ホーム タグ ヴィーガン

ヴィーガン

環境にも配慮した、こだわりの自然素材から生まれたマリブ発スキンケア:OSEA

ロハスな生活を始めてから早3年が経とうとしていますが、中でも基礎化粧品やパーソナルケアプロダクトでお気に入りのものを見つけるのに苦労してきました。世界中の気候変動を受けて様々な分野でサスティナブルな商品開発への転換の動きが進む中で、美容業界はまだまだプラスチックフリーを実現するには程遠いと言われています。私自身もいろいろリサーチを進める中で、やっと自信を持ってオススメしたい!と思えるGreen Beauty・スキンケアラインを見つけたので紹介します。 海藻などこだわりの自然素材から生まれたOSEA ロサンゼルスのビーチタウン、マリブ発のナチュラルスキンケアブランドOSEA(オーシア)。名前はウェルネスの要となる、海(Ocean)太陽(Sun)地球(Earth)そして 空気(Atmosphere)の頭文字をとって付けられたそう。1996年の創業以来、環境に配慮したクリーンな商品開発や社会支援を続けています。 植物性由来成分でできている(Vegan)動物を傷つけたり動物実験がされていない(Cruelty free)有害な化学成分・添加物不使用可能な限りオーガニック認証の材料を使用グルテンフリー OSEAは2002年に癌や突然変異または先天性欠損症を引き起こす可能性のある化学物質を含まないという協定にサインしており、お肌にはもちろん環境や動物にも優しいスキンケア開発をしています。 私がOSEAを選んだ理由 以前のブログ「エシカルに美を追求する!コスメ選びで気をつけたい6つのルール」で紹介しましたが、私がスキンケアやビューティーグッズを選ぶときに気をつけている項目に沿ってOSEAを使ってみようと決めた理由を説明します。 1. オーガニック素材(Certified Organic) OSEAでは商品としてUSDAなどのオーガニック認証を受けていません。オーガニック認証は商品を買う上で私も大切にしている基準ですが、それがないからといって必ずしも安心基準に達していないという訳でもありません。中小企業によくあることですが、オーガニック認証を受けるためには莫大なコストがかかってしまうためなかなか認証申請できない、または敢えて認証を受けていないこともあります。OSEAの場合は商品をリーズナブルに提供するためにも認証を受けておらず、可能な限りUSDA認証のオーガニック素材を使いそれを材料部分に明記してあります。ほとんどのアイテムが基本的にオーガニック素材で、クリーンなプロダクトだと感じました。  2. 植物性由来成分でできている(Vegan) OSEAは100%プラントベースの材料を使用していると公言しています。ラノリン(動物性の蝋・ワックス)、蜜蝋、コチニール色素(昆虫からとれる染料)などコスメ界でよく使われている動物由来の成分は一切使われていません。(PETAでVeganの認証済み)私は環境や動物保護の観点からもコスメや生活用品はVeganを選ぶようにしています。 3. 動物を傷つけたり動物実験がされていない(Cruelty free)  OSEAの商品は植物由来なので動物の搾取はなく、もちろん商品開発で動物実験も行われていません。いち早く国際的な信頼のマークLeaping Bunny(リーピング・バニー)を取得した企業のひとつです。私はペットを家族に迎えてからより一層、クルエルティー・フリーかどうかはコスメ選びの大切な基準になりました。 4. 添加物ができるだけ入っていない(additive free) 前述で少し触れましたが、OSEAの商品にはパラベンといった癌や突然変異または先天性欠損症を引き起こす可能性のある化学物質を含んでいません。水が入っている以上自然由来の保存料が最低限入っていますが、香料・石油由来成分・硫酸系化合物などの化学成分は入っていません。私は妊活中なので、妊娠してからも引き続き使えるというのが決め手にもなりました。 5. 原料が遺伝子組み換えではない(Non GMO) OSEAの材料は遺伝子組み換えでないものが使われています。ただしこれもオーガニック認証と同様、全ての材料を取り扱っている取引先が認証を受けている訳ではないようです。中小企業同士ができるだけローコストで良質な材料を提供するためにも、場合によっては高額な認証マークはマストではないと感じています。 6. 企業のエシカル度(Ethical Practice) OSEAではボディースクラブ以外の商品が全て、ガラス容器に入れられています。さらに使用後の容器を店舗に持って行くと、付属のエステで使えるポイントが還元されるというリサイクルプログラムもあります。私のようにLAに住むローカルの人達にとってリサイクルしやすい環境を企業が率先して整えてくれているのは、消費者にとっても嬉しいポイント。2017年に美容業界が作り出したプラスチックパッケージの数は年間で768億個という統計もあり(※1)、ビューティープロダクトのプラスチック問題は深刻なので容器にまで配慮しているOSEAは素晴らしいと感じます。その他には海洋生態系の保護団体(Surfrider Foundation)や生態系再生・再生農業を支援するNPO(Kiss the Ground)の支援なども行っています。 ※1 参照:The Beauty Industry Has a Plastics...

ドーナツの聖地ロサンゼルス発!おすすめヴィーガンドーナツ屋さん5選

LAってドーナツ屋さんがすごく多くない? ロサンゼルスに来たことがある人やハリウッド映画が好きな人は、こんな疑問を抱いたことがあるかもしれません。私もNYからLAに引っ越してきた時に、改めてドーナツ屋さんの多さにビックリしたものです。NYで歩いているとベーグルやピザ屋さんが数ブロック毎に見つかるように、LAにはドーナツ屋さんが街の至るところにあります。その数は約1500軒というから驚きです。 今回はそんなドーナツの聖地ロサンゼルスにて我が家が愛してやまない、ヴィーガンのドーナツ屋さんをまとめてみました。さすが激戦区だけあってヴィーガンと言われなければ分からないほど、そのクオリティはとても高く美味しいお店ばかり。ロサンゼルスに在住の方はもちろん、旅行の際には是非足を運んでほしい5店を紹介します。 知っておきたいドーナツの種類 お店の紹介に入る前にドーナツは作り方によって、それぞれ風味や食感が違うのでご紹介。 ケーキドーナツ(ベーキングパウダー使用)しっとり系イーストドーナツ(酵母で発酵させる)ふんわり系・揚げドーナツに多いクルーラードーナツ(水蒸気の力で膨らませる)シュー生地で軽い LAのドーナツ屋さんではイーストかケーキドーナツのお店がほとんどですが、クリスピークリームのような揚げドーナツはイーストドーナツでクラシックなお店に、ヘルシー系のお店にはケーキドーナツがよく置いてあるイメージです。もちろん場所によっては両方置いてあるところもあるので、お好みによってどのタイプのドーナツか注文前に聞いてみるのもいいかもしれませんね。イーストドーナツは英語ではraised doughnutsとも呼ばれます。 Dōnatsu View this post on Instagram ...

やっと見つけた!オーガニックでエコなリップクリーム:Booda Organics

あなたにとって年齢・性別問わずに使える、身近な化粧品はなんですか?私の頭にパッと浮かぶのは、リップクリーム。乾燥が気になる冬はもちろん、年中愛用している方も多いでしょう。 私は湿気が少なく乾燥気候のアメリカに引っ越してから、リップクリームが手放せないアイテムのひとつになりました。今回のブログでは私がやっと見つけた、オーガニック・無添加でエコのリップクリームを紹介します。 【合わせて読みたい】 エシカルに美を追求する!コスメ選びで気をつけたい6つのルール 人にも地球にも優しい、Booda Butterのいいところ View this post on Instagram ...

10の有害成分に気をつけよう!爪に優しくて安全なネイルポリッシュの選び方

爪を綺麗にお手入れすると、気分が上がって前向きになれませんか?ネイルは女性にとってオシャレや身だしなみのひとつですよね。毎週・毎月と頻繁にカラーやデザインを変えて楽しんでいる方も多いかもしれません。 あなたが自宅やネイルサロンで使用しているネイルに、もしかしたら有害成分が入っているかも?頻繁にネイルする人は特に気をつけたい! この記事では爪に優しくて安全なネイルポリッシュの選び方について、私が実際に使っているアイテムや注目のブランドと合わせて紹介しています。 爪に優しくて安全、10-Freeのネイルポリッシュとは? 数年前、100均のネイルから発がん性物質が検出されたニュースが話題になりました。商品棚に並ぶマニキュアはポップでカラフルなため、体に危険で刺激の強い化学物質が使われていることをついつい見過ごしてしまいます。 しかし最近では、有害成分ができるだけ入っていないネイルポリッシュがたくさん販売されています。3,5,7,10-Freeという形で、従来のマニキュアに含まれている有害な成分が少なければ少ないほど爪に優しいと考えられます。分かりやすく下の図にまとめてみました。 フタル酸ジブチル (DBP:Dibutyl phthalate)胎児・子供の成長や生殖に影響を及ぼす可能性ありトルエン (Toluene)シンナーと同様に中毒性があり、目・鼻・喉などに刺激を与えるホルムアルデヒド (Formaldehyde)防腐剤の一種。発癌性があり、呼吸器系・目・喉などの炎症を引き起こすホルムアルデヒド樹脂 (Formaldehyde resin)ホルムアルデヒドを放出する可能性ありカンファー(Camphor)爪を慢性的に乾燥・変色させる恐れや発癌性があり、妊娠・授乳中の女性は避けるべきとされるキシレン (Xylene)頭痛・めまい・吐き気を引き起こす有毒成分パラベン (Parabens)防腐剤の一種。内分泌かく乱物質(環境ホルモン)とされ、体内のエストロゲンホルモンなどを乱したり皮膚炎を引き起こす疑いがあるフタル酸エステル (Phthalates)肝臓、腎臓、肺、生殖器系に損傷を与える可能性あり香料 (Fragrance)動物性由来原料 (Animal by-products) ※参照文献:100%Pure ネイルポリッシュを選ぶときには、これらの成分が入っていないかをチェックしてみましょう。このように代表的な10項目全ての有害成分が入っていないものが総じて10-Free(テン・フリー)と呼ばれ、従来のネイルポリッシュと比較して安心かどうかの基準となっています。 13-Freeのネイルポリッシュ:NY発、Sundays View this post...

健康志向なニューヨーカーに大人気!医食同源がコンセプトのオーガニックレストラン:Le Botaniste

サラダバーやグリーンジュース専門店など、手軽にヘルシーな食生活をサポートしてくれるお店がニューヨークにはたくさんあります。私が外食やランチをする時は、健康のためにできるだけヴィーガンでグルテンフリーのお店を探すようにしていました。男女問わず美意識が高く、健康志向なニューヨーカーもお墨付き!そんな私のお気に入りのオーガニック・レストランをご紹介したいと思います。 Let food be medicine すなわち医食同源をコンセプトに、ヘルシーでおいしいプラントベースのオーガニックフードとナチュラルワインが頂けるレストラン。こちらのレストランで提供されている食材は、100%植物性・99%オーガニック(1%はお塩!)そしてグルテンフリーなので、ヴィーガンやベジタリアンのニューヨーカーで知らない人はいないほどの大人気店です。 店名のLe Botaniste(ル・ボタニスト)は、フランス語で「植物学者」という意味。白衣を身にまとった店員さんがサービスしてくれるのですから、これもまた粋です。こちらのレストランはテーブルサービスではなく、カウンターでオーダーをするセルフ形式になっているのでサクッとランチやテイクアウトにもぴったり。 この日私は、Chili(チリ、正式名:チリコンカーン)というアメリカの家庭料理をオーダー。ひき肉を使うのが一般的ですが、こちらではひよこ豆を中心にお野菜だけで作られたチリで、とても美味しかったです。写真はありませんが、他にはTibetan Mama bowlというココナッツとピーナッツバターで作られたカレーボールもオススメです。 店内のインテリアもお洒落で、ブロガーのAimee Songさんやモデルさんがご用達なのも納得です。私はランチで行くことが多いお店で、おひとり様でも気軽に入れたりテイクアウトも時間がかからないところも気に入っています。 Le Botaniste - Grand St. Address: 127 Grand St, New York, NY 10013Website: https://lebotaniste.usInstagram:@le_botaniste Sohoのこちらの店舗以外にも、Grand Central駅の近くとアッパーイーストサイドにも店舗があります。ニューヨークに旅行や出張で来られて、NYピザやパスタを食べ過ぎて…今日はヘルシーな食事をしたい!という時には是非立ち寄ってみてくださいね。

多様化する食習慣:知っておきたいベジタリアンとヴィーガンの違い

宗教・思想・健康によって多様化している食習慣。人種のるつぼであるニューヨークに移住してから、いろいろな食文化にも触れることができ世界観が広がった気がします。また、持病を発症・結婚をきっかけに、食生活にもっと関心を持つようになりました。 そして私の夫は乳製品アレルギーを持っているため、必然的に外食ではヴィーガン料理を食べる機会が多いです。今回はアメリカで生活していく上で出会った、いろいろな食習慣の違いや定義ついてお伝えしたいと思います。 ベジタリアンとは ベジタリアン(菜食主義)とは、 肉や魚介類を食べない食習慣のこと。馴染みのあるベジタリアンという言葉ですが、厳密には大きく分けて4つに分類されます。 卵乳菜食:Ovo-lacto-vegetarian 乳菜食:Lacto-vegetarian 卵菜食:Ovo-vegetarian 純粋菜食:Vegan ※ ラクト(Lacto)という言葉は文字通りラクトース、つまり乳製品を意味しています。※ オヴォ(Ovo)という言葉はラテン語で卵を意味しています。 ヴィーガンとは ベジタリアンとヴィーガンの違いってなに? 前述の通り、ベジタリアンは菜食主義の総称であり、ヴィーガンはその菜食主義の中でも卵や乳製品を含めた動物性の食品を全く口にしない食習慣のことです。 私たちが口にしているものは、動物性由来の調味料や食品が意外にもたくさんあります。よく見落とされる一例として、ゼリーなどにも使われているゼラチンがあります。ゼラチンは動物の骨や皮に多く含まれるコラーゲン(たんぱく質)から作られているためヴィーガンの人は口にしません。 さらにヴィーガンの中でも、ファーやレザーを代表格とする動物由来の商品を身に付けたり購入したりしないように徹底している人もいます。このように食習慣だけでなく、動物の命を尊重するライフスタイルをエシカル・ヴィーガニズム、食事からは動物性由来のものを避けることをダイエタリー・ヴィーガニズムと呼びます。 ヴィーガンはおしゃれでヘルシーなトレンド・マーケティングのひとつとして扱われることもありますが、その背景はとても深いものです。宗教や動物愛護の点からもヴィーガンを実践している人もたくさんいるので、こういった違いを知っておくのは大切だと思います。 ヴィーガンにまつわる類似表現 Plant-based 文字通り、プラント=植物(野菜・豆・穀物など)を中心とした食生活のこと。いわゆるダイエタリー・ヴィーガンと同様に使われる言葉。 Raw 動物製品の使用を行わないライフスタイルはもちろん、調理ではほとんど火を通さずに未加工の食物のみを食べる、その名の通り「Raw=生」のままを口にする食習慣。果物、野菜、ナッツ、穀物といったものが主食で、フルーツのみを食べる人やジュースのみを飲む人もいるそうです。エシカル・ヴィーガニズムの中でも究極の食習慣と言えるかもしれません。 Herbivore ハービヴォアというのは、本来は「草食動物」という意味の言葉。前述の通り、ヴィーガンには倫理的な面から食べ物以外も動物性製品を完全に避けているエシカル・ヴィーガンの人達がいて、動物愛護活動を行なっている徹底した人もいます。その反面で世の中には、一般的に肉食の人や動物由来の製品が多いのも現状です。 ヴィーガンは人によって定義が違ったり、ヴィーガンに対してのイメージや感じ方は人それぞれです。そんなヴィーガンという言葉にまつわるイメージや思想を避けるために敢えて自身をヴィーガンと名乗らず、ハービヴォア:草食系という言葉を使う人もいるそうです。  また、ライフスタイルを少しずつヴィーガンにシフトしている人達や「食習慣はヴィーガンに変えたけれど、昔から愛用している革の靴を履いている…だからまだ完全に自分はヴィーガンではないかも?」といったダイエタリー・ヴィーガンの人もこの言葉を好んで使うことがあるようです。 Flexitarian フレキシタリアンはセミ・ベジタリアンとも呼ばれる、flexible(フレキシブル:柔軟性)+vegetarian(菜食主義)という2つの言葉からできた造語。基本的に植物性の食事を中心とした食生活を心がけ、意識的に肉や魚といった動物性食品を減らす食生活を送る人たちの事を指します。日本では「ゆるベジ」とも呼ばれているそう。 私たち夫婦もLAに引っ越してきてからできるだけお肉は家に持ち込まないように心がけ、平日の自炊はヴィーガン!という努力を始めました。健康と環境問題・動物保護といった社会問題を知れば知るほど、少しずつ意識が変わってきて行き着いたのがフレキシタリアン。動物性食品は絶対ダメ!と制限してしまうのでなく、外食時や状況によっては肉・魚も摂ってOKという柔軟性があるところが◎。 自分に合った食事法で無理なく健康に 宗教・思想・倫理・健康など、ベジタリアンやヴィーガンといった食習慣を実践している理由は人それぞれで、何が正解・不正解といったことはないのかもしれません。食生活が多様化する現代、それぞれの表現の違いや食習慣の背景を理解することも大切なのかもしれません。 私たち夫婦のように、アレルギーや持病で食べたくても食べれないものがある人もたくさんいます。また、菜食が必ずしも万人に合ったり健康ベネフィットがあるとも限りません。要は何事もバランス。皆さんがご自身のライフスタイルや健康に合った、健やかな食生活を送れますように!

TAG List

New Post