒、甘い物は大好きで、コーヒーも毎日飲んでいました。発症したのは約7年前で当時は軽症でアサコールの服用だけで寛解し、7年間ほぼ普通の生活を送っていたので、この病気がこんなにもたいへん(便意後、そく漏れてしまうとか)なものだとか、こんなにも皆さんが苦しんでおられるとか全く知りませんでした。今回、いろんな人のブログを拝見し、mimiさんのブログが私の拝見するブログの中では一番最近の、しかもわかりやすい丁寧なブログでした。

    Gコミュニティ、興味あります。
    匿名、個人情報の入力がないのと無料と言うのが良いですね^_^
    私、年齢的にもデジタルに弱くTwitterもアカウントもっているのですが、ほとんど使っていません。
    mimiさんのメールも広島漢方を調べてロハスマイルを拝見しました。これでいいのかしら?

    嬉しい情報をありがとうございます。早速覗いてみます。

    今はお酒、コーヒーを我慢しているのがちょっと辛いのですが、今日の先生のメールでは徐々に解禁してくださいとありました、大丈夫かな…
    不安
    これを機に食生活を見直すことも必要ですね。嗜好品の見直しですかね(+_+)

    • お返事が遅くなりました!
      7年アサコールだけで寛解が保てていたんですね!
      それからの再熱となると、やはり不安なお気持ちお察しします。
      私もアサコール・ペンタサは両方飲みましたが、どちらも効きませんでした。
      この漢方薬で私は寛解をキープできていますが、今後妊娠も希望しているので
      お薬を辞めたらどうなってしまうのか、かなり不安ではあります。

      私のブログ、分かりやすいと言っていただき本当に嬉しいです!
      潰瘍性大腸炎の闘病日記はあってもやはり症状が本当にみなさん違うので
      参考になるような、ならないような… もどかしいですよね。

      私にとっては、やはり同じ病気で闘病されている方と繋がれることが
      すごく励みになっているので、TwitterやGコミュニティーで話を聞いてもらったり
      逆に自分の体験をシェアすることで共感をもらえたりするSNSは心強いです。

      先生もおっしゃられていましたが、食生活はあまり神経質になりすぎると
      返ってストレスになる場合も多いようなので、少しずつ無理のない範囲内で
      改善に向き合ってみてくださいね。私もコーヒー・お酒は諦めるのに相当苦労しました。
      でも辞めてみたら、少なからず生活習慣的に依存していたようにも思います。
      (朝起きたらコーヒー飲まなきゃ、金曜日は思いっきり飲むぞ!etc… 笑)
      代わりに好きな飲み物や小さな楽しみを見つけるなど工夫しながら、お互い頑張りましょう♡

      • ご親切なお返事いつもありがとうございます。
        嗜好品イコール、ストレス解消ですよね。私は出来れば普通に食べて飲んでできるとこまで戻りたいなぁ。
        そしてあれからどうも改善には向かっていないようです(+_+)
        私はもう50半ばのおばさん、mimiさんのお母さんくらいかな。Gコミュニティさっそく登録して見たらmimiさんの記事を見つけて年代を拝見しました。
        老化も関係しているのかもしれませんね。更年期で自律神経も乱れているから。
        発病した時はまだ生理も一応ありましたしね^_^
        再燃してから熟睡したことないかもしれません。

        しかし、辛い。この歳からこんなややこしい病の再発とは。
        いやお若くても辛いですよね。お薬飲んでいると妊娠も確かに心配です。寛解に向かっても2年間は服用とのことでしたよね?
        先生によく相談してくださいね。
        Gコミュニティはお医者さんや栄養士さんがアドバイスをくれるのですね。
        確かに皆さんのお悩み参考にも励みにもなります。落ち込む記事もありますが(+_+)

        ちょっとお聞きしたくて。
        個人差あると言いながら…

        mimiさんの時は最初から漢方のみから始めましたか?
        何錠からでしたか?(大きさが変わって小さくなった、と言うような記事も目にしました)
        即効性があったようですが出血もすぐに止まりましたか?具体的何ヶ月くらいで落ち着きましたか?
        夜はすぐ眠れるタイプですか?
        ポジティブなほうですか?
        ごめんなさい、質問攻め

        わけのわからない病、8月で1年になります(+_+)
        広島に行ってから西洋の先生にまだ会っていません。お薬を今完全に辞めてると聞いたらなんとおっしゃるかな。
        コロナより不安な日々です。

返事を書く

こちらにコメントを記入してください
お名前をこちらに記入してください

アレルギー持ちのアメリカ人夫との結婚・婚約中に発症した潰瘍性大腸炎をきっかけにロハスな暮らしに関心を持ち始める。地球にもヒトにも優しい暮らしを、日々できることから実践中。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し、共働きをしながらライフスタイルブログを発信している。

Instagram

Tag List

Most Popular

夏のアウトドアのお供に!アロマオイルを使った虫除けスプレーの作り方

ハイキング・キャンプやBBQと、アウトドアで過ごす時間が多くなる夏。虫が多いこの季節に外でアクティビティをする時には、虫除けが欠かせませんよね。でも市販の防虫剤・虫除けスプレー・殺虫剤などは匂いも強烈で、化学成分が気になるため使いたくないという方も多いのではないでしょうか。今回は我が家でも愛用中の、誰でも簡単に作れるナチュラルなアロマ虫除けスプレーのレシピを紹介します。

身近なことから始めてみよう、サスティナブルな暮らし実践記:キッチン編

エシカルでサスティナブルな暮らしって何から始めれば良いんだろう? 私も数年前にそんな風に感じたうちの1人です。地球に配慮したサスティナブルな暮らしを始めて、早2年半。このブログでは、私たち家族が実践していること・これから改善したいことを具体的にシリーズで紹介しています。 第3回は家族みんなが健康に生きていくためにも生活の要となる、キッチンについてです。新型コロナの影響で自宅待機が続き、自宅のキッチンで過ごす時間が増えた!という方も多いのではないでしょうか。今回は我が家で実践している台所のサスティナブル&エシカルな取り組みについて紹介します。

捨てる前に試す価値あり!ニューヨークで洋服を断捨離するなら、買取か寄付をしてみよう

私たち夫婦は2019年8月末に、NYからLAへ引越しました。東海岸の端から西海岸の端への引っ越すとなると引越し業者代も高く、私たちはできるだけモノを減らすことに決めました。元々私も夫もそんなに荷物が多い方ではありませんが、寒いNYから暖かいLAへ引っ越すということもあり思い切って冬服を中心に断捨離をすることに。 これからNYへ留学や駐在で来ていて日本へ本帰国する方、または他州へ引っ越しが控えていて荷物を減らしたい方に向けて、私が見つけた効率の良い洋服の断捨離方法と寄付の体験談をまとめてみました。